3月7日(火)~9日(木)の期間で受注を行う予定の

「And1」のソフビキット。
販売価格¥4,320(税込み)



雑誌用



今日はその作り方をこちらで説明させてもらいます。

ご購入を検討されている方はぜひ一度ご覧いただき、
作れるかどうかの判断をしていただければと思います。

※説明画像は分かりやすいように実際の商品より
濃い色味のもので撮影していますので、悪しからず。



では早速。


①準備するもの

DSC_0593
DSC_0597

・デザインナイフ(刃が小さいほうが小回りが利きます)

・接着剤

(基本的にプラスチックがくっつけばなんでも大丈夫だと思います。
迷ったら写真のものをホームセンター等でお求めください)

・ドライヤー

・ドライヤーボックス

(ドライヤーを突っ込めて、熱気が抜けないものであれば
 なんでもいいです。段ボールが便利です)


DSC_0596
↑僕はこんな感じで作っています。


②カット

以下各パーツ(計22パーツ)画像で説明していきます。

便宜上記号的に説明させてもらいます。

名称未設定 1



※「バリ」も境界線がはっきり分かるようになっていますので
境界に沿ってキレイにカットしてください。

※「泡抜き」は多少カットしずらいかもしれませんが、
よく温めて柔らかくするとキレイに切りやすいです。

※「カンゴウ」の穴のカットはガイドとなる線がありますので
線に沿ってカットしてください。



カットをする際は、そのままだと硬くて切れないので、
先のドライヤーボックスでソフビを温めて柔らかくします。
熱には強いので、温めすぎても問題ありませんが、
手袋をするなど、火傷にはくれぐれもご注意ください。


DSC_0605
↑こんな感じで成形品を入れて温めてください。



1、胴体

DSC_0483


DSC_0484
↑これが泡抜きです。

2、頭部(大)

DSC_0485

3、頭部(大)の3本目の手

DSC_0505

4、頭部(大)の前面装甲(難易度高め)

DSC_0496
DSC_0600
DSC_0602

5、頭部(大)の左目(L)

DSC_0503

6、頭部(大)の右目(R)

DSC_0504

7、頭部(大)の上の歯(難易度高め)

DSC_0507

8、頭部(大)の下の歯(難易度高め)

DSC_0508
DSC_0604
DSC_0603

9、頭部(小)のヘルメット

DSC_0500
DSC_0606
↑カット面

10、頭部(小)の下顎

DSC_0491
DSC_0493

11、頭部(小)の舌

DSC_0510
DSC_0599

12、頭部(小)の顎装甲パーツ


DSC_0509

13、右腕

DSC_0486
DSC_0488

14、右拳

DSC_0490

15、左腕(上腕部)

DSC_0494

16、左腕(前腕部)

DSC_0499

17、左拳

DSC_0489


18、右脚

DSC_0501

19、左脚



DSC_0502

20、21、左右の足先

DSC_0498
DSC_0497

22、背中の骨パーツ


DSC_0506

DSC_0588
↑カット完了。

③組み立て

組み立ての際もドライヤーボックスで温めます。

ただ組み立ての場合は全部を温めるのではなく、
組み立てる箇所の、パーツを差し込まれる側だけを温めてください。


DSC_0591
↑例:胴体が差し込まれる側、右腕が差し込む側

DSC_0592
↑例:右拳が差し込まれる側、右腕が差し込む側


基本すべて、組み立てるのみで完結しますが、
頭部(大)のみ5か所接着があります。


DSC_0590

接着もどちかのパーツを温めておくと、接着しやすいです。


DSC_0589
接着剤をつけすぎて、はみ出たり、流れたりしないように注意してください。


④完成。

すべて組み立てたら作業完了です。

そのままでもいいですし、市販のソフビカラーを
使って好きな色に塗っていただいても
カスタムしてもすべて自由です!!

楽しんで制作していただければと思います!
(ソフビ用のカラーでないと、塗料はがれ、
ひび割れ等が起こるのでご注意を)


DSC_0314

ヘッダーと封入のチラシに「And1」のカラーリング
が載っていますのでよければ参考にしてみてください。

scan-001チラシ用
ヘッダー1完成