株式会社三研のblog

おかげさまで創業48年 東京大田区、株式会社三研の織田が申し上げます。(仕事/筋トレ)

株式会社三研のblog イメージ画像

更新情報

今までの記事を見返してみると、今年6月末にはベンチプレス80Kをあげ、まさに85kだ90kが見えてきたとか妄想していた。現在は非常にしょんぼりな状態で1レップ70kがやっとだ。筋トレを休んだ期間は2.5週間程度、ただ、一週間に4日が筋トレ日だから、10回程度

本日は、通常ならジム行して、筋トレ三昧のはずであったが、雨も降っているし、坐骨神経中だしで、トレーニングは、お休み。ロフテッド軌道について、そういえば、地球は自転していることに気づかされた。ある程度、上空に高くあげた距離から、地球の自転スピードを計算して

先週の7/13以来、ジムには行っていない。7月初旬からの、鼻かぜ、微熱、熱中症、ふくらはぎの腫れ、つっぱり、そして本日整形外科にて、坐骨神経痛と言われた。年に数回、ぎっくり腰が発症するが、それに起因する症状らしい。ギランバレーの再発ではなく良かった。

今日は、スミスのインクラインベンチプレスで66k5×5をやったんですぅ!風邪気味で体が火照るんですぅ!ラットプルも45kでやったんですぅ!すっすっすっすっ~

本日、なんと、ベンチ70✖5×5失敗。3セット3本目上がらず。なんて日だっ!

BP1レップ70、80成功、85失敗。しかし、85は近日中に挙げられそうな予感がする。

スミスマシンにて、インクライン81kを成功。ベンチプレスは、80kは挙がらず。スミスのあとにベンチプレスを行ったので、筋肉の疲れがあったのか。80kはいつでも挙がると思っていたので、少し、ショックであった。

更新のご案内本日6月20日、ベンチプレス82.5kgを1レップ上げたこと通知します。日曜日の70kの5×5の成功が功を奏したか。インターバル2分とったのが良かったのか。兎に角、これで90kへのカウントダウンが始まった。

本日は、筋トレメインではなかったが、試しにベンチプレス70×5×5を成功した。ラックアップ時は尻を上げてバーを取りにいくことを、最近のベンチプレスのルーティーンとしているが、気付いたことがあったので、記す。
『ベンチプレス70×5×5成功』の画像

80kは不安もなく、自信をもって1発挙げた。十分な休憩をとっての82.5kチャレンジだったが、おしくも失敗。脚を閉じ気味にしていたせいか、ふんばりどころで体が頭の方にズリズリと動いた気がした。このことから、脚の開きも大事なことかもしれない。そして、70kを5レッ

60k、70k、80kを1レップづつ挙げた。80k2回目チャレンジはおしいところで撃沈。70kの5×5を行うつもりだったが、いずれも5レップ挙げられず、5×4で終わってしまった。次回は60k、70k、82.5kにチャレンジしてみよう。最近少し、お腹まわりが大きくなってしまっ

ベンチプレス80kを連続ではないが、2発挙げた。少し、余裕がある感じで挙げられたので、自信が持てた。82.5kにチャレンジしたが、もちろん、撃沈。ジムが混んでいたので、ベンチプレスまであんまりやりたくなかったが、脚トレ、腹筋、ラットプルを大胸筋に影響しない範囲

土曜日のベンチは80Kはあがらず、不安が的中した。77.5kは挙がった。しばらくは、基礎練習に励むとするか。さて、次回からはどんなメニューに取り組むか。70k×5×5でやるか。ラットプルで、結構、追い込んだので、本日は広背筋に若干嬉しい筋肉痛が。

ハーフラックにて、80KBP成功!そのまま2発やればいいものを、1発で喜んでやめてしまった。その後は、80k挙がらず。新しい一歩を踏み出したことが、こんなに嬉しく、晴れ晴れとした気分にしてくれるのか。

ラックアップ時に尻を浮かせると、肩に負担がかからず、その後の運動に連動性がでて、良い効果がでる。(ユーチューブから)上体の肩甲骨寄せ、胸張り、肩下げはキープしたまま、ラックアップ時のみ、尻を浮かせてバーを取りに行く。グリップがナローか、ワイドかで、当然、

スミスマシンにて、片側20+15+2.5=37.5、37.5×2=75、75+バー6=81kg1レップのみ、サラッと成功した。スミスなので、実感がわかない。

土曜日は横浜のジムに行った。ホームのジムにないプリチャーカールとケーブルクロスをたっぷりと行った。おかげで、久々に、二頭筋の筋肉痛を味わっている。また、横浜の街を見下ろしてのケーブルクロスもなかなか乙な感じであった。しかし、そこのベンチプレスのラックの高

ラットプルダウンを、今までよりセット、重量とも多めにし、バーを握る前に広背筋をしっかり寄せ、胸を突出し、バーの上げ下げの時は、しっかり広背筋に引っ掛けて行ったところ、最近、広背筋に効きだしたようである。最後のほうは、バーを十分に引けなくても構わないが、広

↑このページのトップヘ