肩甲骨をベンチ台に刺すように意識する。そうすればブリッジがより補強され、大胸筋に効きやすくなる。
ベンチ台に寝た時の最後に脚で体を頭のほうにずらして、ブリッジを補強し、作り、同時に肩甲骨をベンチ台に
刺すイメージだ。

挙上したとき、肘がまっすぐになるまで伸ばしてはいけない、伸ばしてしまうと、せっかく寄せて下げた肩甲骨が緩んでしまう。