SKI日記

SKIチューンナップやSKI用品、 大会情報やスキー場情報などについていろいろ書いてみようかなと・・・

2009年04月

さぼりすぎ・・・

前回、「たいらに配達に行ってきます」とブログに書いてから

はや3週間も経ってしまいました・・・

これはサボりすぎです・・・

最近のアクトは遊具仕事6割、スキー3割、花粉症1割みたいな感じの

日々を送っております

最近はジャングルジムやブランコとかなり戯れておりました
RIMG0132RIMG0148




特にこのジャングルジムですが(これはまだ小さい方ですが)

組み立て式なのでボルトの数がハンパじゃなく多い・・・

何回もチェックしないと必ず締め忘れが出てきます

更に中へ行けば行くほどに硬い体と太いウエストが邪魔になって

かなり苦戦します・・・同時に生活を改善しなきゃと反省もします(笑)

こんな時には頭脳は大人、体は子供のコナン君にバイトに来て欲しくなります

そんなこんなで遊具仕事もボチボチしておりますが

スキーもシーズンはまだまだ終わってないですね

先週末も試乗スキーを借りに来るお客様や合宿や大会帰りの選手達も

顔を見せてくれたりと、お蔭様でまだスキーモードを継続させていただいております

少なくとも5月6日まではまだまだスキーを楽しむ方が多そうです!!

そんな僕も最近は全くスキーに乗っておらず、例年より顔が白いまま

シーズン終了かと思いましたが5月の連休に試乗会が入ったので

今年もガングロでシーズン終了できそうです!

新年度突入

4月突入で新年度の始まりですね

ボチボチとスキーをパッキングされているスキーヤーもいらっしゃるようですが

まだまだシーズンが終わっていないスキーヤーも多く

皆様、白馬や志賀へと足を運んでおられるようです

アクトシニアチームも昨日はしっかり岐阜?方面に足を運ばれてました

またクイズでも出るのでしょうか??

残された店番はチューンです

外は雨模様だったので、外仕事は気にせずに集中してチューンしていたのですが

この時期のチューンは納期に超急ぎがないので

作業していてもいろいろと気がつくことがあります

これはどうでも良いことなのですがCIMG2174CIMG2173






この2社のトップフィンは国が違うのにほとんど一緒やなぁ〜〜・・・とか

これは今日、悩んだことなのですが
(先日、お客さんにも聞かれたので)

アトミックのD2シリーズについてです

今季話題のD2シリーズですがCIMG1686






このD2シリーズの上の黒いやつ(コントロールデック)ですが

滑走時においては非常に重要な役割をするのですが

チューンの際は少しイジワルな存在に・・・

ベース面を触る際にバイスのサポートがこのデッキによって

ビタッとこない場合があります
CIMG2180





長いテーブルを使っている方はトップとテールのデックがない部分に

しっかりサポートをかませられますが
CIMG2181





短いテーブルを使用している方はSLは良くてもGSはちょっと厳しいかもです

少し工夫が必要かと・・・

またこれは、ショップ限定の悩みかもしれないですが ストーンマシンで

ストラクチャーを入れる際にまたこのコントロールデック君が主張してきます

押えのローラーにデックがうまく合わないとストラクチャーが均一に入らない・・・

仕上のストラクチャーは1回で仕上たいので(汗)
CIMG2182




この問題は今、暇なうちに解決しようと思い今日はこのデックを外してみました
(もちろんアクトの試乗スキーでいろいろテストしていますのでご心配なく)
CIMG2175CIMG2176




外した後に思い出したのですが、メーカーの人にデックは絶対外さないで!

と言われた事を思いだしました

更にはカタログの注意事項にもしっかりと注意事項として

「プレートを外してストーンマシーンを使用しないでください!」

と書いてありました・・・

せっかくきれいにストラクチャーが入ると思いましたが

この方法はNGでした

とりあえず専用のパッドでも作って6月まで練習します!!

話は変わりますが・・・分解してみて

スキー本体(アダプターデック)は非常にソフトフレックスで驚きました

そしてコントロールデック(黒いやつ)ですが本当によく考えてあると思います
(僕が言うのも何ですが・・・)

トップ、センター テール部分がすべてハリが違うんですね

まずトップはすごくしなやかで軟らかい!

この効果によりターン導入が楽になり、更には振動を吸収してくれるのですね

それでトップからセンター部分にいくにしたがって

すごくしっかりハリがあって力を逃がさないようにして

テール部分は少しハリを持たせて後半スキーを走らせる

みたいな感じですかね

メーカーの人がコントロールデックの長さ、厚みを変えれば

1台のスキーで色んなスキーが出来るよといった意味がよくわかりました

CIMG2177CIMG2178





では今から平へ配達へ行って来ます!!
アクトスポーツ ホームページ
SKIマテリアル情報2014-2015



ご質問などお気軽に!

スキーチューンナップ



一生懸命削ってます!

actsportsgear Twitter!
プロフィール

act sports gear

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ