2007年05月25日

「友人の恋の応援」

【推奨ヒロイン】
 全般

【解説】
複雑な人間関係を作りたいなと思ったときに使用する。地獄の三角関係が始まってしまう素敵過ぎるシチュエーション。真に友人の事を思い、そのために仕掛けを考えお互いの仲を取り持ちつくしているだけのはずなのに、対象の男が何を勘違いしたのかヒロインの事を気に入ってしまうのだ。ヒロインもそこで付き合うような中途半端な応援はやめればいいのに。触れ合う率が増えれば仲が良くなるのは当たり前。気をつけよう。

【用例】
美南「ねね、亜矢ってすばる君と仲がいいよね」
亜矢「親が付き合いいいからねぇ。腐れ縁よ、幼稚園からの」
美南「あのさ……、すばる君、誰かと付き合ってたり、そ、そんな噂ってないのかなー?」
亜矢「そんなこと聞いたことな……、ってまさか、美南!?」
美南(うなずく)
亜矢「そっか……。うんうん。このあやりんにまかせなさい。あたしにできることならなんでもしてあげるわ」

――二人のために尽力する亜矢。しかしそれは裏目になり……。

美南「面白かった?」
亜矢「……え?」
美南「すばる君、もともと亜矢のものだったのに、告白なんてすっごいバカみたいな事をした私を見て、笑ってたんでしょ!ずっと最初から分かってたんでしょ!!!」
亜矢「違う!あたし、ホントに……」
美南「言い訳しないで!だってすばる君、っ……、あなたの横が、自分の居場所だ……って……」
亜矢「それは……」
美南「裏切り者!もう、絶対、あなたのこと、許さないから!!」
――涙を振り払い。憎悪に燃える瞳を垣間見せ、美南は走り去る。


萌え - 萌え


heroine_trpg at 06:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)定番シチュエーション 

2007年05月11日

復帰第一弾

ご無沙汰しております。皆様お元気ですか?
かるまは元気に新生活を送っています。
テレビ無しの一人暮らしで1ヶ月ちょっとを過ごしました。

そんな生活にも慣れ、ブログのほうも更新する余裕が少しづつ出てきましたので、徐々に復帰をしたいと思います。

そんな第一弾として、まずはTRPG論考系ブログである「うがつもの」さんと「TRPGのススメ?」さんに(無断ですが)リンクをさせていただきました。
(もう一つはサークルの友人のブログです。)

また、このブログのメインであるヒロイン用語データベースの充実以外にも、手を広げていこうと画策しています。

(論考系の記事をあげたり、もっと他のジャンルの用語をデータベースにしたり……?)

更新が途切れても長い目で見てくださっている読者の皆様に感謝しながら、これからも頑張っていきます。
どうぞ、よろしくお願いします。

heroine_trpg at 02:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)かるまのつぶやき 

「空元気」

【推奨ヒロイン】
 全般

【解説】
想い人や周囲の人間に心配をさせないために頑張るときに使用する。とっても幼気で健気な仕草。しかしこの仕草を使用しているとき、中の人としては、自分の調子が悪いことに気づいてもらうことが目的になっていることが多い。というか気づけ男ども。また、周りを心配させまいとするその配慮が、逆に周りにいらいらを募らせる原因になることもある。それはそれで指摘してもらえれば、そこから人間関係が発達することにもつながるからおいしい。

【用例】
トモミ「……はぁ……」
ヤスヒコ「……盛大なため息だなおい」
トモミ「えっ、あ、や、ヤスヒコ!いつの間に」
ヤスヒコ「その文庫を真剣に読んでたあたりから見てた」
トモミ「ちょっとぉ!ぷ、ぷらいばしぃの侵害だぞっ!」
ヤスヒコ「『ア』『シ』『タ』『ハ』『ゲ』『ン』『キ』……ってか?らしくない」
トモミ「タイトル読み上げないでよ!もぉ!!今だって、いつだってあたしは元気なんだから、いいじゃない別になんだって!!」
ヤスヒコ「……やれやれ」


萌え - 萌え


heroine_trpg at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)定番仕草 

2007年03月25日

休止のお知らせ

一ヶ月ほど、新生活への準備や何やらで忙しくなります。
しばらく寮で生活をするのですが、そこにネット環境があるかどうかもまだ不明確です。

そのため、およそ一ヶ月だと思いますが、サイトを休止させていただきます。

ご理解をお願いいたします。

ネット環境が整い次第復帰する予定です。

heroine_trpg at 19:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)かるまのつぶやき 

2007年01月29日

「一人にしないで」

【推奨ヒロイン】
 全般

【解説】
とても心細くてたまらないときに使用する。愛しさと切なさのオンパレードな用語。この用語は、想い人の背中に向かってそっと囁きかけることで最大の効果を発揮する。そうすることで男の保護欲求を掻き立てるのだ。

【用例】
探偵業を営むドレット。久しぶりに帰ってきて。そこに待っているのは、一人の女。
キリカ「……また、仕事かしら?」
ドレット「ああ。……しばらく、帰れそうにない」
キリカ「そう……」
――呟き、しばらくの沈黙。
キリカ「……あなたの事だもの。うまくいくって信じてるわ」
ドレット「そうだな……」
――酒瓶を手に取り、一口あおるドレット。そして背を向ける。
キリカ「……行ってしまうの?」
ドレット「依頼主が、待っているんでな」
キリカ「分かったわ。……いってらっしゃい」
ドレット「……」
――扉に手をかけようとするドレット。そのとき、キリカは堪えきれずに駆け寄り、呟く。
キリカ「お願い……。もう、一人にしないで……。もう少しだけ……、もう少しだけ一緒に居たい……」
ドレット「……」
キリカ「わがまま……よね」
――ドレットは何も言わずに、キリカを抱きしめ。そして数瞬の後。
ドレット「……すまない」

SE:キィ……ガチャン


萌え - 萌え


heroine_trpg at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)定番セリフ 

2007年01月07日

「……知ってた?」

【推奨ヒロイン】
 全般

【解説】
想い人に対してさり気無く本心を打ち明けたいなと思ったときに使用する。「公然の秘密」を「公然の事実」に変換するための用語。もっとも、これを使うためには相当な下ごしらえが必要になる。まず第一に、ノンバーバルコミュニケーションを基本にして、自分の気持ちを周囲と読者たちに知らせながら長時間待つことが大切だ。周囲の人間に対して「ヒロインはあの想い人が好きなんだ」と理解させるギミックが必要なのである。ぐつぐつ煮込んだ上ではじめて、この用語の真の意味が表れる。ただし注意点として、想い人本人はヒロインの本心をあいまいにしか理解してはいけない。二人の思考のすれ違いが重要なスパイスなのだ。

【用例】
ユート「どうして、そんな事を言うんだよ!……お前が抜けるなんて」
ケイナ「ユートのばか。鈍感……。私が何を考えてこの答えを出したか……知らないでしょ?」
ユート「……お前も、自分の夢を追う正しい道を、みつけたって事か……?」
ケイナ「あはは、半分は正解。でも……それだけじゃ、足りないよ」
ユート「……」
ケイナ「じゃあ、次の問題です。――私がユートの事、すっごく好きだって事は、知ってた?」


萌え - 萌え


heroine_trpg at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)定番セリフ 

2007年01月04日

「愛していないもの」

【推奨ヒロイン】
 お姉さん系

【解説】
男と女の駆け引きを楽しみたい時に使用する。そのウィットにとんだやりとりが、見ているほうにも好感を覚えさせることになる用語。こんな高尚なやり取りができる相手にならば、どんな人間でもコロッと参ってしまうだろう。

【用例】
とある部屋でのやり取り。作家のマリアと悪友でカメラマンのレオナルド。
マリア「何をするの!?その原稿を返して!」
レオナルド「はは……っ。キスしてくれたら返すよ」
マリア「だめよ。だって、愛していないもの」
レオナルド「……どうしたら愛してくれる?」
マリア「私に、新しい世界を見せてくれたら」


萌え - 萌え


heroine_trpg at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)定番セリフ 
Profile
このサイトについて
物語作成やTRPG、PBW、PBCなどでヒロインとして使えそうな萌え用語を「定番セリフ」「定番行動」「定番シチュエーション」「定番仕草」として連載。
ほぼ毎日更新。不定期更新です。
このページはリンクフリーです。

「TRPGってなぁに?」とお思いの方は、初心者のためのRPG入門へ。

「PBW、PBCって何?」とお思いの方は、まるしょ ○年やっても初心者だ!をご覧ください。

ネタを募集しています。

投稿された方のページには、ネタ採用時にリンクさせていただきます。
投稿はこちらまで



ランキングオンライン

Amazon 商品検索
QRコード
QRコード