2020年09月25日

対局結果、麻雀最強戦2020

昨日の王将戦△佐藤(天)九段戦は矢倉の将棋に。中盤の駒組みでこちらが得したようで47手目▲7五歩と突いた手の感触が良く実際優勢になっていたようです。実戦は相手が暴れてくるのを受け止めるつもりでしたが思っていたよりも大変と判断し受けに回ることに。最後は角を手にしての▲6二角で一手勝ちコースに入っての勝ちになりました。

これで初戦白星スタート。内容としてもまずまず納得のいくものだったのでこの調子で頑張りたいと思います。


来月4日(日)に麻雀最強戦2020の著名人予選に出場することになりました。
ご存知の方も多いかと思いますが昨年の大会では鈴木九段が優勝し最強位になったのは記憶に新しいところです。将棋界からは香川女流も出場されるようなのでおそらくは鈴木九段の活躍のおかげだと思います。A卓のメンバーはなかなかの強豪揃いという印象ですが本番までには少しでも勉強して挑めればと思います。

henry12 at 15:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

henry12

Profile