2016年09月05日

最年少

すでに社会的なニュースになるほど取り上げられていますが、史上最年少での四段が誕生しました。
新四段誕生のお知らせ(日本将棋連盟)
藤井新四段とは直接お会いしたことはありませんが一度都内で練習将棋を指しているのをみかけたことがあります。その時は関東の若手精鋭たちが迎え撃つようなメンバーでそのころから期待されていたのがわかります。また詰将棋解答選手権では何度か対決していることになってはいるのですが、東西で会場が分かれているのと藤井新四段があまりにもすぐに解き終わってしまうのでなんだか別次元の存在のように最近は思ってしまいます。
歴代の中学生棋士たちは輝かしい実績を残してきましたし藤井新四段にかかる期待も大きいと思います。我々世代はそれを阻止する側ということで個人的には少しでも長くトップで戦わないといけませんね。
それにしても今の自分の年齢の半分にも満たない棋士が誕生するとは思ってもみませんでした・・・。


今週の水曜日は第2期叡王戦本戦組み合わせ抽選会が17時半から放送されます。また本戦出場メンバーのインタビューをまとめたPVもすでに配信されています。公開抽選会というのはなかなかない経験で番組内容も含めてどのようになるのか楽しみです。

henry12 at 09:36│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Profile