2008年12月23日

サンダーがクリスティッチにオファー


12/23出来事

1・スパーズがハーストンとサイン


12/23噂

1・サンダーがクリスティッチのオファーシートにサイン

2・コリソンが親指骨折


12/19(現地)試合結果

1・ジャズ120−114ピストンズ(2OT)

2・レイカーズ87−89ヒート

3・クリッパーズ117−109ペイサーズ(2OT)

4・シクサーズ109−103ウィザーズ

5・ウォーリアーズ99−115ホークス

6・ブルズ108−126セルティックス

7・マブス97−121ネッツ

8・バックス105−81ニックス

9・ボブキャッツ112−83グリズリーズ

10・ラプターズ83−91サンダー

11・キングス96−107ロケッツ

12・キャブス105−88ナゲッツ


12/20(現地)試合結果

1・ウォーリアーズ110−103ボブキャッツ

2・レイカーズ103−106マジック

3・ペイサーズ95−94シクサーズ

4・ロケッツ109−102ウルブス

5・ヒート106−103ネッツ

6・キングス90−99ホーネッツ

7・ジャズ95−106ブルズ

8・クリッパーズ85−119バックス

9・ラプターズ97−107スパーズ

10・ナゲッツ101−108サンズ


12/21(現地)試合結果

1・ピストンズ78−85ホークス

2・ニックス105−124セルティックス

3・マブス97−86ウィザーズ

4・キャブス102−91サンダー


12/22(現地)試合結果

1・ブレイザーズ89−97ナゲッツ

2・ウォーリアーズ81−113マジック

3・ロケッツ114−91ネッツ

4・レイカーズ105−96グリズリーズ

5・キングス85−101スパーズ

6・ラプターズ97−75クリッパーズ


12/23出来事

1・スパーズがハーストンとサイン
 スパーズがSGマリック・ハーストンとサインしたと発表した。


12/23噂

1・サンダーがクリスティッチのオファーシートにサイン
 サンダーがネッツのCネナード・クリスティッチのオファーシートにサインしたと、AP通信が報じた。
 ネッツは7日以内にマッチするかを決めないといけない。
 クリスティッチは今オフ、ネッツのクォリファイングオファーを受けた後、ロシアでプレイしている。
 オファーは3年1500万ドルと見られていると、ニューアークスターレッガーが報じた。

 いまいちルールが分からなくて、申し訳ないですが。
 てっきりネッツとはサインしてないという事だと思ってたけど。

2・コリソンが親指骨折
 サンダーのPFニック・コリソンが左足親指を骨折していると、オクラホマンが報じた。


12/19(現地)試合結果

1・ジャズ120−114ピストンズ(2OT)

・ジャズ(17勝11敗)はPGデロン・ウィリアムスが45分29点3リバンド8アシスト2スティールで、FG11/18、3P2/5、FT5/8と大活躍。
 Cメメット・オクォーが47分26点12リバンドで、FG10/20、FT5/6と大活躍。
 PFポール・ミルサップが50分24点13リバンド2スティール4ブロックで、FG8/16、FT8/11と大活躍。
 SGロニー・ブリュワーが23分14点6リバンドで、FG6/12と活躍。
 SFのC・J・マイルズが16分7点。

 控えのSFアンドレイ・キリレンコが37分12点6リバンドで、FG3/8、FT6/8と活躍。
 SGカイル・コーバーが34分6点4リバンド3アシストでFG2/8。

 FG44/95、3P4/14、FT28/39と良かった。
 アシスト20で、ターンオーバー16と良い比率。

・ピストンズ(14勝10敗)はSGアレン・アイバーソンが53分38点5リバンド7アシスト3スティールで、FG13/24、FT11/11と大活躍で、6ターンオーバー。
 SFリチャード・ハミルトンが47分30点6リバンド3アシスト2ブロックで、FG11/16、3P2/4、FT6/6と大活躍。
 PFテイション・プリンスが42分17点7リバンド6アシスト2ブロックで、FG7/15、FT3/3と活躍で、ファールアウト。
 Cラシード・ウォレスが34分12点8リバンド3スティール4ブロックで、3P4/7と活躍で、ファールアウト。
 PGロドニー・スタッキーが31分7点3リバンド5アシスト3スティールで、ファールアウト。

 控えのCアントニオ・マクダイスが34分6点7リバンド2スティールで、ファールアウト。

 FG43/90、3P7/19、FT21/22と良かった。
 アシスト23で、ターンオーバー20とそこそこ。

2・レイカーズ87−89ヒート

・レイカーズ(21勝4敗)はSGコービー・ブライアントが35分28点3リバンド3アシストで、FG12/24、3P1/3、FT3/4と大活躍も、5ターンオーバー。
 PFポウ・ガソールが34分13点11リバンド3アシストで、FG5/10と活躍も、FT3/6。
 PGデレック・フィッシャーが30分13点3リバンド4アシスト2スティールで、FG4/8、3P2/5、FT3/4と活躍。
 Cアンドリュー・バイナムが27分4点6リバンド。
 SFルーク・ウォルトンが16分2点4リバンド。

 控えのPGジョーダン・ファーマーが17分12点2スティールで、FG5/8、3P2/2と活躍。
 SFトレバ・アリザが26分7点5リバンド2スティール。

 FG35/74、3P7/16と良かったが、FT10/19ともったいない。
 アシスト16で、ターンオーバー21と良くない。
 速攻得点で15−7、ペイント得点で40−26とリード。

・ヒート(13勝12敗)はSGドゥエイン・ウェイドが37分35点6リバンド3アシスト3スティール2ブロックで、FG13/25、3P2/4、FT7/10と大活躍で、6ターンオーバー。
 SFショーン・マリオンが38分12点11リバンドで、FG5/9と活躍。
 PGマリオ・チェルマーズが40分10点3リバンド4アシストも、FG3/12。
 PFウドニス・ハスレムが35分6点5リバンド3スティール2ブロック。
 Cジョエル・アンソニーが31分4点8リバンド3スティール2ブロック。

 控えのSGディクワン・クックが18分14点4リバンドで、FG5/9、3P4/6と活躍。

 FG32/73、3P8/18、FT17/24とそこそこ。
 アシスト14で、ターンオーバー19と良くない。

3・クリッパーズ117−109ペイサーズ(2OT)

4・シクサーズ109−103ウィザーズ

5・ウォーリアーズ99−115ホークス

6・ブルズ108−126セルティックス

7・マブス97−121ネッツ

8・バックス105−81ニックス

9・ボブキャッツ112−83グリズリーズ

10・ラプターズ83−91サンダー

11・キングス96−107ロケッツ


12・キャブス105−88ナゲッツ


12/20(現地)試合結果

1・ウォーリアーズ110−103ボブキャッツ

2・レイカーズ103−106マジック

3・ペイサーズ95−94シクサーズ

4・ロケッツ109−102ウルブス

5・ヒート106−103ネッツ

6・キングス90−99ホーネッツ

7・ジャズ95−106ブルズ

8・クリッパーズ85−119バックス

9・ラプターズ97−107スパーズ

10・ナゲッツ101−108サンズ



12/21(現地)試合結果

1・ピストンズ78−85ホークス

2・ニックス105−124セルティックス

3・マブス97−86ウィザーズ

4・キャブス102−91サンダー



12/22(現地)試合結果

1・ブレイザーズ89−97ナゲッツ

・ブレイザーズ(17勝11敗)はPFラマーカス・アルドリッジが38分20点4リバンド2ブロックで、FG8/18、FT4/4と大活躍。
 PGスティーブ・ブレイクが39分14点3リバンド4アシストで、FG5/11、3P4/6と活躍。
 Cグレッグ・オデンが21分10点3リバンド2ブロックで、FG4/5、FT2/2と活躍。
 SGブランドン・ロイが32分8点6リバンド5アシスト3スティールで、FG3/11。
 SFネイト・バチュームが13分3点。

 控えのSFトラビス・アウトローが31分15点3リバンド2ブロックで、FG6/13、3P2/5と活躍。
 PGルディー・フェルナンデスが18分9点4アシスト、Cジョエル・プリジビラが21分7点8リバンド。

 FG33/79、3P8/18、FT15/19とそこそこ。
 アシスト22で、ターンオーバー13と良い比率。

・ナゲッツ(18勝10敗)はCネネィが39分19点11リバンド2スティールで、FG7/11、FT5/6と活躍。
 PGチャンシー・ビラップスが42分19点3リバンド10アシストで、FG6/16、FT6/7と活躍。
 SFのJ・R・スミスが32分15点7リバンド3アシストで、FG5/9、FT5/8と活躍。
 PFケニヨン・マーティンが35分8点12リバンド3アシスト2スティール3ブロックも、FG3/10、FT2/6。
 SGダンテ・ジョーンズが16分6点。

 控えのSFレイナス・クレイザが28分17点4リバンドで、FG5/8、3P2/3、FT5/6と活躍。
 Cクリス・アンダーセンが21分11点3リバンド6ブロックで、FG4/9、FT3/4と活躍。
 PGアンソニー・カーターが16分2点3リバンド5アシスト。

 FG33/72、3P3/11、FT28/39と良かった。
 アシスト23で、ターンオーバー14と良い比率。
 リバンドで43−32とリード。
 速攻得点で14−4とリード。

2・ウォーリアーズ81−113マジック

3・ロケッツ114−91ネッツ

4・レイカーズ105−96グリズリーズ

5・キングス85−101スパーズ

6・ラプターズ97−75クリッパーズ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
hiro
NBA好きのhiroが英語サイトの噂をお届けします。
英語は出来ないので、誤訳には責任持てず・・・すいません。
あくまで噂メインなので「嘘かよっ」て言う苦情はやめてね。
毎日更新出来るかな・・・。
コメント待ってます。よろしくお願いします。
google ad
Recent Comments
他のブログ
勝手に評価ofNBA
自分がやってる選手紹介ページです
QRコード
QRコード
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ