鉄の日記 へたれ気味 blog版

彼女とはセックスレス。だから・・・ いや、そうでなくても、いろんな女の子とエッチしたい。

second date

4日前に、舞衣子さんとの子連れ面接をしたばかりですが、また面接です。
その舞衣子さんとの別れ際、「今週の日曜はお暇?」と訊かれたのですが、実はその段階で今日の日曜面接の予定が決まっていたのですよ。。。
面接のお相手は季子さん(42才派遣)です。

季子さんとは、2週間ほど前に初面接
その時はカフェで2時間ほど喋ったのですが、今回はランチです。

夜に行っても静かな居酒屋がランチもやっているというので、そこにお誘いしてみました。
店の前で少し待っていると、季子さんが少し遅れて。
季子「ごめんなさい…、だいぶお待たせしましたか?」
鉄 「…いえ全然。大丈夫ですよ」

季子さんの印象が、前回とちょっと違う。。。
店に入って、ランチを注文したあたりで、なにが違うのか分かりました。
しゃべり方に、堅さがないのです。表情も、柔らかい。
前回、カフェで喋った時は、他愛のない会話をしていても、言葉と表情に、なんとなく堅さがあって、季子さんのバリアを感じていました。
しかし、今日はそれがあまり感じられません。

季子さんは油淋鶏のランチ、私はチキンカツのランチ。

先々週会った時には、季子さんは大きめなドレープのカーディガンを着ていたのですが、今日は身体のラインが出る、ぴったりとしたニット。
細身な体型だとは思っていましたが、やはりスリム。ですが胸はしっかりと。C〜Dカップくらいでしょうか。美味しそうな身体つきです…。
そんな妄想を隠しながら、あれこれ話題を変えながら話を続けますが、ふと、季子さんの以前のアート系のお仕事の話から、
鉄 「そういうアート系のお仕事だと、出会いも多かったのでは?」
季子「はい。でも私も含めてちゃんと稼げてる人は僅かで(苦笑)」
鉄 「なるほど…」
季子「若ければ貧乏同士で付き合うのもいいと思いますけど(笑)」
鉄 「そうですよね。いい年になってきたら、生活力も大事ですね」
季子「それに忙しいですしね。生活のためにバイトとかもしてると」
鉄 「じゃ、彼氏さんは…」
季子「お恥ずかしながら、ずいぶん長い間いないんです…(苦笑)」
鉄 「へ〜…、意外ですね…」
季子「…実はもう、10年くらい…」
鉄 「(えええっ!?)そうなんですか〜」

顔には出しませんが、かなりビックリ。季子さんは、まぁ決して大美人ではないですが、やや小柄ですっきりとした体型のせいでかわいらしい印象だし、話し方も立ち居振る舞いも落ち着いていて好印象なのに。
長期間、同年代の男性にこれといった縁がなかったから、前回のカフェでの面接の時、私の前で緊張して必要以上に堅くなっていたのでしょうか。。。
季子「鉄さんは?」
鉄 「……はい?」
季子「鉄さんは、どれくらい…、その…?」
鉄 「あ。私は、そうですね…、2年くらい、ですかね」

最後のゲットが2年ほど前のことなので、とりあえず、そう答えておきます。

さらにいろいろ話して、季子さんと私は同い年と思っていたのですが、実は学年は季子さんの方が上、ということが判明したりして。
その一方で、私は頭の片隅で「10年彼氏ナシということは、10年間くらいセカンドバージンなのかなぁ」「となると勢いでラブホに連れ込んじゃう、とか難しいかなぁ」とか、埒もないことを考えたり。
でも、いちおうかすかに探りを入れてみる私。
鉄 「季子さん、この後はお時間あるんですか?」
季子「ごめんなさい…。実はこの後、ハローワークなんです」
鉄 「あ、お仕事探しですね。がんばってください」

今の週2のお仕事から、フルタイムの仕事に切り替えたくて、求職中の季子さんなのです。
ということで、今日はここまで。

私が帰宅する前に、今回は季子さんから先に、
季子「今日はありがとうございます」
季子「楽しくお話出来て、お食事も美味しかったです」
季子「また、どこか美味しいお店行きましょう」

ということで、季子さんも、さらに継続。



以下、現状についての備忘録。

□舞衣子さん(32才 営業事務)
先日、子連れ面接で好印象を持って貰ったようで、早々に2回目の面接を計画中。もちろん、次は美樹ちゃん(3歳)抜きで(笑)

□杏奈さん(34才 元教員)
写メがかわいいので繋いでいますが、雰囲気はやはり絶賛婚活中という感じ。でも、サイト内メッセージの会話はけっこう盛り上がっているので、やはり一度は会って話してみたい感じ。

□鈴美さん(35才 介護系)
既にメッセージ交換をはじめてすでに1ヶ月。LINEは使っていないということで、メール交換に移行。お仕事柄、勤務時間、休日ともに不規則なようで、その上なにやら資格試験を控えているとかで、お忙しそう。なかなか会ってみませんかと誘う雰囲気になりません。気長に面接のタイミングを待ちます。

□茉美さん(37才 医療系)
LINEに移行済み。お仕事は医療系、ということでしたが、メッセージをやりとりしているうちに、動物病院にお勤めということが判明。なんと、動物のお医者さん。動物好きの私としては、面接云々、ゲット云々ではなく、純粋に会ってお話ししてみたい。

●翠さん(35歳 金融系)
新規案件。どうやら銀行か、証券会社の法人営業部のようなところにお勤めみたい。直接メールに移行済み。メールはまめに返信してくれるのですが、なんとなく内容が微妙。少しずつ話題がずれるというか…、質問にちゃんと答えてくれない、というか…。不思議ちゃん系なのかな。メールやLINEの会話でツボがズレる女性とはたいていうまくいかないんですよね…。


with a child

ずいぶん寒くなりました。。。
寒くなってくると、人恋しくなりますね(笑)
ということで、面接です。

お相手は、舞衣子さん(32才 バツイチ・営業)です。
ここ↓で知り合いましたが、まだ写メ交換していません。

サイト内のメッセージ交換ではお子さんがらみの話が多くて、いまいち舞衣子さんご本人ことがよく分からなかったのですが、LINEに移行してから多少分かりました。
離婚したのは3年前。前夫さんとは、お子さんが生まれる前から揉めていて、里帰り出産でそのまま別居。まもなく離婚。
現在は、実家のお母さんに助けて貰いながら、子育てと、この春からは営業事務のお仕事に奮闘中、ということだそうです。

祝日ということで、舞衣子さんと私の休みが重なったので、少し遅めのランチ、ということで、ちょっと小洒落たイタリアンの店で待ち合わせすることにしていたのですが、10時すぎに、
舞衣「すいません!!場所を変えて貰っても良いですか?」

という連絡。事情は分からないのですが、
鉄 「もちろん。ご都合のよい場所を教えてください」

と返したら、国道沿いの分かりやすい場所にあるサイゼリアをご指定。
んんん…サイゼリアかぁ、と思いつつ、待ち合わせ時刻の13時半の少し前にその店へ。
事前に私の車の車種と色を伝えておいたので、私が車から降りると、すぐに舞衣子さんのほうから近づいてきてくれて、声をかけてくれました。
冷たい風が吹いているのに、店の前で待っていてくれたようです。

しかし。
舞衣子さんは、なぜかお子さん連れ。
LINEでは「母に見ててもらうので大丈夫です」と言っていたのですが…。
若干面食らっている私に、舞衣子さんも当然気づいて、第一声が、
舞衣「鉄さんですよね。色々あって、母に預けられなくて…」
鉄 「あ、そうなんですか…」
舞衣「スイマセン……、大丈夫ですか?」

そういう理由で、子どもがいても平気なサイゼリアに変えて欲しかったんですね。ともあれ、初顔合わせが、いきなり子連れで平気ですか?という舞衣子さん。
正直なところ、私は子どもはあまり好きではないのですが、ダメです、と言うわけにもいかず。
というよりもむしろ、舞衣子さんが色白丸顔で、私好みの感じということもあって、
鉄 「全然大丈夫ですよ。寒いですから、入りましょう」

ということで、はじめての子連れ面接(苦笑)

席に案内され、ベージュのコートを脱ぎながら、
舞衣「ほんとスイマセン…、いろいろ我が儘言ってしまって…」

まだ恐縮しきりの舞衣子さんは、茶系の上下。下はレザースカート。
オシャレに準備していたけれど、お子さんのことだけが予定外だったようです。
舞衣子さんは、身長165cmくらいでしょうか。わりと長身。セミロングの髪。
↓この人を若干老けさせて、エラを張らせた感じ。かわいい。

実年齢よりは少なくとも2〜3歳は若く見えます。

私と舞衣子さんは普通にランチを頼みますが、お嬢さんの美樹ちゃん(もうすぐ4才)には、家で既に昼ご飯を食べさせてきたそうで、プリンを。

美樹ちゃんは、初対面のオッサン(私)にもちゃんと挨拶してくれて、大人しく、聞きわけの良い子のようで、一安心。
美樹ちゃんが静かにしていてくれるので、私と舞衣子さんは、食事をしながら割と普通に会話ができますが、どうしてもお嬢さんの話題に流れてしまうことが多く…orz

プリンを食べ終えた美樹ちゃんは、舞衣子さんが鞄から取り出した最近お気に入りだという仕掛け絵本に夢中。
それでも美樹ちゃんに私たちの会話は聞こえているので、言葉を選びつつ、アレコレ他愛のない話題に混ぜ込みながら聞き出したのは…

離婚理由は、元夫の経済的DV。
現在、少額ながら養育費を貰っている。
離婚以降は、男性とのお付き合いはゼロ。
すぐに再婚、ということは考えていない。

LINEの会話でも言っていましたが、少しずつ美樹ちゃんに手がかからなくなって余裕が出てきたので、出会いを求めて…、ということのようです。

そして、ネットで知り合った男と実際に会うのは私が3人目、という話を聞いたあたりで、美樹ちゃんがさすがに飽きて愚図りはじめたので、面接終了。

店を出て、駐車場での別れ際、
舞衣「あの…。もしよかったら今度は、二人で会いませんか?」
鉄 「そうですね。また、是非…」
舞衣「よかった〜♪ 今週の日曜はお暇です??」
鉄 「え…、あ…、どうかな。予定、確認します」
舞衣「じゃ、またLINEで、ご都合教えてください」
鉄 「ええ。」

意外にも舞衣子さんのほうから、わりと強めの食い付きで再会をご要望に。
ということで、継続です。



さて。
↓古いお話しの方も、更新しています。
こっちのがイイ
よかったらどうぞ。




miracle selfie

この期待と緊張の混ざった感覚。ひさしぶりだな…、と思いながらコーヒーを一口。

面接です。数年ぶりの面接。

お相手は季子さん(42才派遣)。
場所は、季子さん指定のカフェ。

私が住むとある地方都市の街外れ。地味な場所にある、でも新しめの店で、いい雰囲気。とはいえ、客は私一人。
待ち合わせ時刻より早めに到着してしまったので、コーヒーと、この微妙な緊張感をのんびり楽しんでいるわけです。

季子さんとは、↓ここで知り合いました。

年齢的に、婚活中の女性かもしれないなぁと思っていましたが、「男友達or彼氏が欲しい」ということのようで。地元の大学を出た後に、東京に出てアート系のお仕事を志していたそうですが十数年経っても実らず、ようやく見切りをつけて、半年ほど前に実家に帰ってきたそうです。昔からの地元の友達の多くは結婚して子育て中とかで、ろくに遊ぶ相手も居らずに寂しいらしいのです。
今は、派遣で、週2回、運送会社の事務の仕事をしているとのこと。
貰った写メでは、この人↓にちょい似で、年齢相応に美人な雰囲気。

これだけ美人で、東京で華やかなアート系の業界に出入りしていたのなら、それなりに遊んでいただろうなぁ…
田舎に引っ込んで、あまりに暇をもてあまして、ついに出会い系に手を出しちゃった、って感じなのかなぁ…
これまでの季子さんとのやりとりの履歴を携帯で眺めながら、そんなことを考えているうちに、コーヒーカップが空になり、2杯目を注文しようとした時に、入り口の扉が開き、女性が入ってきて、店内を見回しています。
私を見つけて、近づいてきます。
季子「あの…、鉄さんですか…?」

明らかに緊張している、硬く、震えた声。
背丈は、155cmくらいでしょうか。
上は大きめなドレープのカーディガン、下はロングスカート。
鉄 「はじめまして。鉄です。どうぞよろしく」

私も少し緊張していたはずですが、柔らかくゆっくり答えます。
季子さんの第一印象に、良くいえば肩の力が抜けて、悪くいえば気が抜けて、一気にリラックスしてしましました。
それは、貰った写メと、季子さん本人とが、だいぶ違うから(苦笑)

席に座り、飲み物を選んで貰う間に、改めて季子さんを眺めます。
写メでは、鼻筋の通ったキリッとした美人という印象でしたが、実物はむしろ柔らかな、というかボヤっとした印象。決して不美人ではないですが、薄い日本人顔。

ハーブティを頼んだ季子さんと、あれこれ他愛のない会話をはじめますが、なかなか堅さが取れてこない様子。もしかすると、ご自分でも、ミラクルな写メについて気が引ける部分があるのかもしれません。

話題は、私の仕事のこと、季子さんの東京でのアート系活動のこと、季子さんのお住まいの地域のこと、などなど。
季子さん、お住まいは相当なイナカなようで。まぁ、簡単に言うと山の中。
東京で、(食えてなかったとはいえ)オシャレな仕事をしていた季子さんにとっては、いろいろ辛いみたいです。

加えて、イナカの年寄りは「40過ぎの未婚」「未婚とはいえ出戻り」の女性に対しては、冷たいでしょうからねぇ…。ご実家は兼業農家のようですが、季子さんは週2のお勤めなのに、畑を手伝ったりすることは一切ないようですから、きっとご近所や親戚の視線も厳しいでしょう…。

鉄 「フルタイムでお仕事しないんですか?」
季子「事務のお仕事、探しているんですけど、なかなか無くて」

これまでの職歴をザックリと話してくれましたが、ずっとアルバイトや契約や派遣を転々としていたようで、長いところでも2年ほど。
正社員としての職歴が無いと、やはりねぇ………等と、なんだか、普段の管理職目線でアレコレ考えてしまいがちですが、その辺は顔色にも出さず。

その後は、季子さんの趣味の観劇やミュージカル鑑賞のお話しで、少し盛り上がって。

2時間ほどゆっくりお喋りをして、日が暮れてきた頃合いで、終了。


帰宅してからLINEでお礼のメッセージを送りましたが、既読スルー…orz

久しぶりの面接でしたが、まずまず楽しかったですし、まずはリハビリと思って、切り替えていきましょう〜と思っていたら翌朝、
季子「こちらこそありがとうございました」
季子「また、お時間あるときに、次はお昼ごはんでも」

ということで、継続ですよ



going on

先月下旬、幾つかの出会い系サイトに登録して、活動継続中です。

先週から、新たに2人とメールやりとり中。
●茉美さん(37才 医療系)
ちょっと住んでいるところは遠いのですが、茉美さんからアプローチしてくれました。医療系のお仕事ながら、土日祝がお休みとのこと。
年齢的には婚活っぽいのですが、どうなんでしょう。彼氏いない歴半年とか。プロフでは、163cm・細身だそうです。

●舞衣子さん(32才 営業)
バツイチ、子持ち。メールでは、3才になるという子どもの話題が多くて、なんだかホノボノします(苦笑) まだ、やりとりを始めたばかりなので、今のところ舞衣子さんがどういう出会いを求めているのか掴めてません。


以下、継続中の案件。
□鈴美さん(35才 介護系)
個人情報ダダ漏れの鈴美さんなので、案の定、頼んだらすぐに写メを送ってくれました。が、貰った写メは、微妙…。どこか湖畔のようなところで撮った写真ですが、ずいぶん遠目で、全身が写っているのはいいのですが、顔がよく分かりません(苦笑)
ただ、スラリとしていて、スタイルは良さそうです。

□季子さん(42才 派遣)
派遣のお仕事、ということでしたが、週に2日だけの勤務らしく、暇している様子。もっとも、ハローワークへ行ったりなんだり、求職活動もしているらしいですが。でも、もしお暇ならお茶でも、と誘ったら即OK。近々、面接です。

□杏奈さん(34才 元教員)
元教員だけあって、メールの内容が硬軟取り混ぜつつもしっかりしています。とはいえ、その端々に、ご自分の離婚歴をしきりに気にしている様子が。やはり絶賛婚活中なのかな…、だとしたらちょっと面倒だな…、と思いつつも写メ交換してみたら、結構かわいい。ちょっと下ぶくれで、雰囲気はこの人にちょっと似てる感じ。ブラタモリの人。ということで、とりあえず一度は会ってみよう(笑)



Reboot

「きりの良いところ」までは書いてみようかな、ということで再び書き始めたわけですが、そうこうしているウチに、またもう一度出会い系で遊んでみようかな、というヨクナイ下心が芽生えまして。

仕事の状況が10月からちょっと変わって、少し時間の余裕が出てきたことが心の余裕を生んでいるのかもしれません。

ということで、先月下旬から、幾つかの出会い系サイトに登録してみました。

ですが、なかなか難しいですね。

まず、転居して、以前に比べて東京からより遠いイナカに住んでいます。人口規模の小さな地域なので、そもそものパイ=出会いを求めている女性の数が少ないように感じます。

さらに、私自身の年齢。
ヘンにさばを読んでも仕方がないかと思い、実年齢の42で登録していますが、この年齢にかろうじて食いついてきてくれる女性は、もちろんそれぞれのサイトのキャラクターによって異なりますが、主に、
1.「明らかなサクラor業者」
2.「35才位以上の婚活女性」
3.「バツイチ以上の子持ち」
4.「今流行のパパ活≒援交」

こんな感じが多いです。
まぁ、1と4は紙一重のような気もしますが、いずれにせよ問題外。

40過ぎのおっさんが、若い女の子とそう簡単に、いい感じに、あるいは軽いノリで出会えるはずがありません。当然といえば当然ですね。
ですが、まぁ、のんびりと構えて、遊べる女の子を気長に探してみることにしてます。

現在のところ、やりとりしている女の子は、3人。

●鈴美さん(35才 介護系)
お仕事柄、休みが不定期+夜勤有りということですが、マメに返事をくれます。割と無警戒な感じで、住んでる地域や勤務先についてぽろぽろ情報をくれちゃうので、ちょっと検索したらいろいろ特定できてしましました(汗)
彼氏居ない歴2年だそうで。

●季子さん(42才 派遣)
東京でアート系のお仕事を志しながらバイトや派遣の仕事をしてきたという季子さん。ついに見切りをつけて、最近地元に帰ってきたそうで。地元の昔からの友人たちは、当然もうとっくに片付いていて、遊ぶ相手も居らず寂しい…という感じらしいです。
LINEでのやりとりに移行済みで、貰った写メの感じでは、この人↓にちょい似で、年相応にわりと美人。


●杏奈さん(34才 元教員)
バツイチ、子どもなし。4年前に離婚と同時に小学校教諭を辞めて実家に戻り、現在は食品会社の品質管理のお仕事をしているとのこと。早く再婚したいけど、まずは彼氏を…というスタンスみたい。離婚後につきあった男はいないとのこと。まずは写メ交換を目論見中。


現状こんな感じです。
のんびり構えていますが、どうなりますことやら。


もちろん古いお話しの方も、のんびり書いていきます。
とりあえず、↓こちら。
更新:「登り詰める

アップしたら、こんな風にお知らせしますので、お楽しみください。


livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Categories
Recent Comments
気になる一品
et cetera







当ブログの内容は実話です。
ただし、Web上で公開する為に、日付、場所、施設等について脚色している場合があります。
Blog People
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ