June 25, 2012

3665エニグモIPO

7月19日に東証マザーズから上場を予定している3665エニグモです。

主な事業内容は、個人がバイヤー(商品の売り手)となって世界中の話題のアイテムを紹介・出品、販売ができるソーシャル・ショッピング・サイト「BUYMA(バイマ)」の運営です。

世界70カ国以上で3万人以上のバイヤーにより、登録数4,000ブランド以上、年間150万品以上のアイテムが出品され、クロスボーダーに商品が集まっており、会員数は約90万人とのことです。

主な事業がサイト運営で、収益の手段が手数料という形ですので、印象としては、収益力が強いとは言いにくく、サイト自体の集客が伸びているうちは良いのでしょうが、将来的には、事業の絵姿をどう書いていくのかが、問われるような気がします。

現状での業績の伸びを見ていますと、まだまだ拡大余地が多くあって、こうしたことも、当分先の心配事かもしれません。

本館サイトの該当ページ > 3665エニグモ

hephaistos_ir at 23:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

June 21, 2012

9419ワイヤレスゲートIPO

7月19日に東証マザーズから上場を予定している9419ワイヤレスゲートです。

ワイヤレスゲートでは、ワイヤレスゲートは、複数の公衆無線LAN事業者からのWi-Fiスポットの提供と通信事業者からの通信網の提供を受け、自社のプラットフォームで高速ワイヤレス通信サービスを提供するワイヤレス・ブロードバンドサービス、自社のワイヤレス・ブロードバンドサービスの基盤プラットフォームを通信事業者へ提供するワイヤレス・プラットフォームサービスのサービスを展開しています。

タブレット端末の普及等の追い風もあって、最近の業績は大きく伸びています。足元の成長性と業態としての面白み等もあって、想定されている公募価格のPER約8倍というのは、比較的控えめな印象を受けます。

インフラビジネスですので、過大評価も禁物ですが、堅調な値動きを期待したいところです。

本館サイトの該当ページ > 9419ワイヤレスゲート
hephaistos_ir at 21:30|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

June 20, 2012

6064アクトコールIPO

7月13日に東証マザーズから上場を予定している6064アクトコールです。

アクトコールでは、全国約1,200社の提携不動産会社のネットワークを活かし、会員制事業、代理店事業、アライアンス事業、コールセンター事業、その他の事業の各事業を展開しています。

サービスの内容としましては、最近流行している、今時のサービスという感がある業態ですが、やはりそれだけ、こうしたサービスへのニーズはあるという証明なのでしょうか、足元の業績の伸びは高いものになっています。

比較的「ベタ」なサービス業ではありますが、現在の成長性は評価したいところです。

本館サイトの該当ページ > 6064アクトコール
hephaistos_ir at 23:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

May 28, 2012

3664 モブキャストIPO

6月26日に東証マザーズから上場を予定している3664 モブキャストです。

主な事業内容としては、モバイルプラットフォーム事業を展開し、ソーシャルメディア「mobcast」の運営を行い、ソーシャルメディアサービスとソーシャルメディアゲームサービスの2サービスの提供を行っています。12年3月末の会員数は226万人です。

具体的には、スポーツ系コンテンツを中心としたソーシャルメディア「mobcast」の運営と、プロ野球オンラインカードゲーム「モバプロ」、競馬オンラインカードゲーム「モバダビ」の運営となっています。

足元の業績は爆発的な伸びを示しており、6月最大の注目IPO案件となります。

ただ、ビジネスモデルとしては、2種類のゲーム運営による有料コンテンツ課金収入と広告収入に頼ったものになっており、いつまでこの快進撃を続けることができるかは、心細い面はあります。

本館サイトの該当ページ > 3664 モブキャスト
hephaistos_ir at 20:30|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

May 27, 2012

3174 ハピネス・アンド・ディ IPO

6月22日にジャスダック・スタンダードから上場を予定している 3174 ハピネス・アンド・ディです。

主な事業内容としては、全国のショッピングセンター(SC)内のテナントにセレクトショップ「ブランドショップ ハピネス」を展開し、主にインポートブランド品を販売しています。

取扱商品は、インポートブランド品を中心に宝飾品、時計、バッグ・小物、メガネ等となっています。

これまでに42店舗を展開しており、今後の出店ペース次第ではありますが、それほど実際に新規店舗展開資金が必要になるかといいますと、それほどでもないような気はします。

むしろ株式上場の意義としては、資金調達の側面よりも、会社の知名度を向上させ、販売貢献を狙う面が強いように思われます。それはそれで上場の重要なポイントですので、この株式上場をきっかけとして更に業績向上させることが出来れば良いのではないかと思います。

本館サイトの該当ページ > 3174 ハピネス・アンド・ディ
hephaistos_ir at 21:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

May 26, 2012

6618大泉製作所IPO

 6月22日に東証マザーズから上場を予定している 6618大泉製作所です。

 主な事業内容は、熱・温度変化によって電気抵抗値が変化する半導体セラミックスのサーミスタを利用した各種電子部品(エレメント製品)の製造・販売と、それらを利用して、顧客である自動車部品メーカーや空調・家電メーカー等が最終製品に取り付けて温度測定や制御に利用できる温度センサ(センサ製品)の製造・販売となっています。

 実際にこれらの製品が搭載・利用されている最終電気製品は、
・ 生活家電/エアコン、電子レンジ、IHクッキングヒータ、冷蔵庫、エコキュート、洗濯機
・ 事務用機器/プリンター、コピー
・ 自動車
・ 医療機器/電子体温計、各種計測機
・ 工業産業機器/コンプレッサー、インバーター
などとなっています。

 半導体関連メーカーの業績不振が次々と伝えられ、日本の製造業の危機感が高まる今日この頃だけに、大泉製作所には、マーケットでも高い評価を得てもらい、元気付けてもらいたいところです。

本館サイトの該当ページ > 6618大泉製作所
hephaistos_ir at 20:30|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

May 25, 2012

日本エマージェンシーアシスタンスサービスIPO

6月20日にジャスダック・スタンダードから上場を予定している 6063 日本エマージェンシーアシスタンスサービスです。

主な事業内容は、海外旅行や海外駐在、海外渡航中に病気や怪我をしたサービス受益者が、自国にいるときと比べて不自由なく必要な医療を受けられるようにコーディネートする医療アシスタンスサービスと、クレジットカード会社からカード会員に対するコンシェルジュサービスを受託し、クレジットカード会社からの年間契約料収入を得る、ライフアシスタンス事業となっています。

類似業態で既に上場している企業があまり思い浮かばないビジネスモデルなので、株式マーケットでは新奇性が評価される素地は十分にあると思われる銘柄です。

足元の業績も、特に問題ありません。

唯一残念な点としては、やはり現在の株式市況が低迷している点になるでしょうか。

本館サイトの該当ページ > 日本エマージェンシーアシスタンスサービス
hephaistos_ir at 22:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

April 01, 2012

6062チャーム・ケア・コーポレーションIPO

4月27日にジャスダックスタンダードから上場を予定している6062チャーム・ケア・コーポレーションです。

主な事業内容は、有料老人ホームの運営です。有料老人ホームは、「介護付き」、「住宅型」、「健康型」の3種類に分類されるようですが、そのうち、チャーム・ケア・コーポレーションでは、「介護付き」と「住宅型」の2つを運営しています。「住宅型」では居宅訪問介護事業所、居宅通所介護事業所、居宅介護支援事業所を併設して、居宅サービスの提供を行っています。

介護関連ビジネスは、なかなか利益に直結しない面も大きい業種ですが、その中で、チャーム・ケア・コーポレーションは着実に利益を積み上げていっています。

今後も、運営件数を増やしていくことで、増益を維持していくほう効果と思いますが、投資家としては、まずは、その事業の方向性を当面は見極めていきたいところでしょうか。

本館サイトの該当ページ > 6062チャーム・ケア・コーポレーション
hephaistos_ir at 20:09|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

March 31, 2012

6061ユニバーサル園芸社IPO

4月26日にジャスダックスタンダードから上場を予定している6061ユニバーサル園芸社です。

主な事業内容は、園芸関連用品のレンタルや販売、植栽管理、メンテナンス等のサービス提供を主としたグリーン事業です。

業績面では、11.6期実績と12.6期業績予想がともに、対前期比で増収減益になっている点が、気にかかります。業態的にも、大きな成長余地があるとは見にくいところですので、上場を契機として、増益トレンドに乗ってもらいたいところです。

本館サイトの該当ページ > 6061ユニバーサル園芸社
hephaistos_ir at 20:07|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

March 30, 2012

6060こころネットIPO

4月25日にジャスダックスタンダードから上場を予定している6060こころネットです。

主な事業内容は、福島県内における冠婚葬祭等(葬祭事業、婚礼事業)、東日本を主な販売エリアとした石材の卸売(石材卸売事業)、福島県内・長野県東部における一般個人・法人向けの石材(主に墓石)の販売と霊園斡旋・墓石販売(石材小売事業)、グループ内外向けの生花の卸売(生花事業)、冠婚葬祭互助会の運営(互助会事業)等となっています。

冠婚葬祭の中でも、主に葬儀か関連の色彩が強いですが、そこを起点として、お墓・霊園関連や生花販売に事業を展開している点は、事業拡大の方向性としては、面白いのではないかと思います。

また、一方で、福島県を事業の基盤エリアとしていることで、ここ一年は大変だったようですが、それを乗り越えて、12.3期は増益の見通しとなっています。その点でも、注目したい上場案件です。

本館サイトの該当ページ > 6060こころネット
hephaistos_ir at 20:05|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

March 29, 2012

Avan Strate(アヴァン・ストレート) IPO

4月24日に東証から上場を予定している5220Avan Strateです。

主な事業内容は、液晶ディスプレイ・パネル用ガラス基板の製造・販売を主たる事業とし、日本・韓国・台湾・シンガポール・中国等に拠点を置く液晶ディスプレイ・パネル・メーカーを主な顧客としています。

主にノートPC、デスクトップモニター、30インチ未満の中・小型液晶テレビ向けを中心として今後も安定した需要が見込まれる第5世代と、主に中・大型(30インチ以上)の液晶テレビ向けに高い需要が見込まれる第7、第7.5、第8世代のガラス基板を中心とした製造・販売を行っています。

Avan Strateは、昨年に上場を予定していましたが、震災を受けて上場を延期していました。約一年かけて、この度再挑戦することとなった模様です。

日本の液晶パネル事業については、良い話が聞こえてこない今日この頃だけに、日本復権の意味も含めて、頑張って欲しいところです。

本館サイトの該当ページ > 5220Avan Strate
hephaistos_ir at 20:03|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

March 28, 2012

ウチヤマホールディングスIPO

4月20日にジャスダックスタンダードから上場を予定している6059ウチヤマホールディングスです。

主な事業内容は、福岡県北九州市を中心として、介護等が必要な高齢者を対象として、有料老人ホーム、グループホーム、ショートステイ、ヘルパーステーション、ケアプランセンター、デイサービスセンター等を運営しています。更に、この他に、福岡県を中心として、カラオケボックスの運営や、居酒屋店舗等の運営を行っています。

介護関連ビジネスと、カラオケボックス、居酒屋経営との関係性は、よくわかりませんが、とりあえず、介護事業だけをやっているよりは、多角化に成功しているということでしょうか。

事業エリアが主に九州北部をメインとして展開されていますので、今後各種株主優待が実施され、飲食業でよくあるようなタイプの優待が実施されるのであれば、その時には、九州在住の投資家には、メリットが出てくるかもしれません。

本館サイトの該当ページ > 6059ウチヤマホールディングス
hephaistos_ir at 22:30|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

March 07, 2012

6058ベクトルIPO

3月27日に東証マザーズから上場を予定している6058ベクトルです。

主な事業内容はPR事業となっています。「PR事業」の説明としては、顧客からの依頼に応じて顧客関連ニュースを広告枠以外の番組、記事等に露出させることで、顧客の広報・マーケティング活動を支援することが主な活動となっています。

その具体的な活動内容は、顧客の商品・サービスにマッチした情報・コンテンツ開発、プレスリリースの作成・信、メディア各社への情報伝達・プロモート、露出結果集約・報告、その他広報・マーケティングコンサルティング等の提供サービスとのことです。

一般的な広告活動とは趣が異なることは、なんとなく理解できますが、その先については、わかったようなよくわからないような印象ですが、その点こそが将来の業績に期待を抱かせる源泉になっているのかもしれません。

ともあれ、足元の業績は順調に推移しており、極端に高い評価を受けることは難しいと思われますが、興味は惹かれる案件となっています。

本館サイトの該当ページ > 6058ベクトル
hephaistos_ir at 20:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

March 06, 2012

3662エイチームIPO

4月4日に東証マザーズから上場を予定している3662エイチームです。

主な事業内容は、インターネット・モバイル端末をベースとしたコンシューマー向けサービスを主軸に、ゲーム・デジタルコンテンツの企画・開発・運営等を行う「エンターテインメント事業」と、日常生活に密着した比較サイトや情報サイトの企画・開発・運営等を行う「ライフサポート事業」の2つの事業となっています。

ライフサポート事業では、引越し価格の一括見積りサイトと中古車買取価格の一括査定サイトなどの比較サイトと、結婚式場の検索・予約・情報サイト、女性向け体調管理・悩み相談サイトなどの情報サイトを運営しているとのことですが、エイチームの場合は、やはりエンターテインメント部門が主力と見られます。

エンターテインメント事業では、ゲーム系公式サイトや、きせかえ系公式サイト、ミュージック系公式サイトを展開しており、業績を牽引している成長性の中心は今のところこちらの事業となっています。

エイチームの場合、こうした事業内容をみれば、一目瞭然の感もありますが、おそらく株式市場でも注目を受けるIPO案件の一つになると思われます。

公募株式単元数も少なく、「当り難い」案件になりそうですが、その分、割り当てられた投資家にとっては楽しみな案件となりそうです。

本館サイトの該当ページ > 3662エイチーム
hephaistos_ir at 23:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

February 14, 2012

7157ライフネット生命IPO

3月15日に東証マザーズから上場を予定している7157ライフネット生命です。

文字通り、生命保険会社であり、主にインターネットを販売チャネルとする直販型の体制をとっています。

ライフネット生命は、事業立上げ段階にあり、まだ単年度決算は黒字化していません。この段階では、公募に応じようとする側も、まだ事業の立ち上げ期ということから、銘柄の評価が十分できません。

こうした事業立上げ期に上場を決行するタイプの銘柄としては、創薬系ベンチャーがあげられますが、逆にそれ以外の業態の場合には、この段階で上場してしまうケースは、あまり見られません。

ライフネット生命の場合には、インターネット直販型であるために、認知度・知名度の向上が不可欠なのでしょうし、それが今回の、この早い段階での上場ということに繋がっているものと想像されます。

ただ、今回の場合には、やや時期尚早の感があります。資金調達に関して、逼迫した事情があるのかとさえ勘ぐりたくなるところです。もう少し落ち着いてから上場すれば良かったのではないかと思われます。

本館サイトの該当ページ > 7157ライフネット生命

hephaistos_ir at 23:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

February 13, 2012

3661エムアップIPO

3月14日に東証マザーズから上場を予定している3661エムアップです。

主な事業内容は、携帯電話端末向けの有料コンテンツの提供を行う携帯コンテンツ配信事業と、PC端末向けの有料コンテンツの提供を行うPCコンテンツ配信事業、インターネットを通じてアパレル商品やアーティストグッズ、CD等パッケージ商品の販売を行うeコマース事業の3事業となっています。特徴的なコンテンツ、サイトとしては、アーティストやタレント等のファンクラブサイト等となっています。

固定的、コア的な顧客を抱えるコンテンツを提供していることとなり、基本的には安定的な収益を得られる強みを持っていると言えそうです。ただし、11.3期の業績説明では、一部アーティストにおけるPC向け有料ファンクラブサイト撤退が減収の理由の一つとされており、逆の面も持っている点はリスクではあります。

現状では、まだ伸びしろを持っているように思われるマーケットを対象とした事業として、エムアップに関しては、一定の評価はできそうです。

本館サイトの該当ページ > 3661エムアップ

hephaistos_ir at 22:30|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

February 09, 2012

3173大阪工機IPO

3月9日にジャスダック・スタンダードから上場を予定している3173大阪工機です。

主な事業内容は、メーカー向けの工具・装置の販売で、自動車エンジン部品などの金属加工業者向けの超硬切削工具や特殊鋼切削工具、国内製缶業者向けの製缶工具等の耐摩工具、半導体、液晶、太陽電池向けの検査装置への搭載用として、光学部品、光源装置、光ファイバーの販売を行っています。

メーカーを顧客とした卸販売業態となっており、比較的地味な印象ですが、業績は安定的に伸びてきています。

とりわけ、海外向けの販売が一定規模存在しており、日本国内での天災や景況に直接影響されない部門を持っている点が強みになっているようです。

本館サイトの該当ページ > 3173大阪工機

hephaistos_ir at 23:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

3660アイスタイルIPO

3月8日に東証マザーズから上場を予定している3660アイスタイルです。

アイスタイルグループの主な事業内容は、女性(その中でも特に20代から30代の女性)を中心とした、化粧品、美容関連商品等に関する生活者の商品評価情報(「クチコミ」)を中心としたウエブサイの運営で、PCサイト、モバイルサイト、スマートフォンサイトを運営しています。

それに関連して、化粧品オンラインショッピングサイトを運営し、化粧品等のEC事業や、運営サイトの情報を活用した化粧品小売業態の企画開発、化粧品等の小売販売店舗事業、女性をターゲットとした業界(化粧品業界、美容業界等)向けの広告に関する広告代理業までを展開しています。

比較的わかりやすいネット関連ビジネスを展開しており、業績の伸びも、そこそこになっています。

想定されている公募価格は、そうした堅実な成長性を織り込んだ価格になっていると思われます。ネット関連の面白みのある銘柄と評価されれば、更に高い価格も狙えるかもしれませんが、そこまでの決定的な特徴も観られないように思われます。

本館サイトの該当ページ > 3660アイスタイル

hephaistos_ir at 22:03|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

February 08, 2012

3172ティーライフIPO

3月6日にジャスダック・スタンダードから上場を予定している3172ティーライフです。

主な事業内容は、個人消費者に対して、ティーライフ独自のカタログによる健康食品、化粧品等を中心とした通信販売事業となっています。

主な取扱い商品は、健康食品関連事業では、「ダイエットプーアール茶」、「まるごとさんかく茶」など家族の団らん商品(緑茶、季節に合 わせたお茶請け、地方の特産品)等、化粧品事業では、竹酢液を配合した化粧品「炭の露」シリーズです。

取扱い商品が化粧品関連、しかもネット・通信販売がメインということでは、同時期に上場を予定しているアイスタイルの業容に一部近いものがありますが、クチコミサイトの運営を柱としているアイスタイルの華やかさと比較しますと、ティーライフの場合は、若干地味な印象があります。

ティーライフの場合、やや従来型の通信販売業に埋没した印象を受けてしまうところが、難点でしょうか。

本館サイトの該当ページ > 3172ティーライフ

hephaistos_ir at 23:00|この記事のURLComments(0)2012年IPO 

January 31, 2012

3171マックスバリュ九州IPO

2月22日にジャスダック・スタンダードから上場を予定している3171マックスバリュ九州です。

マックスバリュ九州は、純粋持株会社であるイオンを中心とする企業グループの中で、スーパーマーケット事業に位置づけられており、2001年に経営破たんした株式会社壽屋から店舗を譲り受けることを目的として設立され、九州地区において食料品、家庭用品等の小売事業を営んでいます。

これまでの経緯が、経営破たん企業の受け皿会社ということはありますが、今回の上場によって、結果的には、イオンとの親子上場となります。業態が違う等の明確な区分があればともかく、今回の親子上場に関しては、基本的に同一業態内であり、上場そのものに関しては、やや疑問が残ります。

リフォームスタジオの上場延期に伴いまして、2012年の最初のIPOに、このマックスバリュ九州が「繰り上げ当選」した形となりました。親子上場等の課題はあるものの、2012年のスタート銘柄として、まずは無難に発進してもらいたいところです。

本館サイトの該当ページ > 3171マックスバリュ九州

hephaistos_ir at 21:26|この記事のURLComments(0)2012年IPO 
Profile
Hephaistos
サラリーマン兼投資家。仕事はIR、証券アナリスト資格保有。
IRの視点で新規公開銘柄を分析します。

下記本館サイトは、
■Yahoo! Japan
■All About マネー
に登録されています。
スポンサード リンク
Recent Comments
お奨めIPO投資本
時々「iPod」の本が登場します