February 19, 2006

画面共有でのカスタマサポート受けた

先日から設定ができなかった我が家での無線LAN、ついに繋がりました。

コールセンタに連絡し、技術担当に状況を話したところ、いまのコールセンタは凄いですね、なんとこちら側からコールセンタのサイトに行き、指示どおり、ちょちょいと操作して共有番号とやらを入力すると、コールセンタの担当者とこちら側のPC画面を共有することができるのです。

要は「遠隔サポート」というやつです。初めて体験しました。

設定まで数十分かかりましたが、その間、コールセンタ側からこちらに電話をかけて話してくれながら、向こうでこちらのPC画面を操作し、見事問題を解決して無事に無線LANを導入することができました。

導入されているソフトウェアは米国Citrix Systems社の「GoToAssist」というソフトウェアらしいですが、この会社、日本法人もあるようで、ネットワークアクセシビリティに関する数多くのソリューションを持っており、導入実績もかなりのようです。(NASDAQ上場、2005年売上$900M)

今日はこうして久々に感動するサービスに遭遇したわけですが、最近はホテルなどの予約サイトでもSKYPE MEボタンで顧客がPCから音声で直接、担当者と話して予約できたりとか、駅ではモバイルSuicaも見るようになったし、久しぶりにテクノロジの進歩をひしひしと感じ、浦島太郎のような心境です。



heroic0809 at 23:43│Comments(2)TrackBack(0)clip!休日 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ながを   February 20, 2006 20:32
3  遠隔サポート。
 はじめてやるとなかなか驚くというか、感動モノですね。
 うちの会社の個人用の端末も不具合が出たときは遠隔サポートですが、自分が触ってもいないのに動いてる画面を見るのは不思議な感じです。

 ここでは、はじめましてかな。
 また今後ともよろしく。
2. Posted by heroic   February 22, 2006 01:17
遠隔サポート、感動した反面、赤の他人に自分のPCを好きなように操られている(しかも遠隔地から)わけでよく考えると非常にセキュリティ上の不安を感じました。もし、この担当の人が会社の名を語った第三者だったりしたら、とか。

世の中が便利になる一方、大切な情報はますますPCに置けない、と実感している今日この頃です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔