2007年12月04日

ミシュラン1つ星 リストランテ濱崎

恒例のリストランテ濱崎。

先日発売になったミシュランで星1つ取ってしまいました。
「しまいました」と言うのは
嬉しいような、困ったような、と言う気持ち。

美味しい料理と言うのはあくまでも自分の好み。
絶対評価なので揺るがないです。
誰かが旨いと言っても
自分が旨いと感じるかどうかはわからない。
なのでミシュランと言う他人の評価は
初訪問の時の参考にするくらい、って事になります。

濱崎さんのお料理のファンであることには変わりないのです。

食前酒
























この日は梨の食前酒でスタートです。


ランキングミニ
いつもたくさんのクリックをありがとうございます。




濱崎











































いつもながらたくさんの食材を使った前菜。
これが一番のお楽しみですね。
新鮮な海の幸に、シンプルに楽しむ味、
丁寧に手を加えて準備したもの、
どれも優しいのが濱崎さんの味。

カラスミと野菜のパスタ、手打ちパスタ
お魚料理といつもに増して大満足な内容。

大好物のプリンもしっかり味わって
友達との会話も弾むのでした。
楽しい時間はあっという間です。

年内最後のリストランテ濱崎でした。
今年も1年、美味しいお料理とステキな時間をありがとう。
来年も美味しい幸せをいっぱいよろしく。

hi_sys at 00:18│Comments(2)TrackBack(0) おいしい話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミネヌナ   2007年12月04日 11:04
ほほー一つ☆だったのですか。
私もミシェランにはアンチ派です。
フレンチだけを評価するならまだしも和食にまで口出しするなんて!解ってるのかなぁー

なんでもミシェランCEOが、日本は[どこどこ産の何々]というフランスなら三つ星クラスの素材への拘りが当たり前になっているし、下ごしらえ等しっかりした技術力も高く、食の文化の高さに驚いた!(今更)らしい・・・・。

本が馬鹿売れしてるけど、ミシェラン逆評価したいよね
2. Posted by ハナ   2007年12月04日 18:03
ミネヌナさん
☆一つ、そうらしいです。
(ミシュラン買ってないのでわかんないですけど)
レストランの格付けってなんとなく好きになれないんですよね。
ホテルの格付けはなんとなく信用しちゃいますけど。(ここで矛盾が)

有名じゃなくてもしっかり準備をして
お客さんをもてなしてるレストランはいっぱいあると思うし、
わたしはそう言うお店を支持したいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔