年度末はいろいろとバタバタして大変でした


今日になってようやく普通の休みです


さて、家が完成し入居を開始してから2ヶ月が経過しました

(時間が過ぎるのは早いもので

この2ヶ月間は、いろんなことが重なってほんとバタバタしてましたし、建て替え後の感想も最初はもっと早く書こうと思っていたのですが、

入居後すぐだと客観的にも見れず嬉しいという感想だけで終わってしまいそうな感じもしましたし、少したってから書くことにしました。


ということで、入居してから2ヶ月経過しての感想ですが・・・

正直な気持ちとしては90点というところ


本当は100点と言いたい所ですが、実際に入居してみると「あそこはこうしてたら良かった・・・」とかの不満が少なからず出てきましたので・・・


ということで、勝手ながらの90点


完璧な家作りというのは難しいもんですね・・・


とはいえ、不満も微々たる箇所にいくつかあるくらいで、大きな不満はほんとにないですし、工務店の対応等にも感謝しており、日々快適に過ごしてます


妻も細かいところのインテリアを考えたり、娘たちも友達とお泊り会を開いたりと毎日楽しそうですし、自分も自室でギターを弾いたりと家族全員大満足です



しかし、振り返ってみて本当に思うことは、こまめに現場に入るようにしてて良かったということ。



自分たちの場合は、ほぼ毎日のように現場に顔を出して、気になった所等はその都度質問をするようにはしていましたが、正直な所、これがあったから90点なのだとも思います


図面や色見本だけでは難しいですよね


図面では理解はしてても、実際に現場に入ってみると「あれ?ここは?」って箇所もありましたし、色も見本やイメージだといい感じだったけど、実際に塗られているのを見てみたら「あれ?」って箇所もありました。


自分たちの場合は、現場が近いのもあり毎日のように足を運んでいたため、そういう箇所にもすぐ気付いて、棟梁さんや担当さんにすぐ相談できましたが、これがなかったら後悔点は今以上に増えていたと思います。


実際、うちと同時期に家を建ててお宅などでは、最初から最後まで現場に足を運ばなかったそうで、引越し後は「あそこはこうしとけば良かった」とか「あの壁紙が気に入らない」とかで、奥さんが一時期、新築ブルー状態になってしまったそうです


イメージと実際は本当に違うものです。


うちも一歩間違ってたら、どうなってたか・・・



とういことで、これから家を建てようと思っている人に対しては、大事な決断やどうでもよさそうな細かな決断でも、出来る限り現場に立たせてもらってから考えましょうってだけは言っておきたいです


現場にたつと図面だけでは見えない箇所が見えてきますので


大雑把な感想になってしまいましたが、現時点での感想はだいたいこんな感じ。


こまかな後悔点とか、こうしてて良かった!とかに関しては、これからもほそぼそと書いて行きたいと思います。


まぁ自分としては、外溝やインテリア等も含め、まだまだがんばらないといけない箇所も沢山あるし、まだ暑い時期も過ごしてないので・・・


家作りが終わったとは思ってません

まだまだこれからです



↓どれかを押していただけると励みになります、よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト