June 09, 2006

ダックスフントの恐〜い病気



病気の早期発見

病気の多くは、早期発見することで予防することができます。愛犬の健康を守るのは、飼い主のあたなの役目ですよ!
ダックスフンドの病気についてすこし勉強て、愛犬のちょっとした変化・病気のサインを見逃さないようにしましょう。もし
異変を発見したら放っておかずに、早めに病院へ連れて行ってあげましょう。

なんかへん?
歩き方 歩き方 どこかの足を引きずる,足が地面に引っかかるようにあるく,歩くことを嫌がる
充血している,角膜に傷がついている
耳がただれている,いつもとは違う異臭がする
歯茎が赤く腫れている,歯茎から出血がある,口臭がくさい
お尻をずりずりと引きずって歩く,下痢や便秘気味   

▲TOP▲
   

一般的な病気

ダックスフンドがかかりやすい日常的な病気のいくつかです。初期症状を発見したら放っておかずに、早めに病院へ連れて
行ってあげましょう。
 
原因
皮膚炎 ダックスフンドに限らず多くの犬にみられる厄介な病気です。人間の皮膚病同様になかなか完治しません。感染によるもの・アレルギーによるものさまざまな要因が考えられます。
胃腸炎 食欲旺盛なダックスフンドにはよくみられる病気です。食餌の変化、環境の変化、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。たかが下痢と軽くみてはいけません。
【備考】 そのほかにも指間炎,角膜炎,膀胱炎,耳ダニ症等さまざまな病気があります 

▲TOP▲
   

ダックスの特有病

ダックスフンドが特にかかりやすい要注意の病気のいくつかです。早期発見と適切な治療が必要で、疑わしい症状が
見られた場合は専門医に見てもらいましょう。

症例
後天性
パターン牲
脱毛症
ダックスフンドに多くみられる原因不明の脱毛症です。おもに脱毛する部分は、耳介・耳の後ろ・大腿部の尾側・腹部なので、はじめは全体的に薄くなる程度ですが、成長とともに完全に脱毛してしまうこともあります。脱毛以外には健康上に問題はありません。
白内障 眼球全体が縮んでいく「小眼球症」が多発し、白内障や網膜剥離を併発する恐れもあります。白内障は眼の水晶体が白く濁ってしまう病気で、進行すると視力が低下しやがて失明してしまいます。白内障は先天性の場合もありますし、6才以上であれば老齢性白内障の場合もあります。
糖尿病 膵臓から分泌されているホルモンのインシュリンが不足することによって、体にさまざまな不調があわられる病気です。糖尿病の原因の多くは肥満からくるものでダイエットをすることによって症状が消えることもあります。異常に水を飲む、排尿の回数が増える等の行動がみられたら要注意です。
尿路結石 腎臓や膀胱から流れてきた石が尿道につまることによって引き起こされる病気で、雄によくみられます。
てんかん 突然、足をつっぱり倒れてしまうのが「てんかん」の症状です。てんかん発作には、意識がなくなって倒れ痙攣するといった重度のものから、体の一部がぴくぴくと震える程度の軽度のもまであります。てんかんの原因にはいくつかあり、ダックスフンドには遺伝子性の突発性てんかんがおおくみられます。
椎間板
ヘルニア
背骨と背骨のあいだにある軟骨「椎間板」に異常が起こることにより引き起こされる病気です。脊髄が圧迫されると患部の痛みはもちろんのこと、師しに伝令がいかず、麻痺を引き起こしたりします。もともとダックスフンドは「椎間板」に異常が起こりやすい軟骨異栄養性犬種だということを覚えておいてください。

▲TOP▲
   

 遺伝子の病気 (親からの受け継いでしまった) 

不幸なことに、親から受け継いでしまった病気のことを「遺伝子疾患」といいます。これは遺伝子レベルでの病気なので、
症状を食い止めることができません。また、病気によっては完治することが不可能な場合もある病気です。

症例
進行性
網膜萎縮
遺伝性で、回復することのない盲目となる病気です。症状は、子犬は生後6週間ころに夜盲症の症状から始まります。暗くなると物にぶつかったり、足を踏み外すなどの異常が起きます。 成長に従って視力の低下が激しくなりますので、それまで追いかけていたボールを追えなくなったり、活発な行動をとれず、座り込んで頭を振るなどの様子を見せます。この病気が発病すると最終的には失明することがほとんどです。
角膜異栄養症
角膜ジストロフィー
遺伝性で、両側性に現れる非炎症牲の病気です。症状は、角膜の表面に透明でない物質が蓄積し、角膜が白濁して見えるようになります。遺伝的なものの時には治療方法は無く、場合により徐々に進行します。進行速度には2種類あり、非常に遅く失明に至る場合とそうでない場合のもの。急速に進行し失明にいたるものの2種類です。
股関節形成不全 遺伝性で、股関節を形成する骨、軟骨、関節液、関節包、靭帯、筋肉の発達の異常により股関節の緩み、大腿骨に対する寛骨臼(骨盤側の関節の受け皿)の角度が浅いなどの異常が起る病気です。関節炎のどの程度の症状が出るかどうかは生後の環境の影響もあるります。
ホンウィル
ブラインド病
遺伝性で、現在ではおよそ50犬種において認められます。この病気は,血液が固まる時に必要とされるフォンウィルブランド因子(vWD)と呼ばれる血漿タンパクが不足あるいはその機能が正常に働かない為に出血しやすく,かつ止血しにくいという厄介な病気です。



hi1610 at 07:22│clip!ダックス | ダックス