ヘロヘロブログ

ニコニコ動画にクラリネットの演奏を投稿しているヘロヘロのブログ

モーツァルト「クラリネット協奏曲より一楽章」【クラリネット五重奏版】

みなさんお久しぶりです(^^;)
このブログ、最後に更新したのは2016年5月11日のガルパン動画だったのですが、
それから1393日、
199週、
45か月24日、
3年9か月24日ぶりの更新となりました。
(今日は何日目?www.nannishime.net調べ)
パチパチパチ

つい最近まで「モーツァルトのクラリネット協奏曲のアンサンブル編曲」に取り組んでおりました。
クラリネットのソロによる名曲中の名曲、昔は毎日のようにペロペロ吹いて遊んでいました(Bb管で)
もはやライフワーク?のひとつと言っても過言では無いのに演奏する機会がありません。
お客さんの前で演奏できる人はどのくらいるのかな?
そりゃ上手な人やプロやプロの卵の音大生なんかは演奏する機会はあるんでしょうけど
田舎暮らしのこの身の上じゃ一度もやらずに一生が終わってしまう...。
自分だけではなく世界には同じように思っている人がちらほらいるのではないか?

そこで、

・A管が無くても
・伴奏(オケ・ピアノ)が無くても

演奏できるようクラリネットアンサンブルにしたらどうだろうと閃きました。
検索しても二重奏はあるようだけどもう少し本数増えた編成だと見当たらない。
無いならやる価値ありそうです。

ということでA管ではなくBb管で行くことに。
もちろん移調。
原曲のソロ譜をそのままBb管で演奏する感じです。

演奏チャンスを増やすのであればなるべく本数を少なくしたい。
でもパートが多ければ原曲に近づけられる。
この葛藤はスコアを眺めた上で伴奏4本でギリギリ何とかなるだろうと推測。
Bb管3本にアルトクラにバスクラの編成で一楽章からスタート。

一楽章、まあ長いです、だいたい12分半くらい。
とりあえずソロと弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)をポチポチ入力を開始。
ざっと体裁を整えてクラリネット用に。
各パート譜はだいたい6ページ。
やはり規模がでかい(^^;)
音域高めだけど何とか演奏はできそうだったのでテンポ遅くして多重録音で確かめてみる。

「全然だめだこりゃ!」

やっぱ一筋縄ではいかないなぁ。
弦楽器の高音域をそのままクラリネットにしてしまうと音がキツすぎてどうしようもない。
モーツァルトの別作品でもクラリネットの音域は基本的にとてもセーフティ。
高音もいい音色で使えるところまでがほとんど。

音下げよう...。

ただ高すぎるところだけ下げても不自然。
どこから下げるか、どこから上げるか。このあたりはだいぶ悩みました。
なるべく不自然に聴こえないようにしたつもりです。

でもそれでもやっぱり不自然に感じるところアリ。
CDとか聴いていて自然と耳が伴奏の弦楽器から管楽器に移っている部分。
ここはホルンの音聴きたいからホルンの音にに移行!的な修正をあちらこちら。
音の感じからしてもアルトクラに担当してもらったところがいくつかあります。

バスクラは途中激しく息が足りなくなる部分があって大変(つまり休符が無くて)
自分はギリギリ行けるくらい。シビアなところが2か所くらいあります。ごめん。

モーツァルトの他のアンサンブル曲を紐解くと曲の中で、
ソロ、二重奏、三重奏、四重奏と意図的に楽器の本数を変えてるのが見受けられます。
クラリネット協奏曲も完全にソロのみの部分(フェルマータのところ)が少しあって弦との二重奏的な部分。
あとはフーガで本数増えていく部分など。
逆にfを強調したいところはやはり全員でという考えもあって、
本来はソロが長くお休みする部分に伴奏パートをいろいろ追加しました。
(当然ながら休みが減るので体力的には厳しくなってますサーセン)

まあそんなこんなで、
編曲⇒試奏⇒楽譜修正⇒試奏⇒楽譜修正⇒試奏⇒楽譜修正・・・
と、終わりの見えないループがひたすら続くことに。
自分の実力不足もあるので仕方がないですが逆に言えば練習にはなった!

ある程度楽譜が形になってきたところでパート譜の譜めくりの調整。
これが面倒臭い。
とても面倒臭い。
6ページあると最低でも2回はめくらないといけない。
丁度いいタイミングで数小節の休みがあればいいのだけどそんな訳もなく。
あっちに寄せてこっちに寄せてと何とか帳尻合わせてめくれるようにしました。
クラ充の頃もそうでしたが「演奏出来る譜面」にするのがモットーなのでここはがんばった。
でもパートによってはどうにもならずぎりぎりのめくりもあります(アルトクラさーせん)
落ち着いてめくれば間に合います。

・・・・・

だんだん完成が近づいてきました。
クラリネットのみの編成でも良いけど別の楽器があってもいいんじゃないか?
という考えから伴奏のトップ2ndCLにはフルートのオプションを。
アルトクラはBbクラとバセットホルンのオプションを追加しました。
(なのでアルトクラがなくてBbクラ4本とバスクラでも演奏可能)
バスクラリネットもLowC前提でしたがLowEbパートも追加しました。
フルートに関しては音域の問題があるのでだいぶ上げ上げにしてあります。

最後にバスクラ五重奏の編成を追加しました。
近年この非常に珍しい編成をプロの生演奏で聴く機会がありましたがまあ技術的に凄い高くてびっくり。
高音域を当たり前のように安定して演奏するのはさすがでした。
なのでこの編成の楽譜があってもいいかなと。まさに好事家向け。
別の思惑としては原曲のバセットクラリネットが低い楽譜のドまで使う点です。
LowCのクラリネットで一番身近なのはバスクラのロングであろうと。
今となっては普通のA管ではなくバセットクラリネットでの演奏がプロでは主流のように見えますので。
ついでにモーツァルトの悪友クラリネッティスト・シュタードラーが現代のバスクラ見たら大歓喜したと思う。
何せクラリネットの低音好きすぎて楽器マイスターに低音延長した楽器作らせたくらいですから。

・・・・

譜面がある程度出来た時点で参考音源用にと自分で多重録音を始めたのですが、
まー大変でした。
本当に大変でした。
終わらないかと思った。
プロのような技術があればサクサク終わるんでしょうけど、そうはいかない!
録って聴いて録り直して、というのを延々やってました。
ムズイ。
理想と現実の間があまりにも広い。
前奏からムズイ。
いや、前奏がムズイ!
ソロの譜面は遊んでいても伴奏パートは未知の領域。
あ~、こんなんなってたのか!
みたいな発見の連続。
CDで聴いていても全然分かっていなかった。
個人的にはソロが全音符4つのところのアルトクラとバスクラが最高にエモ。
あとはレクイエム冒頭みたいなところ。

最初はテンポも遅めで録音していたのですがどうにも違うかな?と思い始め、
115から116、117と上げていき結局120になりました。
おそらく原曲より半音高いとか音数が少ないとかそう感じる理由がありそうです。
あとはフレーズが長くて息が相当きつい場所もあり。
これ当時のシュタードラーどうやって演奏してたんやろう?
参考のためCDをいくつも聴きましたがtutti部分はやたら速くてソロはゆったりルバート的な演奏もあり。
トータルで12分30秒くらいが多いけどテンポ120だと12分10秒くらい。
あと楽器の配置は左から、
Bb2・bass・Bb1・Alto・Bb3
にしてみました。
Vn1と2が左右になってチェロ、コントラバスが左側になる、古典的配置に近いように。
そんなこんなで動画こちら。



やったー終わったー、と思っていたのですがやはり納得はできず。
もうちょっと出来るはず。
ソロをちまちま練習しているときに息のストロークを使ってみるのを閃いた。
息で音型を作る感じ。
試にそれで練習してみるとこっちの方が息が続く。
これが正解かは分からないけど自分の身体はこちらで喜んだ。
ならもう一回動画にするべきだ。
全パート録り直し。
そしてリードはバンドレン青箱からV12へ。



同じ編成、同じテンポですが結構違っていると思います(^^;)

【動画解説よりコピペ】

W.A.Mozart Clarinet Concerto K622 1.Allegro (Clarinet ensemble)

【編成】
・Bb Clarinet 1 (SOLO)
・Bb Clarinet 2
・Bb Clarinet 3
・Alto Clarinet
・Bass Clarinet


【備忘録 楽器・仕掛け等】
Bb Clarinet ヨーゼフK10B,BD5,バンドレンV12 3.5,シルバースタイン+Brass製カスタムパーツ,ヨーゼフモパネタル,リーフレックピンクゴールド,バックンベルココボロ
Alto Clarinet ヤマハYCL-631Ⅱ,BD5,バンドレンV21 3.0,シルバースタイン+Brass製カスタムパーツ,Brass製木製ネック,リーフレックピンクゴールド,brass製延長管,バックンベルココボロ
Bass Clarinet クランポンプレステージュ,BD5,バンドレントラディショナル3.5,シルバースタイン+Brass製カスタムパーツ,リーフレックピンクゴールド,brass製木製ベル


・・・・・・

MUCOMEで楽譜PDFを販売しております。
少々長めですが演奏会とかでどうでしょう?
https://mucome.net/work?id=64503


ヘロヘロ楽譜置き場

【ボカロ】

・千本桜 記事 動画 楽譜
 作曲 黒うさP/ぁきまる 編成 クラリネット六重奏 ※木管オプション譜あり
・深海少女 記事 動画 楽譜
 作曲 ゆうゆP 編成 クラリネット三重奏、バスクラリネット三重奏
・エンパス144 記事 動画 楽譜
 作曲 ゆうゆP メロディー譜(inC,inB♭,inE♭)
・六兆年と一夜物語 記事 動画 楽譜
 作曲 kemu メロディー譜(inBb,inA,inEb)
・不安定彼女 記事 動画 楽譜
 作曲 19 メロディー譜(inC,inB♭,inE♭)
・月見夜ラビット 記事 動画 楽譜
 作曲 蝶々P メロディー譜inB♭ 2パート
・カケヒキゲーム 記事 動画 楽譜
 作曲 タカノンP メロディー譜(C、B♭、E♭)
・夕立のりぼん 記事 動画 楽譜
 作曲 みきとP メロディー譜(C、B♭、A、E♭)
・ロミオとシンデレラ 記事 動画 楽譜
 作曲 doriko 編成 クラリネット五重奏
・DESTINY 記事 動画 楽譜
 作曲 あやりす メロディー譜(C、B♭、E♭)
・炉心融解 記事 動画 楽譜
 作曲 iroha(sasaki) メロディー譜(A、B♭)

【東方】

・上海紅茶館 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN 編成 バスクラリネット三重奏
・魔女達の舞踏会 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN/U2 編成 クラリネット四重奏(B♭×3,Bass)
・おてんば恋娘変奏曲 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN 編成 クラリネット四重奏(B♭×4)※参考演奏はアルトクラ×4
・U.N.オーエンは彼女なのか? 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN 編成 クラリネット八重奏(オプション譜あり)
・無伴奏クラリネットによる感情の摩天楼 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN 編成 クラリネット
・クラリネット協奏曲第1番(原曲:ヴワル魔法図書館) 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN 編成 ソロクラリネット、弦楽五部
・東方ディヴェルティメントNo.1 記事 動画 楽譜
 作曲 ZUN 編成 クラリネット三重奏(オプション譜あり)


【アニメ】

・進撃の巨人OP「紅蓮の弓矢」 記事 動画

【ゲーム】

・艦隊これくしょん(母港、工廠、出撃、艦隊戦) 記事 動画 楽譜
 編成 クラリネット四重奏(オプション譜あり)
・艦隊これくしょん(母港、工廠、鉄底海峡へ・・・) 記事 動画 楽譜
 編成 クラリネット六重奏(オプション譜あり)
・ ソーサリアンより「オープニング」「城-ここで逢えるね」「Sigh and Tear」 記事 動画
 編成 クラリネット五重奏

【クラシック】

・不死鳥より一楽章 記事 動画 楽譜
 作曲 ミシェル・コレット 編成 バスクラリネット四重奏
・クリスマス協奏曲より一楽章 記事 動画 楽譜
 作曲 アルカンジェロ・コレッリ 編成 クラリネット四重奏(B♭×3,Bass)
・ソナチネより一楽章 記事 動画 楽譜
 作曲 A.ドヴォルザーク 編成 クラリネット五重奏(B♭×4,Bass)
 ・アヴェ・マリア 記事 動画 楽譜
 作曲 A.ブルックナー 編成 クラリネット七重奏(B♭×5,Bass×2)※木管オプション譜あり
 ・モテット「キリストはおのれを低くして」 記事 動画 楽譜
 作曲 A.ブルックナー 編成 クラリネット四重奏(B♭×2,Alto,Bass)※Alto→Bbオプション譜あり
・ソナタKV292 記事 動画 楽譜
 作曲 W.A.モーツァルト 編成 バスクラ二重奏 ※動画は3楽章、楽譜は全楽章あり
・夜の女王のアリア 記事 動画 楽譜
 作曲 W.A.モーツァルト 編成 クラリネット四重奏(B♭×3,Bass)
・夜の女王のアリア 楽譜
 作曲 W.A.モーツァルト 編成 サックス四重奏(S,A,T,B)
・ホルン五重奏曲より一楽章 記事 動画 楽譜
 作曲 W.A.モーツァルト 編成 クラリネット五重奏(B♭×3,Alto,Bass)
・カンティレーナ ソナタ11番より 記事 動画 楽譜
 作曲 J.ラインベルガー 編成 クラリネット五重奏(B♭×4,Bass)
・バスクラリネット協奏曲より一楽章 記事 動画 楽譜 NEW
 作曲 W.A.モーツァルト 編成 クラリネット五重奏orクラリネット九重奏 

ガルパン「こんな普通の学園生活って素敵です!」猫田Ver

どもっす、ヘロヘロっす(^^;)
前回ガルパン劇場版の「好敵手です!」の動画うpりましたが久々にドット絵描いたりしたら調子出てきてさっそくガルパン曲うpってみますたw

今回は劇場版じゃなく通常のTV版から「こんなふつうの学園生活って素敵です!」ですw(長いww)

前回が行進曲だったので次はちょっと穏やかな曲にしてみようと思い~♪
曲はちょっと速めの三拍子で黒森峰から逃げるように(戦車道のない)大洗にやってきた西住みほさんの心境を表現した素敵な曲だと思われますw

で、今回はクラリネット四重奏にしてみたのですが、原曲は##、なるほど。ではA管で、となる訳です。なにせBb管だと####なのでちょっと、ね。演奏できなくはないけどせっかくあるのだから使おうと。あとA管×3+バスクラって普通やらないでしょう?多重録音の強みっすねw

販売されているピアノ楽譜を入力していったのですが原曲を聴いても分かるようにちょっとおフランスしてるのかなぁという感じでハーモニーが結構細かく変わったりして凄いなぁ~と。それを4音でなんとかしないと・・・。あと基本的に音域を下げました。原曲もクラリネット大活躍だけど音域高くて自分には辛そうだったので(^^;)

そうやって進めてたら何かイメージが猫田さんっぽくなってきたんですよね。モデル体型で美人なのに牛乳瓶メガネで猫背で猫耳つけててネトゲの住人でちょっとコミュ障というキャラ盛りすぎな存在っす、ぴよたんとももがーのネトゲ仲間とアリクイさんチームを組むのですがそこにスポット当ててみようかと。

そんなイメージで録音。なんかこういう曲ってごまかしがきかなくて自分の演奏変だなぁと思ってまして。録音聴いても変だし。で、昔指揮者の先生が「目標に向かって吹く」的なことをおっしゃっていたのを思い出しました。あ~、なるほど、途中で変に減衰するから変なんだ!とwwやっぱ多重録音は勉強になるなぁ(^^;)

ドット絵の方もそれに合わせてちまちまと。曲調に合わせて時間帯変えたりアリクイさんメンバー出したりするのも閃いたのでやってみました。だんだんドット絵の方が凝ってくるというwww

では動画どぞー



 


ガルパンシリーズはもっちょい続けたいですね~
秘密兵器の組立キットが届いているので次回はそれを使ってみたいっすw
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ