January 17, 2006

ライブドアの一件

本日のFinancial Times(アジア版)の一面にも大々的に報じられたライブドアの一件

情報が錯綜しておりコメントのしようもないが、間違いなく今年に入って一番の経済ニュース(って、まだ今年に入って2週間ほどしか経ってないけど・・)なので、やっぱり触れずにはいられず、一応書いとくことに。

報道によれば昨年のマネーライフ社買収に絡む取引において、「風説の流布」、「偽計取引」の疑いが持たれているらしいが、しかし、なぜこのタイミングで(先日経団連にも入会を認められたばかり)のライブドアに強制捜査に入ったのか?また、強制捜査の行われた午後7時よりも早くNHKなどのマスコミ各社に情報が漏れたのはなぜか?

問題の核心に触れようと色々ネットをサーチしてみても、まだこれといったソースは見当たらないので、個人的な憶測の域を出ないが、当局としてもライブドアほどの注目企業(今や経団連入会企業!)を狙い撃ちする以上は、強制捜査による株式市場などの世間に与えるインパクトを差し引いても十分なだけの大儀(よほど悪質な違法行為など)が見つからなければ釣り合いが取れないような気がする。

事実、一日空けた今日の証券市場はライブドアショックによって大幅に下げ、多きな影響を及ぼしたわけで、この捜査の後、「何も問題ありませんでした、お騒がせして済みませんでした」、ではとても済まされないはずだ。(東京地検だってそんなに愚かではないはず)

ただ、ライブドアのような急成長企業には、多少のほころびがあるのはある程度想像できることで、ほころび程度では済まない、意図的な違法行為(インサイダー取引や粉飾決算)を挙げなければ、つじつまが合わない。
いずれも現時点では憶測の域を出ないが、ホリエモンは功罪含めて、ここ数年で最も日本のビジネス界で注目された人物の一人なので、これからの展開に目が離せない。



heroic0809 at 17:40│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by saccot   January 18, 2006 05:49
お久しぶりです。

私もアメリカからネットでこのニュースを見ました。最初はM&Aのスキームに違法性があるとの一報だったのですが、どうみてもグレーゾーン。

>意図的な違法行為(インサイダー取引や粉飾決
>算)を挙げなければ、つじつまが合わない

納得。ライブドア社の経済実態が変わらない程度の不正であれば、これほど大騒ぎしないはずですよね。
2. Posted by heroic   January 18, 2006 16:30
一部報道で粉飾の可能性も出ているようですが、どのような理由付けでケリをつけるのか、今後の行方が見物です。

しかしライブドアには本当にいい勉強させてもらってます・・・まさに生きた教材(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔