日本が中国を侵略し
植民地化したために、
満州開拓団が取り残され、
(関東軍は上級の軍人から
我先にいち早く逃亡、)
敗戦の混乱の中で
残留孤児となり、中国の大地と
中国人養父母の手で育てられた
人達を写した
宗景正さんの写真展が
立花公民館で16日まで開かれています。

この後は18日から武庫、
25日から園田、
9月は1日から大庄、
8日から小田、15日から中央の
各公民館で巡回展示されます。

70才近くなった彼ら彼女らを
支援する会があり、
私も会員の1人ですが
広島・長崎・沖縄と並ぶ
戦争の悲劇を
しみじみ考える
良い機会となるでしょう。

間もなく8月15日がやって来ます。
麻生首相は靖国参拝を見送るようで
これは支持します。戦争責任の
大きい軍人を称える神社より、
一般戦災者とアジアの諸国民を
追悼し、不戦と平和を願う
無宗教の国立墓地を持つべきと
考えます。