今年は施行5年目になる介護保険見直しの年です。24日に尼崎21市民連合の学習会がおこなわれました。会場は超満員で、参加者集めの努力も実ったのでしょうが、やはり関心の深さも反映しているようです。私は、介護度が軽いと判定された人はホームヘルプサービスを受けられにくくなる、と感じました。さらに特養入所者からも食費・居住費を月2万円以上新たに徴収するので年額にすると20万円前後の負担増になります。財政がたいへんだからやむを得ない、と言う人もありますがそれなら、大金持ちからは何倍もの料金を取るのかと言えばそんなことはないのですから、中堅所得層をねらい打ちして、取りやすい所から取る、相変わらずの手口です。怒りがまた、沸々とわいてきました。この政治は一日も早く終わらせなければなりません。