見事に風邪を引いてしまった私 どうも天気の変化には追いつけません。

さて
東京都内には由諸ある坂がたくさんありますが、今回は新宿区牛込地区にある3つのごみ坂についてのお話。去年の5月に行きましたが多分変わりはないと思うのでご紹介。ブラタモリを欠かさず見てた方はご存知かと。

ごみ坂という名前の由来は、その坂にごみがたくさん投棄されていたからだそうです。そのまんまですね・・・(笑)
これからご紹介する3つの坂の共通点は、坂の名が書かれた看板等がないこと。見つけるのには一苦労かと思われます。まだ私はブログ初心者なので残念ながら地図を貼ることができません。そのうち貼ろうとは思っています。しばらくお待ちください。

まずはこちら
DSC_0677
市谷鷹匠町と市谷長延寺町のほぼ境にある"ごみ坂"
地下鉄市ヶ谷駅6番出口を出て一つ目の通りに入り直進、大日本印刷手前の歩道橋を登ると見えてきます。
都バスは「市谷田町」または「納戸町」

日当たりがあまりよくないところ、ごみが捨てられやすい雰囲気ですね~

ここの注目すべき点は前記の歩道橋
DSC_0675
ごみ坂とつながっているこの歩道橋の名は
DSC_0676
ごみ坂の存在を示しているのはこれだけではないでしょうか
坂の写真を撮る際はこれも撮っておきましょう。

多少歩くと「お札と切手の博物館」があります。

続きへ


続きを読む