南山大学演劇部リレーブログ ハイセコさん日記

【南山大学演劇部「HI-SECO(ハイセコ)」企画】の部員たちによる部活紹介,公演情報,部室でのぐだぐだなど。

Everything〜一年経って今思うこと〜

ぴか回してくれてありがとう!皆さんこんにちは、2年生二週目のトップバッターを務めることになりました、川瀬達也です。実は一週目の時も私が始まりだったんですよね。時が経つのは早い!なのでこの機会に今思ってることを言葉にしたいと思います。長文になると思うので暇なときに良かったら見てください。
さて、本題に入る前にタイトルのEverythingはですね、私の好きな嵐というグループで一番好きな楽曲でして、よく自分の心が黄昏れるときに脳内再生されるんですよね。歌詞の「戻ることの出来ない旅の途中で明日を信じて進みたい この夕立の中で一人振り返り立ち止まることもあるけど何も恐れはしない」という歌詞の部分が自分の心に刺さったんでしょうね。過去には戻れないし、何かを思って立ち止まることもあるけど、進むしかないという自分の中で気持ちを落ち着ける曲となっています。「歌は良いね」と某ロボットアニメの白髪少年が言ってた様に歌には力があると思います。それは演劇も同じです。
最初に、「うれしい誤算だった」と某戦闘アニメの細胞の台詞を借りると、こんなに自分の人生の中でこのサークルに比重が多くなるとは思わなかったです。私は、今まで演劇経験もなく、小・中・高トドの部活でも補欠のような感じでしかもめちゃめちゃ楽しかったか?と聞かれたら即答は出来ませんが、今のサークルは楽しいと即答できます。何が良いってハイセコのメンバーの人間力の高さですよね。顧問がいない(いるけど)大学のサークルでは自主性が大切になってくるし、部の空気感と言う者が非常に重要になってくるのですが、このサークルは、自分にはとても性があってると思うし、多く部の人間もそう思ってることでしょう。私は、中学時代バレー部で、練習で紅白戦を行っていました。そのとき私のいたチームの助っ人として女子バレー部の顧問が入ってくれるのですが、まあ文句を言われましたね、その人は学年主任で社会科の先生、私は社会が好きだったし、その人の教え方は好きだったんですが、人間としては嫌いでした。今でも忘れられないのはその紅白戦の最中にその先生がぶち切れて途中でかえってしまって呼んでこいと顧問に言われて、謝りに行ったのですが、そのときに「楽しめ」と言われました。当時の自分は何を言ってるのか真意が分からなかったのですが、今になって思うことはバレーをその人は心から好きだったんだなだからそこまで本気になれるんだなと思います。現に私の好きなスポーツは野球なのでお門違いだったのでしょう。今の話に戻すと、各公演の先輩、同期達を見てきて好きだから本気でやるということが出来てたと思うので良い物が作れてきたんだなと思います。私は夏期で舞台監督を務めますが新入生の多さ、世代の核の移り変わりを含め異例の公演になると思っています。一年生だからしょうがないはもう許されない。私は、人と連携をとるのが苦手で自分で全部やりたいと思ってしまうのですがこの同期達なら安心して任せることができると思います。(遠藤も含め)なぜなら、みんな良い公演にしたいっていう気持ちは一緒だから。なので下手くそなりにハイセコの良き伝統を受け継いでいきたいと思うし、良いリーダーというのは、自分から率先して動ける人間だと思うので、その志を忘れずにこれから取り組んでいきたいと思います。そのお手本として、私の推しはチームのキャプテンをしています。彼女は、決して歌がうまかったり、ダンスが出来るわけでもありませんし、顔やスタイルもグループの中では上の方ではないでしょう。でも人気があるのは、彼女の人間力の高さと必死で努力してきたから加入してからずっと選抜メンバーに選ばれたんだと思うし、キャプテンに選ばれたんだなと思います。なので、自分も人間として成長をしていかないといけない思うし、それには良い環境です。それは「類は友を呼ぶ」とも言いますが、冒頭で話したようにハイセコは人間力の高い人が集まっています。なので手本は大勢いるのです。
また、自分は頑固且つ短気なので雰囲気を悪くしてしまうかもしれません、それに納得できないことが頻発するかもしれません。そういうときは自分に全てぶつけてもらってかまいません。全力でぶつかり合って良い物が作れると思うのでとりあえず夏期は私についてきてください。よろしくお願いします。さあ、「演劇やろうぜ!」某サッカーアニメの主人公より引用
追伸なんか堅苦しい感じになってしまったなあwこの先輩やばそうだなや生意気な後輩だなと思われそうですがまあいいや次は同期のたいちに回します。彼と私は全くタイプが違うけど学部も部内の立場的も近いんだよなあw運命というのは不思議ですし、決して不仲ではありません!

僕らはいつか忘れられてく。てか、忘れられてた。

どうも皆様初めまして!!南山大学人文学部日本文化学科「2年」のぴかと申します!

同期の間でブログが2周目に入ったと聞いて「え…私は…?」と、とても悲しい気持ちになりました。

というわけで、とりあえず自己紹介していこうと思います〜。

【名前】中村光里
【ニックネーム】ぴか(ひかりんと間違わんようにね!)
【趣味】
・skip-Aさん(歌い手)(オススメhttps://youtu.be/5tN8axIXb4U)
・原神
・オタクの語りを聞くこと
【入部理由】
高校の時、演劇部で役者を主にやっていて、大学でも演劇を続けたいと思ったから。

こんなもん…?こんなもんでえぇのかしら。
でもなんかここで終わるのはボリューム的に少ない気がするんで、春期公演の話でもしておきましょうかね。

今回の春期公演では、私、キャストを務めさせていただきました☺️
今回の公演は配信のみという形になっておりまして、劇場でやる時とはまた違った本番を迎えられたので、経験になったな〜などと。もうすぐ公開だと思うのでお楽しみに〜✌️

たいして増えなかったボリューム。こんななら回してもらわんでもよかったかもね。そもそもこういうの書くの苦手なんよね。はいはい終わり終わり〜。

あ、次はたっちゃんこと達也に回します〜。頼んだわよ。

花粉が酷い(つ*`3´)つ・:∴ハックション!!

どうもこんにちは!
たくと先輩から色々託された遠藤です( ´ω`)ノ

今年度初ブログを書かせていただき、光栄に思います。




今日はハイセコの体験会がありました!
今日から俺も先輩となります!
いろいろ頑張りました!うん!

少しミスったりしたけど、、、うん!

( ´・-・`).。oO(ふぅ、空回りした1日だったぜ…。)




でも、みんな楽しんでくれたようで良かったです。楽しくて、つい昨年の体験会のことを思い出してしまいました。

あれからもう1年経つのですね。ほんと、あっという間でした。時間の流れが早く感じるということは、それだけハイセコのみんなと過ごす時間が楽しかったということでしょう。

昨年の体験会で入部を決めたこと、間違ってなかったなぁ、

きっと、みんなあっという間に卒業して、あっという間に大人になってしまうのだな…




と、なんだか卒業生の気持ちになってしまった…!
( っ゚、。)っ
※俺はまだ2年生、なりたてほやほやである




それと、唐突ですが今日「るろうに剣心 the beginning」をゲオでレンタルして観ました。とてもよかったです!だが!普通に辛かった、涙無しでは見れん。みんな、るろ剣の実写を観てくれ!


結果
体験会のしんみり+るろ剣でぴえん(1 : 19)
=心に大ダメージ!




ってことで今日は寝ます。


次のブログはぴかが書いてくれるぞ!なんとビックリ!彼女はまだブログを書いたことがない!もう2年だぞ!?
すやぁ!(*_ _)zzZ

間に合った…!

どうも!年度末に間に合いました稲垣です!
お久しぶりのブログ、すでに指が震えておりますが頑張って書きます。誤字は許してね笑
それではいきます。よーい、ドン!(パンッ!)















ということで、面白いこと書きたかったんですけど無理ですね!面白いこと書けるなら卒公であんな重ったい話書かないです。なので平常運転で失礼しますね〜。
「前何書いたっけ?」って振り返ったんですけど多分あれですよね、なんか、“ あらぱい “ こと荒井先輩が夢に出てきたみたいな話したんでしたっけ?え、気になりますその話?ブログ書き忘れてたらあらぱいにボコられたって話です。ナグリとインパクトでね。うん、怖かった。マジで。見たことないくらいの笑顔なんだもん…。『あな番』なんか屁でもないくらいサイコパス…。




まぁこんなところでお茶を濁しつつ…、
そろそろ、ちゃんとしますか。なんか急に背筋がしゃんとしますね。『グラスの底は、夜』が流れてたからかしら…?あ、いま『last dance』に変わった。sportifyって気まぐれですね。

いつもの感じだと前のブログから今までを振り返るんですよ、一個一個の公演を過去回想、みたいな。アレやろうかなって最初思ってたんですけど2年はね、長いんよさすがに。
なのでまぁ、ここ1年の話を、特に卒公をメインに。


まずは夏期公演と学祭がありましたね。
1年ぶりの公演『隣の芝生の気も知らないで』
色々心配で駆け込みで入った夏期体制だったんですけど杞憂でした。舞台監督と演出を中心にちゃんと仕事をこなしていってて、「めちゃくちゃこの子達仕事できるやん」ってビックリですおじさん。ちゃんと引き継いでくれてて嬉しかったな。ちなみにこの辺りでいとけんに目をつけていた。
そんでもって学祭『 Living & Dying 』
ここも2年生中心に楽しくやっててすごかったな。小屋入りはマジで機材関連で呪われてたけど。


そんなこんなでかいつまんで話しましたがここからはガッツリ、そう、卒公のお話。まさかの脚本・演出という大役を任されまして心臓バクバク。長編なんて書いたことないし書き切れるのか〜って感じでした。通しの2日前まで直しに直して各所に迷惑をかけました、ほんとすんませんでした!!!
あんまり中身のことをダラダラとネタバレ込みで言い訳するのもダサいので解説とかはしないんですけど、伝えたいことが僕なりにあって、それはきちんと織り交ぜることができたんじゃないかなと思います。


本当に沢山の人に助けていただきました。
まず舞台監督を引き受けてくれたいとけん、ほんとにありがとう。君なくして卒公は出来なかった。プレッシャーとか色々あったと思うけれどほんとによくやってくれたと思う。お疲れ様。これからも頑張ってね。

大道具さん、カーテンつくるの大変だったよね。お疲れ様。鉄管も本番直前まで試行錯誤を重ねてくれてありがとう。なんか分からないけど要所要所でカーテンやら鉄管を使いがちなのがうちの劇団な気がするので今回のことは絶対活きると思います。頑張って下さい!!

照明さん、毎度のことながら小屋入り中忙し過ぎたね。お疲れ様でした。でもほんとに小屋で形になった画は綺麗でエモ〜ってなるものばかりだったよ。これからも良い画期待してます。頑張ってください!

音響さん、収集編集大変だったよね、お疲れ様です。個人的には自分の古巣だったこともあって色々話せて楽しかったです。みんな凄くしっかりしてて、言うことは言える子たちばかりなので全然心配してません。機材は友達。これを魂に刻んで上手く付き合っていってください!

制作さん、感染対策諸々ほんとにお疲れ様でした。みんなの努力が無かったらきっと笑顔で終われない公演になってたと思います。ありがとう。企画も色々やらせてもらって楽しかったよ。今回色々出来たことや反省することあったと思いますが次に活かせるものばかりだと思ってます。次からも頑張って下さい!!

宣伝美術さん、バチボコにかっちょいいデザインほんとにありがとうございました!!!!僕は絵を描く才は皆無なのでほんとに尊敬してます。これからもいいデザインを楽しみにしてます。頑張って下さい。

美術さん、個人的には1番話した気がします。美術は唯一やったことないセクションなので分からないことだらけで迷惑かけたと思います。だけど凄く良いものになったと思います。ありがとう。

座組みのみんな、僕の拙い言葉と表現についてきてくれてありがとう。本番でのびのびやってるみんなを観てて演出やってよかったって思いました。みんなほんとに最高だったから、懲りずに役者続けてほしいな。勝手に期待して待ってます。



んーーー、なんか、遺言みたいだな。ブログってこんな感じだっけ?締めの言葉が大体頑張って下さいっていうのは何とかならないものかね?まぁもう書き出してしまったんだから仕方ない。どうせならもう少し語ってもいいですか?いい?いいよね?
在ハイセコ諸君、人差し指をすぅーっとスライドしてね。なんでって?そんなの恥ずかしいからです。ストップってところまでスライドね?いい?信じてるよ??
















先輩たちへ
どうも。オレ、ドゥン・ボマベスタ。実はこいつの中で3年間息を潜めてたゾ。


サイカイヲイワッテ・・・


サトゥ ドゥワ ティガ ウンパッ!!

ドゥンドゥンドゥドゥンドゥンドゥンドゥドゥンドゥン
ドゥンドゥンドゥドゥンドゥンドゥンドゥドゥン

ドゥンドゥンドゥドゥンドゥンドゥンドゥドゥンドゥン
ドゥンドゥンドゥドゥンドゥンドゥンドゥドゥン


ボマベスターーーーー!!!



こんなことやってた僕も無事ハイセコを卒業できました。信じられます?本書いたんですよ僕。
観に来てくださった方々、ありがとうございました。どうでしたか…?面白かったですかね?それとも全然ダメでしたかね…?
僕としては大満足でした。ただ。ほんとに恥ずかしい話なんですけど、客観的な見方っていうのが今回出来てなくて。実際はどうだったんだろうっていうのはいまだにちょっとだけ気になってたりします。

2年間、公演を通して色んなものを先輩達からいただきました。演劇の楽しさや苦しさ、エモさだとか尊さ。全部先輩達を見て知りました。根暗な人生が180°変わりました。彼女ができるくらいには変わりました笑(すぐ別れちったけど笑)
ほんとならその分お返しがしたかったんです。でも時勢がそれを許してくれませんでした。先輩たちが繋いでくれたものを、次は後輩に繋ごうって時でした。中々劇場に戻ってくることもできず、心配していた方もいらしたのではないでしょうか。ご心配をおかけしてすみませんでした。
情けない話をすると一回辞めてしまおうかなって退部届書きかけたんですけど、ここまで繋いできたのに自分から手放すとかダサいなって踏みとどまりました。ここで辞めたら絶対後悔するし、どうせするならやれるとこまでやってから後悔しようって決めました。そんなこんなで演出やってみるってなったんですけど、ほんとに楽しかったです。もちろんそれだけじゃないし苦しいことも沢山あったんですけど、今思い出すと楽しかったことばかりなんです。教わったものをフル稼働して全部のせましたって感じになっちゃったんですけど、何か1つでも感謝みたいなものを返せたら幸いです。ほんとに大好きです。お世話になりました!
とりあえず僕は愛知に生涯いると思いますのでご飯誘って下さい!



















ストップーーーーーーー!!






お待たせ。いい?見てない?見てないな?いや、絶対見ただろ?あーもう恥ずかしい!もうこのまま終わってしまいたい!あ、次はエンドゥーに回すよ!稽古の時みたいに爆笑の渦に巻き込んでくれると思うので期待。さっきLINEしたしまだ返信来てないけどお願いね。たのんだ!!


…これじゃ締めにはよろしくないのでね、最後に締めの言葉をほんとにもう少しだけ。




ハイセコに入って幸せでした。この4年はほんとに僕にとって大きすぎるし死ぬ時にはきっとこの時間を思い出すと思う。

後輩たちへ
何回でも言わせてください、僕らを先輩にしてくれてありがとう。これからのハイセコをよろしく頼みます。君達のいいところは楽しそうにやってるところ、それはほんとに大事なことです。あ、でもハメは外すないでね?次の後輩は君たちを見て育つので。それじゃあ頑張ってね♪


同期へ
ユニバ楽しかったね笑
俺たちもすっかりパリピの仲間入りだ笑

みんなと一緒に4年間やれてよかった。いつも支えてくれてほんとに助かったよ。
これからみんな割とバラバラだけれど、帰ってきた時は軽く飯でも行こう。近況話したり昔話したり。今までありがとう。またね。










これからもハイセコからたくさんの物語が紡がれますように。

















おまけ
全然ハイセコっぽくないけど応援するって気持ちでこの曲を置いておきます。何かあってもなくてもきっと元気になれるよ。


『We are』- ONE OK ROCK

 https://youtu.be/qeh2zscThVw


難しい

ついに最後のハイセコブログです。この日がやってきたこと、今でも信じ難いです。
思いつくままにぽつぽつと書いていきたいと思います。自分語りも入りますが、許してください。







4年前、何となくハイセコの春期公演を観に行きました。新入生は無料だったし。大学で演劇をやるつもりはなくて、本当に何となく観に行ったんです。
でも、こうして大学生活4年間をハイセコに捧げることになりました。きっとあのとき、あの舞台を観に行ったのは運命だったんだなって思います。


ハイセコでの生活は本当にいろんなことがありました。ここには書き切れないくらい。
笑ったり、泣いたり、悩んだり、苦しんだり、つらいことの方が多かった気もするけど、いつも舞台が終わるとまたやりたいって思っていました。でも、もう私には"また"が無いと思うと悲しいですね。


やっぱり一番大きかったことは、2年前、突然演劇ができなくなったことです。
誰も悪くない、何も責めることができない、部屋の中で同じ毎日を繰り返し、ただ時間を浪費していました。公演中止を何度も経験する内に、演劇を辞めればこんな思いしなくて済むのかなとか考えるようになりました。でもハイセコのみんなと、画面越しでも、会うたびにやっぱり好きだなって気持ちが溢れてきて、なんとかここまできました。






長いようで短い4年間でした。
乗り越えられてきたのは間違いなく、みんながいたからで、素直な気持ちを口にするのは苦手なので、ここで感謝の気持ちを綴りたいです。





先輩方。
4年前、右も左もわからない未熟者な私をそばで見守ってくださってありがとうございました。優しく、ときに厳しく導いてくださる先輩方のお陰で、演劇は素敵なものだと確信できました。先輩方のいるハイセコに出会えた私は本当に幸せ者です。



後輩たち。
こんな私を先輩と呼んで、慕ってくれてありがとう。君たちが私を先輩にしてくれました。頼りないときもたくさんあったよね、ごめんね。でも、君たちの姿を見ていると思わず甘えたくなってしまうほど、みんなは立派です。これからのハイセコが楽しみです。そばにはいられないけど、ずっと見守ってます。



同期。
4年前、一緒にハイセコに入ってくれてありがとう。同期になってくれてありがとう。
話し合いはうまくいかないし、みんな見てる方向がバラバラだし、どうすんだよ!って思ったことは数え切れないほどあるけど、でも、やっぱり私は君たちが大好きです。






私は人から褒められるような人間ではありません。いつだっていい人ぶるし、冷静なふりして本音を隠すし、そのくせわかってほしいと思ってしまうし。あのとき素直にぶつかればよかったと何度も後悔してきました。
どうか、後輩たちにはこの後悔はしてほしくないです。君たちなら、ぶつかり合いながらも最善策を見つけていけると思っています。




最後になりましたが、今まで一度でもハイセコを観に来たことのある皆さま。本当にありがとうございました。
この2年間、私たちはたくさんの困難に立ち向かってきました。それは、これからも同じで、幾度と壁にぶつかっていくと思います。でも、今のハイセコならそれを乗れ超えられると信じています。
どうか、ハイセコのことをよろしくお願い致します。





思っていたより長くなっちゃいました。私のハイセコブログはここで終わりたいと思います。終わらせるって難しいね。

次は、私たちを引っ張ってくれたたくとくんに回したいと思います。
よろしくね
Archives
Access
  • 累計:

Search
Profile

hi_seco

南山大学演劇部。「HI-SECO」は「ハイセコ」と読みます。
ショートコントから2時間越えの超大作までなんでもやってます。「HI-SECO」という名前になった理由というのもまた謎で、3つの説があるんですが、どれが本当なのかは部員も知らなかったり・・・

Recent articles
  • ライブドアブログ