2009年11月12日

堀内哲編『天皇条項の削除を!』

一般書店では入手困難な不敬本が出ました。

メールで貧民特別割引注文する


目次:

はじめに/堀内哲

第1部 憲法篇・共和制篇
1.天皇条項削減と現代「共和制」論=堀内哲
2.憲法第1章について=彦坂諦
3.9条を1 条に=山口正紀
4.私たちは天皇制とどう向き合うのか―天皇制を問い続けることの意味=纐纈厚
5.さらば護憲主義=宮崎省吾
6.戦後左翼の没落=西尾洋祐
7.天皇廃止―日本共和国建国に向けて我々のなすべきこと=柏木信泰

第2部 格差社会と天皇制を問う
8.国民の/による昭和天皇を記念することの困難さ=井上森
9.フリーターは皇民化され損ねる=小野俊彦
10.野宿者と天皇、格差の両極は否定されて=八木航
11.県議会にヒノマルを上げること、上げさせないこと=岡嵜啓子
12.「皇室に対する罪」大逆罪、不敬罪弾圧と日本のアジア侵略=亀田博

天皇条項削除を!共同アピール/おわりに=堀内哲/

[2009年10月/A5/253頁/¥1,200] 編/著=堀内哲 発行=JCA出版

hesalkun at 00:00│Comments(0)投稿しました 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字