2週間ぶりにやって参りました、高滝湖

前回、前々回と2試合連続で完全試合をやられているので今回こそ釣りたい所。
ちなみに前回の釣行は余りにも書くことがないので特に書きませんでした、サボリです、はい。

さて釣り開始ですが、今回は朝一トップなんて甘えた事はしません。
春の高滝定番のミノー・シャッドで流れ込みと沢又橋周辺のブレイクを狙っていきます。

沢又橋東岸、上流側の岸際から深くなっている所で最初の反応。
20cmぐらいの可愛いのが岸際までふら〜っと追ってきて食い損ねて帰って行きました。

その5分後ぐらいに同じ形でバイト!
岸際沿いにゆっくりトゥイッチを繰り返してポーズを入れた所で食ってきました。
水面直下ぐらいだったので食う所まで見えて楽しかった(´ω`)

今更だが今年初バスなので慎重に寄せてきてハンドランディング。
お腹が出ている春らしい33cm。
ルアーはバンクシャッドのホログラムワカサギカラー。
110413_0502~0001





そのまま6時頃まで同じ釣り方を試しましたが無反応、対岸へ移動して見える変化だけ釣っていきます。
すると排水口のポイントでヒット!
水は流れてないので単純に地形の変化に付いてたようだ。

サイズはさっきのと変わらないけど今日は釣れる日かなー?とか考えてたら足元でバラし…


明るくなってきてから分かりましたが前回までと違って岸際にワカサギの群れがちょいちょい見えます。
多分バスもこれを追って岸際・シャローに上がってきてる






はずなんですけどね…




その後は釣れない時間が続く。
ベイトも至る所で見れるのに肝心のバスからの反応が無い。

14時頃にキャンプ場ワンドの下流側の岸で他の部分よりかなり濃いベイト群を発見。
ここでちょっと面白い発見が。
バンクシャッドを岸際に引くとワカサギの群れがやたら付いてくるんです。
ルアーに体当たりするぐらい、浮かせてるだけでも針に自分で引っかかってくる(;^ω^)
しかし他のミノーだと無反応、むしろ逃げる。


これはもしや完璧なマッチ・ザ・ベイトなのでは…
でも釣れなきゃ意味ないですよね。


とりあえず一番ベイトが濃いのがこのエリアなのでしばらくシャッドを投げ続けます。
そして2時間が経過して諦めかけたぐらいでようやくヒット!
足元ギリギリまで巻いてきて浮かせた所で食ったので本当に目の前でバスが反転していったから物凄い驚いた。
かなり大声で「ウオォ!?」とか叫んだので周りに誰もいなくてよかった。

そして上がってきたのはプリップリの40ジャストちゃん!
最高のコンディションで引きが強い強い、スピニングとしては固めの竿なのに寄せるのに一苦労。110413_1552~0001




しかしこのポイントもこれだけでその後反応が得られず。
暗くなるまで頑張ったけど2ゲット1バラしで終了。



トゥイッチして止めた時に食ってくるのは分かってるんだけどどうにも答えが帰ってこない。
ポイント選びが悪いのかな…?

とりあえずボウズでは無いし40upも釣れたけどこの時期の高滝でこれは少し不満が残る内容。
来週も行ってもう少し頑張りたい!