HYBRID HUMAN IDEOLOGY

作詞作曲編曲シンガーソングライター、三味線、ギター奏者ですが趣味もマニアックに語ります。某アイドル楽曲、南條愛乃、藩めぐみ、内田真礼の楽曲制作。RADIO FISH、蓮花の制作参加などが代表。BGM、TVジングル等の制作。音楽活動と並行してSE→元コンサルティング会社相談役を経て自社代表に。

久々に音楽家らしく紹介したいものを書いてみつつドロンします

はぁ…コミケ行きたかったな…

さぁ、また冒頭からド派手に脱線していこうぜdude

ありがたい話ですがここんとこ三味線のオファーが非常に多い音楽家でありROAの髭ヲタキャップマン、坂本マニ真二郎でございます

最近発表されたセルビアからの音楽戦士達、Senshiのファーストアルバムでは5曲三味線弾きました。これね↓
Senshiのアルバム、本当にかっこいいよ

自分が弾いてるからとかじゃなくてね、俺メタル大好きだからってのもある

特にSenshiの打ち出すメタルサウンドはドストライク

そこにVo.Adamのレゲエな歌が乗るから新しい!是非ダウンロードしまくってください!


他にも三味線の仕事はちょくちょくしてます

確実に東京オリンピックの影響もあると思うんですよね(多少)

でね、クライアントさんには話す時もありますが、ちょくちょく三味線の事に詳しい方から聞かれるのが


自分の三味線の流派(師事の事です)


これ、昔にも書いた記憶あるな。昔は説明するの面倒なので(おい)「ないです!」って答えてたんですが最近は「色々ですー!」みたいに答えてます


間違ってはない、ないけどある


って事です

じゃなきゃここまで弾けるわけない、独学なんて無理&面倒

前も書いたかもですが生三味線担いで袴着て古典や民謡を弾く時もありますよ

何でもそうだけど基本も大事ですからねえ


ただ、名取はしてないです


ROAで言うとわかり易い、諸星マンは名取してます。澤田流ね、ちゃんと名前も襲名しとります

誤解されない様に書いておくとそれはそれで良い事なんだぜ?特に教わり教える時は名取してた方が良いし安心よ

ちなみに俺の最後に教わった方は●●流の女流の方でしてね、名取も勧められたけどしませんでした

理由はこれまた色々

三味線だけでなく音楽家としての活動がメインだったし

もっと言うと古典は他の方に任せるし自分はそういう見られ方や評価をされたくないです

クソみたいな嫌な思いもしたしな(笑)

このバランスって凄く難しくて下した決断でもありました

先に書きましたが音楽家がメインでありたいわけです

実際、作詞作編曲で食ってますし


三味線も弾ける音楽家ではなくて、音楽家で三味線も弾けるのが良いわけです


え?マニさんて●●流なんですね!

みたいな流派だけで評価されちゃうのが特に苦手

自分でも理解してるんですけどこれはアーティスト側のこだわりです

ツイッターのプロフィールやこことか、この経歴↓も同じ

http://blog.livedoor.jp/hhiweb/archives/50524507.html


もう、スタッフTMRくんとはこの事でかなり議論しました(揉めたと言ってもいいな)

折れたのは自分ですが(苦笑)正直自分は未だに過去の経歴を公にする事に納得はしてません(笑)

クライアントさんには良いんですわ、資料として必要な場合もあるし


問題はユーザーやオーディエンスにまでそれを伝える必要があるのか?


って事なんですよ

ヒット曲出せて売れたからそんなゆとりある事言えるんだろ?

とか言った奴殺す、そんな考えだから売れねえんだよ(酷い)

本当にね、リアルな評価もらいたかったらユーザーやオーディエンスには余計な情報は与えない方が絶対良いから

もちろん、そういう売り方もあるだろうけど

難しい事だけどね、理想論かもだけどね、自分はそう在りたいなと思うわけです


あ、やべえ。冒頭長く書き過ぎた(苦笑)


えー、本題

今回はですね、以前からお世話になっている佐賀県発のエフェクターブランドであるSEA SIDE SOUNDさんをご紹介したいと思います!

こんな冒頭の後に(笑)

切り替え大事じゃろ!大人じゃろ!さあ、もっと近くに寄りなさい、ムフー(夜中モード)

ROAではすっかりお世話になってますね、ありがたやー

その内色々と発表される事もあるかもね、ずしゃしゃしゃしゃ!(笑ってます)

で、自分は以前よりどうしても三味線で使いたいエフェクターがありましてね

図々しくもオーナーのIWTさんにお願いしていたのです
18-08-14-02-22-58-179_deco
はい、きました!

わかりますか?

手前がエフェクターボードですね、これの一番左にあるシルバーのペダル
18-08-14-11-58-43-967_deco

これがお願いしていたディレイペダル「STORK DELAY」です


ディレイってなんぞや?簡単に言うと山彦です


ヤッホーヤッホーヤッホーヤッホー。。。


そんな効果を生み出してくれるエフェクターなんですね

実はもう何年も前からこのディレイを三味線に使いたいと思っていて色々と試したのですが

良いディレイペダルに巡り合えなかったのです

男と女の関係の様にタイミングもあると思うけどな!(どうした急に)


まず三味線ってとてつもなく音が細いんですよ


工夫はしてますが、やはり生楽器。もうギターとかとは比べ物にならない程繊細だったりします

で、エフェクターって通すだけで音が細くなってしまったりする場合もあるんですね

そこは正直、メーカーさんや金額で差が出てしまう場合も多いです

もう、最初に通した某メーカーさんのディレイはまるで使い物にならなかった(苦笑)


あとディレイには大きく分けてデジタルディレイとアナログディレイがあります


細かい事は割愛しますが三味線にデジタルディレイのペダルはいまいちでした

昔だけど結構高いの買ったのに相性が合わない印象でした

そこで今度はM社さんのアナログディレイを試してみたところ中々良い感じ

アナログディレイは音に温かみがある印象です

が、そのM社さんのアナログディレイはセッティングが一つしかできず使い勝手もよろしくないので最終的にあまり使わず手放しちゃいました

そんな積年の想いと経緯もあっての今回のSTORK DELAYの試奏でしたが結論から言うと


理想のディレイペダルでした


最初の印象、音太い!原音と変わらない!

これ、もの凄く大事です

他の楽器と混ざった時に特にわかるんですよ。少しでも音が細くなってしまうと埋もれちゃいます、つまり三味線の音が聴こえ難くなってしまいます


もう、主な良き所を羅列するとですね

・アナログディレイ最強クラスの音の太さ、素直な音の仕上がり
・2パターンのディレイタイムを設定できる
・セッティングがシンプルで扱い易い


よくチューンされてるなあと思いました

アナログディレイでディレイタイムを2パターンセッティングできるのは本当に大きいです

絶対にショートディレイとロングディレイで分けたい人多いはず(笑)

サイズ感やデザインも好みだったりしますがやはり音です音

自宅地下スタジオでこんな動画を撮ってみました


アンプはお馴染みROLANDのJC-120

三味線は生音もでかいのでアンプの音だけを拾う様に爆音で鳴らしてエアーでとってます

ちなみにエフェクターボードの上の方をSEA SIDE SOUNDのタオルで隠してあるのはですね

まだ公にはしていないとあるエフェクターがあるのですよ

それを通しております、その内発表されます


さて、少しロングディレイなセッティングにして最初は弾き三味線で軽く鳴らす感じで弾いてます

わかりますかね?弾き三味線でもしっかりと音が出てるでしょう?素晴らしいです

そして、途中から叩きの三味線になってますがここも凄いのは嫌な叩きの音にならずにしっかりと三味線の音でディレイが掛かっているところです

これがダメなエフェクターだと叩きのバスッ!バスッ!という音が耳障りの悪い感じで強調されてしまうんですよ

しっかりと音階も聴こえてるし凄いですね、これ


つまり使えます!


これでROAのステージではショートディレイを使って広がりが作れる様になります

諸星マン不在の時は少しセッティングを変えて三味線の存在感をツイン三味線の様に近づける事も可能かと(もちろん完全には無理だけど)

今回は三味線で試したわけですが、もちろんギターでも使用可能です

三味線(生楽器)でここまで使えるって事はギターにも当然マッチするでしょうねえ

SEA SIDE SOUNDのエフェクターは他にも使ってみましたがとにかくナチュラルさが基盤にあってそこから上手い具合にチューンされてる印象です

冒頭に書いた三味線の話に通じますなあ


基本ができてるからこそ色々とできるのです!


そんなわけで今回はエフェクターレポートでした

冒頭長過ぎてまた長くなってしまったけどまあ許せ

ちなみにこの記事がアップされる頃、わたくしは少しばかり旅に出てるはず

空気の良いところにね、ではまた!


SEA SIDE SOUNDのホームページはこちら
https://www.facebook.com/seasidesound/


大阪でライブするのは何回目だったかな?そして事件は起こった

18-08-02-11-00-32-000_deco

国内ライブは大阪!って書くと何かかっこいいけど事実よな

そして俺はあらためて思ったよ

アメリカに住んでた時も一時帰国する度に思ってたし今回も


日本て本当に行き届いた国だな





良くも悪くも


である

海外に出たら実感するよ、本当に色々な面でね


日本のおもてなしの精神は美しいし誇れる面でありつつ

過剰で甘やかしの域も存在するのは否めない


つまりtoo much、サービスの飽和状態だとも思うんですよね


例えば近年で起こった宅配便の問題

あれなんて正に過剰なサービスによる問題ですよ

便利なネット通販が浸透したのも起因してるし(そしてそのネット通販も過剰なサービスをどんどん打ち出す始末)

狭い国で沢山の企業がこぞっておかしな方向に競い合うから(しかも姑息なアナリストやらがお得感なイメージで実際はそんなにお得じゃない儲けまくりなビジネスモデルをどんどん打ち立てるからろくなもんじゃない)

その上、勘違いするカスタマーも増えてくる始末

お客様は神様です、をはき違えて捉えて調子に乗る客とか実際凄く増えた


あれもこれもあたり前


これって何気に人間の思考を止めてしまってる要因の一つにもなってると思う

だって、考えなくても便利なものが溢れてるからね

大袈裟でなく最初からそういう環境で育った人達は想像力も低くなってしまうだろうなあ、なんて心配になる


って事で


便利過ぎってよろしくないよ、実際

海外行ってみて、日本だったらこうなのに!あれがあるのに!ってなる時があって冷静に考えてみるとまあ無くても生活できるな、って何度かあった

あと俺は画期的、革新的なものと便利なものは別物だと思うわけです

便利なものって下手すると危険だなと思うわけです


ただし


お願いだから音楽制作で使う超絶便利なプラグイン、ニュートロンだけは許してくれ!


ニュートロンってのはね、人工知能(AI)がミキシングを自動でしてくれるんだ

単純に言うと音を良い感じに自動で仕上げてくれるんだ

クリック一つで!

AI最高!!ヒャッハー!!(台無し)

これが書きたかっただけなんだ、すまん

誤解無い様に説明するとそんな便利なプラグインを使う時はあくまで作曲の時だけです

本チャンRECの時は当然使いませんよ(笑)


さて、俺です。音楽家でありROAのキャップ髭ヲタ担当の坂本マニ真二郎です


大阪ライブでした!
今回は以前も横浜でも参加したA BARKING DOG NEVER BITESのイベントでした

ABDNB、本当にありがとう!

いや、本当に感謝しかないよ

前回のブログでも少し触れたのですがね、横浜に続いて今回も諸星マンがお休み

ABDNBのイベントではまだ7人でやれてないんですよ

それでも寛大な彼らには本当に感謝しかない

そして、個人的にはまだあまりメンバーさん達と接触できてなかったので少しずつ話もできたりしたのが嬉しかったり

今回はじっくりABDNBの音も聴けたし

音がかっこいいと更に仲良くなりたくなるよね


まぁ、ポンコツおじさんはもう手術後でボロボロでライブ後はホテルに籠ってましたが…


けど、9月はまた一緒だ!その時こそ!個人的にも完全復活や!

と思っております

楽しみですなあ


え?ROAのライブ?最高でしたよ、以上


何かあったっけな?うーん、前半は動かずに表現してたけど後半楽しくなって自滅した事と

あ、Masatomoがまた凄い事してたな。よくもまあ色々と思いつくもんだよ

まあ、ライブよりもこの事件ですよ↓
いつもの事なんですけどね(苦笑)

簡単に説明すると


殿ゴーチ、打ち上げでベロベロ(当然記憶なんてない)
  ↓
翌朝路上で寝てる所を見ず知らずのおっちゃんに起こされる(そして財布を失くす)


朝にホテルでその事を知ってゲラゲラ笑っておったわけです(酷い)

そりゃ、笑うわ(笑)今どきそんなバンドマン中々おらん、もう絶滅危惧種くらいおらん

すると殿ゴーチがROAの皆は既に車で大阪から帰った

とか言いやがるんですよ


え?俺も置いてけぼり?!ゴーチはわかるけど(酷い)俺も置いていかれたの?!!


焦りました、笑えませんでした
ちなみに間の悪い事に全然他のメンバーと連絡取れないんですよ(笑)

嘘でしょ?!本当に帰ったの??俺はゴーチと同じ扱い?失敬な!!(それが一番酷い)

みたいになってましたわ(苦笑)

結局みんなは寝てたってだけで皆と合流するまでゴーチとおったわけですが、やっぱりあの男は人間の進化の形ではないのかな?

さて…


色々発表されてますが、セルビアのバンド、Senshiとのツアーも120%何かあるだろな(苦笑)

Senshiに呆れられなきゃいいなあ(笑)


乞うご期待!!(すんな)


皆さん、準備は良きですか?Senshiとの怒涛のツアーがいよいよ近づいてますよ!

色々と色々と色々とありますぜ

何が起こるかは会場でね

中々体感できる事じゃないしね、損はさせないぜ?

我々ROAも全力でSenshiをサポートするよ

俺も諸星マンもSenshiのアルバムでも三味線を弾いてるから先行してアルバム聴いたけど


激烈かっこいいよ


ガチでね、その言葉に偽りないって聴けばわかるから

凄いもん引っさげて来日しやがる!ってくらいかっこいいよ

是非是非、Senshiのアルバムもライブもよろしく!


他にも色々と発表されたけどそれはまた次回のブログにて

まだ書きたい事もあるんだ、ここでしか書けない事とか

って事でまた

久々のブログ更新、全然まとまらないのでそのままアップします

18-07-30-10-03-53-518_deco
どもども、ご心配をお掛けしておりますが延命している音楽家&ROA第二の三味線&髭は飽き気味キャップ担当の坂本マニ真二郎です

これ、手術後ガチで死にそうになった時にこれが最後の写真になるかもと思って撮ったけど本当にやばいな(笑)

今回のブログは丸っと一カ月書かないという久々な事態でしたので(それほど忙しかったのか)かなり溜まっていた事をドバーっと書いていたわけですが


もうわけわからんです

まとまるわけない



延々と書いてる気がします。なのでどこでも好きなところから読んでください(笑)

とりあえず、最新の情報を先に書いておきますと…


手術した傷口が痛いです


ROAの海外遠征がアメリカとイギリスがあったので手術を先延ばしにしてましたが、イギリスから帰国してすぐに手術したばかり。今現在も痛くて中々にきついです(普通の動作は可能です)

ここだけの話

31日の大阪ライブは違った見せ方をしようと思ってやりました

いつもは割と暴れてやっとりますが、今回はもう素直に無理なのでマイナスをプラスに変える発想で個人的に特別感が出れば良いなと思いつつやり切りました

とは言いつつも後半はアドレナリン出まくりですから楽しくなっちゃって大変でしたね

ボーカルを喰ってしまうのではないかってくらいオーラが出てたと思います(調子乗り過ぎ)

Masatomoが一生懸命フロント張ってる中で、マニさん天才、かっこいい、抱かれたい!

とかなってもMasatomoが哀れなのでやめていただきたい

てか、こんなゴミカスポンコツ状態でもライブに出てOKを出してくれたメンバーに感謝ですね(事前にちゃんと相談しました)

諸星マンが持病でお休みしましたが寛大なA BARKING DOG NEVER BITESにも感謝しかないです

ありがたやー




さてさて、我らがMasatomoの話が出たのでその話を先行させるとMasatomoとは歌詞の話をよくするのですがちょい前も話をしました

彼の書く歌詞は大好きです

自分も未だに歌詞のお仕事は受けてますし、他人の歌詞(世界)は未だに興味津々であります

もう、暴露しまくりですけど内容としてはMasatomoの個性?でもある歌詞の縦読みをマニさんもアピールしてよと

これに関しては正直モヤモヤしてしまってね、ここだけの話として書こう

あれは確かに凄い、もうあのスタイルで何曲やってる?40曲くらい?

それでいてきちんとMasatomoの世界観を保っているし無理なく言葉選びもできてると思ってる、いやむしろ面白い言葉選びができてるってくらい

それくらい凄いとは思ってるんですよ


が、しかしどうしてもだ。自分が惚れた彼の面とその事が一致しない(笑)


最初の衝動って特に大切にしたいんですよ、俺は

初めてROAに触れたきっかけって細かいところは曖昧なんですけど、三味線入ってるロックバンド?そんなの居るんだ?俺だけかと思ってた!

こんなのがきっかけだったと思うんですが、次に必ず飛び込んで来るのは


ボーカルです


これが耳に入ってきて、ああ、最近こういうボーカル多いな、とか、良くも悪くも普通に上手いな、とか、別に周りの誰かを言ってるわけでなくて(笑)そんな印象なら間違いなく食いつきもしてない

後々サポートを頼まれても絶対受けてない

それくらい自分にとってはボーカルは大事なのです


で、ROAを聴いた時にすぐに思ったのはボーカルの声と歌唱法、そして節々に残る言葉の響き


これだけでも十分凄いボーカルだなと瞬時に思いました

Masatomoは決して上手いボーカルじゃないけど、そんなのどーでもいい

これ日本語?英語??声も良いし何か残るなあ


これが最初の衝動なのです


で、話が戻りますがこれに比べると縦読みって確かに凄いんですけど付加価値でしかないなってのが本音(本当にすまん)

もっと乱暴な言い方してしまうと、現在煮詰まってしまった有名歌手がたまたまMasatomoの縦読みを知って、これは良いぞ!これで返り咲きだ!ひひひ…とかでコピーされてしまったら恐らくその人の個性になります(笑)

そんでその人が凄い!天才!とか評価されちゃうエンタメ界あるある。挙句、Masatomoがパクリ扱いされる黄金のシナリオの出来上がりです


縦読みをディスってるのではなくて、俺からすると本当にそれくらいな付加価値的なものなんですよ

いや、だってね、俺は上で書いた衝動の内容が本当にボーカリストとして凄いと思ってるので


あれは声色も含めて簡単に真似もできませんからね


もう、十分に個性と魅力があるのですよ。いや、ガチでね。あんまり褒めると調子に乗るからここだけにしておきますけど(笑)

もちろん、歌詞も表現の一つだから大事な事に変わりはないんだけど、自分の中の音楽は言葉さえも音なのです

ROAで海外行って特に思いました、別に英語で歌う必要なんて全然ない。言葉を先行して伝えたいなら朗読でいいですよ

海外でもきちんと伝わりますよ?信念あれば言語や国境なんて超えれます

それじゃなんて歌ってるかわからないじゃん!って言う人、俺は英語できるけど英語の曲でも日本語の曲でも特にロック聴いてる時、リアルタイムで聴きながらどんな事を歌ってるかなんて一発で分かった事ないしそんな聴き方した事もない(笑)

昔KORNをアメリカ人の友達に、ここ何て歌ってるの?って聞いたら(輸入盤は歌詞カードすら入ってない事も多い)

いや、わからん

って言ってました。アメリカ人は英語圏だから何歌ってるか全部わかると思ってる?そんなわけねー!!

って事で

縦読みに触れるのはアリだけどそこまで推さなくて良いっしょ、という「個人の考え」なのでこの辺にしときます

裏を返せば、まーくん(Masatomo)君は十分凄いシンガーなんだよ!って事にもなります

歌詞とか気になったらCD買ったりで歌詞カードみて、言葉がわからんかったら自分で調べたらええんよ


あとMCも同じかな


MasatomoのMCは楽しいし面白いけどあれも付加価値

海外行ったら全く通用しないもん(笑)あの独特の雰囲気は出せんわ、久留米弁の独特なイントネーションと内容、日本限定だね

フランスで一度だけMasatomoがこう言え!って言った事を英訳してMCしたら全然ニュアンスが伝わらなくて俺が滑ったみたいになっとった(笑)そして俺が即興で話た事の方がウケとった

だから海外でライブするならMCは英語でできると強みだと思う、どの国でも英語は通用する。歌は別に絶対英語!じゃなくてもいい

海外のMCって会話多いのも特徴だからね

イギリスのUNDERWORLDでMCした時はかなりお客さんと会話しながらMCした

「会話」「対話」の場合はやはり英語できた方が強みになるよ、それは音楽ではないから


とにかく、Masatomoの歌はね、海外でも十分通用する


それをアメリカでもイギリスでも実感したのでした

おしまい



いや、何かもう鮮度の落ちた先に書いておいた過去ライブ?レポートを端折ろうかそのまま残そうか迷ってました(苦笑)

考えてみたら長野のライブからアメリカレポートとオノフェスレポートとイギリスレポートしてないんだけど(いつもの様に)

とりあえず頑張って編集してみたもののかなり端折りました

お暇な方はどうぞ↓(今回本当に酷いまとまりなさだな)


■アメリカ編■

海外で到着してすぐにBBQするバンド、ROAです

俺ね、LAに着いてから本当に調子悪くて。空港からレンタカー借りる時がピークで死にそうでしたよ(苦笑)

で、泊まるとこにはBBQセットやらなんやらあるし寝て起きたらこれですよ(笑)

本当に凄いバンドだ

何気に笑えたのはこの宿泊施設
18-07-30-11-08-17-723_deco
これ伝わるかなあ?(苦笑)ゴーチが寝てるね(笑)

何か元々はバーだった建物を改装して宿泊施設みたいにしてる感じ?キッチンとかもある

なので「良く言えば」コンドミニアムに近い

が、ベッドが10個くらい置いてあってね、一つのエアベッドなんて空気が全て抜けていったし(笑)

シャワールームとか本気の潔癖症が居たら絶対入れないレベルだし、ひぃぃ!!(元潔癖症)

極めつけがね、そのシャワールームに謎のおじさんがたまに入ってるしウロウロしてんの(苦笑)

真夜中にみんなで帰ってきたら車止めるガレージでアイロンかけてるし(真夜中だよ?)

あり得ないでしょ(笑)

あのおじさん、俺らにしか見えない妖精じゃないか?って話になるくらいおかしい状況だったわ

場所も何気にヤバい感じだったし

車でこの宿泊施設に向かってると街並みがね、雰囲気がね、わかるんですよ(苦笑)俺はアメリカに住んでたしこれ、ダウンタウンの雰囲気だなあって少し心配になってたら

案の定LAの関係者に話したら「この辺俺らでも泊まらないぞ?」みたいなニュアンスで言われました(笑)

初っ端から飛ばしてたなあ

何か共同生活みたいだったけど、俺はROAのメンバーとそういうの凄い楽しい!って思ってます

けど、宿泊施設は妖精の居ない様な場所が良いです(笑)


この話はまだ続くぞ


ん?ライブ?最高でしたよ(いつもの)

仲良くなったバンドのSounds Like Discoも良かった!また会いたいぜー!!

次の宿泊施設も飛ばしてたなあ、今度はラスベガスだったんだけどまたちょっと外れた所にありまして

いきなり着いたら近くのカギのかかったお店をガチャガチャ開けようとしてる輩が居るし(もちろん店員ではない感じ)

一発目にそれだもん(笑)泊まる所は最初の所と違ってきれいだったけど、面白かったのが同行したイングリッシュマンのジョシュが限りなく小声で


せっかくラスベガス来たから俺、普通のホテル泊まりたい…


秒で同意しました(笑)

値段もそこまでしないし俺、ジョシュ、Masatomo、諸星マンの4人はカジノに隣接したホテルへ
18-07-30-11-55-11-528_deco
ここ何階だったかな?ラスベガスを一望できる高層ホテル!

18-07-30-11-55-44-284_deco
ホテルの中に遊園地まであるスケール感!

これで安いんだもん、記念にもなったし泊まって良かったですよ!妖精おじさんも出ないし(笑)


あと前後しますが個人的に嬉しかったのが
ラスベガスに在住のダンサー、TOMOMIさんのお宅にお世話になりました

本当の本当にお世話になってしまって感謝感謝なのでございます!

ROAのJAIRO.MのMV観てください!TOMOMIさんのアクロバットも動きも美しくかっこいいです!


あとラスベガスではこんな事もありましたねえ
決死のストリート(と呼びたい)

だって、死ぬほど暑いから(苦笑)あの気温だと止まって観るのは辛い!やる方も辛い!

さて、ここでまた真面目な話するか(普段全然音楽の話しないしな)

ストリートって本当にシビアなんですよ

やってきた人はわかると思うけど

俺はもう過去のバンドで三味線担いで死ぬほどやってましたからね、良い時も悪い時も痛感しとります

楽しいだけじゃないのも知ってるし、垂れ流しでやっても意味がない(練習ならそれも良いが)


いかに興味を持たせるか?


ぶっちゃけ三味線は珍しい!人集まりそう!なんてのは希望的観測です

全然そんな事ありません

そんな甘いもんじゃねえんだよ!ストリートは!!(笑)

正直海外だとどうかな?と少しは自分も期待しましたがやっぱり同じでしたね

ただやってるだけじゃ人は止まらない

今回は炎天下の中諸星マンと二人でやったんですけど俺ら三味線DUOで活動してるわけでもないし、別に何も決めずにやったのもダメダメでした(笑)あたり前だ

本当に厳しいんですよ、ストリート

今後ROAでやる場合はもう、考え無しならやらない。やるならきちんと考えてからやる

日本でやってた時は時間帯から内容からきちっと考えてやって成果も得てたなと思い返してました

そもそも三味線二人でストリートやっちゃダメです(笑)自分がそういう見られ方されたくないんだなとやってみて思いました

せめてリズムが居てインストなら一人アコギとかで特別感出したり遊び心は付け足したい

それ以外は自由な表現して良いわけなので

その良い例がこれです↓
ストリートの場所を変えたりでウロウロしてたらバンドがステージで演奏してましてね

なんと、ボーカルの人が三味線を知ってたどころか、少し日本語話せるし

諸星マンは体調悪そうだったんで俺が飛び入りしてきちゃいました

楽しかったよ!そういうのが起こるのはいいよね


この時点ではまだ過酷な時が訪れるのを予想してなかったのであった


MV撮影です

まだ色々と発表してないので割愛しますがね、ざっくりと文章を羅列すると

・灼熱地獄40度以上、湿気無し、三味線の木が割れてしまう程のドライ
・車移動も地獄、サソリもおるよ!ガラガラヘビもおるよ!ついでにコヨーテも!

が、しかしだ

MV撮影は大変だったけどね、現地クルーであるLOSANGELS VIDEO CLUBの連中のおかげでね、凄く楽しくできた!

本当に楽しい連中でね、これまた早く会いたいよ!

彼らのテイストが詰まったROAのMVも素敵なので楽しみにしてて欲しい

今までのMVとは全然違うからね、お気に入りのシーンが凄く多いんだよなあ

おっと、これ以上は言えねえ、これ以上は言えねえ(うざい)

それと泊まるところがこれまた素晴らしかった、今までのところは何だったんだ?ってくらい天と地の差があるくらいのセレブ感

いやー、本当に楽しみにしてて欲しいな!いつ発表されるかはわからないけどね

とにかくお楽しみに!

i miss LOSANGELS VIDEO CLUB!!

彼らとはずっと過ごしてたからね、寂しさも大きかったよ

本当に良い連中でさ

俺は本当に思うよ?国境だの国籍だの関係ないよ、良い奴はどこ行っても良い奴だし、悪い奴はどこにでも居る、それだけだ

差別やらとかクソ食らえだよ、そういう事する奴らは国籍関係ないから、悪なだけの人間だから

あとね、俺はアメリカの大学に居た時に色んな国の友達できてね、色んな話をした

それこそ趣味の話や政治的な話、女の子の話も、文化の話も

お互いを認め合う上で上記の事を話せるのはとても美しい事ですよ、マジで

文化が合わないとかはたまにあるけどね、でもそれを否定する事も無いし

こういう事は視野を広くするって意味でもあると思うんだ


アメリカ編はこんな感じでした!



■オノフェス編■

アメリカから帰国して気も抜けない、余韻もまだ浸れない程だったね

帰国した次の日には渋谷duo Music Exchangeにてオノフェスでした!イエス!

投げ銭形式のライブですよ?初の試み!

これ、思っても中々実現するのは難しいと思うんよね、それをやっちゃうわけだからもっと凄いよね

出演するアーティストの価値は観る人が決めるって事で入場料は決めてません

ROAマジかよ!!クソかっこいいな!よし、5千円払っちゃおう

でも良いし

ROAねぇ…上手の三味線のオーラが半端ないから他のメンバーが弱過ぎてダメだわ、300円

でも良い(極端過ぎます)


すごいリアルじゃない?刺激的じゃない?攻めてない?


ここで話を脱線させます

俺はね、音楽家としての経歴はそれなりにあるんですよ。超絶ヒットした曲もあるし有名な声優さんとか芸人さんとの曲も割とやってます

けど、それらを公にする、しない、でうちのスタッフと大揉めしたんです

俺はいちいちそんなのを羅列して公にする必要なし、むしろ嫌。そんなのクライアントに知ってもらうだけで良いじゃん

って正直今も思ってます(最終的には俺が折れましたが)

ところがうちのスタッフは経歴を公にする事はスタンダードな事でそれを見たクライアントからオファーも来る事もある

だそうです

まあ、わかりますよ?けど、俺の意見はあくまでアーティスト側だってのも理解してる

嫌なんですよ、ユーザーがね、俺の経歴見て、え?こんなのやってるの凄い!ってなるとそれ以降そういう耳で聴いてしまう

逆も然り、ん?大した経歴でもないな、曲もどうせしょーもないんだろな!とかさ

先入観で決めてしまう事ってあまり好きじゃないんです、もちろん例外はあるだろうけどね

それなら常にフラットで、お!この曲良い!誰が書いたんだ?坂本マニ?、なんだこの曲、イマイチだな!ワロタ!とかの方が刺激的な意見も知れて良くないですか?

自身の向上にも繋がるし、誰も意見も言えない存在になるとか死んでも嫌だね(暴言は除く)


話を戻すとオノフェスの投げ銭はそれくらい刺激的なリアル要素が含まれてる


そこに凄く賛同できたのでした!

何気に出演も面白かったでしょ?アイドルとかダンスグループとかバンドがROAだけとか

そういうのもどんどんやるべきよ

そこも思うんだけど今の日本のリスナーを舐めたらいかん!彼らは色々聴いてるし寛容だよ

仲間同士でやるのももちろん楽しいけど、こういう異種格闘技みたいなの好き、もっとやりたい

色んなオーディエンス、リスナーと触れ合えるのも嬉しいんだよね

って事で

俺と諸星マンは共演した真っ白なキャンバスの冒頭で三味線でコラボし、ROAはバックメンバーとして彼女達をサポートもしました

あれも楽しかった

俺と諸星マンは特にそういうの好きですよ

スケジュールが合えば、そしてギャラもあれば(大事)どんどん参加するのでよろしく

俺は音楽家の活動をしてから三味線演奏の仕事も受けまくってるし

ROAになってから二人での仕事も増えてる気がする

お気軽にご相談ください(いつでもカマン)
ちなみに…

投げ銭の合計額も中々だったのが嬉しい

あそこに居た人達がちゃんと価値を見出してくれたりしたんだなと思うと更に嬉しい

これの規模がもっともっと大きくなったら更に楽しい事になるね

貴重な第一歩だったと思います!ありがとうでした!



■イギリス編■

俺、正直に話ます

イギリスのアーティストはビートルスやLED ZEPPELIN、THE POLICE、SEX PISTOLSは特に好きだったけど

全然イギリスの事知らなかったし興味もなかったんです(苦笑)

が、行ってみて超絶好きになりました

なんて素敵な国なんだ!

日本人がイギリス好きになるって理解できたわ

わたくし、海外は既に色んな国に行っておりますがイギリスは特にまた行きたいです

それくらい良かったです!

誰だ?!食べ物まずいって言ってたの?そんなの過去の情報か歪んだ固定観念だわ、食べ物美味しいよ?基本薄味で自分で味付ける感じも気に入ってる

ん?ライブ?最高だったよ?

まずはROAが海外で契約してるJPU Recordsには最大の感謝を述べたいです

一生懸命色々としてくれるし、俺とMiyo-Cくんは特にブースで売り子とかやってたけど楽しかったな




ハイパージャパンも楽しかったな

人人人人!人ですよ人!たくさんの人達に会えたし話もできた

俺自身もアニメの仕事に関わる事も多いから余計に嬉しかったよ

ありがとうでした!Thanx a lot!!


そんでですね、二日連続でライブをした後は一日オフでした


イギリス滞在中はずっとイングリッシュマンのジョシュのお母さんの家にお世話になってたのでした

めちゃ家も庭もでかい

てか、6日くらいお世話になっちゃうって限りなくA型に近い血液型O型の俺はですね、もう色々と気になってしまうのですよ

ジョシュのお母さんに失礼が無い様にしなくては!

と、

本当にとっても良いお母さんなんですよ!ジョシュも素敵だけどね、お母さんの作ってくれたスープの美味さは忘れられない

そんな居心地の良いお家ならゆっくり休みたいじゃないですか

BBQに行く!となり(本当にあいつらBBQ好きだな)秒で断りました(笑)

いや実際は俺は仕事が溜まりまくってて日本と電話しながらやり取りしなきゃだったので

そして、諸星マンは安定の不安定で病んでるので諸星マンと俺が家に待機、他の連中はBBQに旅立って行きました


ここでも書いておくか


諸星マンの病気は全然完治してません、なのでライブも飛ばす事がたまにあります

理解して欲しいんですよ、これはマジで

奴も悔しい思いしてるので

病んでるならバンドやっちゃダメ!なんてルール無いよね?ROAのルールでやらせてくれ(マジで)


そんな諸星マンと車でフラフラと街に買い物したり、チャイニーズレストランで食事したり、三味線チームはそれなりに楽しんでましたよ!


そうだ、イギリスの唯一の不満は車だ(苦笑)

俺は今回割と運転して(させられ)たんだけどもう、道がややこしくて日本の都心部より無理(苦笑)

しかも車はマニュアルです(笑)オートマじゃないからね

俺はアメリカでずっとマニュアル運転してたけどもう20年も前の話だし、道はそんなだし苦手だったなあ

特に交差点、ラウンドアバウトと呼ばれる信号のない交差点の主流なイギリスは中々大変ですよ(苦笑)気になる人は調べてください

ちなみに次の日はなんと、レコーディングでした

何をRECしたんでしょうねー、何でしょうねー

エンジニアのケニーはなんと、OASISとかビョークもRECしてる凄腕エンジニア

自分も音楽家してるので興味津々でしたが…


とんでもなかったです


まず、とにかく早い。音決めも早い。まるで見えてる様なスピード、あれは凄い

驚いたのは機材、下手すると少し前の世代の機材だけど見事に使いこなして駆使してる

最新の機材要らんな、これ

って思う程使いこなしてました

何よりね

ケニーとのレコーディングは楽しい

エンジニアさんで雰囲気変わりますからねー

ケニーは面白いですよ、楽しいし実力もあるし凄い人だった

余談だけど、次の日のライブにも来てくれてステージ終わって片付けしてたらケニーがやってきて

おい!お前そんなに英語できたのか!(MCを聞いて)スタジオじゃそこまで話してなかったから知らなかったわ!で、今日の事を諸星マンに伝えてくれ

お前は最高にクレイジーでクールだったと!

(笑)

諸星マンはどこ行っても言われる、最高の誉め言葉

実際ステージから見てても奴はクレイジーだ(笑)本当にニヤニヤしちゃうくらい

ケニーともまたレコーディングしたいな

どんな音源が出てくるかはまたお楽しみに



いよいよUNDERWORLDでのライブの日、いやーさすがに何かこう来るものがありましたね

この写真良くないですか?

こういうちょっとした事で俺はぐっとテンション上がるんですよ

あー、ライブね?最高でしたよ?ええ


なんかこの日は色々とMCで話したな

みんな和気あいあいで雰囲気も凄く良くて、対バンも楽しいし爆音だし

アンコールもやったけど、俺の好きな曲がリクエストされたのにそれはやらんかった!ぎぎぎぎ(何の曲でしょう?)

それと日本にも来てるDARKOがめちゃめちゃかっこよくてね

思わず見入って、聴き入ってしまった

ギターのクリスは三味線にも興味津々で、たくさん弾かせてあげたら…

うまいでやんの

動画も撮ったからそれはストリートチームの方で上げようかな

三味線に興味持ってくれるのは本当に嬉しい

弾きたい人とか欲しい人とか居たら遠慮なく相談してくれ

三味線=高い

ってのは昔の話、そんな事ない

俺は色々紹介できるのでいつでもカマン!仲介料とか取らないから安心してくれ(笑)


そんなわけでUNDERWORLDありがとう!またやりたい!


イギリスも濃かったな、最後の最後まで濃かった

100回以上乗ってる飛行機経験で初めてロストバゲージしたよ(苦笑)

しかも、スーツケースに三味線入っててエレキ三味線使う仕事を生三味線でやったわ(苦笑)

何にせよ今回も良き遠征であった




ここで読み返す


地獄の様に長げぇ

もう知らん(笑)まとまらんもん

何やら暴露もたくさんしてますけどね


当然や!ここは俺のブログや!俺が法や!


良い子の皆さんには伝わると思いますが「愛」をもって書いてますよ。ふふ!

では、この辺で

また


■ROA■
roa81.com/

■個人WEB SITE■
hhi-web.com/bc


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ