気まぐれ旅日記

2005年10月10日

愛媛総合科学博物館 自然観察会(地学散歩:関川の岩石・鉱物)10月9日

新居浜にある愛媛総合科学博物館のイベント、自然観察会に参加することにしました。土居町の関川で鉱石を採集、観察すると言うものです。私達は地学とか鉱石に関して全く興味も知識も無かったのですが少しの好奇心から参加を決めました。定員50名で抽選によって参加可否が決まるものでしたがなんとか当選しました。小学1年生の樹絵瑠の好奇心を育てると言う意味もある参加です。

地学散歩・関川  愛媛県総合科学博物館に集合です

愛媛総合科学博物館に9時半集合です。到着するともう何組かの参加者が集まっていました。受け付けで観察用のルーペと名札を貸してくれました。ルーペとハンマーは先日買って来たのですがどうやら必要無かったみたいです。50名が揃って貸しきりのバスに乗り込みました。樹絵瑠は早速お友達ができたようで女のこと2人で座席についています。子供は友達を作る天才ですね。大人になるとなかなかそうはいきません、少し学ぶところがありそうです。

博物館の学芸員の方3名と愛媛大学理学部の皆川鉄雄先生が同行して下さります。皆川先生は著書も著しておられる方で、参加される方の中で経験者の方は良くご存知のようで大変有名な方のようでした。「神様に逢えた気分です!」と先生に声を掛けられる方もおられました。私としてもとても楽しみです。大学の先生の講義を聞く機会はありませんから!願っても無い経験になります。

バスの中では樹絵瑠とお友達の楽しそうな笑い声が聞こえています。一寸したツアーに行く気分です。土居町の関川は地質学的にも鉱石の採集の地としてもとても有名で日本有数の場所という説明を皆川先生から聞き驚きました。自分の住む郷土のほんの身近な所にこんな凄い場所があったとは思いませんでした。色々な事柄に好奇心を持って学ぶ生涯学習の精神は大切だと実感しました。また、ここは丁度歩き遍路さんが64番前神寺から65番三角寺へ向う中間地点に当たります。こんな遍路道の傍らに鉱石の採集場所が有った訳です。この鉱石達も遠い昔から変わらず訪れるお遍路さんの姿を見てきたのでしょうか?

地学散歩・関川  土居町関川の河原の様子一面に岩石があります

バスは関川に到着しました。岩石を割るためのハンマーを貸し出してくれました。実はハンマーも買ってきたのですが見てみると買ってきたものとは比べ物にならない確りした大きな物でした。どうやら買ってきたやつでは岩石は割れないみたいです。河原へ降りると皆川先生の講義が始まりました。四国は地質学的にもまた鉱石の採集場所としてもとても重要な場所だと言うことや鉱石や岩石の出来方そして地球の営みについて興味深いお話を聞かせていただきました。お話を聞いて一層鉱石への興味が湧いてきました。講義が終わり早速採集にかかりますが樹絵瑠は子供向けの講義を学芸員の方が開いてくださると言うことでお友達とそちらに参加しました。

地学散歩・関川  経験者、初心者入り混じっての鉱石採集地学散歩・関川  お昼は河原で手作り弁当を広げます

初心者の私は参加されている経験者の行動を観察しながら見様見真似で採集します。鉱石探しと言いますがそこら中にゴロゴロと転がっていて簡単に見つけることが出来ました。大きな岩石は特に目立つためすぐに見つかります。でも持ちあがらないので写真で採集しました。岩石にオレンジ色の斑点模様として見えるざくろ石は関川では有名と言うことで至るところに転がっていました。この岩石を割って中のざくろ石を取り出すようです。私も割って見ましたが中からコロリと丸い塊が転げ出てきました。なんか宝捜しのようで楽しくなってきました。

関川付近の地図(海通橋下の河原で採集しました)続きを読む

henro108 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月02日

愛・地球博 ありがとう!私達も閉幕間際の23日に行って来ました

先月9月25日に閉幕した愛・地球博へ私達も間際の23日に行ってきました。

公式ホームページによると開幕当初は1日5万人前後だった入場者数も9月に入ると軒並み20万人/1日前後の大混雑で私達の行った23日は最高の18日の28万人から数えて4番目の23万人もの入場者数を記録した日でした。

旅行代理店のクーポンを利用してのフェリー2泊で足掛け3日の旅でした。フェリーはお正月やお盆そしてゴールデンウィークとオンシーズンの日の利用が主でしたので今回はそれと比べると拍子抜けするほどの空き様でした。余裕の船旅から旅行会社の用意したチャーターバスで地球博まで直行です。交通渋滞も全くと言って良いほど無くて「これはもしかして余裕かな?」と思ってしまうほどすんなりと会場まで到着しました。

会場にバスが到着したのは予定よりも30分程早い10時頃でした。
バスを降りて西ゲートまでの通路を歩いて進んでいきます。かなり距離があるようですが入り口に近づくにつれ余裕の表情もだんだんと消えていきました。バスで来た人やリニアで来た人等それぞれの通路からまるで大きな川の流れのような群集の流れがゲートに向って流れています。それがかなりゲートに近づいた辺りで1つの流れに合流して大きな大河となっていました。少しづつ進んでいた流れもとうとう止まってしました。

どうやら入場制限がかかっているようです。先日、開幕以来はじめての入場制限があったとのニュースを見ました。その日は入場するのに8時間もかかった人もいたそうです。今回の私達の旅行では会場での自由時間は7時間なのでもしそうなると入り口手前で帰途につくことになります。不安がよぎりました。

愛・地球博  日本ゾーンの大地の塔と長久手日本館愛・地球博  遊びと参加ゾーン  ファミリー愛ランド

愛・地球博  JR東海超電導リニア館 リニアモータカー室内愛・地球博  北ゲートの休憩場所でお弁当を食べまーす!

愛・地球博  企業パビリオンゾーンB  日立グループ館愛・地球博  キッコロゴンドラ乗り場

愛知万博会場付近の地図続きを読む

henro108 at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月17日

はじめまして!お遍路の四国から発信します!

皆さん、はじめまして!
私は四国八十八ヶ所の58番札所仙遊寺の近くに住んでいます。

私達は日常的にお遍路さん達に接しながら生きて来ました。四国に住んでいるとお遍路さんは特別な存在ではなくて、全く違和感なく風景に溶け込んでいます。小さな頃から何気なく見てきたからでしょうか、私と娘も自然にお遍路の世界へ入っていきました。

現在、別格20ヶ所を含めて計108ヶ所を結願するべく、超区切り打ち自動車遍路を続けています。今は54カ寺を終えたところです。この、お遍路日記をブログでご紹介していきますのでご覧ください。・・・と言ってもこの日記も私達の遍路と一緒で超区切り打ちのスローペースですのでどうか気長にお付き合いください!

WEBでも公開中ですのでそちらもご覧ください!!

ぷちへんろ樹絵瑠 遍路日記  http://www.pb-pro.com/88/

お四国の遍路道からお届けする遍路便りをどうぞよろしくね!

henro108 at 23:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2005年05月05日

ぷちへんろ樹絵瑠 大分うみたまごで遊ぶ!

ゴールデンウィークもあと一日を残すのみと言う今日、昨日の高知、砂浜美術館の強行軍で疲れ果てていたのですが樹絵瑠の「お休み最後の一日だから遠くへ行きたい!」という強い願いに答えるべくネットで情報をリサーチ、大分のうみたまごへ行って見ようか?と言う事になりました。一日しかないし懐も涼しいため一番安く行ける方法を検討します。ダイヤモンドフェリーを使い徒歩で行くのが一番安いと判断し朝の5:35発の便に乗ることにしました。

フェリーに乗りこんだ頃には朝日が出ていました。いつもの事ですが船内のレストランのテーブルに陣取って時間を過ごします。樹絵瑠は売店で隅から隅までグッズに見入っています。前に乗ったときも入ったのですが樹絵瑠がお風呂に入りたいと言い出しました。朝風呂とは景気がいいですがこれからゴールデンウィークの人ごみに入って行く事を考えるとここは体力温存でやめておくことにしました。「帰りの船で入ろうね」樹絵瑠は入る気満々でしたが言いくるめました。

うみたまご  大きな卵の前でお得意のポーズ!うみたまご  マスコットのアザラシ君と記念撮影!

うみたまご  水棲動物とふれあう樹絵瑠!ひとでだよー!うみたまご  大きなタカアシガ二とぱちり!

うみたまご付近の地図続きを読む

henro108 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月03日

ぷちへんろ樹絵瑠 砂浜美術館 第十七回Tシャツアート展を遊ぶ!

高知県の四万十川河口の東側沿岸の砂浜で全国公募のTシャツアートを展示する砂浜美術館が開催されていると言うことで早速渋滞覚悟でお出かけしました!

砂浜美術館

途中で「ぷっすま」で紹介されて爆発的に売れている霧の森大福を買いに新宮町に寄り道して行く事にしました。霧の森大福は何度もネットで購入しようとしましたがわずか数十秒〜数分で完売されて、結局購入することができなかった商品です。

霧の森
霧の森大福

新宮町インター辺りから案の定渋滞がはじまりました。5キロの渋滞です。私達はインターを降りて霧の森へ向かいます。

霧の森では観光客が結構賑わっていました。お目当ての大福も売り切れかな?と覗いてみるとどっさり山積みで展示されていました。なーんだあるところにはちゃんとあるんだ!要冷蔵のため二箱だけ買って帰りました。

新宮村 霧の森高原 超人気商品霧の森大福を製造販売してます

高速道路が渋滞のため国道へ回りこんで行く事にしましたがかなり山奥で結局60キロほど遠回りしてしまいました。渋滞に並んでいたほうが早かったようです。

高知県大方町入野の浜までは思いのほか遠くて美術館へ到着したのは夕方の5時前でした。本当は窪川町の37番岩本寺に寄っていく予定でしたが断念します。
入野までの道では歩き遍路の方が沢山歩いておられました。37番〜38番までのひと区間ですがざっと20〜25人くらい居たでしょうか。皆さんに心でエールを送りながらハンドルを握っていました。いつかは私もここを歩いてみたいと密かに企んでいるのでした。

砂浜美術館 第十七回Tシャツアート展四万十川方向を望む 太平洋の豪快な波にサーファーが集まります

入野松原 砂浜美術館 周辺地図続きを読む

henro108 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム