打ち合わせの時、現場監督さんから聞き慣れない言葉を聞かされました。


「省令準耐火構造(しょうれいじゅんたいか)って知ってます」 


「 (゚Д゚)サァ?」

「この家は省令準耐火建築なんですよ

「なんですか?ソレ( ・Д・)」




さっぱりな私 簡単に言うと、ある一定の基準をクリアすれば、省令準耐火建築に認定されるそうで、つまりは、字のごとく、「防火に優れた建築物 」ということらしいです

詳しくはコチラを→省令準耐火構造とは?


平成22年より、省令準耐火構造の使用基準が改訂されたようです

(1) 枠組壁工法
  • 鋼製の野縁及び当て木の使用を可能としました。
(2) 木造軸組工法
  • 壁の防火被覆材の目地以外の部分に用いる間柱又は当て木について、それぞれ断面寸法30ミリメートル×105ミリメートル、30ミリメートル×38ミリメートルのものを使用可能としました。
  • 天井の防火被覆材裏面の仕様について、断熱材を敷き込む仕様を可能としました。
(3) 枠組壁工法及び木造軸組工法共通
  • せっこうボードの留め付けに用いるねじ等について、JIS規格品と同等の性能を有するものの使用を可能としました。


いくつか説明を受けました。

おそらくコレが(2)の一番下のことだと思います。この銀色に巻いているのはたぶん防火被覆材。この中は、断熱材を敷き込んでいました











9f0049f7de45bb0ccb3b-Lそしてこれが(3)の事だと思います


















これは、壁を通る配線をくぐらせるジャバラらしいのですが、この設置している金具が普通はプラスチックなんだそうです。しかし、これは金具を使用していました。




なるほどw(゚o゚)w オオー! 家作りには本当に無知な私ですが、勉強になりました
これから長年住む家が、火を外に出しにくく、火をもらいにくい作りと聞けば、素直に嬉しく思います。 

タマホームさんありがとうございます






話はかわりますが、今日の現地の打ち合わせで、初めてお隣さんになる方にお会いできることができました

やっぱり長年住んで行く家のことですから、お隣さんのことは気になってましたし、引っ越しする前にお会いできれば....とずっと思っていました


第一印象はとっても感じのいい方でした私よりも随分とお若い方で、小さな女の子のお子さんもいらっしゃいました

ウチは男の子2人でやかましいので、なんかあったらいつでも言ってくださいとご挨拶すると、「お互い様ですよぉ」と

あと、「BBQとかよくします??」と聞かれたので、「実は....うち結構すると思うんですよね」と答えると、「よかったぁぁぁ実はウチもよくするんですよぉじゃんじゃん煙出しますので、そちらもだしてくださいねっ」っと.......


めっちゃくちゃ安心しましたあと、犬がいることも伝えました引っ越し前にワンクッション置いておくことは本当に安心に繋がりますからね良い方みたいでホッ



夜はタマリビングさんと、カーテンの打ち合わせに。1F部分のカーテン決定しました


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログランキングに参加していますポチッっと押して頂けたら励みになります ( ´艸`)

   人気ブログランキングへ