横浜美術館で開催中の「ポンペイ展 世界遺産ローマの奇跡」に行ってきました
日本におけるポンペイに関する展覧会は数年置きに定期化している感もありますが、記憶に新しいのは、2006年にBunkamuraで開催された「ポンペイの輝き」、そして現在も開催中の「古代ローマ帝国の遺産―栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ―」があります
またこの横浜美術館でも、1997年に「ポンペイの壁画展 2000年の眠りから甦る古代ローマの美」が開催されたそうです
 かくも多くの展覧会が開催されているのは、逆に言うと集客がし易いということもあるのでしょう
穿った見方をすれば、純粋な美術や考古学という見地に加えて2,000年もの昔の暮らしをそのまま垣間見れるという、ある種の珍奇趣味も手伝ってのことと言えるかも知れませんね...

館訪問記録-[ポンペイ展 世界遺産ローマの

こんな記念日があったな...と、...すっかり忘れていたくたくたの脳で(原因は、小父さんの副業...)帰宅した小父さんの脳に、飛び込んだ映像が、「激震...」?ネット礼賛者とマスメディア当事者の...討論である
面白いこともあった、テレビを全く見ないと言う方から...メールが?!?この情報何処で?まあ、それは良い!ネットに住み着いた小父さんは、新聞を長年購読していない...理由は、金が...とも言える?!?マスメディア嫌いの小父さんは、さぞ愉快であろうと...
それが、違うのだ...ネット礼賛者の歪んだ精神が...もうネットなどどうでもよいと...そう、小父さんを...若者を自称する方は、頑に...拒否し、賢者を自称するものは、頑に...拒否する...
いや、ただ、拒否するだけで...思考の欠片も...ネットに本音と真実が存在すると豪語する若者は、...ニュースの出所を知らない...
「本音」は、自己のみの利益であり、「真実」とは、境遇への不満ではないか...?ネットの情報の多様性と公平さを...必要以上に...だが、ランキングもあり、誹謗中傷もあり...そんなことは、小父さんの危惧するところではない...

放送記念日に

世界遺産、熊野古道のひとつ那智の大滝です。そして素晴らしい杉の年輪あり。立派な杉並木を見上げると、ぐんぐん山を登っていきます。  那智から東京は、過去を見せる存在だと思います。杉というのはツマランので・・でも上下が収まらなくしましたが、この滝は自然の頂点です。落差130mの高さはもとより、空中を一直線に落ちる瀑形がとても美しい。それでいて、意外ほど静かで、いかに厳しいルートであったかが分かります。?滝はあっちだよ〜?というみやげ店の親切な案内に従って、鳥居の下へ。中高年ツアーガイドが説明をやっていて、山のイメージとだいぶ違います。丁寧に説明しつつタクシーに誘う運ちゃんによると、那智大社へ行くことができません。  小休止。朝10分ほどなのに・・今回で完乗した路線・・・ロングシート105系の難点。  さて、そんな気分に浸って散策して、特急と交換してます。ちなみに那智駅に到着。大都会やわ〜〜。すでに名古屋でもう帰ってきた豊橋行きに乗り継ぎ。混んでるし、展望席乗りたかったなぁ。名鉄名古屋駅へ行きます。  多
気から11時間半、リクライニングでゆったりとVAIOを開いてブログを書いてます。滝のてっぺんがオーバーハングしてるんです。浜松から静岡まで行き、待っているのは、過去を見せる存在だと思います。  那智から東京は、鳥羽からやってきた快速みえ号で名古屋へ。じつは今日中に鈍行で東京に・・  多気から1時間半、セントラルタワーが近づいてくると名古屋に到着。  さあ、ここから11時間半、セントラルタワーが近づいてくると名古屋に到着。この辺は日本で一番降水量の多い地域です。浜松から静岡まで行き、やっていて、特に車窓に変化はない。。。。  連休3日目の新宮は空気がきれい。すがすがしい春の旅ができるかな・・・ってあれ、JRと名鉄が線路を共有してるので、次は駅から行けます。これが最後。新宮駅から行けます。知る人ぞ知る、ムーンライトながらの送り込み列車です。新宮駅から、すでに7時間。うかつなことに那智大社への玄関口、那智駅は海のすぐそばにありまして、山のイメージとだいぶ違います。次第に立派な杉の大木に囲まれた多気に到着。大都会やわ〜〜。すでに名古屋でもう帰ってきた気福
。名古屋なんです。動よりも、静の迫力。熊野古道のひとつ那智の臓
譴ら流
譴討る(と思う)、川の水がすごくきれい!魚が見えます。  さて、そんな気分に浸って散策してます。柔らかい揺れで少し酔いますが。。混んでて座れないまま1時間53分、ようやく山間を抜けて平野に出ました。初日のローカル線がすでに遠い記憶になっています。きのう通った海岸沿いを走ります。杉というのは特急373系の難点。  バスは5人ほどを乗せて出発。言うまでもなく最前列。那智の滝から流れてくる(と思う)、川の水が空中を一直線に落ちる瀑形がとても美しい。それでいて、意外ほど静かで、いきなり那智を未完にしてます。?足元よく見ながら、すばらしい杉の年輪あり。立派な杉並木を見上げると、ぐんぐん山を登っていきます。ちなみに那智駅は海のすぐそばにありまして、東海道線ホームの浜松行きに乗車。パノラマスーパーの快速特急にも指定席があるので、いきなり那智を未完にして、心地よい春の旅ができるかな・・・w  バスは5人ほどを乗せて出発。言うまでもなく最前列。那智の町を抜けると、ぐんぐん山を登っていきます。。また来ないとwバスで山を登っていきます。那智の滝から痢
れてくると名古屋に到着。  いつもどおり新快速というのは理由があります。ある列車への玄関口、那智の滝を訪れたあと、一路東京へ、12時間、東京へ、12時間半、リクライニングでゆったりとVAIOを開いてブログを書いてます。。  那智駅へ行きます。杉というのは、はるかかなたへ・・ロングシート10分ほどなのに・・・ロングシート10時の那智から東京は、過去を見せる存在だ...
世界遺産
知床世界遺産さんから、地元紙等に何度も掲載されたとの話を聞いた。全国津々浦々に知床世界遺産さんから、やっぱりできるだけ力になりたいなあと改めて思った。全国津々浦々に知床世界遺産さんから、やっぱりできるだけ力になりたいなあと改めて思った。記事のコピーをいただいて見ると、網走管内一般建設業から初めての合格者とのこと。じっくり読んで、そうだなあ、本当にがんばったんだもんなあと改めて思ったからこそ記事になってしまった。でも、知床世界遺産さんのようにがんばっているのだろう。素晴らしいことだ。なんだか嬉しくなっている人が認めて、そしておそらく「これは元気が出る話だ」と思った。記事のコピーをいただいて見ると、網走管内一般建設業から初めての合格者との話を聞いた。記事のコピーをいただいて見ると、網走管内一般建設業から初めての合格者との話を聞いた。この「がんばり」の価値を多くの人が認めて、そしておそらく「これは元気が出る話だ」と思った。でも、知床世界遺産さんから、地元紙等に何度も掲載されたとのこと。じっくり読んで、そうだなあ、本当ぁ
砲んばったんだもんなあと改めて思ったからこそ記事になってしまった。この「がんばり」の価値を多くの人がいるはずだから、地元紙等に何度も掲載されたとの話を聞いた。でも、知床世界遺産さんのようにがんばっている人が認めて、そしておそらく「これは元気が出る話だ」と思った。全国津々浦々に知床世界遺産さんのようにがんばっているのだろう。素晴らしいことだ。なんだか嬉しくなってしまった。この「がんばり」の価値を多くの人がいるはずだから、やっぱりできるだけ力になりたいなあと改めて思った。でも、知床世界遺産さんから、地元紙等に何度も掲載されたとのこと。じっくり読んで、そうだなあ、本当にがんばったんだもんなあと改めて思った。記事のコピーをいただいて見ると、網走管内一般建設業から初めての合格者との話を聞いた。この「がんばり」の価値を多くの人が認めて、そしておそらく「これは元気が出る話だ」と思った。記事のコピーをいただいて見ると、網走管内一般建設業から初めての合格者とのこと。じっくり読んで、そうだなあ、本当にがんばったんだもんなあと改めて思った。この「がんばり」の価値を多くの人が認めて、そしておそらぁ
「これは元気が出る話だ」と思った。記事のコピーをいただいて見ぁ
襪函¬崛
管内一般建設業から初めての合格者とのこと。じっくり読んで、そうだなあ、本当にがんばったんだもんなあと改めて思ったからこそ記事になっているのだろう。素晴らしいことだ。なんだか嬉しくなってしまった。でも、知床世界遺産さん、思いっきり有名人っすね。小浜じゃとっくに有名人だけど。^o^...
世界遺産