新型ワゴンR誕生のCM

超売れっ子の、広瀬すずが登場するCMでご存知の方も多いと思いますが、スズキ軽自動車の新車情報によると、

あたらしい、たのしいが、R。
マイルドハイブリッド搭載の、新型6代目ワゴンRが販売されています。

6代目は、パワートレインにおいて5代目・後期型の一部グレードに採用の
「S-エネチャージ」を発展し、ISG(モーター機能付発電機)の高出力化と、
100Vのリチウムイオンバッテリーを大容量化した、
マイルドハイブリッドシステムに進化しております。

軽ワゴンというジャンルに該当し、室内空間が広いので、乗り降りも楽ちん。
燃費も良いので日常使いにもってこいの実用性高い車と言えます。



ETCゲートでの通過速度

ETCを利用して高速道路を走っている人は、入口、出口のETCゲートに「20キロ」と制限速度が示されているのはご存知ですよね。
いくらETCがノンストップで料金所を通過できるというメリットを持っていても、ノンブレーキでそれまでの速度のままゲートに突入するのは危険過ぎます。

中には「今回は60キロでも大丈夫だった」などと「何キロまで速く行けるか」と記録を出そうとしている人の話も聞いたりします。
何かあってゲートが開かなかったときのことや前の車が急停止したときのことを考えるととても怖い話ですよね。

また以前、前の車アルファードにぴったりとくっついてETCゲートを通過すると、ゲートのバーが上がったままになったこともあったと聞いたことがありますが、これを経験した人は相当前の車との車間距離を詰めていたと考えられます。

通常、前の車と適切な車間距離を保っていれば、バーが一度下がってから再び上がるのですが、あまりに2台がくっついてゲートを通過しようとしたため、バーを一旦下ろすことができなかったのでしょう。
当たり前の話ですが、バーが上がりっぱなしで通過した場合でも、ちゃんと後ろの車にも通行料はかかってきます。

前の車にくっついてゲートをすり抜けても、きっちり料金は精算されていますからね。
「これぐらいの速度なら行けるかな」とか、「これぐらいの車間距離ならバーは下りないかな」などと、試すようなことは危険ですから絶対にしてはいけません。


5代目ワゴンR MH44Sの中古買取相場

軽自動車の中古車を買いたいのなら軽自動車専門店のほうが、探している車と出合える確率は高くなるようです。

軽自動車専門店と大手中古車買取店とを比べてみますと、大手は、経費、人件費、宣伝広告費、ロイヤリティーなど大きいですから、軽自動車専門店のほうがメリットあるでしょう。
ですからその分大手よりも、買取金額がアップする可能性があるということです。

軽自動車の買取査定には、何店かの買取専門店から査定見積もりを取りましょう。
ネット検索などしますと、「軽自動車専門店」が多数あることがわかります。

あなたが所有している、5代目ワゴンR MH44Sの買取相場を知りたい人は、この複数社の査定により見積もり比較し、自分の希望買取価格を検討しましょう。

このような軽自動車専門店は、特に初めて利用する人にはおすすめです。


看護師専門の転職求人サイト

看護師専門、薬剤師専門の転職求人サイト注目を集めているそうです。
全国的に看護師不足が指摘されていますが、給与を初めとする雇用環境の改善はそれほど進んでいません。
自分からよい条件を見つけようとして、看護師や薬剤師などの医療関係の転職情報にアクセスするのです。

ここでは看護師について、見ていきたいと思います。
看護師の人材紹介は看護師本人の希望と病院側の橋渡しをしてくれる業者です。
転職を希望している看護師は以外と多いと言われています。
人手不足のために、できるだけ優秀な人材を揃えたいと病院は思っていますから、看護師の人も今までの経験をアピールできるようにしたいものです。
務めていた病院のことや、自分が携わってきた診療科のことは簡単に説明できます。

しかし、自分の能力については客観的に説明しにくいかもしれません。
そのような中で、専門看護師、認定看護師の資格が設けられたのです。
これは看護師の中でも専門的知識と経験を持った人が得ることができる資格です。
この資格を持っていれば、一定水準以上の看護能力があると認められるのです。
人材登録においては、この資格を持っていることをアピールしてよいことになっています。
それだけ価値のある資格なのです。


車のタイミングベルト

車のタイミングベルトの短所について、少し詳しくご説明します。

かつてタイミングベルトが普及した要因は、長所が多々あったからです。
それまで使用していたローラーチェーンと比較しても、自由度が高く軽量で、音もうるさくないので、かなり重宝されました。しかし、それだけではなく、デメリットもいくつか存在しています。

まず第一に、交換時期が金属チェーンよりも早い点が挙げられるでしょう。
一般的に10年、10万km走ったら交換時期と認識しなければならないといわれています。1日の走行距離は人ぞれぞれなので、何ヶ月、何年に一度なのかというペースについては、断定はできません。

また、当然ですが車の痛み方もドライバー次第、車次第です。一律というわけではないので、この10年、10万kmというのも目安に過ぎません。いずれにしても、金属チェーンよりも短命であることは確かで、その点においてはどうしても欠点といわざるを得ないでしょう。

また、走行中に切れるとエンジンが極端に傷んでしまい、故障の要因となる可能性はきわめて高いといえます。これは非常に危険なことなので、可能性自体は低いのですが、デメリットとしてはかなり深刻といえます。

そこで一つ検討したいのが、タイミングベルトの交換のタイミングと車の買い替えのタイミングです。交換時期まであとどれくらいかと、その車にあと何年乗るかを逆算して、タイミングベルトの交換時期と車の買い替えが同じくらいだったら、少し早めに車を買い換えるというのが、賢い選択と言えるでしょう。