こんばんは ヘクスインゲームズ です。


将来、ボードゲームカフェを開きたい!あるいは独立して自分のお店を持ちたいと言う人の為のブログです。  

突然副業なんて何の話だ?と思うかもしれませんが、今週の頭に富山県のエンゲームズ様からお二人のステキな方々が遊びに来てくれました。

北陸は割と縄張りがある訳ではないですが、ボードゲームカフェが離れて点在していますので、競合にもならなければ、問題点を共有も出来ない状態です。

デブ症な私は、なかなか他店に出向かないしゲームマーケットも有難い事にお店に予約が入りますので、全然行かなくなりましたので、来店していただけると凄くテンション上がります。

根が暗い性格で人見知りなので、沈黙が逆に耐えられず多弁になってしまいますが、何か失礼な事を言っていないか?
何か偉そうに上から目線で喋ってないか?と終わってから毎回後悔し嫌な印象を持たれていないか心配になります。

その内容はやはり個人事業主同士なので経営の話がメインになり、二の矢、三の矢を射っておくとエンゲームズのオーナー様から教わりました。

フムフム‥。前にサラリーマンをしている時に、体力や資金力があるウチに違う事をやっておく話をよく聞きました。

あるステーキ系飲食店のFCに入っているオーナー様の話も思い出しました。

ステーキ店は順調だったのですが、狂牛病が流行った時に売り上げが一気に昨対20%とかになったそうです。

色んな業種を見て来ましたが、だいたいは上がっても下がっても割と緩やかに上下すると思うのですが、飲食店に関しては、何か一つ風評被害が出ようものなら一気に下がるそうです。
だから、お店の柱は一本ではなく三本くらいないと生き残れないと話されておりました。

ドラマ化されている陸王でも足袋の老舗がランニングシューズを作ったりしています。

話を戻して、ボードゲームカフェもFC展開をしているオーナー様もいますし、多店舗展開を積極的にしているオーナー様もいます。

レンタル業にしてもリサイクルショップにしても大手が参入する全国の店舗数の目安として800店舗と言う数字があります。
そのくらいの店舗が全国に出来ると大手が参入してくると言われています。

今でボードゲームカフェは600店舗くらいでしょうか?
かなりのハイペースでボードゲームカフェが出来ていますので来年には800店舗越えると思います。

そうなると大手が参入して来ます!

大手は資金力が違います。
500坪くらいの大型店で価格もリーズナブルな値段で来るでしょう。

ウチもゲーム数3500個で多分全国一だと言っておりますが、大手が来るとゲーム数1万個!なんて軽くやってのけます。

それでも最後までキチンとボードゲームを普及してくれれば、ボードゲームカフェの役目は終わったと職種変えも出来るのですが、荒らすだけ荒らして、キッパリやめてしまう場合もあります。

オモチャ業界にトイザラスショックと言う言葉があります。
トイザラスが出来て、常にプラモデルを3割引くらいで販売し、街のプラモ屋を潰すだけ潰して、プラモデルは儲からないと言ってトイザラス自体も撤退し、その街からプラモデルを買える場所が無くなるといった現象です。

大手だけでなく公民館や自宅などでやるゲーム会とボードゲームカフェはどうして行くべきか?
どう差別化していくべきか?
と熱い議論を出来たのが凄く嬉しかったです。

さて、それではボードゲームカフェが副業と言ったら言葉が悪いので、あえて経営らしくリノベーションと言う言葉を使わせてもらうと、プラスα出来る事って何だろう?と思います。

現状でプラスαをやっているボードゲームカフェでは、和訳やオリジナルゲームを作って販売。
カフェメニューの充実。
占いもやっちゃってるお店もあります。
突き抜けているところではボードゲームアイドルの育成とCD販売。

リノベーションをやる前提として、今やっている本業が疎かにならない、本業にプラスになるモノを選ばないといけません!

ウチも飽きて来た訳ではないのですが、そろそろ何かプラスしたいところです。

探偵を雇って、探偵のいるボードゲームカフェとか面白そうですね。
あとはお坊さんや神父さんに悩みを相談出来るボードゲームカフェなんてのも面白い(^。^)


でも思い付くアイデアはなんかのパクりばかりです(>_<)

そうやって好きな事や副業もバンバン出来ちゃうのが個人事業主の楽しいところです。

また来週