桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
著者:朝井 リョウ
販売元:集英社
(2010-02-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

若いんだったら。
内容(「BOOK」データベースより)
バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。第22回小説すばる新人賞受賞作。

 昨年の話題の本です。格安になっていたのを娘用に買ってきたのですが、つい読むものがなくなって、私も読んでみることにしました。
 「野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語」というんではないんでしょうね、やっぱり。「桐島、部活やめるってよ」という言葉がもたらす波紋の大きさと小ささにみるように、高校という、空っぽさな閉塞感といったらいいのか、息の詰まるような能天気でもいうものがうまく表現されていたと思います。
 高校って、やっぱり中学とは違うんでしょうね。
 中学だったら、まだ我慢がきいたりむしろストレートに表現できたりするところが、高校生ともなると、その直接性から距離をとって、それぞれの立場でそれぞれの「キャラクター」や「居場所」を取捨選択するという生きる力が必要になってくる。それも、国が提起する美しくってしれっとしたものとちがって、それこそ息苦しい毎日を何とか生き延びるための切実さをもって身につけなければならないような力、として。
 ある意味、映画部の前田涼也の「気づかない振りをするのが得意」といった痛々しさも、野球部の菊池宏樹の募らせるイライラも、対極にあるようで、実は同根の高校という磁場がつくりだしてしまっているものなんだと思います。高校というところにある、あるいやなにおいが、うまく活写されていました。「桐島、部活やめるってよ」というタイトライズにしても構成上の工夫も、なるほどうまいと感じました。
 でも、ですね。
 小説すばる新人賞って、このくらいのものにやってしまうものなんですか、っていのは拭い去れませんね(すみません)。
 ここに描かれている世界観(高校の小さな世界というものではありますが)に、衝撃も発見も特にありませんでした。むしろ、そうそう、そうなんだよねという追認だけであって、そういうものを、野心あふれる大学生(本当はそうなのか知りませんが)が書いて(書くのはまあいいとして)、それに新人賞をあげちゃうのって、集英社の、というより、日本の文学性能の衰弱を示しているような気がしてなりません(そういえば、「小説すばる」って、ここ何十年読んだことありませんでした、そういうテーマ性をもった雑誌になっているんですか?知らずにテキトーなこと書いていたら、すみません)。
 ファイト、ニッポン。