HYBRID HUMAN IDEOLOGY

作詞作曲編曲シンガーソングライター、三味線、ギター奏者ですが趣味もマニアックに語ります。某アイドル楽曲、南條愛乃、藩めぐみ、内田真礼の楽曲制作。RADIO FISH、蓮花の制作参加などが代表。BGM、TVジングル等の制作。音楽活動と並行してSE→元コンサルティング会社相談役を経て自社代表に。

九州3日連続ライブを終えた今

苦しかーーーーー!!!辛かーーーーーー!!!

18-10-11-08-19-47-846_deco
どもども

自分のブログをいい事に書きたい放題、またリハビリの日々でございます。音楽家でありROAの髭&キャップ担当、あ、三味線もね坂本マニ真二郎です

さて、ROAの九州ツアーでした

ストリートチームも含めて行く前から色々と書いてましたが


とにかく、なんとかなって良かった(苦笑)


これに尽きます

本番は全く問題ないですがね、そこに至るまでの距離や時間の中で体調を維持するのが中々大変です


持病とはいえ不甲斐ないよ(苦笑)体調を維持する事にも集中してましたがもう一つ注意していたのが


調子の悪い時に外界と繋がらない


これです

どういう事かと言いますとね、体調悪くてネガティブな時って俺の場合はやっぱり気持ちもダメになります

世界を呪うくらい、世界にある呪いも呪うくらい

そんな時にスマホなんて触ったらSNSでロクな事書かないし(実際ちょっと書いちゃったし)

連絡あったりしたら弱音吐くのはある程度はよしとしても聞く方は嫌な気分にもなったりしますよね(人間は必ず限度がある)害悪にしかならん


つまりそれくらい悪いです(苦笑)


幸い自分のしてる仕事は制作がメインなので殆ど自宅スタジオでできるわけですが、ツイッターなどで見てくれてるクライアントさんにも心配掛けてしまったり(本当にすみません…)

こう書いたところでどれだけの症状かわからないと思いますが

喘息の人はわかるかも、あれの相当酷いやつなので想像を絶するレベルです

調子の良い時と悪い時は計れないので何時どうなるかもわかりません(毎日ビクビクです)


なので自分としてはこれ(九州ライブ)、こなせるか?と不安だらけだったりしたわけです

かなり徹底してリハビリもしたし九州では抑制して過ごしましたが、これも先にツイッターなどで書きましたが周りの人達に沢山助けてもらい支えてもらいました

本気でキャンピングカー俺も買おうかと思った(笑)あれは凄い、ベッドで寝ながら移動できる

同時に沢山迷惑を掛けたのでメンバーを含め、関係者さん達などなど、申し訳なくも思いつつ


やれて良かった


と、自分の中では今回の九州ツアーは相当大きな事となりました

大袈裟に聞こえるかもですがね、自分からするとそれくらいの事でした


上で本番は大丈夫って書きましたが、ライブの時はやはりテンション上がるんですかね、楽しくなると調子も良くなります

ただ、笑い過ぎると死ぬ(笑)何度か死ぬ程笑う事あって文字通り死ぬかと思ったので困ったものです(あいつらめ)


こんな状態だったけど


やっぱり自分はステージにも立ちたい人なので可能な限り立ちたいものです。けど、周りに心配掛けて迷惑掛けても嫌なので無理はしないです
自分は初の小倉!

ベースのMiyo-Cくんの実家も近い!で、びっくりしたのは駅前の都会感、完全に舐めてました。無人駅のある長閑な所かなあと勝手に妄想してました

うちより全然都会でむかつきます(ぎぎぎ)

とにかく、自分の浅はかな妄想を裏切り良き所でございました


佐賀は思い入れも強いし、色んな事があったので長くなりそうだ

BIG SMILEのただしくん、そして主催のハリケーンミキサー、特に彼らには感謝したいです

俺はハリケーンミキサー大好きなんですよ

こっそり通販でCDも買ってるし、メンバーも大好き

ただしくんも含めそんな彼らが一生懸命に動いてくれたイベントでした

どうもありがとう

そしてこれ↓
18-10-06-18-34-06-396_deco

すっかりお世話になってる佐賀のエフェクターブランド、SEA SIDE SOUND(以下SSS)

今回のツアー3日間はなんと、ROAが使ってる我々ROAモデルを含めたエフェクターの展示をしてくれました

日本初!世界初!物販でエフェクター!

見えるかな?

諸星マンモデル、マニモデルもあるのです!

って事は殿モデル、Shuモデル、Miyo-Cモデルも?ん?よく見るとハリケーンミキサーモデルもAKABAモデルもあるぞ!


三味線エフェクターはかなりこだわって試してきました


自分が最初のバンドでデビューしたのが2004年か?なので約15年間ずっと機材を変え形を変え探求してきた事になります

もう、何十個試したかわからない、決して留まる事はしなかったです(性格的にも)

自分のファーストお師匠もエレキを使う時があるので情報交換したり

これ(エレキ三味線で)いけるんじゃないか?

と、リサーチしつつ試して当たりもありましたが大損した事もありました(笑)


そんな経緯もあるので良い製品じゃないと使いません


普通は使える製品じゃないと使わないのはあたり前ですよね?

SSSはお世辞抜きに素晴らしいです。贔屓目無しに…あ、いやあります(笑)や、だって社長のIWTさんがとても素敵な人でしてね。そういうのも大事じゃないですか?

自分はいくら評判の良い店でも店側と合わないなら「無い」ですわ

IWTさんは今回自分のエフェクターを作る際もこちらの要望には要望以上に応えてくれる

そんなやり取りの中できたエフェクターなので当然ステージでガンガン使ってます

18-10-11-08-22-41-533_deco
SSSの工房にもお邪魔しちゃいました、こういうの燃える(笑)プロトタイプ

がっつりガン見してきました!あざっす


三味線エフェクターなんて需要少ないだろ!


え、本当にそうです(笑)けどね、

三味線の様なごまかしのきかない生楽器に使えるって凄い事なんですよ

つまりだ、ギターやベースにも余裕で対応できるわけです

逆に言うと、ギターやベース向けにチューンされたエフェクターを三味線で使うと厳しい時が多いです

なので三味線エフェクターは他の楽器にも十分使える仕様になっております!


おっと、ついオタッキー(この言い方懐かしい)な話になっちまったぜ


SSSのIWTさんには他にも沢山世話になってしまい本当に感謝しとります。ありがとうです!

ライブは小倉につづき最高でしたよ?

関東に居る諸星マンと本番中に中継するわ

その準備の穴埋めでMiyo-Cくんが氷室京介さんの物まねをさせられたのに、終わったらすぐMasatomoがマイペースに塩対応するわ

そんでこれ

自分のブログでこれを貼らなくていけないとは…ぐぎぎぎぎ


Miyo-Cぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!


もう、福岡でのライブの事書くのやめようかな(苦笑)うう

皆まで語りませんが福岡でのライブは最高潮に楽しかった

ROA主催イベントを良い事に…


好き放題(笑)


てかさ、自分でこういう事言いたくないけどさ、

こんな優しい先輩おらんよね

俺の頃の先輩達は本当に恐ろしくて殺されるレベルだってのにブツブツブツ…

昔の俺を知ってる人達でROAをよく知らない人達はたぶん、俺が自らやった事になっていてご乱心したのだろうと思ってると思う

許せん…

と、思ってたらSE冒頭で酷い目にあうし(どうぞ↓)


許せん!

挙句の果てにリーダーAKABAくんまで無理やりフロントに立たせて歌わせる始末

あいつら許せん!!

あと何があったっけ?

あ、唸ルシストの途中で俺がベース担いで後ろからMiyo-Cくんが弾くというまさにやりたい放題な演出もあったな

あれは楽しかった(中々経験できんぞ、あれ)


本当にこのバンドやりたい放題だな(笑)


最終的に体調ボロボロだったけどライブは本当に楽しかったよ

それでお客さんが喜んでくれるなら自分は本望です

例えば俺に息子が居て父ちゃん!あんな事してたのかよ!かっこ悪りぃ!父ちゃんのせいで学校でいじめられたじゃんか!

すまん…まだ見ぬ息子よ…悪いのはあいつらだ!!(そこでそれ言うのもかっこ悪いな)


そんな感じでございます


対バンの仲間達、ファンの皆さま、そしてROAのスタッフをやってくれてるやっこちゃんにも沢山感謝です。ありがとうございました


楽しんだ分、またしっかり静養してリハビリもしなきゃです

病院の先生には最低一カ月は休まないとダメだ!と怒られてるが

やる事やってやる事やる

何かアスリートみたいになってきたけどライブっていつも思うんだが肉体労働、フィジカルトレーニングに近いよなあ

仕事も溜まってるし、とにかく生きる事を頑張ります

この先もまた色々ありますよ


個人的にもROAでもね


まあ、今更驚く事はないかもだけどしっかり応援してくれたら嬉しいです!

次は俺の生まれ故郷である島根でライブ!11/3のBURST MAXでお会いしましょう!皆旅行がてらでも遊びに来て来て!

島根は良いとこだけぇ

ほな(締めは九州の飯テロ写真で)

18-10-11-08-23-14-882_deco
18-10-11-08-26-27-711_deco
18-10-11-08-26-53-124_deco

Senshiとのツアーを通じて自分は

18-10-01-01-02-20-801_deco
なんてハレンチな恰好をしてるんだ、俺は…この話は最後にするとしよう


どもども、10月に入ってしまいましたが音楽家であり、ROAの第二の三味線であり、自社や地下にあるスタジオでシコシコと仕事もしている坂本マニ真二郎と申します


ここらで簡単に自己紹介も交えようかと(最近はじめましての方も増えました)

島根生まれのアメリカ帰り、バンド歴●十年、それと並行してサラリーマンを経て自社を登記し地下にスタジオを持つ音楽家でもあるハイブリッドヒューマンです

三味線は母親の影響で始めたのですが兄に洗脳されヘヴィメタルが好きです(好みは偏ってます)

漫画とアニメとゲームが好きなヲタクでもありますが近年はアニメとゲームの仕事にも携わっております

昔からの座右の銘は「弱いまま強く生きる」です

ちなみに人からよく何を考えているのかわからないと言われますが、その通りで特に何も考えてません

聖人君子でも何でもない、クソみたいな&隠したい過去もありつつそれらを抱えながらも一生懸命生きております


…もういいか


こうして自己分析の様に見るとレアで変なおっさんなのかもなあ

なんて思うけどもう関係ないよ、こんだけ多様化が進んだ時代だ。生きてる間に色々やった方が良い

昔はロックの先輩にリーマンしながらバンドやってんじゃねえ、とお叱りを受けましたが心の中では…いやいや、全部本気でやってるしアンタより稼いでアンタより音楽で食えてっから、とロックな?気持ち(意地悪)を持って今もこの世界におりまする

とにかく考えるよりやれ、です

一生こんな感じだと思いますがこんな自分で良かったらよろしくお願いします


さて、本題です


来てましたね?セルビアからでっかい男4人が!Senshiが!

9/5から来て18に帰ったのかな?

長い様で短く感じたなあ

まず最初に言わせてくださいよ


Senshiを日本に呼ぶ為に支援してくれた沢山の人達、関わってくれた人達、知ってくれた人達

本当にどうもありがとうございました


自分は感動すら覚えましたよ

なんて美しい形なんだろうって思ったし、なんて愛されてるバンドだろうと思った

最初は日本から数人のアーティスト達が関わって…

そこからちょっとした話題が広まって我々の耳にも入って…

クラウドファンディングを使って日本に呼ぼうと動いて…

無理だの何だの言われても実際は沢山の賛同者が支援してくれて…


本当に実現したわけです


凄いとも思うけど、それよりも先に書いた通りとても美しい形だなって思うんですよ

一人一人のちょっとした関わりが大きなものを生んだ、創った気がしませんか?

自分は名古屋、大阪、京都、仙台、渋谷と全て彼らと一緒に回ってみて各地でそれらを感じてました

途中からボロボロでしたが(笑)


幾つか、裏話もしたいな

これは誰が一番大変だったとか、凄いとかそういう話ではなくて

それでもROAのShuちゃんは誰よりも行動してたし動いてたと思う

自分も長きに渡ってコンサル業をしてたからこそ身に染みる話になるわけですが

ああしたい、こうしたい、という話は割と会議で上がりますが、それを具現化する役割に位置する人間は本当に労力が要るわけです

そして責任も伴います、大抵の人は責任なんて取りたくないんですよ

そう思う人ってのは「失敗」を先行してイメージしてしまってるんですね

自分もそういう時はたまにあります。けど、そればかりになると何もできない人間になってしまうので心当たりのある人は気を付けたまへよ

Shuちゃんはとにかく、早い。そしてROAのメンバーもそれに乗っかるのも早い

そしてROAのメンバーだけでなく賛同してくれて沢山動いてくれた人達が居ます


面白そう、いいね!やろう!


いつも思うけどROAは割とこんな感じで何事も早く決まるけど、賛同者達もそんな感じだったかと

面白そうじゃないと動かないけどね(割と大事な基準)

と、言った感じでどんどん決まってあれやこれをやってきましたが実際本当に大変でしたよ(笑)

個人的な事で言ったらSenshiのアルバムでまさかあそこまで三味線弾くとは思ってなかったよ、俺(笑)


もちろん、やって良かった


そう思えるのはSenshiとツアーをどんどんやっていって実感したものです

とにかく、喜んでくれる人達が沢山要る(これ)

それがダイレクトに伝わる事が多くて、そりゃもう嬉しいに決まってます

不思議な感覚なんですけど、自分のバンドじゃないのにSenshiの事は自分の様に嬉しかったなあ

みんなも同じ様に感じてなかったかな?

よく聞く言葉でみんなも(Senshiの)メンバーだ!みたいなさ、いや、本当にそうだったよな(笑)ってならないかな?関わったアーティストもお客さんもさ、少なくとも俺は不思議とそんな感覚だったよ


Senshiを通じて沢山の人達と関われました


馴染みの連中も居たし、初めましての人達、前々からSNSなどで知ってた人達とかもね

本当は…本当はもっと関わりたかった(苦笑)これ、本音

だってね、これまた大好きな熱い人達ばかりで沢山お話したかったんですよおおおおおおおお

体調管理が徹底できなくてあまり絡めなかったのは本当に悔しかった

まあいーか(あっさり)なぜならまたきっと会える(本当は全然納得してないけど)

あらためて皆さんには感謝しております&また会いたいです


そろそろSenshiの事も少し書こうかな、うーん


覚悟してたけど、初めて4人見た時はやっぱりデカいな!でした(笑)

けど、死ぬほどMVも観てたしAdamとは特にかなりやり取りしてたから割とすっと馴染めた気がした

みんなナイスガイ、本当にナイスガイ


以上(笑)


うーん、Senshiに関してはさ、あの激烈かっこいいアルバムでもう説明不要よな

知らない人は是非聴いてみてくださいよ

配信もやってるし、通販でCDも買えますよ

■配信はこちら■
https://linkco.re/gFG83Ggv

■CDはこちら■
https://roa.thebase.in/


めちゃくちゃ熱い事書こうとしてたけど途中で消した(笑)

書けば書くほど単なるマニアじゃねえかみたいな内容になったのであっさりと消去

あんだけ一緒に居て、泊まるとこも一緒だったりもあって音も一緒に出したしなあ

俺はSenshiが大好きだし、彼らは本当にナイスガイです

そんな感じかな

本当に楽しいツアーだったな、Senshiにも感謝







冒頭からここまでかなり改編しとります

と、言うのは書き出してから随分と時間が経ってしまったのです

ここから個人ブログ全開な内容いきます(なので俺個人に興味無い人は読む必要無しです)



このブログ何年だっけ?引っ越ししてから7年、その前も含めると10年やってるって前に書いたか

なので昔の読者も居るのでわかる人もおりますが、自分は元々肺が弱くその持病が決定打となってバンドも引退した様なものです

バンドを引退してからROAで三味線鳴らすまで4年弱のブランクがありましたかね

その間は音楽家活動をかなり我武者羅にやってましたよ(正確にはバンド活動時期と少し被る)

で、タバコはもちろん、空気の悪い所も避け、風邪なんて絶対ひかない様に徹底した生活を送ってましたが

いつしかそれが徹底され過ぎて日常になってしまったのがいけなかった(苦笑)

危機感も薄れ過ぎてしまったし、心のどこかで俺は普通だと思いたかったのも否めないし、とにかく今回のツアーでかなり油断してしまいました


もうね、本当に文字通り死ぬかと思いました


すっかり忘れちゃうんですよね、人って忘れますよね

風邪とかひいたら絶対ダメだってのに、肺炎率が高まります、拡張剤や呼吸器ないと死にます

あ、今思い出したけど2017年の夏からROAで三味線弾いたけどあのツアーの時も発作出てたんだよな

ずっと咳してた記憶ある。喘息みたいなものなんですけどあの時はまだマシな方だった

まあそんな割と厄介な持病なので何年と風邪なんてひいてなかったんだけど完全に油断しました

大阪でまさかこんなに酷くなるとは想像もしてなくてかなり焦りました

仕事で使ってるフェイスブックでは書き連ねましたが、とにかく酷い状態

咳で呼吸困難で死ぬ、マジで死ぬ

咳で半日以上は潰れるし、左耳が聴こえなくなって鼓膜切開やら、流動食しか受け付けなくなって味覚消失、望まないダイエット-4.6kg


自分が普通の健康状態ではない事を本当に忘れてました


今はかなり良くなってはいますがリハビリも必要で冒頭の写真の様に妙な恰好してウォーキングしたりしとります

異様に体力が落ちてしまうんですよ

ただ、正直治らないものなので生活もまた一変させないといけなくなりました

元々ミニマリストみたいなものだから良いけど今後は東京と空気の良い遠い地を行き来した生活になります。家族とも相談して決めました

制約は出てきますが音楽はできるし仕事もできるので良いかなと、ただウィンタースポーツが盛んな地でもあるので絶対にスノボとかスキーはやらない様にしようとも思います、恐らく怪我する(苦笑)

勢いで書きましたがそんな感じです


さて、三味線のリハビリもしなきゃです(これが一番怖い)

まあ俺は天才だから大丈夫だけどな(そうらしい)

人に寄りけりですが、毎日三味線弾かないとダメな時もあるけど、俺の場合毎日弾くとわからなくなってしまう時があるので離れる事も大事だなと過去の経験から思ってます

突然変なクセが取れて苦手だったものが弾ける様になってたりとかあるの俺だけかなあ?

だとしたらやっぱり天才だよな、うん


そんなこんなでご心配なくです!心は元気です!

Senshiにも心配掛けちゃったし一部の方々にもご心配お掛けしておりますが元気です!

ある意味自分の状況とか立場を再認識できたという意味でもSenshiには感謝だ

死ぬほど苦しいけどね(苦笑)咳だけはたまらんよ


とりあえず


九州3連続ライブはしっかりやり遂げたいとは思って仕上げるように努めてますので是非カマンです

諸星マンは関東で三味線の発表会だけどね(笑)


では、今回はこの辺で

また良くなったら他に書きたい内容もあるので(楽しい話題です)その時はまたお付き合いください

ほなな

久々に音楽家らしく紹介したいものを書いてみつつドロンします

はぁ…コミケ行きたかったな…

さぁ、また冒頭からド派手に脱線していこうぜdude

ありがたい話ですがここんとこ三味線のオファーが非常に多い音楽家でありROAの髭ヲタキャップマン、坂本マニ真二郎でございます

最近発表されたセルビアからの音楽戦士達、Senshiのファーストアルバムでは5曲三味線弾きました。これね↓
Senshiのアルバム、本当にかっこいいよ

自分が弾いてるからとかじゃなくてね、俺メタル大好きだからってのもある

特にSenshiの打ち出すメタルサウンドはドストライク

そこにVo.Adamのレゲエな歌が乗るから新しい!是非ダウンロードしまくってください!


他にも三味線の仕事はちょくちょくしてます

確実に東京オリンピックの影響もあると思うんですよね(多少)

でね、クライアントさんには話す時もありますが、ちょくちょく三味線の事に詳しい方から聞かれるのが


自分の三味線の流派(師事の事です)


これ、昔にも書いた記憶あるな。昔は説明するの面倒なので(おい)「ないです!」って答えてたんですが最近は「色々ですー!」みたいに答えてます


間違ってはない、ないけどある


って事です

じゃなきゃここまで弾けるわけない、独学なんて無理&面倒

前も書いたかもですが生三味線担いで袴着て古典や民謡を弾く時もありますよ

何でもそうだけど基本も大事ですからねえ


ただ、名取はしてないです


ROAで言うとわかり易い、諸星マンは名取してます。澤田流ね、ちゃんと名前も襲名しとります

誤解されない様に書いておくとそれはそれで良い事なんだぜ?特に教わり教える時は名取してた方が良いし安心よ

ちなみに俺の最後に教わった方は●●流の女流の方でしてね、名取も勧められたけどしませんでした

理由はこれまた色々

三味線だけでなく音楽家としての活動がメインだったし

もっと言うと古典は他の方に任せるし自分はそういう見られ方や評価をされたくないです

クソみたいな嫌な思いもしたしな(笑)

このバランスって凄く難しくて下した決断でもありました

先に書きましたが音楽家がメインでありたいわけです

実際、作詞作編曲で食ってますし


三味線も弾ける音楽家ではなくて、音楽家で三味線も弾けるのが良いわけです


え?マニさんて●●流なんですね!

みたいな流派だけで評価されちゃうのが特に苦手

自分でも理解してるんですけどこれはアーティスト側のこだわりです

ツイッターのプロフィールやこことか、この経歴↓も同じ

http://blog.livedoor.jp/hhiweb/archives/50524507.html


もう、スタッフTMRくんとはこの事でかなり議論しました(揉めたと言ってもいいな)

折れたのは自分ですが(苦笑)正直自分は未だに過去の経歴を公にする事に納得はしてません(笑)

クライアントさんには良いんですわ、資料として必要な場合もあるし


問題はユーザーやオーディエンスにまでそれを伝える必要があるのか?


って事なんですよ

ヒット曲出せて売れたからそんなゆとりある事言えるんだろ?

とか言った奴殺す、そんな考えだから売れねえんだよ(酷い)

本当にね、リアルな評価もらいたかったらユーザーやオーディエンスには余計な情報は与えない方が絶対良いから

もちろん、そういう売り方もあるだろうけど

難しい事だけどね、理想論かもだけどね、自分はそう在りたいなと思うわけです


あ、やべえ。冒頭長く書き過ぎた(苦笑)


えー、本題

今回はですね、以前からお世話になっている佐賀県発のエフェクターブランドであるSEA SIDE SOUNDさんをご紹介したいと思います!

こんな冒頭の後に(笑)

切り替え大事じゃろ!大人じゃろ!さあ、もっと近くに寄りなさい、ムフー(夜中モード)

ROAではすっかりお世話になってますね、ありがたやー

その内色々と発表される事もあるかもね、ずしゃしゃしゃしゃ!(笑ってます)

で、自分は以前よりどうしても三味線で使いたいエフェクターがありましてね

図々しくもオーナーのIWTさんにお願いしていたのです
18-08-14-02-22-58-179_deco
はい、きました!

わかりますか?

手前がエフェクターボードですね、これの一番左にあるシルバーのペダル
18-08-14-11-58-43-967_deco

これがお願いしていたディレイペダル「STORK DELAY」です


ディレイってなんぞや?簡単に言うと山彦です


ヤッホーヤッホーヤッホーヤッホー。。。


そんな効果を生み出してくれるエフェクターなんですね

実はもう何年も前からこのディレイを三味線に使いたいと思っていて色々と試したのですが

良いディレイペダルに巡り合えなかったのです

男と女の関係の様にタイミングもあると思うけどな!(どうした急に)


まず三味線ってとてつもなく音が細いんですよ


工夫はしてますが、やはり生楽器。もうギターとかとは比べ物にならない程繊細だったりします

で、エフェクターって通すだけで音が細くなってしまったりする場合もあるんですね

そこは正直、メーカーさんや金額で差が出てしまう場合も多いです

もう、最初に通した某メーカーさんのディレイはまるで使い物にならなかった(苦笑)


あとディレイには大きく分けてデジタルディレイとアナログディレイがあります


細かい事は割愛しますが三味線にデジタルディレイのペダルはいまいちでした

昔だけど結構高いの買ったのに相性が合わない印象でした

そこで今度はM社さんのアナログディレイを試してみたところ中々良い感じ

アナログディレイは音に温かみがある印象です

が、そのM社さんのアナログディレイはセッティングが一つしかできず使い勝手もよろしくないので最終的にあまり使わず手放しちゃいました

そんな積年の想いと経緯もあっての今回のSTORK DELAYの試奏でしたが結論から言うと


理想のディレイペダルでした


最初の印象、音太い!原音と変わらない!

これ、もの凄く大事です

他の楽器と混ざった時に特にわかるんですよ。少しでも音が細くなってしまうと埋もれちゃいます、つまり三味線の音が聴こえ難くなってしまいます


もう、主な良き所を羅列するとですね

・アナログディレイ最強クラスの音の太さ、素直な音の仕上がり
・2パターンのディレイタイムを設定できる
・セッティングがシンプルで扱い易い


よくチューンされてるなあと思いました

アナログディレイでディレイタイムを2パターンセッティングできるのは本当に大きいです

絶対にショートディレイとロングディレイで分けたい人多いはず(笑)

サイズ感やデザインも好みだったりしますがやはり音です音

自宅地下スタジオでこんな動画を撮ってみました


アンプはお馴染みROLANDのJC-120

三味線は生音もでかいのでアンプの音だけを拾う様に爆音で鳴らしてエアーでとってます

ちなみにエフェクターボードの上の方をSEA SIDE SOUNDのタオルで隠してあるのはですね

まだ公にはしていないとあるエフェクターがあるのですよ

それを通しております、その内発表されます


さて、少しロングディレイなセッティングにして最初は弾き三味線で軽く鳴らす感じで弾いてます

わかりますかね?弾き三味線でもしっかりと音が出てるでしょう?素晴らしいです

そして、途中から叩きの三味線になってますがここも凄いのは嫌な叩きの音にならずにしっかりと三味線の音でディレイが掛かっているところです

これがダメなエフェクターだと叩きのバスッ!バスッ!という音が耳障りの悪い感じで強調されてしまうんですよ

しっかりと音階も聴こえてるし凄いですね、これ


つまり使えます!


これでROAのステージではショートディレイを使って広がりが作れる様になります

諸星マン不在の時は少しセッティングを変えて三味線の存在感をツイン三味線の様に近づける事も可能かと(もちろん完全には無理だけど)

今回は三味線で試したわけですが、もちろんギターでも使用可能です

三味線(生楽器)でここまで使えるって事はギターにも当然マッチするでしょうねえ

SEA SIDE SOUNDのエフェクターは他にも使ってみましたがとにかくナチュラルさが基盤にあってそこから上手い具合にチューンされてる印象です

冒頭に書いた三味線の話に通じますなあ


基本ができてるからこそ色々とできるのです!


そんなわけで今回はエフェクターレポートでした

冒頭長過ぎてまた長くなってしまったけどまあ許せ

ちなみにこの記事がアップされる頃、わたくしは少しばかり旅に出てるはず

空気の良いところにね、ではまた!


SEA SIDE SOUNDのホームページはこちら
https://www.facebook.com/seasidesound/




■ROA■
roa81.com/

■個人WEB SITE■
hhi-web.com/bc


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ