2006年03月07日

久々のログイン&書き込みです。

 

なんかすっごい変わっててびっくり!

どこからどう手をつければ?

おまけにブログ収入って確定申告も必要なの?

<a target="_blank" href="http://depart.livedoor.com/item_detail/hi9v9/524b&id=2433797.html"><img src="http://books.livedoor.com/img/books/special/affiliate/125x125_2.gif" border="0" width="125" height="125" alt="さきっちょ本絶賛発売中"></a>


2005年05月20日

ブリジッド・ジョーンズの日記 きれそうな私の12ヶ月を見て

私の体験上、普通、こういう人物は会社クビになるし、恋愛もうまくいかないと思いました。なぜかというと、私もちょっと、ブリジッドっぽいのに、こういう人生にはならなかったからです。

映画はしょせん空想上のお話、と思ってしましました。


(15)あれから3年の月日が流れた・・・

RIECOは、フランス人とつきあうなどしたが、
体めあてだとわかると幻滅してしまう、さまざまな思いが交錯し、
心の底で、誰も信じられなくなっていた。

仕事も、広告会社やプロダクションに勤務したりもしたが、
結局はいつも使い捨てになっている。

どうしてなんだろう?

私は、自分のことを、好きではなくなっていた。
昨日、神奈川の杉田で一日だけ仕事してきたが、正社員になるのは難しい。
私も杉田かおるのようになりたい、などとおやじギャグを考えてしまった。

「やりたい」ことが具体的にあってもどうにもならないことがある。

いいとこどりされてポイ捨ては、いつもと変わらない。
自分にもなにか問題があるのかもしれない。
でも、それ以上に、世の中は、そんなにいい人ばかりではないのだ
ということを痛感している。

こういう私のことを、負け犬と言うのだろうか。

2005年04月28日

(14)ナイト・メア

その晩、悪夢を見ました。

何もできないでぼおっと立っている私にジンがやってきて
「きみをかわいくしてあげよう」と言って
私のはいているGパンにジョキジョキと
はさみで切り裂いてしまう夢でした。

気分が悪くなって目を覚ました私は、もう2度と会うまいと思った。

(13)結局は、お金で解決?!

どうなったんだろう?!
はらはらしながら1週間がたちました。

人に会社へ連絡するようにわざわざ刑務所から電話がかかってきたのに
結局どうなったのか連絡がありません。

そこでトモヤに電話をしてみたら、
無事脱出したことを知らされました。

「痴漢していない」と主張すると裁判にもつれこむので
たとえやっていなくても「やりました」と言って反省したふりをして
金を払わないと刑務所にぶちこまれてしまうそうです。

だからそもそも、電車の中で痴漢疑いされたときに
「話せばわかる」と思って駅員さんについていかないで
名刺を置いて立ち去ったほうがよいそうです。

そうしないと自動的に仮逗留させられてしまい、
7日は出られない流れになっているそうです。

無罪なのに2年間刑務所に入れられた、といった本が
ありますが、これは、やってなくても
「やりました」と言って反省してお金を払ったほうが得策
なこともあるようです。
しかも本人は、交渉で「前科」扱いにしないで出てきたようです。

しかし、これだけ人を騒がせといて、こちらとしては頭にきます。

「結局、利用されているだけ!」

思わずトモヤにぶちきれて叫びました。

(12)やっぱり、痴漢で捕まっていた(絶句)

いろいろありましたが、刑務所にいることが判明したその金曜日、
刑務所に直接会いに行きました。

図書館の本で調べたり、友達に相談したら、捕まったら最後、出てこれない、
かりになにもしていなくても、何年たってもでてこれない、子供がいようものなら(今回のケースではいないけど)、そのお父さんは本当はやってなくてもいじめられる。
刑務所に入れられてしまった場合、行った先でもいじめられる、という最悪な話を次々と本や人伝えで聴いたからである。

なんとまあ、哀しい話でしょうか。

ひょっとしたら、電車の中で私と間違えて話しかけてしまってつかまってしまったの?と疑いつつ。全くの自意識過剰もはなはだしいのですが、、、。

そういうこともあって、ちょっと行って来ました。
本人は、胸に「●●刑務所」とマジックで書かれた囚人服で出てきました。
ガラス越しに、警察官の立会いのもとで話すのはなんだか不思議な感じがします。
あの、話す口のあたりだけがぼつぼつ穴があいている感じがテレビドラマのまんまです。
そのときは本人は「嬉しい」などと言っていました。
そりゃあ、心細い刑務所の中で会えば誰でも嬉しいのではないでしょうか。
その姿があまりにダサかったので思わず「ダサい、そんなだから痴漢容疑で捕まるのだ」と言ってしまいました。
注:服は刑務所のものです
そうこうしていたら「もう帰んなよ」という話になり、本人の母から厳しい指導があったのでやっと気づいたのか、就職活動に専念しなよ、という話がありました。

さびしいでしょうから雑誌を置いて帰ったのでありました。
捕まってから7日で、刑務所に送られるか否か決まる、
そう、本には書いてありました。あと、3日です。



2005年04月12日

(11)なぜ捕まったのか

翌日、気になって仕事帰りに刑務所に寄ろうとした。
本人の母はたぶん午前中に会ったと思うのだが、単に会いたい以上に、なぜ捕まったのか教えてもらってないので、実際本人から直接きけないかと思い、刑務所に電話したら今度は会いたくないと言っていますというのだ。
昨日と言ってることが一変しえいるではないか。

刑務所の電話に出た人も教えてくれなかった。
どうしても知りたければ新宿警察署に電話して、と言われた。

なぜ、捕まったのか?
はじめにともやから「会社から出て電車にのって行方不明になった」とは前に聞いていて、思わず交番にいってしまったくらいだが、その話からない知恵を振り絞り、私は4つの推理をもっていた。刑務所にいたことがわかった時点で少なくともその中の「蒸発」「死亡」の疑いはなくなった。

朝の電車か道で捕まるとなると、思い浮かぶのは「喧嘩」「痴漢」くらいだ。
思わず刑務所で教えてもらった新宿警察署にへ、ジンがはじめ言い出した「姉です」といつわり、聞き出してしまった。
「電車で捕まったとなると痴漢か暴行くらいですよね」
「・・・ていうか痴漢容疑です。」

実は、電車内での”痴漢容疑”で捕まったのだった。

つづく(というか、もうそろそろ打ち切ろうかなと思いつつ。)

2005年04月11日

(10)刑務所とのやりとり

本人の母に電話で本人から、しかも刑務所から連絡があったことを伝える。

意外なことに既に本人の母は刑務所にいることを知っていて、
こんな連絡あったけど、私から連絡するのはやめたほうがいいですよね
て一応確認をしたら、やっぱり
「もう会社には刑務所にいることは伝えてある」ことを確認。
今ここで私が出て行ったら大変なことになる。

翌日母は刑務所に行くと言っている。
結果を本人に、やはり刑務所の代理の人を通じて伝えると
(本人とは直接話せないシステムなのだ)
母は来なくていい、リエコかチュンサさんに来てほしいと言っている。
そんなこと言われても私にはどうにもできません。

こういうときは連絡をちゃんととらないとねと思いトモヤとチュンサさんにも連絡をしたところトモヤもなぜかもう知っていて
「なんでリエコさんなんだよ〜。まかせたぞ!」と嘆く。
チュンサさんは「行かないほうがいい」と言う。

本人とは話していないので、あとでわかったことだが私は携帯電話の番号を長く変えていなかったので覚えていた電話番号が私とチュンサさんくらいだったというだけの話、、、。

生存が確認されてとりあえずほっとするが
しかし私にはひとつ気がかりなことがあった。
本人の携帯に入れてしまったメールと電話だ。
はっきり言ってあれは第3者が見たらこいつなんなんだと思うような
かなりキツイ内容だった。




続く。

2005年04月06日

(9)その翌日の夜のこと

前日が前日のことなのでなんとなく不安な一日を過ごす。
救急車が通ったり電車で人身事故が起こったりすると「まさかね」
て不安を覚える。

とりあえず一週間の単発のお仕事がみつかったので、夜は職探しに時間をあてることにした。

そして7時ごろ。きいたことのない男の人から電話がかかってきた。
「リエコさんですね。●●刑務所の者ですが、ジンさんのかわりにご連絡しました」
「?!」
なんと、あれだけ人を騒がせた本人は刑務所にいたのだ!
「会社に本人は親戚の結婚式で韓国に帰国しています、と伝えてほしいそうです。」
私にはお姉さんのふりをしてほしいらしい。

そんな嘘通用するわけないぞ。書く時間がないので続く。

2005年04月05日

(8)嵐がやってきた。

夜、8時ごろ。
ネットで職探しをする私。
相変わらずなかなか思うように進みません。

そこへ自宅の電話に電話がかかってきました。
自宅の電話はたいてい母が出ます。
今日も母が出ました。

tel。。。
「はい、石崎ですが」
電話の向こうの人
「なんか、必死な声の人が電話してきたよ!一体なんなんだい?!」
電話に出ると、大学を卒業して以来5年は会ったことのないトモヤからの電話でした。
「RIECOさん、ジンさん殺しただろ!?」
泣きそうな声だ。いや、泣いていたのかもしれない。
「何わけのわからないこと言ってるの?意味不明だよ。」
「え?違うの?」
どうやらジンが月曜の朝から行方不明になってしまったというのだ。
携帯電話を誰かの家に忘れてしまい、その携帯電話の
私の怒りのメールと電話を見・聴いて殺人と勘違いしたらしい。
なんだ〜という声がもれる。

冗談じゃないよ、なんで私が人殺すんだよ。
母も脇ではらはらしながら聞き入っている。

「蒸発したか事故にあったんじゃないの?知らないよ
そういうときは家に誰かいて、警察に届けて、とかするんじゃないの?」
「もうやってるよ。警察は明日までみつからなかったら届けるつもりだ。」
少し冷静になったようだ。

電話を切ったあと、しばらくぶりにチョンサという人に携帯メールをした。
『ジンが行方不明になったらしい。
なにかあったらトモヤに連絡したほうがいい』

そうしているうちに今度はジンの母親から
「あんたたち友達でしょ、知らないかい」と電話がかかってきた。
知るわけがないが、ひょっとして私がさんざんひどいこと言ったから
いやんなってどっか行っちゃったのかとちょっと考えて、今まであったことをおおまかに話した。

実際は、そんなわけがないのだが。(彼女でもないしね)

すると「お金払わなくちゃいけないねえ。」などと言っている。
「いいですそんなの。」腹にすえかねて憮然として答える私。

とにかく今は捜索で忙しいから会社には行方不明の連絡をしてある、また今度と話して電話が切れた。

なんだかよくわからないまま、また、転職活動の時間がなくなってしまった。

2005年04月02日

はじめての方へ:ブリジット日記の設定

ライブ・ドアのミスブリジットコンテストをきっかけに書き始めた。フィクション小説です。
3月22日に投稿した「転職活動しているのに!」が第1話です。
カテゴリーの「ブリジット日記」で読むことができます。

【設定】

■主人公:RIECO。27歳転職活動中の女の子。
エンタメ企業に就職希望しているが、頭が足りないこともあり、
なかなか決まらない。

■ジン:大手エンタメ企業に就職を決めた韓国人。学生時代からの友達。一度つきあったことがある。

■トモヤ:ジンの親友?日本人。学生時代にRIECOと2、3度あったことがある。酔った勢いと勘違いで寝ている主人公を襲ったことがある。

■チュンサ:韓国人。ジンの親友?主人公とは2、3度会ったことがある。


予告編の感想

これってぶちきれてもハッピーエンドなんですよね。
ちょっと、うらやましい。
映画もなかなかのヒットみたいで、いっぺん見に行ってみたいのですが、
まだ行ってません。

本当は少女まんがみたいな恋愛してみたいです。

(7)これってストーカー?

心の中にたまりにたまった怒りがおさまらない私は、
どこか冷静に自分を見ていた。

文句の電話やメールをしまくる行為はまるでストーカーみたいだ。

そう思いつつも、怒りが収まらないし、放置された私の怒りは、
まるでナウシカに出てきた「オーム」のように暴走してとまらなかった。

(6)ついに、爆発!

※この日記は3月22日投稿「転職活動しているのに!」が第1話。

4月1日。ジンは新入社員として、初出社だった。
渋谷のはちこう前で待ち合わせして、宅急便代などが支払われた。
「これ、とっとけよ。」
と言って2000円渡された。
作品を会社に送るのにかかった宅急便代は1300円。
私が作品を作るためにバイトをクビになった損失金額は5万円。
無駄にした時間も加算すると、はした金だけど一体おいくら?
ジンにしてはかなりふんぱつしたようだ。

あんまりだ!
私はみじめな気持ちで立ち去った。
ジンはいきようようと出社した。
そして、悲しみはその日の夜に、怒りに変わった。

そして勃発、、、!!
ついに私は「金払え!」「ふざけんな!」「許せない!」といった理由でメールや電話を時間ができたらしまくった。
留守電には「ふざけんじゃね〜〜〜!!!」という絶叫の留守電を残した。

自分を見失っていた。
そんなひどうい奴のそんなお金なんか、顔っつらにたたきかえして転職活動をするべきだった。



2005年03月27日

(5)マグマが、噴出する直前

※この日記は3月22日投稿「転職活動しているのに!」が第1話。

私は、ヤマトの宅急センターに奴の作品を持ち込んだ。
「奥さんじゃないだんから、なんでこんなことまでしなくちゃいけないんだろう?!」

でも、もうあとにはひきさがれないところに追い込まれていた。
ヤマトは非常にわかりずらい場所にあり、たぶん、夜11時過ぎだったと思う。

拡大コピーが必要だという連絡を受けていた。
宇都宮に住んでいる奴(以降、仮名・ジンとする)は、電話で私に指示を出し
「僕のために、ありがとう」と半ば興奮しながら言っていたが、
一方私は、
「こいつ、おととい、言ってくれれば、、、」
私はふだんとても温厚だが、ついに怒りの沸点を超えようとしていた。

本来ジンが自分で作らなければいけない入社時の自己紹介のための
作品とプロフィールは、ほとんど私が作り、私が宅急便で奴の会社に送った。

入塾希望です。恋愛ものです。

ライブドアの「ブリジット的恋愛日記」企画で書き始めましたが
私の体験はブリジッドとはまた異なる、ということで読んだ人がどう思うのか気になりました。宜しくお願いします。

2005年03月25日

(4)愛は、枯渇する

※この日記は3月22日投稿「転職活動しているのに!」が第1話。

その日の夕暮れは、雲がものすごい速さで流れている中で陽が落ちていった。
気をとりなおして派遣の面接に行った私は、窓から見える大きな夕日と流れる雲に、奴がものすごく遠いところにかけ去っていったのかなと思った。

すうっと涙が流れた。
面接官にはちょっと花粉がひどくて、とごまかしたけれど哀しかった。

ところが、その、翌日。そういえばどうなったんだろう、とふと気になり電話してみた。

というか、これだけひどいめにあわせといて普通電話のひとつくらいするのが
当然なような気がしたが、奴は私を奴隷かなにかと勘違いしていたのだろうか?

とにかく私は電話してみた。
そしたら
「実は再提出になった。明日中に宅急便で会社に送らなくちゃいけない。
続きを作ってくれないか。」

一瞬、驚きのあまり声も出なかった。
明日は朝から単発のバイトをさせてもらえることになっていた。
「昨日、今日だったらできたのに、なんでもっと早くに言ってくれなかったの。」
「とにかくお願い。」
人のことなんだと思っているんだろう。
自分だけよければそれでいいのか?
「明日バイトなんだけど」
奴はクロネコヤマトの宅急便は何時まで持ち込めばいいか調べてきた。
そんな時間あるならさっさと言ってくれればよかったのに。

「なんとか早くきりあげてさ」

胸の中で何かがぶちりぶちりと音をあげた。


続きを読む

2005年03月24日

(3)単発のお仕事、クビになる。

幸せってなんでしょうか?
結婚?仕事?家族?友達?社会貢献?社会的成功?
ていうか韓流は行政主導の政治的しかけですから!(伏線)

※この日記は3月22日投稿「転職活動しているのに!」が第1話です。

結局徹夜しても作品は完成まであとひとつ。
会社にいかなければ、遅刻になってしまう!
わかっていたけど、我が家にはじめてきた奴を駅まで届けないといけない。
そうなると、どう考えても遅刻だ。

私はとりあえず会社に電話した。
「事情があって半休できませんか。」

そうして奴を駅まで送って行った。
少なくともあの時は好きだった。騙されてるってうすうす気づいてたけど。

その後派遣会社から電話があって、あと4日働けたのにクビになった。
派遣コーディネータの方には申し訳ありません、と泣いて謝った。
自分自身も転職活動が思うように進まず、
資金が底をついていたので痛かった。

奴は京王線で去っていった。
今日の出勤のことを考えて昨日渋谷からの移動の仕方教えようとしたのに。

「お礼は将来!」

ちなみに言っとくが「将来」とやらはやってこなかった。
クビになったことを言ったら
「どうでもいい会社だって言ってたジャン」
たしかに場あわせのために言ってたけど侘びのひとつも言えないのか、
こいつは。(怒りマーク)

私の中でふつふつと「許せん!」オーラな怒りが湧き上がり始めていた。


ごぉぉぉぉ・・・!!!
続きを読む

(2)イメージなんか沸くわきゃない!

昨日の続き

私たちは夕方、渋谷のハチ公前で待ち合わせして、我が家で作品をどうにかする約束です。
それにしても、奴はこない!電話してもつながらない!おかしい!

と思っていたら奴は新宿に行っていた。新宿から電車に乗ると言っている。

なんで渋谷で待たないのだ?!私は忙しいのだ!

仕方ないので私は京王線で渋谷から明大前経由でわが町調布へ移動。

しかし、奴がなかなか調布につかない、おかしいぞ、と思ったら
なんと各駅停車に乗っていた。

特急だったら15分で移動できるのに、40分もかけてやってきやがった。
私の貴重な転職活動の時間はどこへ?

急いでいるのにのん気に駅前で食事。それどころじゃないよ!
みじめな私はどんどん悲しい気持ちになって
「あんたはいいでしょ!希望の就職決めて、4月から新しい生活遅れるじゃん」
思わず泣いてしまった。
「何をそんなにヒステリーを起こすんだ?病院行ったほうがいいぞ」

なんにもわかってない。


食事後、自宅へ
「で、できたの?」

昨日の夜、少しやりかけのを見せたら
あんまり進んでいなったのはすぐわかった。
「できてないじゃん」
イメージわかないっつうの!

結局翌日締め切りなので我が家で泊り込んで作業することになった。
私はそのまま寝てしまえばよかったのに、
「昨日は徹夜、疲れた」と言っているので寝ていいよって言ってしまった。
甘かった。次の日仕事あるのに徹夜して作業しているのは私だった。
BGMはTATOOがぴたっときた。精神が病んでる。

渋谷駅(京王井の頭線)続きを読む

2005年03月22日

(1)転職活動しているのに!

その電話は、人のことおかまいなしな主張をしてきた。
友達なんだか彼氏なんだか、正確に言えば元彼みたいな奴。

移動の関係で、電通汐留ビルのプロントで待ち合わせした。
やけに綺麗な場所。

「新入社員は自己紹介代わりにデザイン作品を提出しなくちゃいけないんだ。
パソコンないから代わりに作ってくれよ。そうしたら今までのこと許してやる」
ちょっとした事情で私には負い目があった。でも、そんなの引き受けたあとで思えば、奴の犯した犯罪的詐欺群を思えばたいしたことない。

奴は、大手エンタメ企業に就職を決めていた。超余裕だ。
私は、いまだ決まっていない。今日は何日だと思っているんだ。
もうすぐ4月じゃないか。

新しい生活を4月からスタートしたいのに、どこにも決まっていないし
決まるめどもない。
みじめでやるせなくて欝っぽい気持ちを、
こいつはこれっっぽっちもわかってなかった。

そして、引き受けた私もばかだった。
プロントで作る気も起こらないようなばかげた鉛筆がきのラフ案を渡された。

ポスターサイズ縦長の大きさを6分割し、色をぬり、奴の顔を真ん中に入れてくれというのだ。
そんなださいものイメージ沸かなくて、当然、手がつかない。
明日はどこへも家にこもりたいくらいだったけれど、場つなぎのバイトが
あるからとにかく寝なくちゃ。


BGM:椎名林檎2枚組み「唄ひ手冥利〜其ノ壱〜」 
カーペンターズをカヴァーしたヒッキーとのデゥオあり。
今夜はこれをいつまでも聴いていたい。
男ってなんなんすか?やってられませんよ!

汐留駅(大江戸線)


青春の輝き〜ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ

私の青春はどこへ?続きを読む
コメント
QRコード
QRコード