貴子ちゃん、がんばる☆ゴスペルと生きるために☆

無限と永遠に憧れ続ける、 ゴスペルシンガー・ゴスペルディレクタ、 ボーカリスト・ボイストレーナーの小林貴子blog。 ☆歌うことと、伝えることで生きています。 その楽器(声)を研究することは、ライフワーク。 オリジナルメソッドで事実を情報発信中。 ☆このblogもいつもと変わらず、できるだけは、正直に。 ふてくされたり、喜んだり、泣いたり、笑ったり、そして、歌ったり…

☆人間の声は無限です☆
発声の器官や筋肉・骨格の勉強を生徒さんと供に、体感で学び、
感覚で歌っていることを、核心、確信に近付けていきます。
声の学びは、事実の確認であって、 才能とは関係のないことです。
学び、知り、努力すること。
音楽を学びたい生徒さんには、わたしと供に、
それ以上に努力をお願いしています。
※ボイトレ希望の企業、個人とも、紹介制です。
歌手であり続けたい気持ちも手伝い、積極的な募集はしていません。
歌い手として、一生求道者です。 
供に生きる時空のライブに是非足をお運びいただけたら嬉しいです。

【2016年11月〜12月 ライブスケジュール_20161120現在】

是非、いらしてください。

■11月25日(金)夜
千葉史絵さん(p)@江古田Vieillでのコンサートに、ゲスト出演します。
鍛冶屋古屋菜々の個展中作品、「一角」がある空間!!
詳細は後程…
気になって眠れない方は、直接貴子に聞いてください。
何を演奏させていただけるか、楽しみです!

■11月26日(土) イ・フォーリ
演奏:南保ひとみ(p・編曲)宮嶋明香(ソプラノ)小林貴子(vo)
場所:荻窪名曲喫茶ミニヨン
時間:19:00~
MC:3500円+ドリンク

あの!名曲喫茶ミニヨンで、この!3人の演奏。
構想から時間を掛けて練っているこの企画。
今回は南保ひとみさんが、アレンジをかって出てくださいました。

クラッシックの歌手とポピュラーの歌手、
そして、ボーダレスのピアニストが提案する音楽に、
ご期待ください。
今の自分には、ハードル高めの曲たちを集めています。
ここからだな。

■11月29日(火)
演奏:木村純(g) 小林貴子(vo)
場所:大泉学園『IN-F』03-3925-6967
時間:20:00~2ステージ
МC:2500円

マスターのサッカーTシャツは日替わりだそう。
ここら辺から、クリスマスの曲が用意できたらなぁ。
純さんのクリスマスソングは、素晴らしいのです。
わたしも、血が騒ぎます。メラメラ。

■11月25日(金)夜
千葉史絵さん(p)@江古田Vieillでのコンサートに、ゲスト出演します。
鍛冶屋古屋菜々の個展中作品、「一角」がある空間!!

参考

https://www.facebook.com/events/1188781601207248/

■12月8日(木)
佐々木潤とのクリスマスコンサート!!

12月8日(木)開場19:00 開演19:30
vocal 小林貴子
piano 佐々木潤
各MC3000円+1ドリンクオーダー

場所 江古田 vieillbakerycafegallery
予約 vieillbakerycafegallery
@gmail.com

参考

https://www.facebook.com/events/213946842371640/

■12月10日(土)18:30くらいから
ボイスドクター松永敦先生による
PowerVoiceセミナー@東京
こちらわたしは、主催者です。
前回の医学的見地は、西洋的な視点から声の扉が開かれました。
今回は、東洋医学的に・・・そして、具体的な対応方法まで、明かしてくださるとのこと。
先生、もったいなーーーい!!と思ってしまうのが、わたしの本音です。
受講料:6000円
限定30名(告知前に予約済み10名)

■12月24日(土)『クリスマス・イヴ・コンサート』
演奏:小林貴子(企画・脚本・作詞)二本柳一明(作曲・p・音楽監督)
    伊藤雅昭(g)小飯塚貴世江(朗読)
場所:キリスト教兄弟団 成増教会
時間:19:00~
MC:無料、むしろ、夕食出ます。美味しいし。
トーク:アーサーホーランド

クリスマスの前菜_vol.2です。
夏にほぼノイローゼになりながら、脚本的なもの書きました。
からの、作詞命令(二本柳監督から)。
たたき台を提出したのは、9月15日・・・只今、監督、作曲されております。

これ、ほぼオリジナルってことになります。
なぜ無料なのか・・・神のみぞ知る荒行です。
今年はここで力尽きる予定です。
どうぞ、いらしてください。


※演奏ご依頼と、ライブのご予約はメールで貴子本人も承ります。
 ohesotakako@gmail.com

その際に、表題に『◎月△日場所ライブ予約依頼』と表題をご記名ください。
返信には、48時間くらいの猶予を頂けますようお願いします。




【クリスマスの前菜_2】リハーサル1回目でした。
自分が動き出したには、今年の2月。

二本柳さんからの指示は、
『一作目を超えるもの。本と歌詞と歌は貴子さん。』
常に無茶振りなので、感受。

題材を決め、取材をし、図書館に通い、
本と歌詞を恐るおそる提出したのが、夏。

今日、命が吹き込まれました。
二本柳くん、マジすげぇ。

…彼は現在、別件で50人編成のオーケストラの編曲中。
寝てな〜い。
伊藤さん、音楽をAsiaを旅するひと。
貴世江ちゃん、仕事の切れ目のない舞台俳優。

この三方に、母教会のクリスマスに関わって頂くこと、
ありがたいことです。

少なくとも、わたしには夢のよう。

今日は、途中、今回の題材とした、我が親友、シーナに
skypeで登場してもらいました。

インド人、sheenaをモデルにしたニーナの人生を通して、
家族、友達、恋、愛、そして、クリスマスに切り込みます。

クリスマスイブ、成増教会に来てください。

そして、その前に、わたしの有料のライブにも来て下さい😛
こころのぶっちゃけですよ。
だって、無料ライブって、環境超厳しいんだもん。

世界中に言いたい、音楽は有料にすべきです。

と、いうことで、言いたいこと書いたら、
次の準備、行ってみよう!

二本柳一明さん(作曲・編曲)
伊藤雅昭(ギター)
小飯塚貴世江(朗読)
小林貴子(脚本・作詞)

フィーチャリング sheena

毎夜、人や物の名前も出てこなくなります。
もう、動けないというところまでは、がんばっています。
良いとか悪いとかではなくて、
特に、報いを求めているわけでもなくて、
そういう質(たち)です。

無理も効かなくなると思います。
そうなったら、自然に任せます。

ライブにいらしていただけたら、嬉しいです。
歌を聴いていただけたら、しあわせです。



それでは、また、がんばります。




※ブログ、なかなか更新しなくて申し訳ありません。
Facebookは気軽に更新しています。

売り込みばかりで引かれると思いますが(笑)
ご興味あれば、覗いてみてください。
https://www.facebook.com/takako.kobayashi.96

わたしの言動が軽率だという図星の指摘を受けてから、
もっと直球に生きたいと強く願っている。

そんな中、特別支援教育者の春木先生から薦められた詩集。
早速購入し、一気に読んだ。

飾り気ゼロの言葉の羅列に、号泣した。
骨が折れるかと思った。

軽率と指摘された理由は、思っていることを、本人には告げず、他者に愚痴ったり、リークしたりすること。

わたしは、クリスチャンだ。

神様は多分、わたしの秘密を他者には言わない。

そういうマンツーマンの関係を、なぜ、自分の人生で持てない?

今変える。

今変わる。

そうしなければ、わたしの人生は、卑怯なものに成り下がる。


委ねるべきは委ね、
期待して、わたしはこれから変化して行く。

先日、数年悩みの種だったことを決断した。

迷いと恐れは大変苦しかったのだが、決断を口にした瞬間、楽になった。

性質上、物事の上手く運ばないことに対して自分を責める。
相当追い詰めるので、心かからだが壊れて行く。

医者に行けば、リラックスを薦められ、
楽観的な人には、深刻過ぎる気を大きくと一笑されるが、

それが出来たら、悩まない。

毎日思う。

今日が生涯最後の日。

それだのに、大切な決断に時間が掛かっていたら、

幽霊になって出て来てしまう。

決めるなら、なう。

時間にルーズなひとと関わりたくない。
ここ数年は特に強く思う。




他人の時間と自分の時間の価値は同等。
当たり前のことなのだが、
携帯やスマホが出来てから、
随分緩くなった概念。

自分が守りきれたら、今度こそ注意しよう。
そういつも思っているのに、無意識にいい人の皮をかぶっているから、なかなか出来ない。


本当は憤りで煮えたぎっていても、怒らないのは卑怯。
怒れないのは弱虫。


わたしは、貯めた憤りを身近な人に言って心を沈めている。

貴子、それおかしくない?
そのひと、タンツボかよ?

わたしに関わるひとが、不意に、にわかに傷付く。
他人には要らない仕打ちをわたしは振りかざして生きている。
その罪をわたしは自覚している。

最近、ありがたいことに、近しいひとにその矛盾を指摘された。

わたしの『言動が軽率だ。』と。

通りすがりのひとに言われたら、売られた喧嘩だが、
その人をわたしの人生に巻き込んで傷付けている自覚もあった。

深くふかく、反省し、泣いた。

わたしが本当に信仰心があるなら、神に采配を委ねるべきことがたくさんある。
それさえすっかり忘れている。


状況の立ち行かないことを、他人のせいにするのはやめて、自律して生きないと、
人生を生きていると言えないだろ、貴子よぉ。

後、2ヶ月で、2016年が終わる。

あんた、これから、どう生きたんだよ?
他人の文句より、てめぇのことだろ。

己に問う。

11月30日@名曲喫茶「ミニヨン」でのコンサートリハーサル。
ミニマム生活のわたしの家で、
共演者の明香ちゃんとひとみちゃんと、整頓の話となる。

ひとみちゃんは、出張して、整理整頓の先生をしている。
あすかちゃんは、あすかマウンテンという山を作るらしい。
それぞれの特性の話も興味深い。

わたしは物をできるだけ持ちたくない。
ひとつ買ったら、ひとつ棄てる。
見えるところには、ゴミ箱も置かない。
ゴミ箱があるから、ゴミを出すんですよ。
特に、ひとの出入りが激しい家では、
「これ、いいですか?」とゴミを
置いていく方もある。
「だめです。」・・・正直、言いたい。
どうやってもっと物を減せるばかり考えてるため、
そこだけは優しくなれない。

それなのに、職業柄、衣装と普段着が必要。
ドレスなんて、ほんとは、ちっとも欲しくはない。

もし、衣装で生活したら、ど派手なおばちゃんだし、
普段着は余りにも地味。
仕方なく、クローゼットの半分がぶっ飛んだ服になってる。

ライブ、動きやすいし、ジャージでいいじゃん。
本気で思ってる。

最終的には、自分の体一発で行きたい。
だから、明日も走りたい。
美容とかなんとかよりも、
どうでもいいことに煩わされたくないんだなぁ。
時間は有限なんだもん。

と、言いつつ、衣装を今日もポチっとする。
この矛盾が人生なんだなぁ。

小林貴子、POWER VOICEセミナー@東京、主催します!!
Voiceの師、松永敦先生をお迎えし、江古田でセミナー開催です。
なんとなーく、感覚的に歌っている時代ではありません!
最高の楽器を供に学びませんか?
自分で作った限界を横に置いて、是非、真理に耳を傾けてください。
あなたの声は、すげーーーーんです!

 http://www.powervoice.jp/5167/
より、抜粋。
 

第2回PowerVoice東京セミナー 平成28年12月10日

医学的腹式呼吸 Part.2
『喉の力を抜いていこう!』

今年5月に開催して、参加者のみなさまから大変ご好評をいただいた第1回
パワーボイス東京セミナーでは、声をつくる元となる楽な呼気の出し方を学ぶ
ために、『医学的腹式呼吸』についてお話ししました。
ところが、この方法をマスターして横隔膜をコントロールし、しっかりした空気を
お腹から持ってきたとしても、
喉に引っかかりがある、喉がいつも詰まった感じ
がする、など、喉に余分な力が入
ってしまっていては、せっかくの空気を活かし
きれません。

今回のパワーボイス東京セミナー第2弾では、このせっかく作った呼気を100
良い音、良い響き、良い歌にしていくための喉の筋肉の動かし方を学びます。
つまり端的にいうと、喉の筋肉のリラクゼーションについてです。
歌の教科書やボイストレーニングの本にはよく『リラックスしましょう』ということで
手や足をぶらぶらさせたり、床の上に転がったり、という方法が紹介されている
のを
ご覧になったことはありませんか?
この方法にもたしかに効果はありますが、しかし『さあ、歌いましょう』という段階
なると、すぐにまた喉に力が入ってしまう、なんてこともありますよね?

そこで、せっかくリラックスするなら医学的にやりましょう、というお話です。
前回は西洋医学主体のお話でしたが、今回は東洋医学的アプローチも満載です。
筋肉の中にあるツボをほぐして、こころもからだも、そして喉も楽になりましょう!
12月の忙しい時期にはなりますが、あたらしい発声法を身につけて2017年を
うつくしい声で迎えるためにも、みなさま是非ご参加ください♪

 

* 前回参加されなかった方のために前半30分は前回行った『医学的腹式呼吸』の
おさらいをいたします。また前回と今回、2回分のレジュメをさしあげます。
ご予約は、info@powervoice.jp まで、『東京セミナー参加希望』の件名にて、
ご氏名・ご住所・ご連絡先お電話番号・メールアドレス・参加人数をご明記の上、
送信ください。折り返しご返信いたします。

また今回、30名様限定のスペシャルセミナーにつきまして、基本キャンセルは
お受けできません。あらかじめご了承の上、お申込みください。

日時:12月10日(土曜日)
時間:午後18時30分~20時30分
場所:江古田ヴィエイユ・ベーカリー・カフェ・ギャラリー
受講料:6000円
募集人数:30名
講師:松永 敦
主催:小林 貴子(ヴォーカリスト・ヴォイストレーナー)

あの、声のお医者様、松永敦先生が江古田にやって来る!!
わたしのVoiceの先生です。

席が少ないので、本日は、取り急ぎ日程のお知らせをします。
貴子繋がりで(このブログ読者様!)ご参加希望の方、
ohesotakako@gmail.comへご一報ください。
その際、必ず、メール表題を
『貴子ブログより、パワーボイスセミナー参加希望』
にしてください。

わくわくわく。

以下は、パワーボイス公式ページから引用です。

PowerVoiceからのお知らせです!
今年5月に次いで2回めとなるパワーボイスセミナーin東京を 来る12月10日(土)に開催します。
場所は前回とおなじく江古田の天然酵母パン&ギャラリーVieillにて。
時間は夕方から夜にかけての2時間程度。
滅多にない東京での30名様限定のスペシャル・セミナーです。
詳細、ご予約につきましてはPowerVoiceサイトにて近日中に公開いたし ますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!
http://www.powervoice.jp/ あなたのご参加、心よりお待ちしています♪

昨日、今日と、仕事後、友人達の素敵なライブを拝聴している。

共演者のリーダーライブでは一緒にライブをさせて頂く演奏と想いの旬に触れられる。

かっこいい人と演奏する。
嬉しい。


両日のお店は本が沢山並んでいた。
マスターの裸を覗く気持ちだと、友人と語らった。


ボイトレの生徒には、わたしの家の本棚を写メして帰る方が多い。

そして、思い出すのは、母の本の買い方と借り方。

彼女は、わたしが小さな頃、なんと段ボール箱いっぱいに本を買って来ていた。

図書館ではMaxの量を借りる。

月に何冊もの月刊誌、そして毎日くる3種類の新聞達。
それらは同じ事柄の切り口が違うと結果が違うことを教えてくれる。


わたしのアナログ好きはやっぱり小さい頃の紙文化から始まっているんだね~。

本棚に並ぶ著者に、知人友人の名前もちらほら。


今週も図書館に行こう!
ライブに行ってそう想う。

音のライブラリーと言葉のライブラリー。

なんて贅沢なんだ。

このページのトップヘ