2007年11月11日

カーターが右足首捻挫


11/11出来事

1・ジャズがフェセンコをDリーグへ


11/11噂

1・マジックがビックマン希望


11/10(現地)試合結果

1・グリズリーズ94−118ジャズ

2・セルティックス112−101ネッツ

3・マブス82−91ブレイザーズ

4・サンズ106−96マジック

5・ラプターズ101−71ブルズ

6・ウルブス93−100キングス

7・ナゲッツ113−106ペイサーズ

NBA - livedoor Blog 共通テーマ

11/11出来事

1・ジャズがフェセンコをDリーグへ
 ジャズが38位指名のCキリーロ・フェセンコを、Dリーグへ派遣すると発表した。


11/11噂

1・マジックがビックマン希望
 マジックはCトニー・バティーが怪我でシーズン絶望になり、サラリーキャップが260万ドル分免除される見込みで、FAかトレードでビックマンを獲るだろうと、フロリダトゥデイが報じた。


11/10(現地)試合結果

1・グリズリーズ94−118ジャズ

・グリズリーズはSFルディー・ゲイが28分18点3リバンド、PFポウ・ガソールが26分11点4リバンドと活躍。
 Cダーコ・ミリチッチが34分9点6リバンド、SGマイク・ミラーが30分6点12リバンド、PGデイモン・スタッドマイヤーが11分3点3アシスト。

 控えの4位指名のPGマイク・コンリーが23分10点9アシスト、PGファン・カルロス・ナバロが18分10点と活躍。
 SFブライアン・カーディナルが12分7点、PFストロマイル・スイフトが12分6点4リバンド。

 FG32/68、3P8/17、FT22/33と良かった。
 アシスト19も、ターンオーバー25と多すぎ。

・ジャズはPFカルロス・ブーザーが31分31点7リバンド3アシストで、FG13/20、FT5/6と大活躍。
 PGデロン・ウィリアムスが36分20点5リバンド13アシストで、FG8/14、3P2/3と大活躍。
 SFアンドレイ・キリレンコが36分15点12リバンド9アシスト4スティールと大活躍。
 SGロニー・ブリュワーが22分10点、Cメメット・オクォーが23分9点4リバンド。

 控えのSGゴードン・ギリセックが22分16点4リバンド2スティールで、FG7/9、3P2/3と活躍。

 FG49/92、3P5/9、FT15/18と素晴らしく、FG試投数が24本も多い。
 アシスト34で、ターンオーバー14と素晴らしい比率。
 速攻得点で28−19、ペイント得点で52−36とリード。

 今シーズンは得点が多く、ディフェンスも悪くないので、良いです。

2・セルティックス112−101ネッツ

・セルティックスはSFポール・ピアースが40分28点3リバンド4アシスト2スティールで、FG9/19、3P4/7と大活躍。
 SGレイ・アレンが48分27点10リバンド5アシストで、FG7/17、3P4/8、FT9/10と大活躍。
 PFケビン・ガーネットが42分18点14リバンド6アシスト3スティールと大活躍。
 PGレイジョン・ロンドが37分11点5リバンド5アシスト、Cケドリック・パーキンスが18分8点5リバンド。

 控えのPGエディー・ハウスが23分13点3リバンドと活躍。
 35位指名のPFグレン・デイビスが17分6点8リバンドで、ファールアウト。

 FG36/79、3P10/19、FT30/35と良かった。
 アシスト27で、ターンオーバー13と素晴らしい比率。 
 リバンドで49−34と圧倒。

 強いですね〜。
 ピアースが活躍出来るかが鍵かと思ってましたが、変わらず活躍中。

・ネッツはSFリチャード・ジェファーソンが42分28点4リバンドで、FG7/18、FT14/15と大活躍。
 PGジェイソン・キッドが38分17点6リバンド12アシスト2ブロックと活躍。
 SGビンス・カーターが30分17点4リバンド3アシスト2ブロックも、足首ひねって退場。
 PFネナード・クリスティッチが17分2点3リバンド、Cジェイソン・コリンズが16分0点。

 控えの17位指名のPFショーン・ウィリアムスが11分10点4リバンド、PGダレル・アームストロングが18分10点、SFアントワン・ライトが27分9点4リバンド2スティールと活躍。
 PFボスジャン・ナックバーが19分8点で、FG2/9、FT3/5といまいち。

 FG33/74、FT30/37と良かった。

 カーター結構酷そうだったんですが、長くかからなければ良いですね。

3・マブス82−91ブレイザーズ

・マブスはSGジョシュ・ハワードが35分20点7リバンドで、FG5/15も、FT9/9と大活躍。 
 PFダーク・ノヴィツキーが37分11点9リバンド5アシストと活躍も、FG4/13。
 PGホセ・バレアが20分9点、SFトレント・ハッセルが20分2点3リバンド、Cサガナ・ジョップが22分0点11リバンド。

 控えのPGジェイソン・テリーが31分16点3リバンド3アシスト2ブロック、PFブランドン・バスが24分13点7リバンドと活躍。
 SFジェリー・スタックハウスが25分5点で、FG2/9と入らず。

 FG29/82と良くないが、FT20/21。
 アシスト13で、ターンオーバー13。

・ブレイザーズはSGブランドン・ロイが41分32点7アシストで、FG11/17、3P5/6、FT5/7と大活躍。
 PFラマーカス・アルドリッジが35分18点8リバンドと活躍。
 Cチャニング・フライが15分6点3リバンド、PGスティーブ・ブレイクが39分3点3リバンド9アシストも、FG1/6、SFマーテル・ウェブスターが26分2点。

 控えのSFトラビス・アウトローが28分14点10リバンド4アシスト、PGジャレット・ジャックが29分9点4リバンド4アシスト、Cジョエル・プリジビラが17分7点10リバンド2ブロックと活躍。

 FG35/70、3P7/12と良かったが、FT14/25。
 アシスト28で、ターンオーバー16と良い比率。

4・サンズ106−96マジック

・サンズはSGレアンドロ・バルボサが42分39点7リバンド6アシスト2スティールで、FG15/26、3P8/13と大活躍。
 PGスティーブ・ナッシュが37分19点5リバンド11アシストで、FG9/13と大活躍。
 SFグラント・ヒルが36分14点8リバンド3アシスト、Cアマレ・スタッドマイヤーが25分13点6リバンドで5ファール、PFショーン・マリオンが35分11点8リバンド3アシスト2スティールと活躍。

 控えのCボリス・ディオウが37分8点3リバンド5アシスト。

 FG45/94、3P12/29と良かったが、FT4/5と少なすぎ。
 アシスト29で、ターンオーバー11と素晴らしい比率。

・マジックはCドワイト・ハワードが42分33点18リバンド3アシストで、FG13/24と大活躍も、FT7/16ともったいない。
 PFヒド・ターコルーが28分11点4リバンドと活躍。
 SFラシャード・ルイスが39分7点9リバンド5アシスト3スティールで、FG3/14、PGジャミア・ネルソンが17分6点4アシスト、SGキース・ボガンズが13分3点。

 控えのPGカルロス・アロヨが30分13点4リバンド8アシスト2スティールで、3P3/3、SFトレバ・アリザが20分11点3リバンド、SGキーオン・ドゥーリングが34分10点と活躍。

 FG40/85、3P8/19と良かったが、FT8/19ともったいない。
 アシスト25で、ターンオーバー15と良い比率。

5・ラプターズ101−71ブルズ

6・ウルブス93−100キングス

7・ナゲッツ113−106ペイサーズ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
hiro
NBA好きのhiroが英語サイトの噂をお届けします。
英語は出来ないので、誤訳には責任持てず・・・すいません。
あくまで噂メインなので「嘘かよっ」て言う苦情はやめてね。
毎日更新出来るかな・・・。
コメント待ってます。よろしくお願いします。
google ad
Recent Comments
他のブログ
勝手に評価ofNBA
自分がやってる選手紹介ページです
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ