貴子ちゃんの選択☆声と生きる☆

無限と永遠に憧れ続ける、 ボーカリスト・ボイストレーナーの小林貴子blog。 ☆歌うことと、声の事実を伝えることで生きています。 我が楽器(声)を研究することは、ライフワーク。 オリジナルメソッドで事実を情報発信中。 ☆このblogも普段と変わらず、できるだけは、正直に。 ふてくされたり、喜んだり、泣いたり、笑ったり、そして、歌ったり…

☆人間の声は無限です☆
発声の器官や筋肉・骨格の勉強を生徒さんと供に、体感で学び、
感覚で歌っていることを、核心、確信に近付けていきます。
声の学びは、事実の確認であって、 才能とは関係のないことです。
学び、知り、努力すること。
音楽を学びたい生徒さんには、わたしと供に、
それ以上に努力をお願いしています。
※ボイトレ希望の企業、個人とも、紹介制です。
歌手であり続けたい気持ちも手伝い、積極的な募集はしていません。
歌い手として、一生求道者です。 
供に生きる時空のライブに是非足をお運びいただけたら嬉しいです。

IMG_43922017年後半ライブは、濃いです。
そして、ひとつひとつ、自分の必要で参加します。
声の研究パラレルに走っていますが、
自分にとって、音楽は別次元だなぁ。
是非いらしてください。

6/24 (土) ムリウイ@祖師ヶ谷大蔵
18:30 open 19:00 start
投げ銭+席料500円

小林貴子 唄
伊藤雅昭 ギター
Rameesha 踊り


http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/events/index.html

ボーカルの意識改革講座!

ベーシスト鉄井孝司さん、ピアニスト南保ひとみさんによ
レクチャー&直球アドバイスで、そこにいる全員が、ステップアップします。

◾️ボーカル
リハーサルで音楽的なことは、楽器奏者にぶん投げていませんか?
リハーサルで、音楽的な話合いに混ざっていないことはありませんか?
▪️楽器奏者:ボーカルとのやり取りを、あきらめてはいませんか?

日時:6月18日(日)13:30〜18:30(完全撤収)
長いので、臨機応変に対応していきます。
出入りは常識の範囲で自由です。

場所: ギャリー古藤@江古田

講師:南保ひとみ(ピアノ)
   鉄井孝司(ベース)
   小林貴子(ボーカル)

参加料金:4000円(発表とアドバイスの見学及び、質問)
学生は、2000円
発表者は別料金

発表者は、貴子ボイトレの生徒さん。
身を呈して見学者へ生きた課題を提示していきます。
始めたばかりの方から、経験豊富な方まで。
音楽スタイルも様々です。

当ワークショップでは、
そうした、さまざまな発表者の演奏を通して、
発表に必要になる多くの技術とコミニュケーション方法
を学びます。

例えば、テンポの出し方。
「普通に…」とか、指示していませんか?
貴方の普通は世界の普通とは限りません。

自分が表現したいことがある方は、
観客の前に、共演者に相手に伝えることを学ぶべきでないか、
そういう観点から始まったワークショップです。

どんなに拙くても、やりたいことが明確であれば、
今出来る最大の努力をすることで、
汲み取ってくれる仲間がいる事を体感できる。

ここには書ききれないので、

少しでもご興味がある方、是非ご連絡ください。
席は限定数です。
キャンセルポリシーもございます。
必ず、メールでご連絡ください。

参加希望ボタンをポチッとして頂いた後、
正式に以下のメールにご連絡ください。

連絡先、
小林貴子
ohesotakako@gmail.com
題名は、6月18日勉強会参加希望でお願い致します。

※発表の希望者も、貴子へ課題曲確認のご連絡をお願いします。

耳鼻咽喉科医松永敦先生と小林貴子の
パワーボイス東京セミナー、無事終了しました。
松永先生、土曜日診察後の前乗り、
今朝からリハーサルで、走ってお帰りにになりました。

ご参加いただいた皆様、
心から感謝です。
ひとつでもなにか、ヒントを持ち帰っていただけたら、
嬉しいです。

半年、毎月ミーティングを重ね、
レジュメを作成してまいりました。

今日は、わたしの手の内をマルマルお見せしたので、
もう、わたしには、何も残っていません。
充分だと思われた生徒さんは辞めてもいいです!
明日から、きっと暇だ🌟

わたし、なんにしても、
全部腹を見せてからが勝負だと思うんです。
これで、器は空になったわけですが、
そこに留まっている場合ではないんです。

次に何が注がれ、また熟成後、
明渡せるか、なんですよね。
期待します!

ありがとうございましたっ!!

パワーボイスセミナーは、12月10日です。💫よ

声の学び@北水会グループ本陣
介護運動指導員さんの特別研修セミナー講師でした。

地域社会への運動指導をされる予定の受講者さんは、
看護師さん、介護士さん、スポーツジムのスタッフさん、
と道のプロばかり。

わたくし、いつもながら、講義寸前まで、
二宮金次郎状態で準備しました。

ブレインストーミング的な、
新しい切り口も散りばめて…

って、目標に向かって真面目に準備なんて、
社会人たるもの、当たり前なんですけれど☺️

新しいセミナーは、
その目的と着地点と通過点に矛盾がないか、
毎回ドキドキなんです。

結果、3時間で、受講者の声はもちろん、
声への意識も大いに変わりました。

一生使える真理の獲得です。

獲得した声が、新たな福祉の切り口になることを確信します。

そして、わたしは、またも燃え尽きました。
 

いばらき中央福祉専門学校にて、
『声の学び』講義_vol.2でした。

〜聴こえること〜にも焦点を当てました。

わたしの同級生、秀才だった添田君の耳の話もあり!
人生に無駄は無い。

セミナーは準備し過ぎる程、予習します。
さながらプレゼン前でしょうか?

しかしながら、やることは、
その時空で自ずと決まってきます。
もちろん予習とはズレる。
セミナーイントロは、自分でも何が出るか楽しみです。
直前まで、受験生みたいで、苦しいけどね笑

音楽で言うと、アドリブを取ることと似ているのかなぁ。

実に、一日が千年の様に過ぎて行きます。

…まぁ、仕事ですから、当たり前なんですけど。
この講座も、全力で頑張ってます。

5月14日(日)14時から、
耳鼻科医松永敦先生と、小林貴子の声のセミナーを開催します。
歌の方という限定はまるで無く、声を遣う全ての方が対象です。

わたしは、残りの人生、
歌うことと、声についての真実を伝えることの
首尾一貫して生きて行こうと決めています。

本気で『声』で、自分を、音楽を、日本を、世界を変えたいと思われる方、
どなたでも、このセミナーにいらしてください。

また、ボイスの講師をされていらっしゃる方、歌手の方、
わたしとのスタイルやキャリアの違いの違和感、プライド、
人間関係の葛藤もあるかもしれません。
そんものは、この際、かなぐり捨ててください。

声が良くなれば良いんです。
そしたら、人間関係も良くなるし、
意味不明のプライドも意味をなさない。
声のことは、他人を蹴落としたり、比べたりする事ではない。
その逆です。平和のツールです。

宝は、握っているものではないとと思っています。
だから、全部見せます。

愛する生徒さんといらしてください。

以下、強力なセミナースタッフ、早苗さんの文書をお借りして、
今回のセミナーの募集をさせていただきます。

🌟受付🌟
貴子窓口
ohesotakako@gmail.com
貴子とは関わりたくないひと用笑↓冗談です。
公的な窓口
info@powervoice.jp

まで、『東京セミナー参加希望』の件名にて、
ご氏名・ご住所・ご連絡先お電話番号・メールアドレス・参加人数をご明記の上、
送信ください。折り返しご返信いたします。

また今回、35名様限定のスペシャルセミナーにつきまして、基本キャンセルはお受けできません。

***********************************

第3回パワーボイス東京セミナー
テーマ 『気持ちよく声を出すための心と身体の整え方』

 
◆ 日時:2017年5月14日(日曜日)
  PM14:00 開場  PM14:30~PM:17:00 (午後2時開場、セミナー開始までの30分間はご希望により講師との懇親の時間を設けております。講師とお話しされたい方は午後2時にお越しください。終了時間はとちゅう休憩、質疑応答を含めまして2時間半を予定しております。質疑応答によっては多少、終了時間が長引く可能性がございます。参加者のご都合により途中退出も可能です。また、前回は遅刻された方を待ってのスタートでしたが、今回は内容が盛り沢山なため、待たずに開始しますので、何卒定刻までにお越しください。)
◆ 場所:ギャラリー古藤(フルトウ)
  ◆ 募集人数:35人
  ◆ 参加費:6000円
  ◆ 服装:発声訓練をしますので、できるだけ楽な服装で。
  ◆ 講師:松永敦 / 小林貴子  
 



今年はライブ希少です。
お時間ございましたら、是非お越しください。

日時:3月29日(水)18:00開場、19:30開演
場所:神保町楽屋
http://rakuya.asia/model/jinboucho.shtml

料金:予約、前売り3000円 当日3500円

出演者:
ザ・Bless 小林貴子(vo) maiko(vil) 納谷嘉彦(pf) 俵山昌之(b) 北村嘉一郎(vp)

昨日は、術後、1ヶ月検診だった。
案の定、スタートダッシュ。
ライブ並みに負担が大きいゴスペル教室が、3週間連続 。
3週目には、アレルギーも出ていたため、案じつつの受診。

経済的な負担は大きいが、自分の楽器検診は、
術前も欠かさなかった。
だからこそ、現状が、良く分かる。

結果としては、今までになく、美しい形と色の声帯を確認した。 

STの先生との音声チェックは、
息とのコンビネーション、質と高さ、 
全てが、術前を上回った。

しかし、ここ最近、どうも喉のつまりを感じることを 先生に告げると、
先生から、

『これ、アレルギーの症状やで。皮膚科予約しよ。(大阪弁)』 
 
と、その場で次の処置を支持頂き、無事アレルギー対策に辿り着いた。
喉も、薬を頂いて、数時間でつまりは抜けた。

年に数回、器官や顔が腫れる。
ダストが原因と言われて来たが、ストレスが大きく関わる自覚があり、
アレルギー体質と、生き方改革の根本的な対策はこれからになる。

自分が楽器そのもののボーカルは、
どんな楽器になりたいか、
具体的に考え、実行して行く必要があるとわたしは思う。
自然でありのままでいいと思うけれど、
その自然は、ベストの己作りでもある。

自分は今年、体重を少し落として、首は太くしようかと思っている。
そういうフォルムの楽器になりたい。

何にしても、
壊れた楽器の修理から、楽器の理解へ、己の進歩の時期だ。

これから、ひとつひとつが、重い。


 

2017年是非いらして頂きたいライブのお知らせです。
2月20日月曜日、in Fのマスター佐藤さんからの
ご提案で、ピアニスト阿部篤志さんと初共演します。
本日、阿部さんの演奏を拝聴し、

あぁ、わたしの血が知っている大地の音がする。

と感じました。
わたし、外国人にならなくていいんだ…

それは、今当に、自分が求める場所。
当日までに、新しい物語を思い描くことを
決めました。

歌詞が何語だろうと、
アイデンティティの聴こえる歌手でありたい。 

ストーリーのあるライブに、是非、ぜひいらしてください。
今年は、ライブは、前にもまして、数を減らします。
夢中になるには、自分には時間がいるんです。

大切な人生のひとこまを、お客様と共有できますように。
ご拝読感謝します。

小林貴子(vo)阿部篤志(p)
日時◾️20(月)20時〜
料金◾️2500円飲食代金
場所◾️in F 西武池袋線「大泉学園」北口下車徒歩5分
練馬区東大泉3-4-19 津田ビル3F
予約◾️わたしか、阿部さん、インエフさんにお願いします。

in F↓HPより、
telephone03-3925-6967
mailtoin-f.sato@nifty.ne.jp 
(@を「半角」にしてコピペして下さい)

「営業時間」pm7:00~12:00
「ライヴ」pm8:00~10:30(終演は「目安」です)
「ライヴ・チャージ」¥1000~3500
(「終演後」は、「ジャズ・バー」にて営業)

chair「ご予約」に関して。
スケジュールがなんらかの形でUPされた時点でお受けいたします。
(当店or出演者サイト。当店配布・スケジュール表。など)

「席のご指定」
お受けしております。
「その席」がダブった場合は「先着順」になります。

音楽にまつわる稽古は多々ある中、
ひときわ力が入るアドリブレッスン。

尊敬してやまない先生とスタジオで
マンツーマンレッスン。
かれこれ5年くらいにはなるだろうか?
もっとか??

いつも頭にレッスンのことはあるのだが、
いざその日が近付くと、苛立ちMAX。

下手過ぎて、気持ち悪いことこの上ない。

これ、謙遜でも何でも無く、
先生に良く言われる。
『なんか気持ち悪い。』



ここをクリアしたら、扉が開くという場所は
分かっており、練習できていない己を恥じ入る。

最近は、歌そのものを聴いて頂き、アドバイスを受けている。

これが、的確でぐうの根も出ない。
『もっと感情を排除して。』

これに尽きる。

排除しても、排除してもついて来るのが
個性と感情。

だから、練習には、それは要らない。

無機質な訓練を毎日できないひとに、
表現なんて出来ないから。



 

このページのトップヘ