2005年08月31日

誰も教えてくれない部屋探しの時期

K「は〜、なんかもう秋だなあ」

E「秋ってなんかこう、もの哀しいわよね」

K「『見渡せば花も紅葉も無かりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ』」

E「なにそれ?」

K「有名な和歌じゃん。秋のもの哀しさが伝わってくるなあと思って」

E「もみじはまだないけど、どこ見渡して花屋もあるのにそれっておかしくない?」

K「今の話をしてるんじゃなくて・・・これ800年近く昔の歌」

E「800年!」

K「当時は花屋なんてないだろう?海を前にしてたそがれているわけよ」

E「ふ〜ん、だいぶロマンチストね。というか、ナルシスト?」

K「そうかもしれん。一人でそんなところで感傷にひたってるなんて、失恋旅行みたいだな」
E「へぇ〜、なんかこころあたりでもあるのかしら?」

K「え?」

E「だから、海を前にして感傷にひたるのは失恋旅行みたいなんでしょう?なんかそんなご経験でもあったのかしら?」

K「い、いや、別に・・・一般的な話かなと思ったから・・・」

E「あっそう、まあ、いいけど、ちょっとチェックしておくから」

K「なにを?」

E「え、いいの、いいの、気にしないで。こっちのことだから」

K「すげぇ、気になる」

E「もういいから、さっさと仕事を済ませてきなさい!」

---------------------------------------------------

つうか、人使い荒いよな。
まあいいや、いつものことだから。

さて、今回のお題。
前回こんな質問をもらったので、ここから初めてみよう!

「前回のメルマガの最後に、”この時期は忙しいから
時期をずらした方がいい”と書いてありましたが、
具体的にはいつくらいがいいのでしょうか。
実家に住んでいて、一人暮らしを始めようと思ってるだけなの
で、いつでもいいのですが・・・」

そういえば、ついおもわせぶりなことを書いてしまった。
「今の時期は忙しいから、急ぎじゃなかったら
部屋探しの時期はずらしたほうがいい」
とそういえば、言ってた。

●前提条件
・差し迫った引越しが必要なく、いつでもいいという場合のみが対象
・理想の部屋の条件をいろいろ妥協することも可能な人
・エリアもある程度妥協可能な人

●独断的な結論 
3月末〜4月中旬ぐらい


●理由
4月以降は一人暮らしで引っ越す人が比較的少なく、
3月までに部屋が決まっていないと不動産会社的に危機。
4月以降空いていると、一年間空きっぱなしになりがち。
だから、かなり条件交渉がしやすい。

ある会社では、1年間限定だけど、4月になると家賃を半額にして、
入居者を入れるそうだ。
だって、仮に8万円の部屋が一年間空いていたら、
8万円×12ヶ月=96万円 の赤字!
半額でもいいから入ってほしいと思うよね。

はあ、しっかしこんな情報オープンにしていいのか?
みんながみんなこんなことをしだしたら、不動産会社がつぶれてしまう!?

でも、そうはいっても本質的には自分が引っ越したい、と思ったときが一番いい時期だと思うけどね。
heyamaster at 00:10|この記事のURLComments(5)TrackBack(1)

2005年08月20日

誰も教えてくれない図面の見方

K「ごぶさた!けっこう長い休みだったね」

E「それって、休みっていうよりさぼりじゃないの?」

K「なに言ってんだ!この時期賃貸業界は忙しいんだよ」

E「あなたの場合、いつも忙しいけどねぇ・・・最近帰りも遅かったし(疑)」

K「おいおい、なんでそうなるんだよ?帰りが遅いのなんかいつものことじゃん!ってな
んでおれが動揺しなくちゃいけないんだ、クソ!」

E「べつにあたしはなにもしてないわよ、かってにあなたがどぎまぎしてたんじゃないの


K「どぎまぎしたわけじゃないから、おまえに合わせてやっただけだから」

E「あら、あたらしい返し方じゃな〜い」

K「おれも学習してるから。まあ、とにかく、この時期の賃貸会社は忙しいの。なんで忙
しいかっていうと・・・」

E「ちょっとその手の話ってココでするにはまじめ過ぎない?後であなたのステージで適
当にやっといて」

K「ああ、わかったよ。???って、おい!適当にってなんだよ!だいたいそれがメイン
のブログだぞ」

E「あら、そうだったの、あたしはてっきりあなたとあたしの夫婦漫才披露ブログかなっ
て思ってた」

K「はぁ〜、もういいよ。ちょっと疲れた」

E「美は心の癒し、っていうでしょう」

K「それ誰のせりふ?」

E「今あたしがつくったの。あなたの目の前にあるものを見れば、
疲れも癒されるでしょうってことよ」

K「・・・・・・・・・・・・」

-----------------------------------------------------------

はぁ〜、しっかしこの時期は忙しい。
秋の人事異動とか、大学生の引越しがあるからね。けっこう新婚さんもふえてくるし。
だから、引越しをする際もあんまり不動産会社に頼らないほうがいいよ。だって、
たくさん人がきたら扱いが軽くなるでしょう?適当にあしらわれちゃうのがオチ。
ちゃんと情報収集をした上で行かないと、結局また住みたくもない部屋を勧められる
のでご注意されたし。

で、今回は不動産会社から取り寄せた図面からみえてくる業界の特徴。

●送ってくる図面はほとんど同じ

複数の会社に図面の取り寄せをお願いすると、そのうち半分位は同じ図面を送ってくる。
図面の下にある、会社名だけは別だけど。
どういうことなんだ?

●同じ物件情報が不動産会社にまわっている
そう、物件情報は限られた数しかない。だから、いろんな条件を不動産会社に投げてみる
と、送られてくる物件情報は限られているので、同じ図面が送られてくる。

●どこで決めても同じか?
図面が同じだったらどこで決めても同じジャンと思うだろうけど、からなず下そうじゃな
い。
「礼金0を可能にする不動産会社の仕組み! 」で書いているように、うまく物件情報の大
元(ブツモト)にたどり着けば割安で借りられる。

●じゃあ、どううやってブツモトにたどりつくんだ?
こんな質問をすると大体のことが想像つく。
「どこが管理してるんですか?」
「どこの物件なんですか?」(グレードを確認するようなノリで)

ということで、ついにいってしまいました。
上の禁断の質問、やるときはさらりとやってくださいね。
下手すると、業界関係者かって思われて煙たがられるから。

では、検討を祈る!
でも、今の時期は忙しいから、急ぎじゃなかったら部屋探しの時期はずらしたほうがいい
と思うな。

heyamaster at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月29日

誰も教えてくれない不動産会社との交渉術〜その1

K「ふお〜、しっかしあついね」

E「ふぉー?いま、フォーって言った?あなた、もしかしてゲイなの?今はやりのハードゲイなの?あたしとの結婚は仮面だったの?」

K「おいおい、ムリヤリからんでこなくてもいいから・・・」

E「子どもの父親がゲイだったなんて・・・いえ、バイセクシャルよね、もうサイテー。あたし、実家に帰ります」

K「あのさぁ、一人芝居はいいからさぁ。疲れた身体に鞭打たれるみたいでつげぇつらいんだけど」

E「あなたがそういう態度をとるからからまれるのよ。自分が原因だって知ってた?」

K「えっ!またおれが悪者なの?」

E「すべての結果には原因があるらしいわよ」

K「それとこれとは関係ないから。って、なんで急に哲学的になるの」

E「妊婦と産婦は動物になるから、頭を回転させて人間に戻ろうとしてるんじゃないの!」

K「ふ〜ん、よくわからんけど、確かに最近もの忘れ激しいよな。
  気分の上下も激しいし、あ、ごめん、それはいつものことだったっけ」

E「はいはい、たまにはあなたに花を持たせてあげますからね。
  そろそろ”100万人”の読者さんがまっているから、
  さっさと舞台に上ったほうがいいんじゃないの?」

K「なんか結局おれが負けたみたいに感じるのはなぜなんだろう?」

E「to be or not to be, that will be the problem!!
  by shakespeare」

K「今日はインテリ女に化けてみたって感じだな。じゃ、そういうことで!!」

E「弱き者よ、汝の名は男なり」

K「・・・・・・・・・・・・」

---------------------------------------------

ふ〜、まったくの嫁の相手っていうのは大変だぜ。
最近、ず〜っとやり込められているみたいだな。
そんな風向きの日もあるよね。

さて、今回は前回お約束した不動産会社との交渉術。
どこから話そうかな・・・
まずは一番初めに不動産会社と接する設定からだね。
となると、まあ、電話かメールだね。
一番よくあるケースはこんなんじゃないかな。

●その物件、もうなくなっちゃいました。 
 それとは別にこんな物件あるんですけど・・・

賃貸は売買と比べて部屋が決まってしまうのが早いけど、
それにしてもあまりさらりとそういわれると怪しい。
実際、客引き用物件(通称オトリ物件)を載せているケースはけっこうある。
とくに、渋谷・新宿・池袋・上野といったいわゆるターミナル駅にある不動産会社で、
カタカナ社名のところはたいていグレー。
だいたいそういう会社は自分が物件を持っていないからさ、
物件を持っている人にお願いしてそれを貸してもらうんだけど、
そんな物件、いつ貸主が決めてしまうかもしれないよね。

というわけで・・・

誰も教えてくれない部屋探しの教えその1
<ターミナル駅の不動産会社には気をつけろ!>
(もちろん、そうじゃない会社もあるけれど、
こまかいことをいってると面倒だから独断と偏見でざっくり決めつけます!)

結論
 「その物件、もうなくなっちゃいました。 
 それとは別にこんな物件あるんですけど・・・」
みたいなことをいう不動産会社に引っかかったら、
自分の悪運を呪うべし。さよならといって電話を切りましょう。

じゃあ、見つかるまで電話をしつづけるのかっ?
それも面倒だからさ、うまく不動産会社を使いましょう。
じゃあ、どうするか?

誰も教えてくれない部屋探しの教えその2
<物件直接の問い合わせではなく、条件を伝えよう!>

よくわからないで目に付いた会社に問い合わせを入れると、大抵の会社が決まった物件orない物件を出している可能性が高い。

だったら、自分の住みたい部屋の条件を設定して、その条件を不動産会社に伝えよう。
で、条件にあったお部屋の図面を送ってもらって付け合せをしよう。そうすると面白いことをが見えて来るんだよ。

え、知りたい?
じゃ、そういわれたから、また次回(笑)
このあたりから部屋探しは面白くなってくるんだよね。
どのあたりで本心をだしてくるかなぁ、ってわけ(笑)

あ、これはあんまり部屋探しとは関係ない、ちょっとした遊びね。
べつに、嫁にいじめられている意趣返ししているわけじゃないから。

ともあれ、また次回!


この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!
heyamaster at 12:30|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2005年07月24日

誰も教えてくれない物件情報の集め方

K「さあ、ついにメルマガ発行も第1号だな」

E「全然告知してないのに、100人以上の人が登録してくれてるんでしょ?」

K「そうそう、びっくりだよ。こんなにたくさんの人が取ってくれるなんて感激!」

E「でもね、一年間に部屋借りる人って、何人いるか知ってる?」

K「素人相手みたいな質問止めてくんないかな、首都圏で100万人ぐらいだろう」

E「何のために聞いてるかしってる?100万人の人に情報を伝えてあげなくちゃ
  いけないのに、100人ぐらいで満足してないでってこと」

K「御意御意!そんなことはいわれなくてもしってるから。
  そうはいっても、第1号で100人も読者がいたらうれしいってことを言ってたの!」

E「ちっちゃくまとまんないでね!」

K「それ、捨て台詞にしてあげるから、さっさっと寝てくれ!」

------------------------------------------------------------

さて、今日のテーマは物件情報の集め方。

みんなは部屋探すとき、どうしてます?

1、不動産会社に直接行く
2、賃貸情報誌を買う
3、賃貸のネットを見る
4、知り合いに相談する

だいたいこんなところかな。
でも、最近の情報収集のメインは3のネットだよね。

しっかしこのネットがクセモノ。
いろんなサイトが乱立していてどれを使っていいかわからない。
なので、今回はオススメサイトをピックアップ。

一、アットホーム
http://www.athome.co.jp/

<メリット>
1、通勤・通学時間の検索機能あり→土地勘のない地方出身者にはありがたい
2、掲載物件はほとんど物元情報→物件ある率は超高い
<デメリット>
1、掲載会社がネットに物件がでていることに意識低い(紙情報との連動なんです)
2、業者さんから反響を期待しているので、ユーザーへのサービス意識低い
3、物元であればきわどい会社でも物件掲載していることもあり(物元重視なので)

二、フォレント
http://www.forrent.jp

<メリット>
1、掲載会社へのチェックが業界一厳しい→安心できる不動産会社が比較的多い
2、掲載物件へのチェックが業界一厳しい→安心できる物件が比較的多い
3、公団情報や特有賃物件情報など、豊富な情報量と質
<デメリット>
1、物件の間取り図や外観写真の網羅率は今一歩
2、掲載料金が高いから(?)物件情報は若干少ない

三、ホームズ
http://www.homes.co.jp

<メリット>
1、小技の利いた機能充実(例、オススメ物件機能)
2、間取り図・外観写真の網羅率高
<デメリット>
1、情報元は、いわゆる先物会社がメイン(情報の信頼度がチョッチ・・・)
2、オススメ情報の中に売買情報もあって、けっこう面倒だったりする(買わねぇよ!)

まあ、それ以外にも有象無象のサイトがあるけれど、大体のこのサイトを使ってれば
いいんじゃない?
もちろん、掘り出し物があるのでたくさん探したい人は探していいけど、
苦労ばっかりでってこともあるので・・・

ぼくだったらどれを使うか?
九州に転勤、とかなったら通勤時間検索が使えるアットホームウェブかな?


E「ちょっと、ぼけすぎじゃない」

K「なんだよ、急に」

E「通勤時間検索、3ホームズだってつかえるでしょう!」

K「しってるよ、そんなの。でも、乗り換え回数が数えられてなかったりとか、
  出てくる物件の並び順がちょっと使いにくかったりするからないものとした。  
  ぼくだったらそんな状態で、使えるって言わないけどね」

E「ふ〜ん、やるじゃない」


まあ、そんなことで情報収集方法はこんなとこかな?
細かいところは使ってもらえばわかるって!

ここまで話して思うけど、問題はやっぱり業者さんとの交渉だね。
次回からは業者さんとの交渉に勝つテクニックを伝授しよう!

この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!
heyamaster at 23:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2005年07月22日

誰も教えてくれない不動産会社の探し方!

K「なんか、ロンドンではまたテロがあったみたいだな。物騒な世の中だよな」

E「新橋のおじさんみたいなこと言わないでよ!ちょっとふけるの早すぎ!」

K「そうはいってもよぉ・・・テロとかあったらイヤじゃない?」

E「そうだけど・・・あたしたちのやっていることも業界的にはテロみたいなもんじゃない?」

K「おいおい、いいこというじゃん!じゃあ、おれ、賃貸業界のビンラディンって名乗っていい?」

E「ヘンな人の狙われるから止めてほしいんだけど。可愛い娘が父なしになるのはいやだし」

K「あんまりマジにリアクションされるとおれがこまるんだけどなぁ・・・」

E「そうね、じゃあ、さっさとがんばってきて、業界のビンラディンさん、今日はどんな爆弾爆発させるんだっけ?」

K「はいはい、もううるさいからさっとと寝てくれ!まったくおれってなんなんだよ、って最近すげぇ思うけど、まあ、考えるとつらくなるからもう考えない!」


はい、そういうことで、今回は前回の続きいい不動産会社をみつける秘訣。

不動産会社は大きく分けて、3つ。

‖梢佑諒件をバンバン紹介する、トッポイアンちゃんがいる会社
店舗をたくさん構えて、自分の会社で物件を管理している会社
C聾気如○年の実績、という化石化した店構えのパパママ会社


,呂韻辰海Ε團鵑り。
何がピンきりかって、営業マンの質。けっこうな割合で強引に部屋を押し付けてくる。
部屋の案内といって車に乗ったら、決めるまで返してくれなかったりする。
でも、中には、常に紹介者がいるようなしっかりした営業マンもいる。
なので、紹介がないならあんまり行かないほうがいい。
特徴:渋谷・新宿・池袋等の大きな駅の駅前のビルの高い階に店を構えている

△話量湘戮高い会社多い。
エイ〇ル、ミニ〇ニ、アパ○○ショップ、なんかがそう。
こういうのは△涼罎任皀侫薀鵐船礇ぅ嵯呂箸い辰董営業手法なんかには一応マニュアルがある。
そういう意味では、しっかりしている会社が多い。(もちろん当たり外れがあるのはおみくじと一緒)
仲介手数料半額!みたいなサービスもあるし、比較的物件もいろいろある。

C聾気忘付いているって感じの不動産。
曇りガラスで中がのぞけなかったり、看板の文字が金色だったりして、けっこう怖い雰囲気のお店も多い。
でも、さすがに地元っていうだけあって、掘り出し物がある可能性高し。
大家の代理人みたいな立場で仕事しているから、動きは遅いし、賃料交渉もしにくいけど、物件第一!って言うならありなんじゃないかなぁと思う。

で、どこに行けばいいか?

とその前に情報収集あっての不動産会社への来店でしょ?
賢い情報収集の仕方と、いい会社の見分け方をお話しましょう!

ですが、それはまた次回ということで・・・

この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!

heyamaster at 18:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月18日

礼金0を可能にする不動産会社の仕組み!

K「あーあ、今日で3連休もおわりだなぁ」

E「ふだん相手をできない子どもの相手ができていい連休だったでしょ?」

K「仰せのとおりで・・・」

E「子育てには連休がないから早くあたしを楽にしてね!」

K「それってどういう意味なのかなぁ・・・」

E「いずれわかるから今は気にしないで!」

K「すっげぇ気になる・・・」

E「さ、みんながまってるから早くがんばってきて!」

K「なんか、今回もうまくあしらわれてる気がするなぁ」

とまあ、気にしていてもしょうがないから今回のお題。

前回持ち越しになった、
礼金0を可能にする業界の仕組み

不動産会社は会社だからボランティアじゃないのは当然ね。
儲からないことは基本的にやりません。
担当者が超×3いい人であっても、きちんと会社の利益を考えています。

じゃあ、どうしたら礼金0で儲かるんだよ!
答え?聞けばすごい簡単なんだけど・・・






聞きたい?











答え:赤字物件なら礼金0でもOK!
え?意味わかんない?
借り手がつかなければ、赤字になる!という物件ならば礼金0でもいいんだよ。
ハイ、ここでポイントは、誰が赤字になるか?

極論すれば、誰かは赤字になるわけよ。
それは大家さんor他の誰か?

不動産会社にとって、大家さんの赤字は致し方なし。
でも、自分の会社の赤字は致し方あり!


サブリース


こんなイメージで理解できるかな?
詳しい仕組みは置いておいて、不動産会社が大家さんに家賃を支払っているなら、
いくらでもいいから入居者がいたほうがいいでしょう?
(誰もはいらなかったら赤字だから・・・)

だから、そういう物件を見つければ家賃交渉がしやすいわけ。
じゃあ、どうすればそういう物件が見つけられるか?
ちょっとそれはここではいえないから、メルマガでいいっすか?

あからさまに暴露してしまうとほんとやばいんで・・・

じゃあ、詳しくはメルマガにゆずります。
こちら!


次回は賢い不動産会社の見つけ方。
不動産会社といってもいろいろあるから、どんな不動産会社に行けばいいのか、
それをお伝えするのでお楽しみに。

この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!
heyamaster at 21:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月16日

礼金敷金0ってほんと?

K「あー、一週間ぶりだよ。超いそがしかった」

E「そんないそがしいのはあなただけじゃないんじゃない?それって、1週間子育てサボったいいわけ?」

K「おいおいなんだよ、今日はいやにとげがあるな。そういういいわけじゃなくって、ブログをアップできなくて申し訳なかったなぁと思ってさ、せっかくみてくれてる人もいるし、謝っとくのが筋だろう?」

E「あたしはただ、あたしと子どもをないがしろにしないでっていいたいだけなんだけど」

K「すげー、ムズカシイことば知ってるじゃん!『ないがしろ』なんて最近じゃ使わないよな。勉強してるんだろう?さすがだねぇ・・・え、あ、ハイ、前置き長いって?そうだね、じゃそろそろ本番行きましょうか!」

ということで本番です。
今回のお題は
「礼金・敷金0」はほんとか?

物件に入るととき、どんぐらいお金がかかるか知ってる?

1、礼金・・・・家賃の2ヶ月
2、敷金・・・・家賃の2ヶ月
3、仲介手数料・家賃の1ヶ月
4、前家賃・・・家賃の1ヶ月


つまり、家賃6ヶ月!分がいきなり必要になる!
礼金・敷金0ってことは、家賃4ヶ月分が不要になる!


うまい話の裏には・・・と思うよね。
こういう場合、3つのケースが考えられる。

A:礼金・敷金は0だけど、入会金・年会費・その他初期費用で同額以上がかかる!
これは問題外だね、客寄せパンダみたいに礼金・敷金を使ってる。名目が違うだけジャン!(´・ω・`)ショボーン

B:礼金・敷金は0だけど、家賃がちょっと高め
これは考え方の問題。初期費用でまとめて払うか、それとも2年間の賃料にまぶすか。「代官山モリモト」は”0システム”という、借り方の選択肢があるみたい。礼金・敷金は2年間の分割払いと考えるとわかりやすいかな?

C:礼金・敷金は0だけど、しばらく空いてしまった物件

これは物件的に若干問題がありながらも(駅から遠いとか、築年が古いetc)、それ以外はしっかりしている。で空いているよりは、ということで0にしている。

条件が妥協できるならCがいいね。
この場合、仲介手数料も値引き交渉できる余地がある。
なぜか?

これには賃貸業界の仕組みのトリックがあるんだよね〜
知りたい?知りたい?



じゃあ、それは次回のお楽しみということで・・・
前回怒られているから、今日はよばれないうちに失礼しまっす!

この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!
heyamaster at 21:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月10日

誰も教えてくれない、お得なお部屋の探し方

E「ねえ、とりあえず立ち上げてみたけど、つぎのネタどうするの?」

K「そうだよな、いいたいこと、いろいろありすぎてどれから話したらいいかよくわかんないな」

E「そしたら、部屋探しの一番初めのところから話したら。順番に話したほうがわかりやすいでしょう」

K「さすが!あいかわらず冴えてるじゃん。そしたら、まずはいい部屋の見つけ方からはなそうか。」

E「いいんじゃない。あたしはテキトーに聞いてるから、横道にそれそうになったらツッコムわね」

K「ていうか、それ、おれだけをワルモノにしようとしてない?って、もう消えたのかよ!」


相方に逃げられたので、結局ぼくが話します。

やってはいけないことその1、いきなり不動産会社に飛び込む

部屋探しが初めて以外の人は既に知っていると思うけど、これ、ダメ、絶対ダメ!
理由⇒カモにされるから
詳しい理由を知りたい人は、昨日の記事を読んでください。
決めたくもない部屋を決めるまでほとんど監禁された、みたいな話もよく聞くような聞かないような・・・・

やってはいけないことその2、雑誌やネットにのっている物件を目指して問い合わせすること

雑誌とかネットに載っている物件って、すでにない場合が多い。
だって、もとからないんだもん
全部が全部そうじゃないけど、いい情報を出しておけば電話とかしてくるでしょう?
「いやー、その物件ついさっき申し込みが入っちゃったんだよね」
といって、それよりも高い物件を薦める。

これ、意外と知られてないかもしれないけど、一時期の不動産業界の常識!
とくに、渋谷・新宿・池袋みたいな大きな駅の不動産会社はたいていそんなことしかしていなかった。

じゃ、どうやって問い合わせするばいいんだよ!
って声が聞こえてくるけど・・・・

E「ねえ、ちょっと、そろそろあたしのことかまってくれない?子どもの夜泣きも始まったからまた明日にしてくれない?」

K「え、まだ途中なんだけど・・・」

E「ブログとあたし、どっちが大事なの?」

K「そんなこといってもさぁ・・・」

E「聞こえないんだけど?」

K「はいはい、わかりました。(勝手なこといってよぉ・・・)」

E「なんか言った!?」

K「いいえ、なんにも。仰せのとおりに」


ということなんですんません。続きはまた明日以降ということで。

この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!
heyamaster at 22:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月09日

つに立ち上げだ!

E「ふー、ついに立ち上げちゃったね。」

K「けど、ホントにこんなの教えちまっていいのか?」

E「だってさぁ、そろそろあこぎな営業方法も疲れてきたでしょう。表面上はよろこんで部屋を決めてもらってるけど、すごい罪悪感を感じるのよね・・・」

K「ま、それはおれもそうなんだけど・・・そうは言ってもなぁ、こんなことが見つかったらおれたち刺されるんじゃないか?((((( ;゚д゚)))アワワワワ」

E「そこは匿名でやればいいし、直接会社のこととかかなければわかんないって! 
  それに、この間いってたじゃない、子どものためにも誇りになるような仕事がしたいって!これとっても誇れる仕事だと思うけど、どう?」

K「そうだなぁ・・・なんか一つくらい子どもに誇れる仕事、したいよなぁ・・・よし、やってみるか!」


みたいなやりとりがあって、このブログをたちあげることにしたわけです。
賃貸の部屋探しのときって、そんなに頻繁にするものじゃないから、どう探したらいいか実はよくわかんないでしょう?
でも、不動産業者は毎日そんな人を相手にしているからその道のプロな訳よ。

借りてからから、こんな部屋にすむつもりなかったのになあ、と後悔したことない?

部屋を決めて手数料をもらえばハイおしまい、だから入った後の気持とか考えないわけよ。
つまり、

・ちょっとでも高い部屋を薦める
 (予算が7万円ならば、8万円ぐらいの部屋を薦める)
・会社が儲かる部屋を薦める
 (手数料以外に不動産会社がもらえるマージンありの物件を薦める)
・お客からの要望はあまり取り合わない
 (お客は夢見てるだけだから現実を教えてやる!みたいな感じ)

みたいなことで動いている。
(かくいうぼくらもそんな仕事をしていたり、手伝っていたりしました・・・)

確かに、

住所:東京都心(青山etc)
広さ:1LDK(40岼幣紂
設備:フローリング&バストイレ別&オートロック&2回以上
徒歩:5分以内
築年:築後5年以内
家賃:10万円!

みたいな要望を毎日毎日言われつづけると、かなりむかつく!
んな物件ねーよ!ちったー勉強してからこいや!(江戸っ子風)
と怒りたくなる。
で、ちょっとあこぎなことをしてしまう(言い訳になってないって・・・)


ちょっと横道にそれたけど、基本的に賃貸の不動産業者は海千山千のツワモノです。
なんの防備もせずに向かうとバカにされ、カモにされます。

ぼくらが教える部屋探しの秘訣をきちんと使ってもらえれば、
自分の住みたい部屋をイメージした上で、不動産業者に立ち向かうので、
自分がイニシアチブをもって部屋探しができるはず。

●情報収集の方法
●問い合わせのしかた
●部屋を下見に行くとき気をつけるポイント
●部屋の見極め
●本当にお得なお部屋の探し方

みたいなところをオープンにしちゃいます!

いつか、賃貸の不動産会社で働いてます!っていうことが恥ずかしいことじゃなくて羨望のまなざしでみられるような業界になっていることが、かなり青臭い(笑)夢かな。
すこしはその夢の実現になればと思ってるので、楽しみにチェックしてくだされたし!


この記事がためになったと思った方は・・・・
ランキングバナー小をクリック!ブログランキングで人気上昇中!
heyamaster at 22:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月01日

メルマガ「誰も教えてくれない賃貸お部屋探しの秘訣!」

メルマガを出すことにしました。
当然無料ですんで、ぜひぜひ登録してください!

『誰も教えてくれない賃貸お部屋探しの秘訣!』(ID:0000164807) 読者登録解除フォーム
これを読まずに部屋を借りるな!不動産業界出身カップル教える、お部屋探しの丸秘情報!お得物件を見極める方法、業者との交渉に負けない方法、初期費用をディスカウントする方法etc・・・そんなノウハウを教えます!業者のみなさんは見ないでください!


メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。


登録フォーム

解除フォーム

まぐまぐ

『まぐまぐ!』から発行しています。



「誰も教えてくれない賃貸お部屋探しの秘訣!」サンプル

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「誰も教えてくれない賃貸お部屋探しの秘訣!」vol.1
ブログURL   http://blog.livedoor.jp/heyamaster/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


E「ふー、ついに立ち上げちゃったね。」

K「けど、ホントにこんなの教えちまっていいのか?」

E「だってさぁ、そろそろあこぎな営業方法も疲れてきたでしょう。表面上はよろこんで部屋を決めてもらってるけど、すごい罪悪感を感じるのよね・・・」

K「ま、それはおれもそうなんだけど・・・そうは言ってもなぁ、こんなことが見つかったらおれたち刺されるんじゃないか?((((( ;゚д゚)))アワワワワ」

E「そこは匿名でやればいいし、直接会社のこととかかなければわかんないって! 
  それに、この間いってたじゃない、子どものためにも誇りになるような仕事がしたいって!これとっても誇れる仕事だと思うけど、どう?」

K「そうだなぁ・・・なんか一つくらい子どもに誇れる仕事したいよなぁ・・・よし、やってみるか!」


みたいなやりとりがあって、このメルマガを発行することにしたわけです。
賃貸の部屋探しのときって、そんなに頻繁にするものじゃないから、どう探したらいいか実はよくわかんないでしょう?でも、不動産業者は毎日そんな人を相手にしているからその道のプロな訳よ。

借りてからから、こんな部屋にすむつもりなかったのになあ、と後悔したことない?
部屋を決めて手数料をもらえばハイおしまい、だから入った後の気持とか考えないわけよ。
つまり、

・ちょっとでも高い部屋を薦める
 (予算が7万円ならば、8万円ぐらいの部屋を薦める)
・会社が儲かる部屋を薦める
 (手数料以外に不動産会社がもらえるマージンありの物件を薦める)
・お客からの要望はあまり取り合わない
 (お客は夢見てるだけだから現実を教えてやる!みたいな感じ)

みたいなことで動いている。
(かくいうぼくらもそんな仕事をしていたり、手伝っていたりしました・・・)

確かに、

住所:東京都心(青山etc)
広さ:1LDK(40岼幣紂
設備:フローリング&バストイレ別&オートロック&2回以上
徒歩:5分以内
築年:築後5年以内
家賃:10万円!

みたいな要望を毎日毎日言われつづけると、かなりむかつく!
んな物件ねーよ!ちったー勉強してからこいや!(江戸っ子風)
と怒りたくなる。
で、ちょっとあこぎなことをしてしまう(言い訳になってないって・・・)


ちょっと横道にそれたけど、基本的に賃貸の不動産業者は海千山千のツワモノです。
なんの防備もせずに向かうとバカにされ、カモにされます。

ぼくらが教える部屋探しの秘訣をきちんと使ってもらえれば、
自分の住みたい部屋をイメージした上で、不動産業者に立ち向かうので、
自分がイニシアチブをもって部屋探しができるはず。

●本当にお得なお部屋の探し方
●業者さんとの交渉方法
●情報収集の方法
●問い合わせのしかた
●部屋を下見に行くとき気をつけるポイント
●部屋の見極め
●本当にお得なお部屋の探し方

みたいなところをオープンにしちゃいます!

いつか、賃貸の不動産会社で働いてます!っていうことが恥ずかしいことじゃなくて羨望のまなざしでみられるような業界になっていることが、かなり青臭い(笑)夢かな。
すこしはその夢の実現になればと思ってるので、楽しみにチェックしてくだされたし!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■編集後記
 やっと創刊号を出すことができました。
 忙しい子育て中ながら手伝ってくれた、heyamistressことマイワイフに、
 Thank you!
 べつにぼくが子育てをサボっているわけじゃないので、あんまし怒んないでね!

 皆さんからの質問大歓迎です!
 独断と偏見をもってみなさんから質問にお答えします。
 こんな物件を進められているんだけど、大丈夫?
 みたいなことから、
 この間不動産会社にいったとき強引に契約させられたんだけど、ほんとは
 そんな部屋住みたくないのに・・・
 という相談まで、なんでもどうぞ!

 安心できる不動産会社の紹介なんかもできますんで、お楽しみに! 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
発行責任者     hayamaster&heyamistress E&K
連絡先       heyamaster@black.livedoor.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0000164807.htm
Copyright (c)hayamaster&heyamistress E&K All rights reserved. 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
heyamaster at 15:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
◆◆メルマガのお知らせ◆◆
これを見ず部屋を借りるな!
業界出身カップル教える、
お部屋探しの丸秘情報!
●お得物件の見極め方法
●業者に負けない交渉術
●初期費用を安くする方法

それをゲットには・・
Mail:
解除・サンプルはこちら

今日も見てくれありがとう!
現在ブログランキング参加!
応援の1クリックで人気up!
↓ココをクリック
人気blogランキング
トラックバック