2018年03月24日

人類よL'Arc-en-Cielに還れ

モントリオールに行くまでに,
フランス語と実験手技を "ある一定の水準" にしておきたい.
自己満足のためだから, 具体的に達成目標を書くのが大事だね.

4月の目標は,
1) "Cinq petits contes en francais"のp.63まで音読できるレベルにする(現在p.22)
2) Western blottingを通しで最低1回行う(3日あればできる)
3) Major revision中のPLoS One論文を通す(今は待つだけ)
momiji
渡航準備があるので旅行は諦めています. カナダに住んでしまうと東(南)アジアが遠くなるのが悲しいけど, 中南米が近づくのは嬉しい.
メキシコ再訪するつもり.

読んだ本:
池谷裕二・糸井重里「海馬 脳は疲れない」
萩原清文「好きになる免疫学」
古川俊之「コンピュータ診断」
小長谷正明「ヒトラーの震え 毛沢東の摺り足」
斎藤環「猫はなぜ二次元に対抗できる唯一の三次元なのか」
福岡伸一「生物と無生物のあいだ」
最後の一冊以外は全部図書館で見つけたやつです(引越し準備中).

ダーリンインザフランキスが割と面白いので欠かさず観てます.
今日は12話が放送されるので楽しみ. そういえば5月はゴジラの映画も忘れないように.
音楽はBand-Maidの「WORLD DOMINATION」を愛聴しています.

hgk40s at 10:25|PermalinkComments(0)

2018年02月21日

特徴量エンジニアリングの幕間

炭水化物を制限して1ヶ月以上経過した.
明らかに体が軽くなって体調は良いし, 前向きに色々頑張れそうだ.

体調が改善すると身近な物の魅力を再発見できたりするのも良い.
最近フランス語の教材と化物語のサントラを混ぜて聴いているのだが,
こんなに名曲が多いならアニメをちゃんと見ようかという気になる.
でも今はダーリンインザフランキスがあるので欲張らないように.
s-IMG_5245
家族旅行で宮島に泊まってきました.
紅葉堂の揚げ紅葉(饅頭)がとても美味しかったのでまた食べたい.
最後に, 読んだ本を列記して今回はおしまい.

北野宏明「Dr.北野のゼロから始めるシステムバイオロジー」
草野原々「最後にして最初のアイドル」
大槻ケンヂ「いつか春の日のどっかの町へ」
panpanya「二匹目の金魚」
稲庭淳「ラン・オーバー」
森川公夫「統合失調症 -精神分裂病を解く」
姫井昭男「精神科の薬がわかる本」
川添愛「自動人形の城: 人工知能の意図理解をめぐる物語」
上田紀行「人間らしさ 文明、宗教、科学から考える」
外山敬介・甘利俊一・篠本滋「脳科学のテーブル」
福岡伸一「世界は分けてもわからない」

hgk40s at 00:47|PermalinkComments(0)

2018年01月22日

糖質制限の影響だろうか

年末から1月半ばまで, とにかくNieR Automataの動画ばかり観て過ごしていた.
終盤失速するのは仕方ない, とにかく序盤は夢中にさせてくれた作品だった.
けれどそれも, ここに書いておかなければ忘れてしまいそうなくらい危うい記憶だ.

池上彰・佐藤優「大世界史」, 佐藤航陽「お金 2.0」
椎名誠「極北の狩人」, 水野直樹・ 文京洙「在日朝鮮人 歴史と現在」
滝田りら「フランス語で読む 12のおとぎ話」
映島巡・ヨコオタロウ「ニーアオートマタ 長イ話」
夏井睦「炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】」
梶本修身「全ての疲労は脳が原因」

義務感や焦燥から本を買っても, ろくな読書体験にならない.
本当に欲しい本だけを買うようにして, 再読に重点を移そう.
DUCjJvUVwAArTzw
6月からモントリオール行き.
環境が変わるので, むしろ変わらないものを大切にするようにしよう.
今日はいつもより抽象的な文章だなぁ.

今月のひとまずの目標は,
ターミナル入門本のシェルスクリプトの項目まで読み切ること.
そして, 余程気が向かない限りは, むやみに新しい技術に手を出さず,
これまでやってきたことを振り返って理解を深める時期にしよう.

hgk40s at 01:10|PermalinkComments(0)

2017年12月29日

2017年 振り返り

活動やイベントを中心に振り返ってみます.
1月: 研究会で広島に行ったり, TOEIC受けたりしている(865点).
2月: 大阪のエキスポシティでNIFRELを訪れたりしている.
3月: 倉敷でACLSプロバイダーコース受講. TOEICを再受験(935点).
4月: 基本情報技術者試験を受ける(合格).
5月: 高知でカツオのタタキ体験をする. Qiitaに記事を書き始める.
6月: 学会でミラノに行く. 空港でハンドスピナーを買う.
7月: Python 3 エンジニア認定基礎試験を受験(合格). 家族で沖縄旅行(瀬長島ホテル).
8月 : フェリーで呉に行って軽いツーリング.
9月: 学会でサンフランシスコに行く. Super Duper Burgerを食べた.
10月: 応用情報技術者試験を受験(合格). 高血圧学会総会で色々働く.
11月: 職場の旅行で山口県を巡る.
12月: 学会で何度か大阪へ. JSBi バイオインフォマティクス技術者試験を受験(合格).
そして, ゴジラのアニメを見たり, フランス語の勉強を始めたり.
DQJ3IL0VwAA5LMd
新しく読んだ本はこちら.
渡辺正峰「脳の意識 機械の意識」, 大樹連司「GODZILLA 怪獣黙示録」
川上和人「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」, 映島巡・ヨコオタロウ「ニーアオートマタ 短イ話」, 開高健「オーパ、オーパ!!」
来年は温故知新をテーマに更なる活動をしたいものです.



hgk40s at 15:06|PermalinkComments(0)

2017年11月25日

歴史を知る

NOISEMAKERの「RED APHELION」を聴いて、
ロックバンドが心から好きだった頃の気持ちを思い出した。
そして同時に、過去の自分との連続性を感じて安堵を覚えたのであった。
過去があるから今がある、と思いたいのだ。
10年以上前に買った小説を最近再読したりしてるのはそのせいかも。

技術書以外で新たに読んだ本は、
司馬遼太郎「花神」、David Eagleman「あなたの脳のはなし: 神経科学者が解き明かす意識の謎」、Jared Diamond「若い読者のための 第三のチンパンジー」、浅野いにお「零落」、Jennifer Doudna「CRISPR 究極の遺伝子編集技術の発見」、榊佳之「ゲノムサイエンス」、三宅陽一郎「人工知能の作り方」、Joshua Wolf Shenk「POWERS OF TWO」、笹島健治「一流家電メーカー 特殊対応社員の告白」の9冊。
FullSizeRender
OutputとしてはChainerによるDeep LearningのRegressionとClassificationを使った論文を1本ずつ書いたので上出来だと思う。次は教師無し学習を使って新たな地平を切り開きたいところだけど、その前にscikit-learnで基本的な機械学習のアルゴリズムを勉強することにします。

来週はJSBiの技術者認定試験。
これが終わったら自分の好きなことのための勉強に専念する。
「いけにえと雪のセツナ」も少しずつ進めます。


hgk40s at 10:02|PermalinkComments(0)

2017年10月19日

アフリカが足りない

応用情報技術者試験が終わりました。
冷静に考えると、マーケティングだとかストラテジだとか、
自分の興味とも仕事の分野とも無関係の勉強ばかりしていて、
無駄な時間を過ごしてしまったような気がする。

カミツキレイニー「黒豚姫の神隠し」、ドミニクチェン・松岡正剛「謎床」、一田和樹「ウルトラハッピーディストピアジャパン」をサンフランシスコの前後に読み、綾部恒雄「文化人類学 最新術語100」、司馬遼太郎・ドナルドキーン「日本人と日本文化」、石田真康「宇宙ビジネス入門」、祖父江孝男「文化人類学入門」、海猫沢めろん「愛についての感じ」を帰国後に細々と読みました。
IMG_4464
書物から得た知識を活用できるようにしなくてはならない。
次は12月にJSBiのバイオインフォマティクス技術者認定試験があるので、これは単なる資格の勉強ではなくて、使える技術にしなくてはいけないね。
ほんとはもっと色々楽しいことを考えたいのだけれど雨だし寒いから仕方ない。
今日のところはここまで。

hgk40s at 00:58|PermalinkComments(0)

2017年09月10日

日本人であることの不思議

マハーシ・サヤドー「ヴィパッサナー瞑想」を読み終えました。
仏教思想はもちろん科学ではないのですが、ひょっとするとテクノロジーを使わなくても宇宙の真理は理解可能なのかも知れない(というか瞑想こそがテクノロジーなのかな)。しかし悟りというのは非常に個人的な体験のようなので僕は在家で頑張ります。

そのほかに今回までに読み終えた本は、
高野秀行「謎の独立国家 ソマリランド」、大塚雄介「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」、山下博司「インド人の"力"」、ドミニク・チェン「電脳のレリギオ」、拓徹「インド人の謎」、野村泰紀「マルチバース宇宙論入門」、板垣政樹「ITエンジニアが覚えておきたい 英語動詞 30」で、あと深層学習関連の技術書をいくつか購入。Chainerを使った記事が書けたので、Pythonistaを名乗る自信が多少ついてきました。応用情報技術者試験まであと1ヶ月ですが、自分を信じて諦めずに受験日を迎えたいです。
DIoK2dYUwAAjPE1
これといって写真が無かったので、最近使用頻度が増えているサングラス。
来週からサンフランシスコに行くので載せられる素材が増えるといいな。
Super Duper BurgerとBudweiserが私を待っている。

マハーシ長老によると、仏教では「私」という主体的な存在などなく、
ただ瞬間毎に名(nama)と色(rupa)が生滅しているのみらしい。
しかしこのweblogは「私」をどうにか繫ぎ止めようとするものだ。
新しい自分を求める一方で、自分のルーツを探し求める脆弱な私だ。

さて最近観た映画ではスティーヴン・ナイト「オンザハイウェイ」、ティム・バートン「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」が面白かったです。そして今後気になるアニメはなんといっても「ダーリン・イン・ザ・フランキス」ですね。

hgk40s at 00:22|PermalinkComments(0)

2017年08月12日

99.5年の孤独

仕事がひと段落したので応用情報技術者試験の勉強をしていましたが、一日に詰め込める知識には限界があることがわかったので気晴らしに呉に行ってきました。
125cc未満の単車は860円でフェリーに積んでくれるので気楽です。フェリーは音戸大橋の下を抜けて港に入るのだけれど、この「音頭の瀬戸」はツーリングするのにもぴったりな魅力的な地形でした。改めてバイクが好きになった。

フェリーの中では小倉ヒラクの「発酵文化人類学」を読了。
本の中でも紹介されていたドミニク・チェンも含めて、同世代が活躍していると焦りを感じる。でも「焦らなくていいんだぜ」と小倉ヒラクは書いている。
僕はしょっちゅう焦って仕事をしては失敗しているのだ。焦らない自分になるためには、やっぱりヴィパッサナー冥想かな、と思ったりしています。
IMG_3912
7月は琉球温泉瀬長島ホテルに2泊3日で滞在しました。
沖縄はもちろん楽しかったんだけど、少し興奮がおさまってきました。
本州にも楽しそうな場所がまだたくさんあることでしょう(次は小倉かな)。
...でも9月はサンフランシスコなのでした。

APの勉強は底力をつけるためなので、自分のやりたい事とは違うのだ。
そろそろTensorFlowを使ってみなくちゃいけないな、と思っています。
とにかく体を動かすことが大事っぽいぜ。

hgk40s at 21:22|PermalinkComments(0)

2017年07月02日

精神が肉体を超えるとき

前回の記事を書いた直後にPython試験(本試験)の日程が公開になり、
拍子抜けするほど簡単に合格できてしまいました。
Pythonの勉強を始めてから約7ヵ月で、最初の目標を達成したことになります。

今後はQiitaで少しずつプログラミング関連の記事を書きつつ、
日常業務にPythonを組み入れて実力を伸ばしていく方針。
まずは多重比較検定とChi 2乗検定くらいまでをScipyでできるようにしよう。
FullSizeRender (1)
6月は梅雨だからバイクにも乗れないし嫌だな、
と思っていたのに気づけば7月になってしまったよ。
写真はミラノで泊まったIBIS Milano Centroからの景色です(AM 5時)。
室内には冷蔵庫も給湯器もUSB充電端末も無かったのでとても不便だった。
運動不足のせいだと思うけど移動にとても疲れた。

帰国後、何度目かの挫折を乗り越え、
酉島伝法「皆勤の徒」を読み進めています。
音楽は相変わらずBiSHくらいしか聴いていない。
ちょっと環境音楽について調べてみよう。

hgk40s at 12:16|PermalinkComments(0)

2017年05月21日

脳は3段重ねのアイスクリーム

神崎洋治「人工知能解体新書」 / 井上智洋「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」 / 大関真之「先生、それって"量子"の仕業ですか?」 / 清水亮・後藤大喜「プログラミング バカ一代」 / 九岡望・小川一水・野崎まど・酉島伝法・飛浩隆「BLAME! THE ANTHOLOGY」 / 松原隆彦「目に見える世界は幻想か 物理学の思考法」 / 西島秀稔・大関真之「量子コンピュータが人工知能を加速する」 / 黒川伊保子「女の機嫌の直しかた」 / David J Linden「脳はいいかげんにできている」

この1ヶ月に読んだ本を列挙してみました。
基本情報技術者試験には合格したものの、情報処理関連の論文を読むには到底知識が足りないので、いわゆる通俗科学の読みまくって慣れ親しもうという魂胆です。
この傾向はもうしばらく続くことでしょう。
繝輔ぃ繧、繝ォ_000
インプットだけでなくアウトプットもしなくてはいけないので、
総説のようなものを書いてみても良いかも知れない。

Python 3 エンジニア認定基礎試験がいつ始まるやら不明なので、
基礎力を上げるために応用情報技術者試験にも挑戦することに決めました。
とはいえ「プログラマーになる」という初心を忘れないように、
既に買った本は読み通します。

音楽はBiSHの「プロミスザスター」「オーケストラ」「ぴらぴろ」の3曲が至高。
Chris Cornellが亡くなったそうですね。

hgk40s at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)