2019年8月26日からWoTの新戦闘モード「スチールハンター」が始まりました!

スチールハンターは最近流行りのバトルロワイアル形式の戦闘モードで、
20人のプレーヤーが全員敵同士になって戦います。

期間は9月16日までです。

さっそく10戦ほど参戦してみましたが、
なかなかおもしろくて良いですね。

戦車は3種類

shot_025
スチールハンターでは、全員に配布されている3種類の戦車の中から一つを選んで参戦します。
3種類の戦車にはそれぞれには装甲、機動、武装などで長所と短所があり、特徴がかなり異なります。

とりあえず3種類とも乗ってみましたが、私が一番うまくいったのはソ連のRedDawnでした。
RedDawnの長所である機動性と高貫通の砲は自動照準との相性が良く、
敵の背後を付いた近距離の格闘戦にとても強いと感じました。

戦闘終盤まで残っているプレーヤーを見ると、
今のところRedDawnが一番多く、次点でドイツのFlammenschwertで、
アメリカのRattlesnakeはほとんど見かけない
という印象です。

物資が重要
shot_026
スチールハンターでは弾薬や戦利品などは「物資」で補給します。
物資は同時に経験値も得ることができ、経験値をためると武装をグレードアップできます。

スチールハンターは、とにかく武装がものを言うので、
いち早く武装のグレードアップをするため、
特に序盤は物資の補給が重要だと感じました。

一位になれた!
shot_021
頑張ったら一位になれました

序盤は戦闘を避けて物資補給に徹し、
武装のグレードアップを他プレーヤーより早く行うことを心掛けました