腐女子黙示録。

妄想しているうちはまだしも、それを口にしたら…戦争だろうがっ…!

どろんこ…

image


泥に顔も頭も突っ込むので、周りにドン引かれていました。あねぴ。

泥んこ遊びやらせてあげるお母さん凄いですね、とか言われたが違うんだ。

ダルマッカを追いかけていて、あねぴから目を離した瞬間にはもう泥に突っ込んでいたんである。

しかし諦めて泥だらけになっていると、他の子供も真似しようとするからそこは本当に申し訳なかった…。

更にあねぴってば、お友達見つけると手をつないで一緒にやろうってするからな…すいません。

いやはや、彼らの生活が活発になり、どうやって入園まで過ごしたものかと悩む日々ですけど…。

参考までに自分の幼少期を思い出し、良かったなと思う事はやらせてみたりする為に、昔の記憶をほじくる時間が増えて気付いたのは…。

今まで自分は子供の頃、それなり楽しんで過ごして来たと思ってきたけどそうでもないかも。

一人っ子ゆえに家族での長距離移動などは遊び相手もなくつまらなかったし、唯一してきた習い事の習字も個人授業でつまらなかったw

全ては今思うとであって当時は満足してたんだけど、もっと違うこと習ったり色んなコミュニティに参加したりもしてみたかったな。

なので二人には余計に世界を広げて欲しいと思ってしまいますね。

最近はダルマッカは少年サッカーチームの横で真似してやってる。

image

松いちばんくじ!
全部ダルマッカに取られてしまって、4つともバイキンマンの鞄に付けられてる。

image

あとコメントで甥姪っ子ちゃんのパワフルっぷりとか、アレルギー克服頑張ってる方などコメントをもらえたの心強かったです有難う!

グランディア12

ダルマッカのアレルギー病院、卒業

週一から、ここしばらくはずっと月一で先生とのロジカルバトルを繰り広げていたアレルギー病院ですが、卵のアレルギーもなくなり、アトピーも最近は出なくなったのでひとまず次回の診察日は立てず、薬が必要になったらまた行く。
というような感じになりました。

先日、ラーメンを作ったので試しに半熟の味付け卵を乗っけてみたけど、美味しく何事もなく食べてました。

二年半、やっぱり一番しんどかったのがアレルギーとアトピーで一日中ダルマッカが泣き叫んでいる事でした。
泣き止ませないと皮膚を掻いて血まみれになるので、それはそれは辛く恐ろしい日々でした。

最もしんどかったのはダルマッカでしょうけどね。

いやぁ良かった良かった!

グランディア11

ちゃくれ、10歳です。

image

今日、ちゃくれもついに二桁の大台へ…。
写真だと少ししょぼくれて見えますが、ちゃくれはけっこう童顔なんですよ。

なんとなく盛り付けを豪華っぽくした…。

image

半年振りに自分の服買ったなぁ

大雨にやられて出先で仕方なく買うハメに…梅雨早く明けて欲しいけど、七月半ばくらいまで続くらしい。。
梅雨の期間が年々長くなっているようだ。

グランディア10!

コミュ障だった人生を猛烈に後悔してる

image

あねぴ、幼稚園の遠足に混ざろうとする。

すみませんと引き離す。

諦めずに凸するあねぴ。

やがて私が根負けして、嫌がられないようならば一緒に遊んでもらう。

みたいな事かしょっちゅうで、これは記念撮影にまで混ざろうとするから何とか引き剥がしたものの、それでもなお混ざるタイミングを伺ってるあねぴ。

とにかくお友達が好きだから、今は毎日人の多い大型公園に通ってる。

ダルマッカなどはそこまで人間好きじゃないから、ひたすら虫取りとかでも良いんだけどね。

あねぴがこんなに社交的だったならばもっと私自身、人と関わってくれば良かった。

親戚付き合いも面倒がってノータッチで来てしまったため、特定の友達や従兄弟と遊ばせられないからあねぴに申し訳ない。

まぁいずれ勝手に友達など作ってくるんでしょうけど…。

半年ぶりくらいに人形劇を観に連れてったんだけど、かつては劇になど見向きもせず廊下に脱走し違う部屋に乱入し、手の付けられない悪ガキだった二人。

今回も一番やかましいし、友達にちょっかい出しまくりではあったんですけど、それでもちゃんと人形劇を観てくれた!
最初から最後まで!!
とても楽しそうに出てくる動物や食べ物の名前を言いまくっていた!成長を感じた…。

今年の夏コミだけど

竹田さんのスペースで参加する事になったよ。
何するか放送で決めなければなりませんね。

55


私結婚できないんじゃなくしないんです、最終回の感想も書きたいし、ジュウオウジャー六人目が楽しみな話もしたいんだけど…あとハンターの最新も読んだクラピカいっぱい見られて幸せだッ、楽しみ。

とりあえずグランディア9!

暑かったですね…

image

家の中だとダルマッカはずっとあねぴに意地悪をし、あねぴはひたすら泣き喚いており、私は常にダルマッカをあねぴから引き離したりあねぴを宥めたりでやがて三人ともが発狂する。

なので外に行くしかないのだけど(外ではお互いが別の事に夢中になるので喧嘩しない)これからの季節どうしたら…梅雨、猛暑、これを乗り越えても真冬…気が遠くなりますね。

平日も土日もなく、二人を連れてとにかく時間が経過していくのを待つ…オンオフがないのが辛い。

この日は休めるという目標がないから無限回廊のようだ…。

唯一、週一の体操教室は自分だけが二人を見ているという緊張感から少し解放されるので、その日を目標にとにかく時間が早く進んでくれる事を念じてる。

今は時間経過がとてつもなく長く感じて途方にくれる日々だなぁ。

リアルハピホ家具集め

image

キャビネット。
二人に邪魔されながら1日がかりで組み立てた…雨で外に出られなかったので丁度良いが。

細かい部品をなくされ、組み立ててすらいない板に落書きされ、ネジを入れるのをやりたいとダルマッカが聞かないので、なんとかダルマッカがやったように見えるように私がやるので大変でした。

一年に一つずつくらいのペースで買い集めてきたこのシリーズの家具も、四つ目になりだいぶ統一感出てきました。

pc台

image


テレビ台

image


本棚

image


三つとも、落書きとシールで見る影ないですけどね。毎日洗い落としてもイタチごっこです。

昨日は先日買ったクソダサ可愛い水着を着ましたよ。

image


あねぴは早々に園児たちの集団の方へ駆けて行ってしまいましたが、一人ベテランの目利きで水の中のモノを採集するダルマッカ。

image


待ちの背中はベテランの風格。

image


image


いつもの昼ごはん。

image


ダルマッカプロが採集していたもの…ドングリと石…!

image


採集ハンターとして成長しつつあるダルマッカ。
ハンターハンター本誌分も読んだので考察枠したいなぁ!

バッタの事はライダーと言ってる

image

何故か「バッタ」と言えなかったので、ライダーと教えてしまったら浸透した…。

今は大きい水槽に移し替えて飼育しており、ライダーライダー言いながら嬉しそうに眺めてます。

先日は素手でモンシロチョウを捕まえていた。

image

ちゃんと優しく触れ、花壇にリリースしてくれたので良かったのだが、それ以降ずっと自分がチョウチョを捕まえたというアピールを延々に続けるダルマッカ。

「チョウチョ、(捕まえるポーズ)」
と、自転車でひたすらチョウチョを捕らえた時のアクションを見せてくる。

そのまま寝たのだが、寝てても寝ぼけてチョウチョ(捕まえるポーズ)をしていた…。

かなり遠出をして来たのだが、ハリガネムシいたぞ!

image

それにしても…毎日頑張ってはいるつもりだが昨日より今日、今日より明日がしんどすぎて息も絶え絶えだ。

〇〇するようになれば楽になる…先人はよく言って下さるが…ことごとく打ち破られたな。

こと双子は、二人で遊んでくれるから楽になるとはよく聞かされるけれど、喧嘩仲裁喧嘩仲裁のエンドレスで狂いそうですよ。
お互い一人の時は穏やかなのになぁ。

そんな訳で外に出るとマシだから、常に外にいる感じ。

今日はついにダルマッカ、虫あみでチョウを捕らえることが出来た。
が、あねぴが逃がした。(もともと逃がすつもりだったけど)

その後遭遇した亀。

image

image

でっっっかい。

縁日の亀も、脱走もしくは捨てられて野生化したら本当大きくなりますよなぁ。

朝からは虫取りですが、やはりあねぴはこういうのより人の多い遊び場が好きなので夕方は普通の公園に行きます。

幼稚園や小学校が終わったくらいから人が増えるので、楽しそうに混ざってます。

グランディア8

虫取り反省会

image

けっこう粘ったんですが虫捕まえられなくて、納得いかずに癇癪ダルマになるポップコンボーイと帰りたがるあねぴ…あねぴに至っては飽きてバケツ被って走り出す始末。

image

image

ダルマッカ、いしー!いしいいいいいいいいい!!いしいいいいいいいと大絶叫してた。
いし⇨むし、のこと。

虫取り名人助けてくれ!

クエストは失敗でしたが帰りに虫籠は買ったぞ!

あとこれはあねぴ写真とダルマッカ絵師の傑作を飾ったもの。

image

image

100均で買って来たけど、セリアはオシャンティで良いですよね〜。

image

ついでにあねぴの好きなキラキラしたもの、可愛いアイスをゲーセンでゲットしてきた!
プロフィール


TENです。
双子と猫を育てつつ、劇団茶天という声劇団をやっています。
ご感想・ご依頼・参加してみたい!など是非お気軽に下さい。

hetarenohito@gmail.com
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ