こちらのブログに置いてあるゲームが面白かったので攻略してみた

※描いてあることは全て3/19時点での物です。
更新が早いのですぐ役に立たなくなります。
あと製作者の方には完全に無許可ですので怒られたら消えます。

自分でやってみてから読んだほうが面白いですのでやってから見て下さいな。

攻略情報は続きを読むで↓
■装備について
○武器
・こん棒:攻撃力+0〜2
安価な武器
攻撃力は低いが、序盤はあると楽になる

・イヌキラー:攻撃力+2〜4(イヌには2倍)
対イヌ専用武器
ストックは少なくていいが、Lv3〜10ぐらいまでは出現率が高いので耐久値に注意

・はがねの剣:攻撃力+4〜7
メインに使う武器
常に2〜3個はストックが欲しい

・サムライソード攻撃力+5〜12
ロマン武器
攻撃力は高いがコストパフォーマンスが悪い
はがねの剣を使うほうが無難


○盾
・木の盾:防御力+2
安価でそれなりの性能
はがねの盾に手が出なければこれでいい
ツチノコを相手にするときは外す

・はがねの盾:防御力+4
メイン盾、おいィ?
ストックは常に2〜3個、耐久値には常に気を配る
ツチノコ相手には外す


○杖
・魔法の杖:魔法力+2
魔法王の杖よりも一撃の威力が低いが、コストパフォーマンスは高い
瞑想を覚えてからなら十分に実用の範囲

・魔法王の杖:魔法力+7
瞑想を覚えていればかなりお手軽に敵を倒せる上、盾の耐久値が減らない利点がある
ただしコストパフォーマンスはあまり良くないので武器・盾が揃っていないときはそちらを優先しよう



■回復アイテムについて
○前提
進む、守るコマンドでも体力は自然回復する
自然回復の回復量が多いので基本的には使う必要がない

・ところてん
回復量が4と序盤でもゲージの1/3ほどしか回復しない
アイテム枠を圧迫しないように拾い食いが基本

・ドーナツ
序盤の緊急用アイテム
ただし、緊急用と言っても回復量は10と頼りにならないので使わない立ち回りを

・大きなドーナツ
回復量30と多め
コマンドミスで窮地に陥ったときの緊急用として一つだけ持っておこう



■スキル
Lv1のスキルを両方覚えるとLv2のスキルが覚えられるようになる
Lv1のスキルを覚えたあと忘れてもLv2のスキルは覚えられる

○Lv1
・気合:習得スキルポイント15
尤も良く使うスキル、守るコマンドで敵が近づくのを待ってから殴るだけ
これがあると戦闘が楽になるので最初に覚える

・マジックアロー:習得スキルポイント5
あまり使い勝手が良くないが、序盤なら有用

○Lv2
・瞑想:習得スキルポイント15
魔法を使う場合は必須スキル
気合と発動方法が同じで、同時に発動する

・マジックミサイル」習得スキルポイント15
魔法を使う場合はこちらのスキルになる
攻撃力は高いが武器の耐久値に注意


■敵キャラ対策

・ところてん
特に無し
覚えていれば気合を使う
後半は武器と盾を装備せず耐久値を節約した方がいい

・イヌ
序盤は強敵、イヌキラーを使えば弱い
気合は最初の1ターンだけでいい

・ツチノコ
こちらの攻撃が当たりにくいので気合→攻撃を繰り返す
敵の攻撃力は低いので盾を外す
盾を装備したままだと耐久値がガリガリ削れる

・魔王
強くなったところてん
はがねの剣か、あればイヌのキバで殴る
気合は最初の1ターンのみでいい


■序盤攻略
・ポイントは逃げるコマンドと守るコマンドの使い方
敵と戦って自分のHPが減ったときは進まずに守るを連打してHPを回復しよう
画面内に敵がいなければ守るコマンドを続けても敵はあらわれない

・イヌは低レベル時にかなりの強敵になる
武器防具を持っていないとHP満タンでも勝てない場合があるので無理せず逃げよう
最低でもこん棒+木の盾を揃えてから戦おう

・気合を覚えればかなり楽になるのでまずは気合を覚えることを優先
Lvが同じか上の敵を倒せばスキルポイントが貰える
早ければ3〜5Lvで覚えられる、ところてんはレベルが高くても狙おう


■TIPS
・敵と1〜2マス間合いを取って守るコマンドを使い、敵に近寄らせてから殴るのが基本戦術
気合を覚えていればさらに有効になる

・武器の耐久値が残り1のときに攻撃すると武器が砕け散って相手にダメージを与える
なお、このダメージはかなり強い

・魔法は杖を装備して魔法力を上げないと効果が薄い、その上無駄に剣の耐久値が削れる

・魔法スキルはセットしないと使えない、覚えたあとは忘れずセットしよう

・お店で売っている物の値段は徐々に高価になる、Lv・歩数・ターン数どれに依存するかは不明 (歩数に比例(?))

・スキルポイントは同Lvの敵を倒すと1ポイント、1Lv上の敵を倒すと2ポイントもらえる

・画面内に敵がいない場合、守るコマンドを連続して選択することで安全にHPが回復できる