こんにちは。
今日のMAXはシンプルに面白かったと思います。
ハッツンです。

仕事だったんでビデオで見ました。そして、いろんな方のブログも拝読させてもらいました。
ご意見ね、世間のご意見。ここ一番大事。生の声ってやつ。

優勝したコヒ選手に対して批判的な意見が多いね。

正直言って、僕もそう。あのスタイルはちょっとガッカリした。
勝ちに行くのは分かるけど、ど〜もすっきりしない。


希望となったのは日菜太選手。


「どんなにすごい左ミドルなんだ?」と期待を込めて見た。
サムゴーみたいなマッハ左ミドルと想像していたが、どうやら質は違う様子。
(サムゴーの左ミドルを初めて見た時の衝撃は忘れない…)

でも、しなる感じ&カットも恐れず思い切りガンガン蹴る。
佐藤君然り、関根さんが太鼓判を押す選手はどれも本物のようだ。

怪我で残念な結果に終わったけど、トーナメントは格段にレベルが上がってますな。
マサトが優勝した頃と比べて。すごいよ人間の進化。

エンタメを重んじる僕としては長島選手みたいなキャラも必要だと思う。
キワモノと言えど、覚えてもらえるし、闘いっぷりも気持ちよかった。自然と応援しちゃったもん。
尚更、怪我は無念だった。乙カレサマです。


希望となるニューカマーと比較すればするほど、煮え切らないのがコヒ…。


もう4年ほど前かな、まだK-1の佐藤君がMAXのリングに上がる前の出来事。
取材で会った時に隠れ格闘技好きハッツンはあれこれ聞いたのさ。
(あっ、佐藤君KO勝利おめでと〜!いつも応援してます)

「小比類巻選手は強いんですか?」

すごくシンプルな質問。格闘雑誌の人間ではないからね、僕はよ。
今思えば、こんなバカみたいな質問して佐藤君よ許してくれ&マジメに答えてくれてありがとう。


「センスも才能も日本人で一番あると思ってます。技のキレもすごい。」


あの、佐藤君が素直にこう言ってたんだよ!今じゃ世界3位の佐藤君がだ!
「コヒは強い」と認めるんだな。でもね、メンタル面には一言加えてた。

その悪しきメンタル部分が今日も出た。勝ったけど「コヒはコヒ」って内容だった。
誰も真似できないスピーディーかつキレのある攻撃ができるのに、なぜか余裕ぶって見せない。
「イケっ!」ってところで煮え切らない…。コヒちゃん空気を読もうや!

気持ちが肉体を超越した山本選手を褒めるべきかもしれないが、コヒが世間を納得させるには現状じゃ一歩足らんかった。
プロなんだからね。エンターテイナーの要素は求められると自分は思う。

プロは「結果が全て」と言う。勝ち負けは重要だ。そんなの当たり前。
だけど、ファンや主催者の心を掴むのも「結果」のひとつに思うな。勝ち負けは「全て」じゃない。

そういう点で見れば、勝ちの結果は得られなかったけど、長島選手、日菜太選手、山本選手は結果を得た。
そう思います。勝ち組です。


ま〜谷川プロデューサーの総括が全てを物語っております。
これには笑った。谷川さん、好き嫌いハッキリしてるねー。


「空気の読めない小比類巻選手が見事優勝して、空気の読めない長い挨拶をして(笑)。
最後の油断といい、本当に小比類巻選手らしい優勝だったなと思います。」

谷川貞治



谷川さんセンスあるよ(笑)
乙カレサマです。


最後にフォローを入れるなら「×」がついただけでも、コヒ選手、良しとしようや!
「○」も「×」もつかないのが一番BADだぜっ!


ヒールも立派な主役です。


アイ・アム・編集者 ハッツン