最近ぜんぜんヴァンガードとかやってません、そもそも友達にあってないです。ぼっちなう。

そんなことより記事のタイトルのようにパワー関係をちょっとまとめてみました。
完全にチラ裏です。とりま今後出る奴はどんなのかっていう目安になります。
見づらいとか知ったこっちゃありません。コメントくれれば努力はします。
あと個人的考察なんでミスも多少はね?

最初に。
この記事では攻撃+防御のことをそのモンスターの「基準値」と書いてます。


A、同じワールド&同じサイズ&打撃のモンスターの基準値はほぼ全て同じ

例 ドラゴンWのサイズ1打撃2攻5000防1000とサイズ1打撃2攻4000防2000
→基準値は両方6000である


B、打撃1の差につき基準値が-3000、サイズ1のみ2→3だと-5000

例1 デンジャーWのサイズ1打撃1攻5000防6000とサイズ1打撃2攻5000防3000
→基準値は11000と8000、打撃1→2で3000の差がある。
例2 デンジャーWのサイズ1打撃2攻5000防3000とサイズ1打撃3攻2000防1000
→基準値は8000と3000、打撃2→3で5000の差がある。
例3 ドラゴンWのサイズ2打撃2攻8000防4000とサイズ2打撃3攻5000防4000
→基準値は12000と9000、打撃2→3で3000の差がある。


C、コールコストのゲージ1=基準値+4000(当てはまらないもの多、サイズ1のみ適応?)

例1 ドラゴンWのサイズ1打撃2攻5000防1000とサイズ1打撃3攻3000防2000コールコストゲージ1
→Bにあてはめると基準値が6000と1000になるなので、ゲージ1で基準値4000を補っていることになる
※サイズ2だとゲージ1につき基準値+2000が多い気がする


D、貫通=基準値-4000

例1 ドラゴンWのサイズ2打撃2攻8000防4000とサイズ2打撃2攻4000防4000の貫通持ち
→基準値の差が4000ある
例2 デンジャーWのサイズ2打撃3攻5000防5000とサイズ2打撃2攻5000防4000の貫通持ち
→Bに当てはめ、3000の差がありその上基準値が1000低いので差が4000ある


E、各ワールドのサイズごとの基準値

ドラゴンW
・サイズ1打撃2基準値6000
・サイズ2打撃2基準値12000
デンジャーW
・サイズ0打撃1基準値5000
・サイズ1打撃2基準値8000(同サイズドラゴンW+2000)
・サイズ2打撃2基準値13000(同サイズドラゴンW+1000)
マジックW
・サイズ1打撃2基準値5000(同サイズドラゴンW-1000)
・サイズ2打撃2基準値10000(同サイズドラゴンW-2000)


こんな感じです。ちなみにドラゴンWでは防御が6000?を超えたりすると基準値が1000さがってるやつがいたりします。多分防御の裁定は攻撃より厳しいってことなのでしょう。
サイズ3はコールコストだったり上の防御とか攻撃とかが高すぎることによりペナルティが課せられている可能性が高いので考えません。

あとはソウルガード、カード独自のスキルとかですけどそのあたりは同条件のバニラと比べて基準値の差からそのスキルの価値が求められます。
例 アスモダイのスキル=基準値2000
※無論、スキルを持っていること自体がアドなんでスキル使う時のコストについては考慮してません

もう一度書きますが個人的な見方に基づいた個人的な考察なんであしからず。終わりです。