GW前半は岩手へ行ってきました。

岩手は義母の実家があるところで、義母・義父も一緒に義祖父母のお墓参りついでの旅行です。

家を建ててから初めての旅行、楽しみでもありますが、初めて家を空けるという不安も・・・

当日は朝の4時半頃、家を出発、ひたすら運転することおよそ5、6時間、ようやく岩手に到着

到着して一番最初にお墓参りに行ったのですが、お墓参り中はなんとか雨も止んでいたものの、その後は降ったり止んだりの繰り返しといういまいちな天気

宿の時間まで、時間を潰すのが大変でした

初日に行った、藤原の郷
no title
天気が悪く、中に入るのは断念・・・

続いて2日目、この日も天気は微妙だったのですが、内陸よりは海沿いのほうが天気がいいという予報だったので、海を目指してドライブ

途中によった、とおの物語の館
1


さすが民話の里という感じで、中では昔話に関する展示がされており
2


テーブル上の像を触るといろいろなアクションが
3


上部のほうには、なんでかホラー系?の垂れ幕も
4

昔話を聞いたり、触れたりもできましたので、娘たちもよろこんでいました。

さすがに一日ここで時間を潰すのは厳しいですが、2時間程度なら十分楽しめます
(小休止にぴったり)

とおの物語の館を出たら、いったん釜石のほうへ出て、その後は宮古へ向けて海沿いの道をドライブ

そこら辺は東日本大震災での被害地域ということもあり、途中いたるところで建物の跡だけが・・・
5

テレビなどではいろいろみてましたが、実際に被災地域を走ってみると、その規模の大きさを実感・・・

復興もまだまだこれからという感じでした・・・

次に行くときには、もっと元気になった姿を見れるように祈ってます。

そして、釜石から1時間半程度で宮古に到着、宮古では浄土ヶ浜を見物
6


浄土ヶ浜には青の洞窟があり、さっぱ船という小型ボートに乗って中への進入が可能です。

ということで、早速一家で挑戦

チケット購入時に、ライフジャケットとヘルメットと、なぜかかっぱえびせんが渡されるのですが・・・

このかっぱえびせんは、ウミネコの餌

ボート走行中はウミネコの大群がこのかっぱえびせん求めて大挙してきます。
7
ボート上で、上に放り投げたり、手から直接というふうにウミネコに餌をあげられるのですが・・・

あまりの迫力に娘は怖気づいてました

肝心の青の洞窟は、行った時間が遅かったのと、天候が曇りだったため、ちょっと残念な感じ
8

今度は、天気の良い引き潮の時間を目指してリベンジします。

そんなこんなで、2日目も終了


3日目、最終日です。

この日は初日に雨で断念した藤原の郷へ再訪問
10

11

ちょっと肌寒く風も強かったですが、天気もよく個人的にはかなり楽しめました

中には、着物や簡単な鎧を着れる所があったり、昔の遊びなどを体験できるところもあり、ファミリーにはお勧めです。

また、行った日は江刺鹿踊なるものもやっており、↓の格好をした人達が踊りを踊っていました。
12


藤原の郷を出た後は、一ノ関インター近くにある厳美渓

ここは、過去に何度か来ましたが、相変わらず迫力
13


そして、この日は空飛ぶだんご(かっこうだんご)にも初挑戦

空飛ぶだんごとは、対岸にある団子屋さんに団子を注文するシステムで

このかごに、お金をいれて
14


この札をコンコンと叩くと
15


対岸にある団子屋さんが、かごをひっぱり
16


団子の準備をして、またこちらへするすると
17


団子が送られてきます。
18


渓谷を眺めながら、食べる団子はおいしく感じます


そして、厳美渓をあとにしたら、一ノ関インターから東京目指して出発

途中、SAで土産物等を買いつつのんびり帰宅

自宅に着いたのは午前0時過ぎで

家族全員、さすがにグッタリ・・・

ということで、GW前半は終了

とてもいい思い出になりました

さて、後半は何をしましょう?


↓どれかを押していただけると励みになります、よろしくお願いします!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト