こんにちはヘクスインゲームズです。

将来、ボードゲームカフェを開きたい!あるいは独立して自分のお店を持ちたいと言う人の為のブログです。   

最近は物販の売り上げがバカに出来なくなってきました。

有り難い事です。
よくお客様にカフェスペース半分に減らして物販増やして欲しいと要望されます。
でもなかなかね。すいませんね。ご希望に添えなくて、その理由もかねて書きますね。
ボードゲームカフェをオープンしたい!
あるいはもうすぐボードゲームカフェやるよ!っ方が遊びに来て頂いてます。

此方からもご挨拶に行かなければいけないなぁと思ってはいるのですが、なかなか敦賀から出れない生活を送っております。(>_<)

さて、それでは今回は物販の粗利率とキャッシュフローの話をしたいと思います。

ボードゲームカフェをやりたい!と言う人がウチに話をしに来た時に聞いているのは、カフェスペースと物販のスペースの割合です。

確かに物販は魅力です。
お客様にボードゲームを拡める意味でも置いた方がいいと思って私のお店にも少し置いてます。

物販のメリットとデメリットを書き出してみます。

メリットは  何と言っても売れた時の売り上げがデカイ!
例えば1万2000円のゴイタが売れるのをコーヒー300円の杯数に換算すると40杯分を一瞬に稼ぎ出すので嬉しいです。

後はカフェ利用ではなくボードゲームが欲しいお客様を呼び込める。
知らない人とやるのは嫌だけど、家族や友達と遊びたいと言う人は多いと思います。

デメリットとしては、当たり前ですが仕入れ費用がかかる事です。
キャッシュフローで考えて、粗利率が20%としましょう。利益が20%ですから単純計算で5個売ってトントンで6個以上から儲けになります。
全部そのくらい売れれば問題ないのですが、売れ残り在庫を抱えたとします。

そうなるとキャッシュフロー的にはマイナスです。
10万円売り上げ取れたけど仕入れが15万円なんて事もあるでしょう。

大きいお店なら万引きによるロスも発生します。

もう1つのデメリットは物販は割と手掛かります。
仕入れたら後は陳列して売るだけだと思っている人多いですが、実は物販は売れなくても資産と見られるのでそれに対して税金が掛かります。
税金が掛かると言う事は棚卸しをして今は何が幾つあるのか棚卸し資産を出さないといけません。
ただでさえ確定申告の時は忙しいのに、棚卸しをしなければならない。
同人のデザインのボードゲームだとバーコードもないから在庫をポス管理も出来ないので目と手で数えないといけません。
すごい大変だと思います。
ウチは50個くらいしか販売していませんからそこは楽ですが‥。

後デメリットはどうしてもボードゲームは安いアマポチで買っちゃう人が多いと思います。
近くで売ってないからアマポチするんだ!といわれるかもしれませんが、送料無料で家に届けてくれるから便利で買う人の気持ちはわかります。
そうなると店舗は在庫を抱える。

売れてなくても資産として税金は掛かると悪循環になります。
資産持っていてもお店は黒字倒産になるとなります。

私的な思いですが、物販はハイリスクでハイリターン!
カフェはローリスクですが、手堅いです。
売り上げ予測もだいたい取れるし、客数が増えれば自ずと売り上げも上がります。
因みにカフェで遊ぶボードゲームは、オープンの時は開店準備金としてまとめて減価償却で落とすので資産として計上しません!
つまり税金は掛からないから棚卸しも必要ない!
増えるゲームも消耗品費で計上しますのでこちらも無税です。

カフェは実は手堅い商売なんです。

何を言っているかチンプンカンプンかもしれませんが、遊びに来て時間がある時は、お店で話せますのでお気軽に遊びに来てくださいね。

それではまた来週よろしくお願いします(^。^)