高寄りは売りの日。

安寄りは戻り売りで対処。

但し小動きなら見送るべし。