2006年08月08日

リリーフランキー − 東京タワー

んで、今日は「東京タワー」です。 おそらく、
現代社会に接点を持つ7割以上の日本人が
この作品を知ってると思いますけど、
いつの間にか大ベストセラーになっちゃいましたね。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー

おすすめ平均
starsこれは「小説」?
stars誰にでもある物語の一つです
stars東京に出てきた田舎者は、みんな泣いてしまう!
starsいい人が書いた平凡な物語
stars後味の悪い作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容については説明不要でしょう。
延期になっちゃいましたが、テレビでも無事
「東京タワー」は放送するらしいので(笑)

自伝的作品なのでストーリーが長くなるのは当然
ですが、個人的には中だるみがあって一気に読破!
っていう感じにはならなかったです。 

親しみやすい文体なので気張らずに読めるのですが、
その本質は違うにしても、部分的にマーケティング
の産物の、とある感動小説を想い浮かべてしまう
箇所があったので、心のひねくれ防御線が発動し、
素直に心にしみこんできませんでした。 

書き手じゃなくて、僕個人の読み手の問題ですね。
実際リリーさんが自分の恥ずかしい部分も何もかも
全て曝け出した、渾身の作品だと思います。
ここでのリリーさんは全く構えておらず自然体です。

いつも思うのですが、こういう暖かい作品を
素直に楽しめる心が欲しいです笑 
アマゾンで「いい人が書いた平凡な物語」という
題名でレビューを書いた人と読後感が似ているかな。

あと、「泣ける本!」とか最初から言われると
やっぱり構えちゃいますよね。そういう宣伝が
なければもう少し違った感想を持ったかもしれません。

リリーさんが東京に出てきたお母さんと一緒に
暮らし始めたのが笹塚駅前のビルなんですけど、
自分も数年間笹塚に住んでたこともあって
「おお!あそこのビルか」とちょっと喜んで
しまいました。

リリーさんのことはクロスビートで連載を始めた頃
から知っていますが、あの頃はまだ無名のぺーぺー
で、あれが彼にとって初めての連載だったってことを
こないだの「トップランナー」を見てて初めてしりました。
てかリリーさんがテレビに出始める頃まで日本語の
うまい外人さんだとマジで思ってたし笑

ごちゃごちゃといいましたが、心がひねくれていない
人には大推薦の本です。リリー・フランキーという
独特の存在感を持つ芸術家をもっと知りたい方にも。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マユミ   2006年08月08日 21:11
ひねくれものなので、読んでないんです。
おともだちのivory0000さんにかりたにもかかわらず、読まないうちに返却となりまして。
読めば絶対泣くでしょう。

リリーさんの他の本は読んだりしてます。ナンシー関との対談エッセイとか。面白いですけど。
なんだか手がでませんね。東京タワー。
疾走の方を先に読んでしまいそうですよ(苦笑)

はいじゃずさんなかなか読書されていますね。
2. Posted by はいじゃず   2006年08月09日 12:43
マユミさんこんちには。
正直、自分には泣けそうな場面はまったく無く、「あ、ここで普通の人は泣くんだろうな」と醒めた目で読んでました笑
いい話ですけどねー。

箱根行かれたんですね〜。 うらやましい。僕は今年は夏休みはなさそうです!
3. Posted by マユミ   2006年08月09日 23:00
箱根ですけど、日帰りですよ(笑)
やっぱり一泊でもしたいものですね。
秋に行きたいです。ヨウジのモデルさんが着てるみたいなコートで…あ、トレンチってがらでもないのですけど…。

夏服もあまり揃えないうちに秋ですね。
4. Posted by はいじゃず   2006年08月10日 18:38
箱根だったら温泉でのんびり・・・ですよねやっぱり笑 

このコートぱっと見、ニッセンとかでも売ってそうな感じですよね〜。

秋・冬のアウターは僕もまだ購入してないです。まだ入荷してないのがいくつかあるので揃ってから選ぼうかと。でもも予算が・・ 担当さんから連絡があるのが怖い笑 
5. Posted by NJ   2007年03月05日 09:31
はじめまして。
「こういう暖かい作品を素直に楽しめる心が欲しいです」
というコメントに微苦笑でした。
ホントにそうなんですよね。
私の中にも「心のひねくれ防御線」があるんだな〜と,
記事を拝見しながら思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
欲しいものスッキリ検索!
広告なんだ!
アマゾン尽くし!