2011年02月

2011年02月07日

スポンサードリンク


お店の色、特徴、武器のようなものを
お客様にわかりやすく伝えていかないといけません。


実は帰国してすぐ、タイ古式マッサージの
施術をする自信がなくて、
タイ古式マッサージはメニューにあるけど
それを売りにはしていませんでした。


タイ古式マッサージは指圧とストレッチ技が沢山あり、

もちろんしっかり勉強してマスターしましたし、
タイ政府の認定書ももらいました。


でも実務経験がないので、
途中で順番がわからなくなったらどうしようとか
上手くできるのかとか多少の不安がありました。


というのもタイ古式マッサージで教えてもらった施術は
一通りやれば120分あります。


上半身が60分、下半身が60分で学んだんですが、
お店のメニューには60分、90分、120分のコースを
設けていました。


60分のコースだと技を半分減らして、全身を行わないと
いけないので、どれをどう減らせば60分になるのか
わからなかったので、お客様の前であたふたせず
ちゃんとやれる自信はありませんでした。


今では慣れたもんで、お客様に合わせて
自由に時間調整ができるようになりましたが、
最初はほんと自信がなかったんです。



それでタイ古式マッサージはメニューにのせるだけで
リラクゼーションマッサージという名目で、
クイックマッサージ的なメニューを売りにして営業しました。



それだったら、指圧とかの経験がある女性の友人に
仕事が入ったら頼めるかなと考えたからです。




1日数件の問合せはありました。


男性セラピストでも良いというお客様は僕が施術し、
女性セラピストが良いというお客様には、

友人に頼める時は頼みましたが、
その友人は別のマッサージのお店で働いているので、
そんなに都合よくは頼めません。


頼めない時が多かったんですが、
頼めない場合は、予約がいっぱいでって言って
断っていました。



1ヵ月程は、リラクゼーションマッサージを売りに営業してまして、
その1ヵ月の間に、色々な友人に声をかけて練習しました。



練習である程度、タイ古式の施術に自信がついたので、
リラクゼーションマッサージというメニューを削除し、
タイ古式マッサージを売りにしたお店に変えました。



それからですね
電話の件数が急に増えたり、求人の電話が鳴るようになりました。




今思えば、リラクゼーションマッサージって何って感じですよね
お客様にもよくわからなかったんだと思います。



お店の売りが明確になってから、電話が急に増えました。



うちの売りは


出張ができる本格的なタイ古式マッサージの受けれるお店
ですね



お客様の求めてる、探している事が
一致したんだと思います。



万人に訴えようとして、誰にも伝わらなかったんでしょう。
コンセプトがぼやけるとそうなります。



ターゲットをしっかり定めてしぼってやれば
ちゃんと伝わる人が出てきます。



開業当初は、恥ずかしい話ですが、


タイ古式があってアロマオイルマッサージがあって
フットリフレクソロジーがあってフェイシャルがあって
スクラブがあってリンパドレナージュがあって
クイックマッサージがあってみたいな


リラクゼーションエステサロンとしてスタートしましたので、
何でも屋みたいな感じでした。



それがダメだったんです。



タイ古式が受けたい人は、タイ古式マッサージ専門店に行き
オイルマッサージが受けたい人はオイルの専門店
リンパとかフットもそれぞれの専門店に行くでしょう。

フェイシャルとかのエステ関係もちゃんとしたエステに
いくでしょう。


全部が中途半端になり、ぼやけてしますので、
お客様からはどれも支持されないんですね。



僕は比較的早く気付いたので、修正できました。


それから一気に売上が上がったと言いたいとこですが、
電話の本数は上がりましたが、女性スタッフがいなかったので、
売上にはつながりませんでしたけどね


でもすぐタイ古式マッサージの経験はないけど、
タイ古式に興味があるという求人があり、
教えて戦力にしましたので、修正した事でスタッフにも
巡り会えたと思います。



集客でお悩みであれば、ターゲットを絞ってみてはいかがですか?
 
コメント(0)トラックバック(0)コンセプトについて│ 

2011年02月06日



うちのお店はタイ古式マッサージがメインのお店で
他のメニューは

オイルマッサージ
リンパドレナージュ
フットリフレクソロジー
フェイシャル

があります。


あはき法って法律がありますが、

あんま
はり
きゅう

たぶんこうゆう事かな


あん摩とかはりとか灸の資格は持っていません。


ざーっとあはき法は読みました。


資格を持ってる知人とかに聞いたら

資格を持ってないと整体院みたいなのは経営できない
と言われました。

リラクゼーションサロンに関しては、
治療目的ではなく、癒し目的なので、
法律では定められてないとの事で、
大丈夫だそうです。

宣伝広告の際にマッサージという言葉を使っては
マズイとか、治るみたいな事は書いていけないという
程度しか知りません。


もちろん法律は大事ですし、
法に基づいて営業とかしないといけないでしょう。


ただ、資格を持っているから上手いとか
持ってないから下手というのは関係なさそうです。



資格を持っていても上手い人、下手な人はいるでしょうし、
資格を持っていなくても上手い人は沢山います。


ちなみに僕の場合は、日本で定められたあん摩等の
資格は持っていませんが、タイで認定されたタイ古式の
認定書は持っています。


それがあっても実際に、日本では関係ないみたいです。


極端にいえば、何も無くても開業できます。


僕の場合は、タイの認定書があれば、
それを利用する事によって、お客様に安心感を与えれる
というか、何も持ってないより、上手そうにみえるから
取りましたが、

開業できる出来ないには関係ないです。


あった方が、アピールの面で有利に働くとは思います。


色々なリラクゼーションサロンのホームページを見ても
アロマなんとかの資格持ってるとか書いてあります。


書いてないとこもありますが、お客様目線でいくと、
普通は書いてある方が上手んじゃないかって
思いますよね


リラクゼーションサロンの開業に関しては
無くても大丈夫だけどあった方が有利かなって感じだと思います。
 
コメント(3)トラックバック(0)サロン開業について│ 

2011年02月05日



現在はセラピストの仕事はスタッフに任せて
オーナー業に専念しています。


理由は、男性セラピスト希望のお客様を集客する労力を
考えたら、女性セラピスト希望のお客様を集客する方が
はるかに簡単だと思ったからです。


あくまで僕の考えです(´・ω・`)


現在の僕の仕事は

電話の受付
スタッフへの連絡
あとはスタッフの送迎だったり
お客様の送迎だったり
がメインです。


その他には

経理関係ですね

とりあえず独学で勉強しながらやってます。


あと顧客管理とか売上管理とか・・・


集客業務もやっていますが、毎日はやってないですし


結構、最近では暇を持て余しているのが現状です。
ある程度、形を作ったらすることが無くなりました。



で、時間がもったいないからネットでビジネスできないかなぁ
って色々検索したり学んだりしています。


数年の付き合いになりますが、和佐さんという
若いのにネットでかなりの実績を上げている人がいて
僕も色々学ばせてもらいました。

今でも常に学んでます。


その和佐さんが無料でおもしろいものを
提供してくれているのでここでも紹介しておきます。

業界の異端児2人による危険な対談


マッサージって施術してなんぼの世界だから
物販と違ってある程度限界があります。


もちろんマッサージで売上を上げようと思えば、
スタッフを増やして、お客様やリピーターを増やしてって
やっていけばいいんでしょうけど

うちのお店でスタッフ3名いて
月に百数十万の売上なんですが、
それをじゃあ月数千万にっていうのはかなり厳しいと
思います。

フランチャイズみたいなシステムでとかやれば
もっと大きく稼いだりできるかも知れません。


まぁ十分生活できるし、スタッフも満足しているので、
リラクゼーションサロンとしては成功しているのかも
知れません。


もっと立地のいい物件に店舗を出したいとか
考えているんですが、今のままではいつになる事やら
って感じです。



特に借金してまでやろうとは考えていませんので・・・


で、どうせ時間を持て余しているんなら
ネットビジネスで大きく稼げたらなぁっていうのが
ネットビジネスを始めたきっかけです。



そんなこんなで、ネットビジネスですでに稼いでいる
和佐さんから学んでいるという訳です。



もしネットビジネスに興味があるなら
本当におすすめなので一度覗いてみて下さい。


業界の異端児2人による危険な対談



サロンの運営も楽しみながらしていますが、
空き時間にネットビジネスも楽しんでいます。



ほんと会社辞めて、独立して正解だったと思います。

ちょっぴり前の会社の仲間と仕事できないのは寂しいですけどね


時間的余裕というか通勤とか拘束時間とか
そういうのが無くなったのは本当に良かったです。


 
コメント(0)トラックバック(0)ネットビジネス│ 

2011年02月04日



マッサージの仕事をしている人って
基本的に尽くす方が多いと思います。


マッサージをしてあげるのが好き
人に喜んでもらうのが好き


僕もそうです。


でもやはり慈善事業ではなく、商売なので、
儲けないと運営していけません。


人を喜ばせたい、気持ちよくしたい
楽にしてあげたい、健康的な身体にしたい

志は持ちながらも
稼がないと、それもできなくなってしまいます。



ではどうすれば稼げるのかという事ですが、


簡単に説明するのは難しいですけど、



このブログで少しずつ伝えていきます。




新規を集めて

その新規を囲い込む
つまりリピーターにする


単純に言えばこれだけです。


この作業の繰り返しです。


それを実現するために、技術は絶対に必要でしょう
技術は最低条件として、常に技術の向上には努めないと
いけませんね



経験が少ない場合は
とにかく手を抜かずに一生懸命施術する


もちろん技術があっても手を抜いたりしては
お客様は離れていきますよ


技術がまだ無い場合でも、一生懸命している姿勢とか
お客様に伝わります。


それだけでリピーターになってくれる場合もあります。




あとは、他のライバル店ではやってない事
強みがあればいいですね



うちのお店は、今のところですが、


タイ古式マッサージの出張サービスをやっている所が
少なくて、それが強みになっています。


タイ古式で出張を探すと、他に無いので、
うちにたどり着いてくれます。


よそのお店がやってない事を見つけ、
それをやれば、黙っていてもお客様は集まってきます。



面倒くさくてやらないとか、そんなのやれば採算があわないとか
人が嫌がるような事を取り入れていけば、
それがお店の武器になったり色となります。



お客様の要望を全て取り入れれば
売上はかなり上がるでしょうね


絶対ノーと言わないみたいな


うちはやってませんけど、


例えば、

入れないビジネスホテルに必ず入って出張マッサージをする

これは中には入れないビジネスホテルがあって、
行ったはいいけど、入室できず取りこぼす場合があります。


一度行けば、そんなリストが少しずつ出来上がるので、
出張マッサージ店に電話しても、そのホテルは出張できないのでって
断られるはずです。


そんなホテルでも、どうにかして入って出張マッサージ
できると謳えば、依頼は独占できるでしょうね

どうやって入るかはわかりませんけど(汗)

チェックインすれば採算が合わないかもですが、一つの手です。


あと、紙パンツは良く言われます。


紙パンツ着用は、女性スタッフが施術しやすいように
うちのお店では必ず着用というルールを作っています。


それにより、取りこぼしも結構ありますし、知らなかった人は
次に来る事はありません。


それをオッケーにすればだいぶ売上は上がるでしょうね


ちなみに、オイルマッサージの際に、鼠蹊部を希望される
お客様も結構いらっしゃいます。

うちは、お断りしていますが、その辺りを対応すれば
売上は確実に上がります。


半分風俗店みたいなお店はすでに取り入れてますけどね



そこまでして売上は必要ないっていうか、
そっち系はそのようなお店にお任せしてって
考えているので、うちはやりませんが、
ちょっと緩くするのも一つの手です。


あとは絶対にお待たせしないとか・・・

大体待って30分が限界みたいです。
30分以上待つ場合は取りこぼす事が多いので、
待ち時間が無いとかかなりインパクトありますね


現実的に難しいかもですが、スタッフの数だったり、
ベッドの数だったり、

リピーターで指名は絶対無理だし



カードが使えなくて、手持ちの現金がなく延長できなかったり
最初から頼めなかったりとかもあるので、カードが使えれば
取りこぼさずに済みます。


思いつくまま書いているので、読みにくい文章でごめんなさい


とりあえす書き綴って、
違うホームページにわかりやすく作り直しますので、
それまでは我慢してお付き合い下さい。







 
コメント(0)トラックバック(0)商売のこと│ 

2011年02月03日


個人サロンの売上っていったいどのくらいあるのでしょうか?


カリスマとかゴッドハンドとかいった
名の知れたようなセラピストでしたら
きっと何か月か先まで予約が入っているんでしょうね


芸人でセラピストもやってる楽しんごだって
テレビでうまく宣伝してて、3か月先まで予約が入ってるって
言ってましたね


うまくテレビやマスコミを使っての集客は
かなり効果的ですね


楽しんごのお店 癒しんご


地方ローカルのテレビ番組でも
お店紹介みたいなのに出れば、すごい電話の数がなります。


僕は試してないんですけど、
友人のサロンがやってかなりの収益があがったって言ってました。


宣伝費はもちろん無料です。


楽しんごが登場したので、
楽しんごの事を書いてみます。


最近は見ない日が無いぐらいテレビに出てますね


東幹久のネタ、面白いです(^∀^)

で、お決まりのラブ注入


楽しんごのお客様はほぼ女性だそうですね

あの乙女キャラが女性に安心感とか好感を与えるんでしょうね



テレビに出てる有名人だし、技術もしっかりしてそうですしね



集客で大事な事の一つに安心感があると思います。


僕は男性セラピストによる女性専用マッサージのサロンも
オープンさせていましたが、どうやったら女性のお客様に
安心感が伝わるかを一番重要項目としてホームページを
作成しました。


言葉だったり顔写真をしっかりのせてみたり


ご利用下さった方は、すごく癒されたとか、
良かったって言ってもらえましたが、

本店のお客様の数に比べたら全然少なかったです。


本店の方は男性も女性もご利用できるお店なんですが、
大半は男性客です。


僕の集客は、女性客を意識しながらも、
女性客に受け入れてもらえてないという事です。



もう少し女性の気持ちを考えたり、リサーチしなければ
いけないとは思っているんですけどね
 
コメント(0)トラックバック(0)集客について│ 
ブックマーク

個人サロン専門、開業支援 ホームページ制作 シンプルイズウェブ

個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。

リラクゼーションサロン・開業支援・運営・集客のヒント

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ