こんにちは ヘクスインゲームズ です。


将来、ボードゲームカフェを開きたい!あるいは独立して自分のお店を持ちたいと言う人の為のブログです。  


夏休みもお祭りも終わり、マッタリとした感じでノンビリ過ごせるかなぁと思っていたのですが、そんな事は許してもらえず、休日もお店のリニューアルを工務店さんと話したり、税理士さんからいろいろ会計指導をしてもらったり、滋賀県に買い付けに行ったりとバタバタしておりました。

9月は野球のカードゲームのイベントはありますが、全般的にはいろいろ細かい事が出来る月なのでお店のレイアウトとかいじれるかなぁと思っています。

夏休み中は割と遠くから敦賀に遊びに来た学生さんとかも多く、ブログを読んでくださっている起業家候補生の方も大勢来店されました。

チョット気になる事を数点書かせて貰います。
就活の話をしますと、 サラリーマンやOLにはなる気はない!

私のやりたい事はサラリーマンやOLでは出来ない!
就職しても意味がない!
と言われる学生さんが割と多いなぁと思いました。

まぁ知り合いでも大学を出てすぐ起業した友人とかはいますが、大多数の社長さんは一回社会に出てサラリーマンやOLを経験して、いろいろなノウハウを学び、お金も貯めて人脈も得て起業してます。

まぁ起業せずに一生を…正確には定年までサラリーマンで終わる人の方が多数派です。

日本人の9割くらいはサラリーマンなのではないでしょうか?

かく言う私も10年公務員をやって3年フリーターをやって、15年サラリーマンをやって独立起業いたしました。

こんなに楽しいならもっと早く独立起業すれば良かったとも思いますが、案外このくらいのタイミングで良かったのかな?とも思います。

公務員の経験とサラリーマンの経験がなければ、多分起業しても失敗してるなぁとも思います。

公務員時代は組織自体が希号計画とか自己啓発に力を入れている時代だったので、いろいろな資格をタダで…正確には給料を貰いながら勉強出来ました。

大型免許や大型牽引免許や大型特殊免許、 船舶の免許やフォークリフトの免許や家電修理技師免許、中級文書資格、変わったところでは不発弾処理技能資格など、いろいろ役に立つ免許や資格を取らせて頂けました。

直属の上司ではないのですが、人事の上司に キミを育てるのに国は幾らお金を使ったかわかるかね?なんて嫌味を言われるくらい資格をいっぱい取りました。

フリーターの時代は、それこそ普通なら出来ない仕事をいっぱいしようと思い、雀荘の店員や 中が何か知ってはダメな運び屋や架空会社の電話番とかいろいろやりました(笑)
この時代の話はゆくゆくブログでお話しますね。

サラリーマン時代は副店長や店長、エリアマネージャーや営業部長をやらせて頂いたので、商売や経営をみっちり教えて貰いました。

その経験がなければ、とても自分でお店なんか出来なかったと思います。

将来自分のお店を持つ為に入社した会社でしたので、今勉強した事や学んだ事は必ず役に立つと思い仕事をしてました。

結論として何が言いたいかと言うと、サラリーマンやOLの経験は決して無駄ではないんです!

むしろ、社会の常識や人脈や経営の仕方などをお給料を貰いながら勉強出来る最適な場所です。

あまり適切な言い方ではありませんが、いろいろ失敗出来るのもサラリーマンならではです。

自分でお店をやって失敗して取り返しのつかない損失をすると廃業したりしますが、サラリーマンだとそこまで責任は取らなくてもいいはずです。

サラリーマンを一回やってから、もうここでは学ぶ事はないかな?ここでの成長は望めないかな?と思った時に辞めればいいだけです。

あと、起業して社長になりたい!って言う学生さんやサラリーマンさんは多いですが、そんなに劇的に人生は変わりません。
大企業の社長なら話は別ですが、個人事業主くらいの社長だったら、サラリーマンとさほどやっている事は変わりませんません!
変わるのは、人脈と手取りの金額くらいです。

自分でお店やったら、休みたい時に休めるし長い休暇も自分で決めれるんでしょう?と聞かれますが、そんな事やっていたらお店潰れちゃいます(>_<)

嫁が言っていた言葉ですが、独立起業した社長さんも、サラリーマンさんもOLさんも専業主婦さんも、それぞれ人生と言う舞台の中でその役を演じているだけだそうです。

なるほどと思います。
どうせ舞台を演じるなら、より楽しくエキサイティングな役を演じたい!と思うなら起業もいいでしょうが、もっと安定した幸せな役を演じたいと思う人もいます。
相変わらず、最後は訳のわからない締めになりましたが、また来週よろしくお願いします。