ラックアップした後、脚を踏ん張り体を頭方向に圧縮し胸を張るとともに肩甲骨をベンチ台にアンカーを止めるように差す。同時にブリッジが強化される。
床及びベンチ台に接しているのは、足裏、尻(かなり脚に近いところ、しりっぺた)、肩甲骨、後頭部だけのイメージ。
それと、ネガティブ動作に対しては、挙上優先なのか、刺激優先なのかをしっかりと区別する。
挙上優先の場合は、なるべく速やかに胸まで下し、そこからがスタートという意識。