ここのところ、MAX重量ベンチ(82.5k)は全く行っていない。
その代わり、50kで、パンプをメインに、インクライン、フラット及びマシンで行っている。
最近気が付いたのは、ターゲットとする筋肉にマインドを集中させ、負荷の初動はその筋肉から始めることだ。
良い感触としては、ベンチの場合は、大胸筋、腹筋上部、背中の中央のみを参加させて運動した場合がそのパターンだ。
ラットプルは、背中の筋肉を初動させるのは、まだまだできないが、腕ではなく、肘を体に近づけるという意識で行い、良い感触を得ている。
バーベルベンチプレスよりも、ダンベルベンチプレスのほうが効きやすい。
ダンベルを上昇させるときは、脇をしぼりながら上げることが大事、挙げきってから脇をしぼっても効果は少ない。
それは、デッドリフトで背筋をターゲットにした場合や、ワンハンド??も同じだと思う、背筋を絞りながら行うのが良い。
最後に絞っても意味はない。
特に昨日は、ダンベルインクラインベンチプレス18kを10レップ以上5セットほど行ったが、翌日非常に良い筋肉痛に見舞われた。