2006年12月05日

那覇マラソン

この大会は、市民が作る本当の意味での市民マラソンだと思います。福岡国際マラソンが同日開催なので、全国的なメディアに登場することは無く知名度はありませんが、きっと世界一暖かい大会なのでは。

12月4日の沖縄タイムスによれば、今年は21,046が出場し過去最高を記録。完走者は15,108人で完走率は71.79%だったそうです。ちなみに昨年の応募者数は22,806人。参加者数は、県内:14,490人、県外: 5,025人、海外:331人、計:19,846人とのこと。那覇マラソンの姉妹マラソンでもあり、ほぼ同時期開催のホノルルマラソンは28,048人の応募者(昨年)の内、日本から17,345人が参加。

規模的には那覇が下回りますが、市民マラソンらしさはこうした数字にも表れている気がします。個人的にホノルルマラソンを企画段階から支えてこられた方を知っていますので、メディアが火をつけたホノルルの方法論を否定している訳ではありません。ホノルルマラソンにも機会とお金があれば是非参加してみたいと思ってます(念のため)。

今年は5月頃からトレーニングを積んできたので、間違いなく去年より良いタイムを想定していたのですが、先日UPした記事でも分かる通りかなり高低差のある結構厳しいコースです。簡単には完走させてくれません。

前半はいいペースで飛ばしていたのですが、上り下りが終わって平坦地に戻る30Km地点では足はがくがくです。本当に1km1kmが遠い。それでも何とか完走できたのは、紛れも無く地元の方々の声援のお蔭です。ありがとうございました。

記録4時間57分05秒。第4998位。ネットタイム4時間48分38秒でした。

  
Posted by hi_ohno at 01:39Comments(3)TrackBack(1)

2006年12月04日

沖縄3日目

今日は7時過ぎに仕事のため帰京されたIさんを見送った後、ホテルの前の喫茶店?で朝食(焼きたて熱々の魚が美味しかった)、朝食に時間が掛かったこともあって、予定より少し遅れて9:00にホテル発、沖縄北部に向かいました。

事前の天気予報では70%で雨だったのですが、「超晴れ男の僕がいる限り大丈夫」と思ってたら本当に晴れ間が見えて快適(帰りの車の中でパラっときた程度)でした。

目的地は前々から「行きたいなー」と思っていた『美ら海水族館』。そうそう、「世界一と世界初がここにある」というキャッチフレーズのとこです。全長7.5Mのジンベイザメやマンタを擁する世界一の巨大アクリルパネルの水槽は「すげー」て感じで見てて飽きません。

その前の「熱帯魚の海」コーナーも(少々詰め込みすぎの感はありましたが)色とりどりの魚達が目を楽しませてくれます。館外の「オキちゃん劇場」でのイルカのオキちゃんとその仲間のショーも、ユーモラスでちょっと勉強になって一見の価値ありでした。

美ら海水族館はさすが宣伝が行き届いているせいもあってか、修学旅行生はじめ団体の旅行客で満員御礼様態だったのですが、同じ海洋博記念公園内にある「熱帯ドリームセンター」はガラガラ。でもこちらが予想以上に良かったです。

ゆったりした園内に、温室や回廊が上手く配置され、ランをはじめとした花々が咲き、大好きなトロピカルフルーツがゴロンゴロンと実ってます。ちょうど園内で実ったパパイヤの試食や生のハイビスカスティーの試飲もあったりして、ランの香りに包まれながら、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

時間が無かったので、「備瀬のフクギ並木」や「かんなタラソ沖縄」はあきらめたのですが、「道の駅・許田」で買い物&買い食いして一路空港へ。20:15のJAL1926で帰路に着きました。

2泊3日で、これだけ楽しめる沖縄。来年もまた来よう!やっぱりホノルル?迷うところです。  
Posted by hi_ohno at 23:53Comments(1)TrackBack(0)

2006年12月03日

沖縄2日目

昨夜から風邪気味だったのですが、ホテルのフロントで貰った薬を晩・朝と飲んで、朝食のバイキングをこれでもかーって位ガッツリ食べていざ出陣です。

心配した天候も曇りで、コンディション的にはグッド(お昼に掛けて太陽が出てきたので結果的にかなり暑くなってしまったのですが)。

相変わらず凄い声援です。42.195KM途絶えることがありませんでした。地元の人がボランティアでバナナ、みかん、黒糖、梅干、チョコ、蜂蜜レモンなんかを持ち寄りで差し入れしてくれます。おにぎり、シューマイ、お汁粉なんてのありました(笑)。

何とかゴールしたあとは、会場内でビールを飲みながら島ソバや焼きそば、焼き鳥などを頬張った後、昨日宿泊したロワジールホテルの温泉でボロボロになった体をケア。

琉球サンロイヤルホテルにチェックインして、体を休めてからアーストリップ(本当にお世話になりました)のスタッフやお客さんと合流して喰米屋で今日も沖縄料理ずくし。

美味な料理の数々が、疲れきった体に優しく染み入りました。

  
Posted by hi_ohno at 00:52Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月02日

沖縄1日目

BRUTUS (ブルータス) 2006年 12/15号 [雑誌]


昨年に続き2度目の参加となる那覇マラソソン。今回は6名+現地合流1名の合計7名での参加です。

羽田空港集合が7:10集合と早いのでちと心配だったのですが案の定、時間通り来たのは2名のみ(笑)。「山手線逆に乗っちゃった・・・」「ターミナル間違えた・・・」との連絡にはらはらしながらも、全員無事搭乗。

レンタカーを借りて、去年もお世話になったアーストリップへ。そこでIさんをピックアップして大会会場近くの与那原家で昼食。昨年と同じくジュウーシーソバセットを注文。相変わらず美味でしたが、驚いたのはタコライス。なんと270円で味も中々でした。

会場で選手受付を済ませた後、観光へ出発!!ナビの使い方が良く分からなかったので、道が分かりやすいという理由で、最後に行く予定だった旧海軍指令壕へ。

ここは1944年、日本海軍設営隊によって掘られた司令部壕で、当時450Mあったとこの地下陣地に4000人の兵士が収容されていたと言われています。当時のまま残されている箇所も多く、特に手榴弾で自決した破片が残っている幕僚室は生々しかったです。

大田司令官が海軍次官に宛てた「沖縄県民かく戦えり」は、報われること無く戦闘の最期を迎えることになってしまった沖縄の「言葉では形容のしようが無い」状況を切々と伝えており、胸に迫るものがありました。

「すげーもん見ちゃったな」Iさんが発した言葉でしたが、7名全員の感想だったと思います。南国のリゾートとは対極の沖縄がそこにありました。

予定したルートを逆にたどるとすれば次は「ひめゆりの塔」「平和記念公園」の順だったのですが、一同をディープな気持ちにさせてしまったこともあり、最初の目的地であり一番行きたかった「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」へ。

ここは、世界遺産でもあり沖縄一の聖地と言われています。もともと沖縄の神様は久高島に降りてきて、そこから沖縄本島に上陸したのが今の斎場御嶽の場所だそうです。ちなみに、久高島、斎場御嶽、そして那覇の中心部は一直線に結ばれています。

珊瑚礁の塊と思われる石畳と、自然が作り出した巨石の造形は、亜熱帯の森林と木々の間から見える海と相まって、とても神秘的な空間。さすがは古代から「神が降り立つ場所」として崇められ、今なお沖縄の人々の生活と信仰に深く関わる場所でした。

その後は夕暮れ間近の新原ビーチで海を感じた後、宿泊先のロワジールホテルへ。そして、アーストリップの方々と「波ぬ花」で夕食。沖縄民謡を聞きながら、コース料理に舌鼓を打ちつつ、最後は店に居た全員で踊っちゃいました。
  
Posted by hi_ohno at 00:06Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月01日

合言葉は「ノープラン」

午後時間が空いたので、CET06(Central Eatst Tokyo 2006)に行ってきました。まずはインフォメーションセンターでもあるUTへ。

Tシャツや手ぬぐいを見せて貰いつつお話を伺いました。なんと今年の合い言葉は「ノープラン」。直前まで「どこで何をやるかわからない」スタンスだったそうで、WebをUPしたのも会期の1週間前だったとか。

国連大学で開催したPacific Gardenも直前(当日)まで変更/追加が当たり前で、スタッフですら、どうなるのかやっってみないと分からない部分が多かったのですが、CET06はそれ以上かも。なるほどこういうスタンスも有りなんだなあ。

その後、ホワイトハウスやTreasured trash、INHIGHをのぞいてきましたが、ゆる〜い感じが中々良かったです。

以下特別に?会場で頂いた、メトロミニッツに掲載されてた佐藤直樹さんのコメント。

「たくさんのお客さんに来てもらうためのサービス精神をあえて捨てることにしたんです。狙いはライブ、生ものとしてやること。・・・もともとこのイベントは空き物件をいかに価値転換していけるかという実験なので、どうしてもその場に立ち会いたいという濃い人に来てもらいたいんです。・・・昨今のデザインブームとは全く違う生な空気を体験していただきます。」

Blogを使ったWebも確かに毎日(いやそれ以上だな)更新されていて、フタッフBlogの部分ちらっと見るだけでもライブ感が伝わってきます。夜のトークセッションに参加できなかったのは残念。

CET06は12月3日までです。  
Posted by hi_ohno at 20:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月30日

ついでに普段のコース

ついでに普段走っている皇居のコースを作ってみました。四谷駅集合、塩湯ゴールの場合。

  
Posted by hi_ohno at 19:06Comments(0)TrackBack(0)

マラソンコース下見

12月3日に出走する那覇マラソン。コース下見はできないけど、便利なもの発見。高低差も出てて、イメトレはこれでバッチリ。

  
Posted by hi_ohno at 18:56Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月24日

東京・荒川市民マラソン

3月18日の 東京・荒川市民マラソンに参加申し込みました。  
Posted by hi_ohno at 01:56Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月23日

THANKS DAY

今日はHonda Racing THANKS DAYにプレスとして参加しました。中嶋悟、鈴木亜久里といった往年のF1ファンには堪らないスターや、佐藤琢磨、Jenson Button等も参加してて、寒い中大変でしたが楽しかったです。

ピットやホームストレート内側コンクリート壁内での興奮は最高でした。
  
Posted by hi_ohno at 01:52Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月22日

再会

今日は13-4年ぶりにとある方に再会した。詳細はまた後日。  
Posted by hi_ohno at 01:39Comments(0)TrackBack(0)