2007年06月30日

きずなぢてん か〜そ

か〜こ
ガウの中で抜刀して降下 ジャブロー地表にて、ジオン側はガウからの降下で編成が丸見えになってしまい、
特にザクタンクやスナイパーライフルを持つザク汽好淵ぅ僉爾枠淑未気譴討靴泙Α
それをカモフラージュする為にザク汽好淵ぅ僉爾能亰發垢觝檗▲辧璽肇曄璽に持ち替えてから降下するのも一つ。
ただし、連邦拠点側に対し横を向いてしまうと巨大なバックパックが目立ってしまうのと、
わざわざ抜刀して降下するザクも少ないので余り意味が無い。

ガウの羽 TDマップ中央部やや連邦拠点寄りに刺さっているガウの残骸のこと。
連邦軍拠点へのブラインドショット定位置。

カウンタースナイプ スナイパー同士の戦いにおいて、こちらを捕捉している狙撃モード中のスナイパーを撃つこと。
相手のビームを避けて硬直中を狙ったり、JSで狙ったり。

格闘間合い 70m未満。この距離は全ての距離カテゴリーにおいて共通。→黄ロックオン

格闘モーション 格闘攻撃を行った際の動作。この間、正面からの射撃武器に対して無敵(すり抜ける)。
黄ロックしている状態だとロックオンしている敵の方向に移動する間も含まれるが、
黄ロック状態でない場合は移動は行われずにその場で格闘攻撃が発生するため、格闘モーションの時間は短い。

カクトースキー (Kugtovsky)ロシア人風の名前のようだが格闘大好きなプレイヤーのこと。
批判的な意味合いよりも、むしろ自己評価的な使い方が多いと思われる。

学徒動員兵 学徒兵(がくとへい)とも呼ぶ。
1:中学生から高校生にかけて、制服を着てゲーセンに来るプレイヤーのこと。ただし批判的な使い方ではなく、ただの呼称として用いる。
2:3/28のアップデートで追加された機体ゲルググに乗って、アッという間に撃破されてしまうプレイヤーのこと。
ゲルググは、ガンダムとほぼ同等のコストの割に、入手条件が(ガンダムに比べれば)簡単な為、腕がないプレイヤーでも簡単に手に入れられる。
そのため、引き際や戦法も全くわからないままどんどん撃破され、チームを負けに導く。
しかも本人は自機のコストの高さを自覚しておらず、なぜ負けたか理解できずに責任転嫁する悪質なプレイヤーもいる。
元ネタは「機動戦士ガンダム」より1年戦争末期、パイロット不足に悩むジオン公国が講じた手段。
高性能のはずのゲルググ(一応ドムも)だったが学徒動員兵がパイロットのために性能を出せないまま大量に撃破されてしまった。
余談だが、ポケットの中の戦争のバーナード・ワイズマン伍長も学徒動員兵である。

ガチガチ(MS名) 最高装甲セッティング、若しくは持っている最高の装甲セッティングであること。
余り扱いに自信の無い機体に乗るときに生存優先でセッティングすることが多い。
4-4時はタンクは敵に邪魔される前に敵拠点を撃破する為に機動優先が推奨されたが、
8-8になって以来、拠点の耐久力が上がった事もあり、阻止される前に敵拠点を撃破することが難しくなってしまったため、
阻止されながら1機落とされるまでに1発でも多く撃ち込む為に、装甲重視推奨になりつつある。

重ね切り 2機以上で取り囲んで一気に斬りかかること。
殴りかかってもどれかのMSが連撃を失敗させるか、連撃を出し切るまで継続してダメージを与えることが出来る。
大体6連撃くらいまで可能で、通常の3連撃の倍近くのダメージを受けることになる。
一般的にタンクを見つけた時に近距離機しかいないなんて時に効果絶大。
ただ、ほかのMSの格闘命中音と混ざる為、タイミングが取りにくい。
チャージ格闘のみ特殊で、命中すると、攻撃側がカットされるか、斬られている側が撃破されるかしない限り、
5連が終わるまで格闘攻撃ではダウンしない特性があるため、5連終了まで単発格闘が当たっても重ね切りを継続する。

カット 主に味方が連撃を受けている最中に斬り付けている敵機を攻撃して連撃を止めること。
連撃終了後はダウン後は基本的には攻め手が有利であるが連撃中のカット、若しくは連撃後に攻撃側がダウン性の攻撃を受けた場合は、
連撃された側の方が若干早く起きられる為、有利になる。

ガトシー グフカスタムのガトリングシールドのこと。
格闘機ながら射程はロックオン可能距離を遥かに越え、近距離機なみの射程を有し、ダウン値が極めて低く、
ガトリングシールドだけでは決してダウンしないという特殊な特性があるが、
ガトリングシールドにより一定以上のダメージを受けた後は格闘1発で強制ダウンし、連撃2発目が空振りするとの情報もある。

蟹 ズゴックのこと。今のところ茹で上がったものは確認されていない。

カニ味噌 ズゴックのメイン240mmロケット(AB)のこと。
ズゴックをカニに例え、「ロケット弾」と言いながらその高い誘導性から「カニミサイル」と、
頭部から発射されることから「脳みそ」とかけているのではないかと思われる。

かぶせカウンター ジオン系MSのクラッカーやガンキャノンのファイヤナッツを使い、ジャンプで飛びこんで来る敵機を迎撃する技。
特に格闘機体を相手にした場合は、ブースト制限もあってジャンプが多用される傾向にあるので、使いこなせれば大きな武器となる。

カルカン 周囲の状況を考えず、敵機または敵拠点方向に向かって突進すること、
又はその行動を行う者。
高コスト機である程、味方からは嫌われ、敵からは喜ばれる傾向がある。
同名のネコの餌のCMの文句「ネコまっしぐら」に由来する。

ガンキャ ガンキャノンのこと。SML装備のものは「〜SML」とも呼ぶ。

寒冷地 GM寒冷地仕様のこと。

キーパー タンクメインBによる拠点攻撃に対して、自軍拠点の上にてわざとその弾に被弾、
ダウン後の無敵時間を利用して受け止めるという行為を繰り返し、対拠点砲撃に対して拠点を延命させる防御策の一つ。
完璧にこなせればMSが落ちるまでの間、計算上は拠点は3倍の弾に耐えることが出来る。
このままだと自分も拠点も落ちるしかないので、その間にシンチャやボイチャでタンク狩りを要請するのが普通。
しかし、1.04にバージョンアップした際に、ただでさえダメージの大きかったタンクBのダウン値が下がり、
1発ではダウンしない様に仕様変更されてしまった為、ダウン後の無敵時間の利用がしにくくなり、
キーパーを行うMSのダメージが回復スピードを遥かに上回ることとなってしまい、余り有効ではなくなってしまった。

気が付けば○○ 予算の都合上、それ程入れ込むつもりは無かったのだが、気が付けば上位機体や階級、称号を獲得している事。
特にサブカードで発生する。

黄弾 グフのメイン射撃「フィンガーバルカンA」のこと。
ヒート剣を出したままでも使用できる為、持ち替えが無く射撃と格闘の切り替えが早い反面、QD外しが行いにくい。
フルオートに匹敵するほどの連射性能を持つが、威力が低めのため、射撃戦になると撃ち負ける可能性も。削りではなく、威嚇程度に。

キャノン ジオン側において「〜キャノン」と名のつく機体はザクキャノンしかいない(2007/5現在)為、
ザクキャノンのことを指す。連邦側は「GMキャノン」「ガンキャノン」の2機種が存在するため注意が必要。

キャンプ 自軍拠点付近から出てこないで戦う事。お互いにポイントが稼げない事が多いので、ある程度以上になると嫌われる傾向にある。

拠点装備 GMキャノン・ザクキャノン・各種タンクのメインB武装の対拠点攻撃装備を縮めたもの。
→対拠点攻撃装備

「拠点をたたく」 シンボルチャットのアイテムの一つ。
各種タンクでメインがBだったりするときの自己主張。
たまに敵拠点耐久力がミリ残りでタンクが撃破されてしまったときに、スナイパーが引き継ぎを宣言するのに使用することもある。
バンナム戦以外でGM/ザクキャノンのメインBでコレを発すると、「もどれ」と出されるのが普通。

黄ロック 格闘間合いで敵をロックオンすると、ロックオンカーソルの外側にオレンジ色の装飾がつく。
この状態で格闘攻撃を出すと、ロックオンした敵の方向に踏み込みモーションが発生して、格闘攻撃を繰り出す。
黄ロックにも青と赤の違いはあり、青ロックは単純に敵の方向へ踏み込み、
赤ロックならば移動する敵に対しても強力な誘導性をもって踏み込む。
この性能は距離カテゴリーにもよるが、機体による差やセッティングによっても変わり、
機動セッティングの格闘機の赤ロック格闘から逃げるのは難しい。

金閣 MSカテゴリーの「近」と「格」のこと。主に前衛となる機体の総称。由来は「きんかく」の一発変換。⇔中塩素

近接信管 砲弾にレーダーなどを組み込み、目標物から外れても一定の範囲内に目標物などが入れば起爆する信管。
目標に直撃しなくても、その近接で爆発することにより、砲弾の破片で目標物に対しダメージを与えることもできる。
余談だが、航空自衛隊のAAM4は余りにも命中精度が高くて目標に命中してしまうため、逆に開発中近接信管のテストが難しかったという。 →VT信管

クイックストライク MG等1発ダウン出ない射撃武器で使用可能な射撃中にキャンセルして格闘攻撃を出して攻撃をつなげる技。
格闘攻撃が可能な間合いで射撃武器をヒットさせ、すぐに格闘攻撃のトリガーを引くと、
武器を持ち替えるモーションをキャンセルして格闘攻撃を繰り出せる。
一部出来ない機体もあるが、格闘の代わりにタックルでも応用可能。

クイックドロー →QD

空気 いるのかいないのかわからない、空気のような存在。またそのようなプレイ。
地雷と意味が似るが、目立って悪い働きもしない場合を指すことが多い。
かなり自虐的な意味合いを指すが、地雷と違い本人が認識している場合に多用される。
中遠狙で空気でポイントも高く無かったからといって空気であるとは限らない。
もしかしたら敵の中遠狙に仕事をさせない様に牽制していたのかも知れない。
逆にポイントも取っていない近格の空気に関してはどこで何をやっていたのか不明。

ク狙撃 とどめもさせない、動かない、主に拠点と一体化した狙撃機のこと。
キャンプしか経験してない狙撃機はおのずとこうなる。スナイパーをやりたい一心で突き進んできた尉官未満のパイロットにも見られる。
どちらにせよ改善の余地あり。拠点と一体化していなくとも、敵にスナイパーを見つけるとスターリングラードゴッコすることに夢中になり、
前線の支援をしなくなってしまうスナイパーも含まれる。

グフカス グフカスタムのこと。
グフよりコストが重いが、機体の動きも重く、「グフなら斬れていた」というシチュエーションも多いらしい。

クラスター ガンタンク・ザクタンク・ザクキャノンのメインCのこと。
クラスター爆弾(集束爆弾)の様に上空で拡散し、目標へ降り注ぐことから。

クラッカー ザク・デザートザク・ザクキャノン・ゲルググ(G)の初期サブ射撃、グフの支給サブ射撃。
デザートザクのみ2個同時に投げる為爆発範囲が横に広いが、投擲距離が短い。
オーバースローで投げる為、低めの障害物越しに投げ込んだり、フワジャンなどで接近する格闘機へのかぶせカウンターが有効。
何も無い場所で投擲すると140m先高度20m程度で爆発するが、ロックオン時の近接信管は平面上で見た前後左右のみで判定し、高度差は無視される。
そのため、相手が自分よりも低い場所にいる場合、相手の頭上で爆発して当たらない事がある。

グラップルダッシュ ダッシュ終わり際の隙を大幅に軽減できるテクニック。
ダッシュペダルを踏んだまま、終わり際ギリギリに一瞬だけジャンプする。
やり方のコツは25%消費するブーストなら24%時点でジャンプを踏む。
ブーストペダルを緩めた瞬間ジャンプを踏んでもほぼ同じ事ができるが、こちらは非常に難しい。
成功した時はブーストの着地音とジャンプの着地音がずれてズ・ズンと音がする。
イメージ的にはブーストの着地の後にジャンプが発生すると思えば良い。
この後すぐにブーストは不可能だが、歩く事は可能。ブースト硬直を大幅に軽減できる為、
特にブースト制限のある格闘機乗りならぜひ身に付けたいスキル。

グリーンマカク MS-06V-6 ザクタンクのこと。

グレートキャニオン 北米中央部(?)に位置する架空の渓谷地帯。
北米東海岸に降下したホワイトベースが、ジオンの勢力の弱い西海岸方面へ抜ける際に、ガルマ隊の攻撃を回避する為に通過した場所。
渓谷地帯でミノフスキー粒子を散布すると、拡散範囲を限定できる分濃密にする事が出来、ほぼあらゆる誘導兵器を無効化出来るため、
空中を航行するホワイトベースへの有効な攻め手に、ドップ隊のミサイルしか持たなかったガルマ隊は包囲するのが精一杯であった。
架空の地名であるが、以下、実在のグランドキャニオンについて説明する
グランドキャニオンはアメリカ合衆国アリゾナ州北部内で、コロラド川によって侵食された、多彩な険しい峡谷。
アメリカ合衆国内で初期の国立公園の1つである、グランド・キャニオン国立公園内部に多くが含まれている。
1979年には、世界遺産に登録された。

軍法会議 反省会。多くの場合、敗因を作った者の吊るし上げ行為。
突出して2落ち等は軍法会議の対象。
突出していなくともハイコスト機は2機落ちは軍法会議の対象となることがある。

ゲロビ GMスナイパー2のメイン射撃。
持続が一瞬のGMスナイパー・ザク汽好淵ぅ僉爾醗曚覆蝓⊂伴融間が長く、
かつ、放水しているかのように照射したままレバーで振ることが出来る。
連合vsザフトシリーズのランチャーストライクや、ブラストインパルス等のチャージショットなどの一部の高威力射撃武器の俗称から。

降格 階級が下がること。兵卒の間は降格しない。

「後退する」 シンボルチャットのアイテムの一つ。回復に戻るときなどは出しておいた方が良いだろう。

攻略本 2006年12月31日、一迅社から発売の「戦場の絆 ファーストガイド」定価1400円+税。ISBN4-7580-1071-4。と
2007年2月26日エンターブレインから発売の「戦場の絆 VICTORY MANUAL」定価1429円+税。ISBN978-4-7577-3403-3。とがある。
バージョンアップにより性能が変わってしまうことが多々あるため後発のVマニュアルの方が信頼性が高いが、
変更されていないはずの個所であっても、明らかな間違いなどが多く、詳細データに関しては参考程度に留めておいた方が無難である。
どちらも3絆ほどするが、ちょっとした事なら参考にしやすいこの本を本棚に並べるか、
そのぶん絆3回に回すかはあなた次第。

焦げている ナパームを喰らい、炎上し、運動性が低下している状態を指す。
運動性が低下している間は炎のエフェクトの他に機体が黒ずんで見えるためこう呼ばれる。
エフェクトのため目視されやすく、特定されてしまうので、運動性低下も相まって狙われる率も高い。

ゴシゴシ(する) (動)GMストライカーのツインビームスピアによる攻撃のこと。
攻撃している様が、モップやデッキブラシで掃除しているように見えることから→デッキブラシ・モップ・TBS

コスト食い 多くはバンタンクのこと。
その他、「(被撃破コスト)>>(作戦ポイント+ペナルティ)」など、コストに見合った働きをしていないものを言う。

国家元首 2代目首相に指名されたデギン・ソド・ザビはジオン・ズム・ダイクン死後、ジオン共和国に公国制を敷き自ら公王となった。
長男が総統(大将)となり、それ以下長女(少将)・三男(中将)・四男(大佐)も軍の要職に就くなど軍閥政治の様相となっていたが、
(実態は別として)公には政治の最高責任者はジオン公国首相ダルシア・バハロである。
UC0080.1.1、サイド6を通してジオン共和国首相として停戦宣言を行った。
因みに地球連邦政府は大統領制をとっている。
UC0099の地球連邦政府代表大統領はレイニー・ゴールドマン。

固定武装 機体に固定されている武装。
特に頭部バルカンなどの固定武装の射撃武装は、持ち替え動作無く素早く使えるものが多い。

さ〜そ
再起動 わざと撃墜されて復帰すること。
修理時間と手間が面倒、などといった理由でわざわざ拠点に戻るプレイヤーは確実に少なくなっている。
特にゲルググやガンダムなどの修理が遅い機体にとっては死活問題。
昔のWindows等、OSやハード構成によっては長時間の稼動によってシステムが不安定になることがあり、再起動によってリフレッシュした事から。

再度7 既知のプレイヤーが何らかの原因で再び0から始めることを指す。
2ちゃんねるの戦場の絆スレにおいてパイロットカードを紛失した事から再度カードの作り直し、機体の鍛え直し、
ポイントの貯め直しを余儀なくされた人のぼやきが元ネタ。
以前はベテランプレイヤーが本来新人ばかりのサイド7で、まだ動きのままなら無いルーキーを虐殺しまくる悲惨な状況もあったが、
1.05になり、サイド7の敵はCPUのみとなった。

ザクキャ ザクキャノンのこと

ザクスナ ザク汽好淵ぅ僉璽織ぅ廚里海

ザクバズ ザクバズーカのこと。またはザクバズーカ装備のザクそのものも指す。
MS携行280mm(240mm説も)ロケットランチャー(無反動砲とする説もあるが「バズーカ」はロケットランチャーである)。

ザクマシ 120mmザクマシンガンのこと。ザクのメイン射撃、ザクキャノンのサブ射撃。
ザクのメイン射撃としてはAとBがあり、最大射程は230m、Aは3バースト、Bは6バースト。
ザクキャノンのサブ射撃は3バーストで最大射程280mだが、集弾率が低い。
カートリッジを吐き出す描写があることから、人の使うそれと同じインナーカートリッジ式(薬莢式)と思われる。
21世紀初頭の主力戦車の戦車砲の口径でマシンガンとは恐ろしいものがあるが、これを受けて無傷だった原作のガンダムはもっと怖い。
21世紀初頭の主力戦車の防御力の基準は、正面ならば自身の主砲の零距離射撃に最低1発は耐えうることが目安にされることが多い。

桜色ザク シャア専用ザクが同時に複数出撃すると1機を除き色の薄いものになり、それらが桜色っぽい色をしている。
これを発見した場合、ジオン側に複数のシャア専用ザクが出撃していることがわかるが、
ガンダムと違い複数の桜色ザクは別段脅威に感じることは少ない。
一見判別しにくいが、ガンダムも複数いる場合は1機を除き色が薄くなる。

「さすがゴッグだ!どうしようもないぜ!」 原作なら装甲が厚いゴッグだが、戦場の絆ではドム・トローペンより装甲が薄い。
それにもかかわらず動きがのろいため、しばしばプレイヤーの期待を裏切る結果となる。その様を皮肉って言うときに用いられる。
が、機体性能が修正されそれなりの機動力とコストの割には高い装甲、そして近距離において驚異的な破壊力を持つ機体となった。
「さすがゴッグだ!なんともないぜ!」

「さすがゴッグだ!どうにもなるぜ!」 原作なら装甲が厚いゴッグだが、戦場の絆ではドム・トローペンより装甲が薄い。
それにもかかわらず動きがのろいため、連邦から見ればカモとなる。その様を皮肉って言うときに用いられる。
しかし、機体性能が修正されそれなりの機動力とコストの割には高い装甲、そして近距離において驚異的な破壊力を持つ機体となった。

「さすがゴッグだ!とんでもないぜ!」
ジャブロー地上においては、驚異的な存在に早変わり。水中ではおそろしいほどの機動性能と、装甲を兼ね備えた驚異の格闘機体となっている。

サブ →サブカ →サブ射

サブカ サブカード。
主にプレイする陣営とは別陣営のカードを指す他、パイロットネーム等のネタ用に同じ陣営で作られることもある。
また、あるカテゴリーに特化して昇格(一般的には将官級)してしまった為にそれ以外のカテゴリーの機体を練習する為に作成されることもある。
新兵育成ボーナス獲得の為や、対戦マッチレベルを下げるために使用する悪質なものも存在する。

サブ射 左右両トリガー同時押しで使う武装。連邦はバルカン系が、ジオンは榴弾系が多い。

ジオン脅威のメカニズム ゲームにおける非常識な現象や異常事態そのものを指す。
超常現象とか言ってはいけない。例としては平行移動するザクタンクやミサイルがでるキャノン砲etc…といたるところに存在する。
なぜか連邦軍が使っても違和感が全くない。元ネタはファーストガンプラのCM。20代以降のファースト世代には馴染み深い。

子宮 グレートキャニオンの洞窟内部の事。
湖側からの進入通路から広場、広場両翼に伸びるカーブした通路の構成のマップ形状に由来する。
マップをデザインしていた人間が余程疲れていたものとしか思えない。

死亡フラグ 映画やアニメ等で何となく気付いてしまう“死ぬ”伏線の事。
ピンチな時、瀕死のときに使用するシンボルチャット「応援求む」のこと。
「応援求む」の時に上げられる信号弾は味方は勿論、敵からも発見されてしまう為、
場合によっては味方どころか敵も呼び寄せてしまうこともある。
復活直後のタンクは要注意。

事務 GMのこと。

ジムキャ GMキャノンのこと。〜A:対MS榴弾 〜B:対拠点徹甲弾 〜C:3連射ナパーム

ジムコマ GMコマンドのこと。記述ではジム駒とも。
コスト的には陸戦型ガンダムより劣るが、取得が陸戦型ガンダム取得以降である為、中の人性能により脅威は陸戦型ガンダム以上と見るのが妥当。

ジムスト GMストライカーのこと

ジムスナ GMスナイパーカスタムのこと

ジムヘ 陸戦型ガンダムGMヘッドのこと

ジムヘッド 陸戦型ガンダムGMヘッドのこと

ジャガイモ 見た目からサブ射撃のハンドグレネード系の事。

シャゲキガスキー(Sjagechvoski) ロシア人風の名前のようだが射撃大好きなプレイヤーのこと。
批判的な意味合いよりも、むしろ自己評価的な使い方が多いと思われる。

ジャブロー 架空の地名、及び基地の名前。一年戦争以前〜グリプス戦役初期までの地球連邦軍の総司令部である
南米アマゾン川流域にあるとされ、地下の巨大な鍾乳洞を利用している。
なお、地下空洞は巨大な1個ではなく、大小複数の空洞を連結したものである。
ジャブローは広大な熱帯雨林のジャングルの中にあり、出入り口も植物などでカモフラージュしているため位置が特定しにくい。
対空砲・迎撃ミサイル等防衛火器類も万全で、基地単独でも長期に渡り機能を維持できる物資と自給能力を持ち、
強固な地盤の地下にあるため通常兵器は勿論核兵器による爆撃にも耐え、
司令部などが存在する中枢部はコロニー落としですら耐えられると言われており、文字通り難攻不落の要塞として完璧な防御力を誇る。
内部基地施設にはMSや艦船の工場、艦隊クラスが停泊できるだけのドック、大規模兵器庫、参謀本部、果ては保育施設までも備えており、
名実共に連邦軍の心臓部・頭脳部である。
ジオンのジャブロー降下作戦では、虚を突かれた形とはなったが、既にMS部隊の配備も進んでおり、
ジオン降下部隊も先のオデッサの配線や、北米地区の連邦戦力の拡充による備えの為に派遣戦力規模が小さくなってしまい、
結果失敗する事となった。
UC0087には、ジオンの脅威が無くなった為か、ガルダ級が離発着できる大規模滑走路など地上施設が充実していた。
この頃には機能をチベットラサに移し、地下の核爆弾によりエゥーゴ地上降下部隊もろとも焼き払おうとするが、失敗。
囮にされた基地防衛部隊(特に非ティターンズ系連邦所属部隊)の多くは知らされておらず、その多くが犠牲となった。
UC0083に北米穀倉地帯に落下するコロニーをコーウェン准将が見上げているシーンがあるのだが、それがジャブローの滑走路ならば、
1年戦争後間も無く敷設されたものと思われる。

ジャンクション ハイウェイのジオン拠点側右側の螺旋スロープ部分。
キャノン系やVLSタイプの武器から身を守りやすいため、近格機にとって戦いやすい場所の一つ。

シュツルムファウスト ドム・トローペンのサブ射撃武器。ドイツ語で「嵐の様な鉄拳」の意。
モチーフはWW2でドイツ軍が用いた使い捨て対戦車グレネードランチャーとも言える「パンツァーファウスト」(戦車鉄拳)。
関係ないが、カードビルダーでギャンがシュツルムファウスト1本のみを持っているのを見て、新手の魔女っ娘かなにかかと思った。

昇格 階級が上がること。
民間人→2等兵:1戦した後にターミナルを通す、
→1等兵:8千Pまたは10戦連続B以上、
→上等兵:2万P。
以降下士官以上の昇給条件は連続してC以上を10回とることであるが、将校以上は各大隊の各階級に定員が存在する為、
上の階級の枠が無ければ、どれだけ評価が良くても昇進できない。

昇格試験 昇格がかかった戦闘の事。
戦果ランクで「D」を取ると、初めからやり直しである。中佐以上では「C」ですら、初めからやり直しになり、
将官クラスになると「S」をとらなければ昇格できないというハイレベルな昇格試験もある。
人によっては「昇格戦」とか「昇格試合」という風に言うこともあるが全て同じ意味合い。

昇格フラグ 昇格条件のこと。
下士官・尉官ではC以上、佐官ではB以上を連続して10回以上取ると昇進できる。それに満たない成績を取ってしまった場合、
やりなおしとなってしまう。

称号 パイロットネームとは別に過去の成績やモバイルコンテンツで獲得した称号パーツを編集して付けることが出来る通り名。
カードに記載される他、編成画面や、撃墜された場合、撃墜した者の称号が表示される。
mpで購入できるものや、低い条件で獲得できる称号は編集次第で高い階級でも使用できるが、
取得条件の高い称号パーツを使用しているものがいる場合は注意が必要である。
「○将」と付くものや「〜を極めるもの」等は高階級である確率が高い。

ショート 1.04より追加された仕様で、マッチングの際の待ち時間が多めに表示されてから、
店外マッチングが確定すると残り10カウント程度まで減らされること。
例としては、120程度からカウントダウンが始まり、残り90カウントから突然残り10カウントになるなど。
店内マッチ締め切りから8カウントから始まる事もある。

ショットガン ゴッグのメイン(AB)の拡散メガ粒子砲のこと。
また、量産型ガンタンクのメインCも水平発射が可能で、400m先で拡散することからこう呼ばれる事も。

地雷 他人に迷惑をかけるプレイヤーやMSを指す言葉。
バンナム戦でも無いのにGM/ザクキャノンのBで「拠点をたたく」等、地雷以外の何者でもない。
B弾をMSに当てられる様な腕でもない限りGM/ザクキャノンのBは使用するべきではない。
安易に地雷認定をするプレイヤーも地雷です。要注意。

地雷プレイヤー ボイスチャットに無反応、または協力的でないプレイヤー。または単に下手糞な人。
撃墜しないで撃墜される人。やっている回数多いのに軍曹や曹長止まりの人。即決で決めておいて戦果がない人。
「ポイント>>被撃破コスト」である場合に烙印を押されてしまうことが多い。

地雷MS かつてはゴッグのことを指したが、REV.1.02アップデートにて汚名を返上した。
GM/ザクキャノンのBが地雷なのは相変わらず。

白いカモネギ 特攻しては撃破される、ジオンにとって非常に美味しいガンダムのこと。
カモ=ガンダム ネギ=BR。元から高コストなところにBRで更にコストが上乗せされている為、ジオン側からすると撃墜できるとおいしい。

白タン 白(いザク)タン(ク)。稼動開始時より配備されているザクタンクのこと。
ザクタンクV-6の事を指す「みいタン」に対して区別するために用いる。
V-6と比べ格闘・サブ射撃の性能が低い代わりに、全4種の遠距離支援機中最もコストが安く、
メインCの散弾、メインDの判定の大きいナパームが特徴。
後方からの支援と割り切った使い方を考えるなら、こちらを選択するのも有効といえる。

信号弾 シンボルチャット「応援求む」選択時に打ち上げられる信号弾のことも。
実際に救援信号として用いる他、勝利の狼煙としたり、挑発や、特に開幕早々等のときに意味も無く乱発されることも。
連邦軍が青色、ジオン軍が赤色を使用。なお、信号弾はあらゆるものを貫通し、NYハイウェイの下からや、
GCの洞窟内などからでも空高々と打ち上げられる。

シンチャ シンボルチャットのこと。
右レバー右側にある上下のボタンにより定型文を選択し、STARTボタンにてボイスチャットがつながっていない見方にも送信することができる。
しかし、細かいニュアンスなどが伝えにくい。

スーパー頭突き →頭突き

水泳部 「ジオン〜」と呼ぶ時はアッガイ、ゴッグ、ズゴッグのこと。連邦はアクアGMのみなので「連邦〜」とは余り呼ばれない。

水平距離 レーダーで表示されるような二次元平面上の距離。
高低差があった場合には直線距離はもっと伸びる。
ズゴッグ・アクアGMのメイン射撃は上方に射出された後水平飛行し、水平距離200m先で降下するが、
赤ロックしている敵が水平距離200m未満でも直線距離で200m以上であった場合はUターンする形で追尾する。

ズゴ ズゴッグのこと。

スコープ スナイパーのみの特殊な仕様で、青ロック中に左右どちらかのボタンを押すことにより、
その機体をズームして見る狙撃モードに移行しているときの画面。

スターリングラード WW2の独ソのスナイパー同士の戦いを描いた映画より、スナイパー同士の戦いのこと。一応は実話がモチーフである。
廃墟での戦いが中心であるため、NYでは雰囲気が近い。
お互い威力型である場合、持ち弾が限られている為、持久戦の様相を呈し、格闘機同士や、他の射撃機体同士の戦いより地味。
しかし、相手の狙撃機体のみに気を取られ、前線の支援をしないスナイパーはチームプレーであるこのゲームに反する。

スタンアタック よろけを調整し、よろけ状態を継続させて一方的にダメージを与え続ける技。
使う武器は単発系射撃武器で、1トリガー1発や連射性能に劣るもの。
ドムトローペンのMGBなど単発MGは2発でよろけを誘発するため、2発1setで射撃間隔を調整してよろけ状態を継続させることが出来る。

頭突き ジオン水泳部のタックルのこと。頭頂部から当たりに行くことから。「スーパー頭突き」とも

スデゴロ キャノン系中距離機体で格闘戦をする事。その戦いぶりはなにか引き付けられるものがある。

ストライカー GMストライカーのこと。

スナ スナイパーのこと。デザートタイプザクと混同するため、漢字で「砂」と略するのはお勧めしない。

砂ザク デザートザクのこと。

スプレーガン GM、GMキャノンに装備されるビームスプレーガンのこと。

スプレーミサイル ガンキャノンに支給されるスプレーミサイルランチャーのこと。
他に装備する機体が存在しないため、スプレーミサイルランチャーを装備したガンキャノンそのものを指すこともある。

「すまない」 1.04で追加されたシンボルチャットのアイテムの一つ。△x6○。
開幕時、ハイコスト機を使用した時や慣れない機体を使用する時に使用する他、連撃をカットしてもらったときや、
味方が落とせそうだった敵を期せずしてハイエナ気味に撃墜してしまったときに用いるのが一般的か。

ずらし撃ち 狙撃モード中のスナイパーは移動できない代わりにレバー操作でできる着弾点をずらす事。
トリガーを引いてから実際に射撃するまでに僅かな時間差があり、移動中の敵機には当たらない。
移動方向や速度にも因るが、スナイパーに対して早い横方向の動きにはレバー1本最大、ダッシュには2本最大が目安。
ジャブローにて開幕直後ぼんやり降下しているジオンMSにはレバー2本手前一杯で当てる事が可能。

生還(する) 撃墜されずに作戦を終了すること。Sランクを取る上で必須。

前衛 主に格闘機・近距離機のこと。
200m以内での自衛能力はザクキャノンやズゴックの方が高いが、斜線の通る位置関係(互いに目視される位置関係)での戦闘が中心になるドムは、
敵に狙われやすいという意味で前衛に数えられることもある。
逆に近距離機のゲルググはどのメイン射撃であっても、敵との距離が遠い方が威力があり、拠点での回復速度も遅く、
ハイコストな為落とされると責任重大である為、引き気味に戦う事が多い為、後衛(中距離機)として数えられる事もある。
連邦軍機ではBSGを持ったGMキャノンやBRを持ったガンキャノン等は格闘間合いに入りさえしなければ、前衛でも充分戦える。

旋回ブースト レバーで旋回入力しながらジャンプ+ブーストを入力すること。旋回速度は最も速い(?要検証)

戦犯 敗北の原因を作ったプレイヤーのこと。空気や地雷よりも意味合いは酷い。
基本的に3落ち以上したプレイヤーに当てはまるが、ギャンやガンダムに搭乗していた場合、2落ちでも戦犯扱いされることも。
ちなみにタンクの場合、4落ちしても拠点を2回以上落としてる場合はコストの割合から戦犯扱いはされない。
自分自身に対してこう表現する場合もあるが、その場合は反省と謝罪の意味合いが強いので、そこは許しあう心も必要です。

速射 スナイパーで機動1・装甲1のカスタムのこと。
機動1は2発、装甲1は3発。
ただ、1発ではダウンしないので、ノーマルや威力型とお見合いしてしまった場合、相手よりも先に1発目を命中させても、
2発目を撃つ前に相手の1発を喰らってしまい、ダメージ負け+ダウンと、不利。

即決(厨) 主に野良で、機体消化やガンダム出し等の理由で選択画面に入った瞬間に機体を選択する事。
近格やタンクBであれば問題視されることは少ないが、後衛を即決すると一気に要注意人物として名前を覚えられる。
最悪の場合、同店舗で組んでくれる人が居なくなる危険性もある。
特に、佐官〜将官での中狙即決は晒し対象にすらなりうる。
晒しを避けたとしても、敵機に粘着された時に誰も助けてくれない等の仕返しを受ける可能性も高い。
ある意味で、もっとも地雷認定の危険性が高い行動。操作が不慣れとか、状況判断が出来ない事よりも酷い扱いを受ける。

狙撃モード スナイパーのみの特殊な仕様で、青ロック中に左右どちらかのボタンを押すことにより、その機体をズームして見るモード。
他の機体ならば赤ロックに相当する機能で、解除される条件も同じだが、左ボタンでもこのモードに移行し、ロック切り替え機能は無い。
再度左右どちらかのボタンを押すことにより解除。
なお、この狙撃モード中はメイン射撃による攻撃か、モードの解除以外の行動を取ることが出来ない。
他の行動を取るためには、一度狙撃モードを解除してからになる。
狙撃モード中、ダウンするとモードが解除になる他、外見上のモーションに変化は無いがよろけ状態も存在し、
他の機体と同じく、よろけ中の攻撃は出来ない。



hetared at 02:14│Comments(0)TrackBack(0)戦場の絆 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字