モンスターハンター4が出てから、気づいたら一か月以上が経過していますが、わたしはまだ200時間も遊んでいないのできっとだいじょうぶです。

そのモンハン4ですが、サポガン(ライトボウガン等でサポート特化なこと)装備をやっとつくりました。
「どうかサポートさせろください」
とよく一緒に遊んでいるハンターさんにいったところ、3DSが壊れた、という悲痛な返事が返ってきました。
全治10日ほどだそうです。

禁断症状に苦しむそのハンターさんとはなんの関係もありませんが、本日発売の本のリンクをなんとなく張っておきますね。

紫電の刃と慟哭の精霊姫 (一迅社文庫)

ええ、ほんとになんの関係もありませんとも。

なお内容は、
「日本人という名の超武道サムライ種族が襲ってきてファンタジー世界のお姫様が大ピンチ」
という感じです。
プロットを見せてもらった瞬間、これ読みたい! と叫んだ一品ですのでどうぞよろしく。


話は変わりますが。
先日、一迅社文庫ブログの問い合わせフォームの方から銀閃の感想をいただきました。
編集部からこちらにパスしてもらい、読ませていただきました。
熱意ある感想、ありがとうございます。いま五巻を必死になって書いていますが、その原動力のひとつにいたします。


あ、そうそう。今日、わたしの誕生日です。